エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

★旦那に飽きた職場の人妻とのSEX

   

 横浜の31歳独身です。一緒の職場で働いている千裕は40歳で小学生の子供が一人いる人妻です。千裕が仕事でのモヤモヤがあるので、飲みに行き話を聞いてあげることになった。食事をして、バーに移る頃には仕事の話も終わり、プライベートな話になっていた。だんだん話がエッチな方に行き、彼氏が欲しいなど言っていた。

 旦那とは10年ほどエッチはしていなく、千裕自体もあまりエッチが好きではなく、やはり10年ほどしていないらしい。バーを出て、赤レンガ倉庫の前の公園に行く時、二人は自然と手を繋いでいた。公園に着き、海を見ながら話していて、一瞬会話が途切れ、お互い見つめ合い、目を閉じ、唇が合わさった。俺は両手を千裕の腰に回し、千裕もまた首に手を回してきた。

 - 会社員の体験談 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★事務員募集に応募してきた女性

 会社の事務員募集のチラシに応募してきた彼女。選考面接日は 8人と面接 午前中に終える事ができました。採用にはかなり迷いましたが、真紀の印象は強く感じました。二年前に離婚してとかでバイトして生活し、安アパートに住んでました。 36才でもまだ20代後半に見え、身体は太ってる訳じゃなく可愛い。子供もいないし、既婚者みたいに休みの多い人でもない。パソコンのできる事も条件に合う。即採用を決めた。夕方に携帯に電話

no image
★幸運続きの出張先でした

 出張で京都へ行った時、土曜に打ち合わせが終わる予定だったが、月曜にも打ち合わせをすることになり、そのまま週末を過ごす事になった。土曜に夕食をしていると、隣のテーブルの二人組の女性(ゆうこ・まゆみ)とふとしたきっかけから話をし、意気投合し、夜の街へでかけた。11時も過ぎホテルへ戻り、部屋で再び飲むことに。 二人とも既婚者で、次第に、酔いと旅先の開放感で、会話もH系で体のタッチもOK状態だった。先に

no image
★処女を頂きましたが・・これで良かったのか?

 35歳にして初めて24歳の処女ゲットしました。28日会社の忘年会がありましたが、仕事でちょっとしたトラブルがあり、1時間ほど遅れて同僚と一緒に会場に向かいました。もうついたときにはすでに出来上がっていた状態で、周りの状況についていけませんでしたが、とりあえずビールを勢いで何杯も飲みました そんなことをしていると、近くに小柄でかわいいんだけど、めちゃめちゃ気の強く生意気な女がいたんです。名前は彩子

no image
★総務課の女性と嬉しい不倫関係に

 彼女は私の在籍する総務課の女性、普段もさりげなく言葉を交わし普段の日常を過ごし、彼女と昼食がたまたま一緒になったのがきっかけです。彼女から以外な言葉が出た。『以外と柔軟性のある方なので、意外でした』「え!?僕が堅く見えるかな」『普段は、何かデスクに向いている時は声を掛けずらい感じに見えましたので』彼女と二人きりになるのが初めてでした。

no image
★酔った女上司を悪戯した背徳な行為

 今の営業所に異動してきたときから直属の上司が女性だった。福元さんという女上司は当時41歳で、見た目はドラミちゃんみたいな感じで(影でドラミちゃんと呼ばれていた)子どもはいなかったが旦那さんが単身赴任中だと聞いた。とても豪快ながら仕事のできる人で、俺が異動してすぐに福元さんと2人でプロジェクトを任され、そのプロジェクトは幸い大成功し、その成功祝いの打ち上げと言って福元さんに飲みに誘われた。 一年間二人

no image
★目をつけていた女性をやっと

 単身赴任を終え、本社に帰って2ヶ月。目をつけていた女性をやっとモノにしました。本社ビルの清掃をしている紀代子、53歳です。小柄でおとなしそうな、好みの女性です。帰任して間もなく、男性トイレでしゃがんで便器を拭いていた彼女のパンティラインをみて欲情して以来、ねらっていました。 何日か後「食事しませんか。電話してください」と書いた紙切れを渡していました。1ヶ月以上たって諦めかけていたころ、電話がかかって

no image
★清楚な社長婦人とのエロ情事

 大阪に出張した。ヒルトンホテルのティールームで書類の確認をしていた。隣に色白の品のある女性がいた。30 代後半でテーブルの陰で足がきれいに伸びていた。スレンダーで白のノースリーブが似合う清楚な女性だった。興味がわいた。 話しかけるには唐突すぎる。視線を送ってみた。二度三度。気付いたのか「えっ?」っていう表情をした。笑いながら「暑いですね」と苦し紛れに言ってみた。戸惑った表情だったが、微笑んでくれた。

no image
★女の同僚から「帰っちゃいや」と言われれば

 冬の寒い時期だった。膝下まで雪が積もっていた。夜半、新年会が終わって、会場差し回しの送迎バスを降りようとしたら、まだ酔いつぶれた同僚がシートにうずくまっている。 「おい、山下さん!(仮名)」声をかけたが、反応がない。完全に酔っぱらっている。「どうしますか、自宅までお送りしますよ」運転手の言葉に甘え、酔いつぶれた同僚のアパートの近くまでバスに乗せてもらった。

no image
★やはり看護師は天使だった

 ふくらはぎの腱を断裂してしまい、入院したのは 5年前のことだった。何もすることがなく、仕事のことが気がかりな数日間を乗り越えられたのは、その病棟にいた看護師さん、ヒカルのおかげだった。 といっても入院中に親しくなったわけではない。入院中に素敵だなあと思いをめぐらせ、ちょっとしたときめきを与えてくれたのが彼女なのであった。したがって、会話をかわしたわけでもなく、ただただ、清楚でかわいらしく、スタイル

no image
取引先の会社の女性とエッチ体験

 Aは取引先のグループリーダーの子。イメージで言うと顔はみずきありさ系の顔立ち。ちょっとぽっちゃり(つか太め)してるけど、色白でパイもそこそこある感じ。身長は160くらいで歳は25,6歳かな。大体、月1で打ち合わせをする程度の仕事の関係だったが、Aがサブリーダーからリーダーになった頃から打ち合わせ回数が増え、また、マンツーマンで打ち合わせをする機会も増えたことから、徐々に仲良くなった。