エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

小雪、韓国で出産して告訴される

   

韓国出産で話題の小雪、訴訟事件に巻き込まれたのは誤解からくるもの
中央日報-01月16日11:20
この記事の話題数164
チェックする(24)つぶやく(105)日記を書く日記を読む(34)
韓国遠征出産で話題になった日本女優の小雪(37)が、産後ケア施設側との告訴事件に巻き込まれた事実が伝えられた。
15日、韓国の複数のメディアによると、A産後ケア施設側は小雪が今月7日、事前に何の知らせもなく別の産後ケア施設に移る過程で、身元不詳の女性2人が無断侵入し、診療費や利用料など170万ウォン(約14万円)を支払わなかったことに対して訴状を提出した。
しかし16日に警察側は「産後ケア施設を移動する過程で誤解が生じたもの」とし「小雪さんはすぐに170万ウォンを支払い、A産後ケア施設側も15日午後に告訴を取下げた」と明らかにした。無断侵入で告訴された2人の女性について、警察は「荷物の移動を補助するための女性だった」とし「この2人についての告訴も取下げた」と説明した。
一方、小雪は今月10日、韓国のある産後ケア施設で第2子である女の子を出産した。小雪の所属事務所は「小雪が産後ケア施設が発達した韓国で第2子を出産することになった」と明らかにした。

ナイナイ・岡村が語る「小雪の会見でのウソ発言」

2012年05月24日放送の「ナインティナインのオールナイトニッポン(ANN)」にて、小雪が20日、都内で行われた出演映画「スノーホワイト」のPRイベントに参加した際、21日にしか見られない金環日食について、「昨日、少しだけ見ました。最近育児で忙しいので空を見上げる機会は少ないんです」などと発言していたことについて語られていた。

岡村「先程、金環日食の話をしましてけど、小雪さんの事件、知ってます?事件っていうか、事故ですよね」

矢部「あったらしいね」

岡村「日食前日の日に、小雪さんがレポーターに『金環日食の件ですが…』って言われて。前日やで?」

矢部「うん」

岡村「前日に『見ました。少しだけ見ました』って言って」

矢部「はっはっはっ(笑)」

岡村「『育児で忙しいので、空を見上げる機会は少ないんですけど』って言って」

矢部「何見たんですかね?(笑)」

岡村「それでレポーターの人が『明日なんですけど』って言って」

矢部「フッフッフッ(笑)」

岡村「『明日も見ます』って言いはったんちゃうかな?これはなかなかの事件ですよ」

矢部「それ小雪さんも笑って答えたの?(笑)」

岡村「いや、もうなんか会場もなんかシーンってなって」

矢部「ふふっ(笑)」

岡村「多分なんですけど、僕が思うに、小雪さん嘘ついているんじゃないかと」

矢部「はっはっはっ(笑)いや、そうでしょうね」

さらに、以下のように語っていた。
岡村「育児は忙しい。それは忙しいと思うんですよ。空は見上げてないと思うんです。それで、日食も見てないんです」

矢部「うん」

岡村「っていうね」

矢部「日食が話題になってるのは耳にしてたのかな」

岡村「いやなんか、芸能人の人って『そういうの見とかなアカン』っていうのがあったんちゃうかな?」

矢部「うん」

岡村「いつか、まで分かってなかったんでしょうね」

矢部「日食あるのは分かってたけど」

岡村「日食あるのは分かってたけど、『ほら、きた!』みたいな」

矢部「質問きた、って」

岡村「それで『ちょっとだけ見ましたよ』って」

矢部「『見てますよ』みたいな(笑)」

岡村「『見ましたよ』って」

矢部「いや、恥ずかしいでしょうね」

岡村「恥ずかしかったと思いますよ。小雪さんって、知的なイメージあるし、日食好きというかね」

矢部「ふふっ(笑)」

岡村「月っぽいやん。太陽というより、月っぽいっていうか」

矢部「うん」

岡村「余計に、そういうのかなぁって思って」

矢部「うん」

岡村「ちょっとなんか、僕的には残念やったなぁって思って」

矢部「思いましたか」

岡村「嘘ついたんかぁって」

矢部「はっはっはっ(笑)」

岡村「ちょっと残念な気持ちになったなぁって。そういうイメージじゃなかったから。小雪さんって日食とか興味ある方なのかなって、空に興味ある方なのかなぁって思ってたから」

矢部「取り返しのつかないウソってありますよね」

岡村「ウソついたらアカンのよ」

矢部「取り返しのつくウソってあると思うんですけど、これは取り返しつかへんもんね」

岡村「うん…育児で忙しかったからやろうけどもね。あれは事件というより、事故やね。次の日も見てはらへんのやろうな」

矢部「はっはっはっ(笑)」

岡村「ははは(笑)もう見ましたって言わはったからな」

矢部「でも、『明日も見ます』って言ってはったんでしょ?」

岡村「俺、『明日も見ます』って言うたんちゃうかなぁって思って。『いつでしたっけ?』みたいに、煙に巻く、ドロンする会話やったけどね」

矢部「まだやったんかい!って(笑)」

岡村「『なんやねん、ほらきた!この会話』って思って、『ちょっとだけ見ました』って(笑)」

矢部「OKなのは、芸人さんくらいかなぁ。しかもボケで」

岡村「そやね。会場も『えぇ?』みたいになって」

矢部「はっはっはっ(笑)」

岡村「『まだまだ…』って。そういう不思議なこともありましたけど」

矢部「剥がれた瞬間ですね」

岡村「怖いよ、ホンマに怖いよ。気をつけていかんと」と語っていた。

韓国出産で話題の小雪、訴訟事件に巻き込まれたのは誤解からくるもの
中央日報-01月16日11:20
この記事の話題数164
チェックする(24)つぶやく(105)日記を書く日記を読む(34)
韓国遠征出産で話題になった日本女優の小雪(37)が、産後ケア施設側との告訴事件に巻き込まれた事実が伝えられた。
15日、韓国の複数のメディアによると、A産後ケア施設側は小雪が今月7日、事前に何の知らせもなく別の産後ケア施設に移る過程で、身元不詳の女性2人が無断侵入し、診療費や利用料など170万ウォン(約14万円)を支払わなかったことに対して訴状を提出した。
しかし16日に警察側は「産後ケア施設を移動する過程で誤解が生じたもの」とし「小雪さんはすぐに170万ウォンを支払い、A産後ケア施設側も15日午後に告訴を取下げた」と明らかにした。無断侵入で告訴された2人の女性について、警察は「荷物の移動を補助するための女性だった」とし「この2人についての告訴も取下げた」と説明した。
一方、小雪は今月10日、韓国のある産後ケア施設で第2子である女の子を出産した。小雪の所属事務所は「小雪が産後ケア施設が発達した韓国で第2子を出産することになった」と明らかにした。

ナイナイ・岡村が語る「小雪の会見でのウソ発言」

2012年05月24日放送の「ナインティナインのオールナイトニッポン(ANN)」にて、小雪が20日、都内で行われた出演映画「スノーホワイト」のPRイベントに参加した際、21日にしか見られない金環日食について、「昨日、少しだけ見ました。最近育児で忙しいので空を見上げる機会は少ないんです」などと発言していたことについて語られていた。

岡村「先程、金環日食の話をしましてけど、小雪さんの事件、知ってます?事件っていうか、事故ですよね」

矢部「あったらしいね」

岡村「日食前日の日に、小雪さんがレポーターに『金環日食の件ですが…』って言われて。前日やで?」

矢部「うん」

岡村「前日に『見ました。少しだけ見ました』って言って」

矢部「はっはっはっ(笑)」

岡村「『育児で忙しいので、空を見上げる機会は少ないんですけど』って言って」

矢部「何見たんですかね?(笑)」

岡村「それでレポーターの人が『明日なんですけど』って言って」

矢部「フッフッフッ(笑)」

岡村「『明日も見ます』って言いはったんちゃうかな?これはなかなかの事件ですよ」

矢部「それ小雪さんも笑って答えたの?(笑)」

岡村「いや、もうなんか会場もなんかシーンってなって」

矢部「ふふっ(笑)」

岡村「多分なんですけど、僕が思うに、小雪さん嘘ついているんじゃないかと」

矢部「はっはっはっ(笑)いや、そうでしょうね」

さらに、以下のように語っていた。
岡村「育児は忙しい。それは忙しいと思うんですよ。空は見上げてないと思うんです。それで、日食も見てないんです」

矢部「うん」

岡村「っていうね」

矢部「日食が話題になってるのは耳にしてたのかな」

岡村「いやなんか、芸能人の人って『そういうの見とかなアカン』っていうのがあったんちゃうかな?」

矢部「うん」

岡村「いつか、まで分かってなかったんでしょうね」

矢部「日食あるのは分かってたけど」

岡村「日食あるのは分かってたけど、『ほら、きた!』みたいな」

矢部「質問きた、って」

岡村「それで『ちょっとだけ見ましたよ』って」

矢部「『見てますよ』みたいな(笑)」

岡村「『見ましたよ』って」

矢部「いや、恥ずかしいでしょうね」

岡村「恥ずかしかったと思いますよ。小雪さんって、知的なイメージあるし、日食好きというかね」

矢部「ふふっ(笑)」

岡村「月っぽいやん。太陽というより、月っぽいっていうか」

矢部「うん」

岡村「余計に、そういうのかなぁって思って」

矢部「うん」

岡村「ちょっとなんか、僕的には残念やったなぁって思って」

矢部「思いましたか」

岡村「嘘ついたんかぁって」

矢部「はっはっはっ(笑)」

岡村「ちょっと残念な気持ちになったなぁって。そういうイメージじゃなかったから。小雪さんって日食とか興味ある方なのかなって、空に興味ある方なのかなぁって思ってたから」

矢部「取り返しのつかないウソってありますよね」

岡村「ウソついたらアカンのよ」

矢部「取り返しのつくウソってあると思うんですけど、これは取り返しつかへんもんね」

岡村「うん…育児で忙しかったからやろうけどもね。あれは事件というより、事故やね。次の日も見てはらへんのやろうな」

矢部「はっはっはっ(笑)」

岡村「ははは(笑)もう見ましたって言わはったからな」

矢部「でも、『明日も見ます』って言ってはったんでしょ?」

岡村「俺、『明日も見ます』って言うたんちゃうかなぁって思って。『いつでしたっけ?』みたいに、煙に巻く、ドロンする会話やったけどね」

矢部「まだやったんかい!って(笑)」

岡村「『なんやねん、ほらきた!この会話』って思って、『ちょっとだけ見ました』って(笑)」

矢部「OKなのは、芸人さんくらいかなぁ。しかもボケで」

岡村「そやね。会場も『えぇ?』みたいになって」

矢部「はっはっはっ(笑)」

岡村「『まだまだ…』って。そういう不思議なこともありましたけど」

矢部「剥がれた瞬間ですね」

岡村「怖いよ、ホンマに怖いよ。気をつけていかんと」と語っていた。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
奥さんが5

オヤジは「どうだ。ダンナ以外の精子の味は?」「ゴホ・・ゴホ」奥さんは咳き込みながら泣いてました。「おい!こっちにこい」「お願いします。もう許して下さい」「オラー」オヤジはそのまま奥さんを風呂場に連れて行ったようです。「やめてー」「オラー早く脱げ」そしてバ…

no image
お姉ちゃんとの賭け

俺が中学生の時のことです俺は勉強が苦手でいつも30点ぐらいだった高校生にお姉ちゃんはいたが姉は頭がよく成績はトップでした。それで俺はお姉ちゃんにバカにされていていつかは見返してやろうと思ったそんな時中間テストがあり俺はお姉ちゃんに思い切ってあることを提案…

no image
ませた少女を本当に逝かす

家に帰ると少女物の靴がズラリと並んでいる。数からして5人か、娘の部屋をちょっと覗く。「あっ、こんにちわ~おじゃましてま~す」少女特有の甲高い声が一段と騒々しい。「悪い事するんじゃないぞ~」と、だけ声をかけリビングに戻り晩酌を始めた。今日は小5の娘の友達が、…

no image
社宅で夫の先輩と

こんにちは。私もおなじ社宅の人とときどきHなことしてます。昨日、ついにさいごまでしちゃいました。すごいどきどきしますね。私の場合は主人の先輩がお相手なので余計に興奮しちゃって。その人、主人と同じ部署だから主人の仕事の時間とかも知ってるから主人が遅い日なんか…

no image
★目をつけていた女性をやっと

 単身赴任を終え、本社に帰って2ヶ月。目をつけていた女性をやっとモノにしました。本社ビルの清掃をしている紀代子、53歳です。小柄でおとなしそうな、好みの女性です。帰任して間もなく、男性トイレでしゃがんで便器を拭いていた彼女のパンティラインをみて欲情して以来、ねらっていました。 何日か後「食事しませんか。電話してください」と書いた紙切れを渡していました。1ヶ月以上たって諦めかけていたころ、電話がかかって

no image
プリクラではなくコンドーム

俺は高3の時の話当時俺は好きな子がいた。その子は部活の後輩で初めて付き合いたいと思った子だった。しかし、それまで恋愛経験ゼロだった俺は自分ではどうしていいかまったくわからない状況だった。そこで、当時バイトしていた飲食店の先輩に(一個上の女)相談してアドバイ…

no image
茶道の先生2

お茶の先生とSMをする事になったが、俺はまだ縛れないので、まずはSMごっこをする事になった。お茶の先生は、緊縛体験がしたいらしい。まずネットで、腰骨より上まで切れあがった超ハイレグの水着を買った。改造型でバックスタイルの水着の面積が小さいので、着ただけで先生…

no image
続続続・仮名はなださんのアパートで…

はなちゃんから別れ話をされて、私から別れ話をして、一人になると私は、たくさんたくさん泣いた…。別れ話をしてから少し日にちが経って、仕事帰りに偶然はなちゃんに会ってしまった。はなちゃんに気にかけてもらってしまうと嬉しくて、はなちゃんのいいところもいっぱい知…

no image
アソコの臭いが気になって処女でしたが

 今年高3になってすぐに卒業アルバムに使う写真を撮っているんですが、いつも撮りに来てくれる24歳のカメラマンがカッコよくて、5月に私から告白して現在彼と付き合っています。先月彼と海を見に行った時に彼が私に迫って来ました。覚悟はしてたんですが、あの事が忘れなくて拒否しました。

no image
知子13才・幼き肉奴隷

プロローグ 7月の午後の昼下がり、知子は世田谷女子中学校1年4組の教室にいた。彼女は授業中だというのに、何かそわそわとしていた。別に頭が痛いとか、気分が悪いというわけではない。何となく身体が火照って、ムズ痒くなり、体中が敏感になってしまったような感じなの…