エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

中1の私がキモデブ叔父の肉便器にされていた頃の話

   

中1の終わり。
その頃の私は、今よりもさらに体が細く、ヒョロッとした感じ。
肥満体型の叔父にしてみれば、
体重が半分ぐらいの私を押さえつけることなんて、容易なことだったと思う。

家の中で襲われた。

私なりにかなり抵抗したし、ずっと泣き叫んで拒否したのに…。
叔父は圧倒的な力で私をねじ伏せ、唇を奪い、激しく舌を絡ませてきた。初めてのキス。
その気持ち悪さ…。
キスのショックで呆然として、一瞬気が遠くなった。
気がつけば、すべての服と下着を剥ぎ取られてしまってた。

叔父はしばらくの間、私の胸を中心に、全身を舐め回した。
もちろん、私は抵抗を続けていたが、悲しいかな、
やがて全身に力が入らなくなってしまった。

いわゆる、“ギブアップ”。

後は、もう叔父のやりたい放題…。叔父のペニスを受け入れざるを得なかった。
大きく膨れ上がったペニスが入ってきた時、
身体を真っ二つに切り裂かれた感覚に見舞われました。

そして、すぐに襲ってきたのは、脳天を突き抜けるような痛み。
あまりの激痛に、幾度も幾度も“いっそ死んでしまいたい”とさえ思ったほど。
それに、叔父はお相撲さんみたいな肥満体。
全体重が華奢な身体の私にのし掛かったので、本当に押し潰されると思いました。

なだめられたり、すかされたり…で、叔父との肉体関係はしばらく続いた。
おとなしかった私は、悩みつつも、結果的にはそれに従っていた。
家やラブホなんて時もあったけど、車ですることが多かったな。
叔父にしてみれば、うちの親にバレないようにするための工夫だった。
イクことを教えたのも叔父だったけど、心が満ち足りることは一度も無かった。
多い時…というか、親に見つかるまで、週に2回以上はセックスしてた。
叔父は、よく学校の帰り道に私を待ってた。
車に乗せられ、家からさほど離れていない裏山の脇道みたいな所へ連れて行かれた。

イクことを知ったのは、セックスを始めてから1年以上経ってからだったと思う。
いったん覚えると、いつも必ずイクようになってしまった。
嫌だ嫌だと思いながらも、身体が勝手に反応する…。
“女のカラダって、一体なんやねん。。”
と気持ちは余計にブルーになり、自分の身体を呪ったこともありました。
叔父は最初の時を除き、大抵は避妊してました。
さすがに、私が妊娠するのは困ると思ってたのでしょうね。
車では、コンドームを使ってました。
でも、ラブホや家の時は、イク寸前にペニスを引き抜き、
私のお腹のあたりや口の中に出しちゃうことも多かったです。
いま振り返れば、こんな方法でよく妊娠しなかったものです。。

親に発覚する少し前…。
叔父はよく「家出して、ゆりかと2人で暮らす」と言ってた。
事実、県外へ仕事を探しに行くということも実際にやってた。
叔父が私を抱いている時は、「お前を一生離さない」と、いつも口癖のように囁いていた。
「透き通るような、ゆりかの肌がたまらない」とも呟いていた。
それが“愛”なのかどうかはよく分からない。
その頃の私は、物を考える気力をすっかりなくしていて、
「なんでも、どうでも、もうええわ。。」
としか思ってなかった。
あの時、親に見つかって2人の関係が断ち切られなければ、
大変なことになっていたかもしれない。

叔父に裸にされ、抱き締められると、いつも悪寒がした。
キスをされ、舌を絡められると、必ず吐き気をもよおした。でも、でも…。
いざ、セックスが始まってしまうと、もうダメだった。
ペニスの抜き差しが激しくなればなるほど、私の頭の中と身体は

“気持ちイイ!!”
が支配した。

それは、叔父が射精を終えるまでの間、私のほうが何度も何度も「絶頂」
に達してしまうほどの快感だった。

演技する気はなかったけど、イク時はどうしても絶叫せずにはいられなかった。
叔父とセックスした夜は、そんな自分が情けなくて、悔しくて、いつも泣いていた。

叔父との肉体関係は嫌だったのに、最後のほうになると、
“死ぬほど嫌”だとは思わなかったんじゃないかな?…と、
当時の自分を振り返ってます。

いつも心はブルーでした。
でも、叔父のペニスで膣の中を掻き乱され、いったんイッてしまうと、
心のどこかで2度目、3度目の“次の波”を期待している自分がいたのです。

そんな時のゆりかは、「妊娠してもいい」とは思わなかったけど、
「出来ちゃっても仕方ない。。」とは思ってました。

叔父の行為に対する「容認」の反応は、最後までしませんでした。
少なくとも、叔父を抱き返すようなことはやらなかったつもりです。

正直言って、何度も何度もイッテる時に、“何かにしがみつきたい!”
という欲求にかられたことはあります。
だけど、いつも心の底で、“叔父の背中に手を回したら、オシマイ”
という念は持ってました。

その日の私は、“何か”が違ってた。叔父の部屋。
お決まりの正常位で挿入された時、いつもなら悪寒が走るのに、それが無い…。

むしろ、「痒いところを掻いてもらってる」…みたいな感触を、
ムズムズと膣のあたりに覚えた。

時間が経つにつれ、叔父の動きが激しくなるにつれ、“気持ちいい”
を自覚せずにはいられなくなってきた。

おし殺していた声を洩らした。

いったん声を出してしまうと、快感はぐんぐん増大する。
それは膣からお腹あたりまで感じるようになった。
“もう、どうにかして!”という思いで頭が一杯になった。
その想いが、自然と口から
“イキそう。。”いう言葉になってしまった。
自分で、気が狂ったと思った。

叔父は素早く体位を変え、私に犬みたいな姿勢を取らせた。
すぐに叔父のペニスが勢いよく入ってきた。
いつもと角度が違う、激しく力強いピストン…。
たちまち全身に痺れるような快感が走り、間もなくそれが脳天で炸裂した。

たぶん、大声で“イク!!”と言ったと思う。

胎内の肉がギュッと縮み、嫌だったはずのペニスを包み込んでるのが、
自分でも分かって恥ずかしかった。
中1の終わり。
その頃の私は、今よりもさらに体が細く、ヒョロッとした感じ。
肥満体型の叔父にしてみれば、
体重が半分ぐらいの私を押さえつけることなんて、容易なことだったと思う。

家の中で襲われた。

私なりにかなり抵抗したし、ずっと泣き叫んで拒否したのに…。
叔父は圧倒的な力で私をねじ伏せ、唇を奪い、激しく舌を絡ませてきた。初めてのキス。
その気持ち悪さ…。
キスのショックで呆然として、一瞬気が遠くなった。
気がつけば、すべての服と下着を剥ぎ取られてしまってた。

叔父はしばらくの間、私の胸を中心に、全身を舐め回した。
もちろん、私は抵抗を続けていたが、悲しいかな、
やがて全身に力が入らなくなってしまった。

いわゆる、“ギブアップ”。

後は、もう叔父のやりたい放題…。叔父のペニスを受け入れざるを得なかった。
大きく膨れ上がったペニスが入ってきた時、
身体を真っ二つに切り裂かれた感覚に見舞われました。

そして、すぐに襲ってきたのは、脳天を突き抜けるような痛み。
あまりの激痛に、幾度も幾度も“いっそ死んでしまいたい”とさえ思ったほど。
それに、叔父はお相撲さんみたいな肥満体。
全体重が華奢な身体の私にのし掛かったので、本当に押し潰されると思いました。

なだめられたり、すかされたり…で、叔父との肉体関係はしばらく続いた。
おとなしかった私は、悩みつつも、結果的にはそれに従っていた。
家やラブホなんて時もあったけど、車ですることが多かったな。
叔父にしてみれば、うちの親にバレないようにするための工夫だった。
イクことを教えたのも叔父だったけど、心が満ち足りることは一度も無かった。
多い時…というか、親に見つかるまで、週に2回以上はセックスしてた。
叔父は、よく学校の帰り道に私を待ってた。
車に乗せられ、家からさほど離れていない裏山の脇道みたいな所へ連れて行かれた。

イクことを知ったのは、セックスを始めてから1年以上経ってからだったと思う。
いったん覚えると、いつも必ずイクようになってしまった。
嫌だ嫌だと思いながらも、身体が勝手に反応する…。
“女のカラダって、一体なんやねん。。”
と気持ちは余計にブルーになり、自分の身体を呪ったこともありました。
叔父は最初の時を除き、大抵は避妊してました。
さすがに、私が妊娠するのは困ると思ってたのでしょうね。
車では、コンドームを使ってました。
でも、ラブホや家の時は、イク寸前にペニスを引き抜き、
私のお腹のあたりや口の中に出しちゃうことも多かったです。
いま振り返れば、こんな方法でよく妊娠しなかったものです。。

親に発覚する少し前…。
叔父はよく「家出して、ゆりかと2人で暮らす」と言ってた。
事実、県外へ仕事を探しに行くということも実際にやってた。
叔父が私を抱いている時は、「お前を一生離さない」と、いつも口癖のように囁いていた。
「透き通るような、ゆりかの肌がたまらない」とも呟いていた。
それが“愛”なのかどうかはよく分からない。
その頃の私は、物を考える気力をすっかりなくしていて、
「なんでも、どうでも、もうええわ。。」
としか思ってなかった。
あの時、親に見つかって2人の関係が断ち切られなければ、
大変なことになっていたかもしれない。

叔父に裸にされ、抱き締められると、いつも悪寒がした。
キスをされ、舌を絡められると、必ず吐き気をもよおした。でも、でも…。
いざ、セックスが始まってしまうと、もうダメだった。
ペニスの抜き差しが激しくなればなるほど、私の頭の中と身体は

“気持ちイイ!!”
が支配した。

それは、叔父が射精を終えるまでの間、私のほうが何度も何度も「絶頂」
に達してしまうほどの快感だった。

演技する気はなかったけど、イク時はどうしても絶叫せずにはいられなかった。
叔父とセックスした夜は、そんな自分が情けなくて、悔しくて、いつも泣いていた。

叔父との肉体関係は嫌だったのに、最後のほうになると、
“死ぬほど嫌”だとは思わなかったんじゃないかな?…と、
当時の自分を振り返ってます。

いつも心はブルーでした。
でも、叔父のペニスで膣の中を掻き乱され、いったんイッてしまうと、
心のどこかで2度目、3度目の“次の波”を期待している自分がいたのです。

そんな時のゆりかは、「妊娠してもいい」とは思わなかったけど、
「出来ちゃっても仕方ない。。」とは思ってました。

叔父の行為に対する「容認」の反応は、最後までしませんでした。
少なくとも、叔父を抱き返すようなことはやらなかったつもりです。

正直言って、何度も何度もイッテる時に、“何かにしがみつきたい!”
という欲求にかられたことはあります。
だけど、いつも心の底で、“叔父の背中に手を回したら、オシマイ”
という念は持ってました。

その日の私は、“何か”が違ってた。叔父の部屋。
お決まりの正常位で挿入された時、いつもなら悪寒が走るのに、それが無い…。

むしろ、「痒いところを掻いてもらってる」…みたいな感触を、
ムズムズと膣のあたりに覚えた。

時間が経つにつれ、叔父の動きが激しくなるにつれ、“気持ちいい”
を自覚せずにはいられなくなってきた。

おし殺していた声を洩らした。

いったん声を出してしまうと、快感はぐんぐん増大する。
それは膣からお腹あたりまで感じるようになった。
“もう、どうにかして!”という思いで頭が一杯になった。
その想いが、自然と口から
“イキそう。。”いう言葉になってしまった。
自分で、気が狂ったと思った。

叔父は素早く体位を変え、私に犬みたいな姿勢を取らせた。
すぐに叔父のペニスが勢いよく入ってきた。
いつもと角度が違う、激しく力強いピストン…。
たちまち全身に痺れるような快感が走り、間もなくそれが脳天で炸裂した。

たぶん、大声で“イク!!”と言ったと思う。

胎内の肉がギュッと縮み、嫌だったはずのペニスを包み込んでるのが、
自分でも分かって恥ずかしかった。

 - 未分類 , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
毒男#14

・・・昔話。春になり、姉が勤め始めた。入社式の日は緊張した様子だった。朝、姉の部屋の扉をコンコンとノックして開ける。中から姉の声が聞こえる。「どうぞ。」ヲレは少し扉を開けて姉の部屋に顔を覗かせた。「毒男、なぁに?」身支度を終えていた姉がヲレを見て微笑む。「姉ちゃん・・・今日から会社だね・・・…

no image
15歳のテクニシャン

つい最近、6月の事です。ある出会い系のサイトで出会った15歳の女の子の事で・・・わたしは45歳名前を仮にマサとします。女の子は愛とします。「わたしを買って下さい」との書き込みがありメールをしてみました。何度かメールのやり取りをし、会う事となりました。メールの…

no image
【もう一つの悲劇】欧州ショック

いい年をして恥ずかしい話だが、俺には長年思い続けている女がいた。その女は俺が思いを打ち明けられないうちに、他人の女になり、他人の妻になった。俺は、そんな女をいつまでも思い続けていた、とんだ純情物語だ。その女、中澤麻里子に出会ったのは入社式だった。もう8年も…

no image
★知り合いのスナックママとのエロ話

 都内部署のスナックで飲んでいました。40代の鈴木京香を想わせる美人ママで、若い頃は銀座の高級クラブで働いていたらしい。プライベートな話はしないのでよく分からなかったのですが、朝方酔い潰れたママを自宅まで送ることになり、同じ方向に帰るのでタクシーに同乗しました。 マンションの前に着くと完全に酔いがまわり、タクシーから降りられない程なので、結局降りて部屋まで連れて行き、ベッドルームに運び寝かせたので

no image
やっと生で中出しさせてくれた彼女。

「HIVの検査を受けてッ。それまでは中出しは嫌ッ」僕の彼女美智子が言い続けた。付き合ってから半年。いつも瀬戸際になって「コンドームつけてッ」今まで会う度にコンドームをポケットに忍ばせた。「貴方もどこでどんなばい菌を受けているかわからないわ。私も検査を受け…

no image
南の島

とある南の島の人と、付き合っていたことがあります。3ヶ月滞在していた時に知り合いました。とにかくセックスがよくて、一日中してても飽きないくらい気持ちよかったです。彼は家族と親戚の人と住んでいて、妹と同じ部屋なんだけど、窓はガラスがなく、部屋と部屋の間の扉…

no image
★意外といるんですね家出女

 だいぶ前ですけど彼女に振られまして。それまでは一応、ときどきのセックスには困らないくらいに彼女との触れ合いがあったのですが、それ以来、まあ3ヶ月くらいかな。全くセックスに縁がなくて。 たしかに、風俗に行けばセックスはできるけど、今はどこも衛生対策とか言って、きもちいい生出しができないんですよね。それって、どうなの?男も生の方が気持ちいいし、女も生の方がゴムでスレないからいいんだよね。

no image
僕の人妻攻略法 2

レスありがとうございます。何人かの方から質問があったので追加です。僕の場合出会い系とかではなく、知り合いが多いです。友人、PTA関係、奥さんの友達、家族ぐるみのお付き合い、仕事関係、異業種交流会、ボランティアなどなんでもありで、男性、女性構わず飲みに行って飲…

no image
嫁のひそかな失態

嫁は32才になる。子供もいないのに30過ぎたあたりから夜の営みも理由をつけてはスルーされることが多くなった。この土日に我々夫婦と友達夫婦二組、合計6人で温泉旅行に行った。土曜の夜は温泉に入った後にみんなで一部屋に集まって飲むことになった。こうなると酒も進み話題…

no image
★お金が無い事は悲しい、姉の旦那に

 月末に近くなると、財布の中も預金も少なくなり食費にも影響が。そんな時は、いつも姉に相談する事もあります。その日は違いました。姉に電話で相談したのですが、持ち合わせが無いと言うので断れたのです。 その電話から数分後、公衆電話から電話がかかり電話に出ると姉の御主人でした。姉の御主人は私と姉との電話を横で聞いていたらしいのです。姉の御主人は「さっきまでパチスロをしてて勝ったから貸してもいいよ」と電話で