エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

デリヘル初体験

   

デリヘルと言うものを初めて体験しました。
ネットでリサーチしてオプションサービスが充実してる場所に電話しました、オプションはセーラー服とパンストを選びました。
昔からセーラー服と黒いパンストが大好物で一度でいいからそんなスタイルの女の子とエッチなことをしたかったからです。
約束したホテルで待つこと1時間、女の子が来るまでドキドキものでした、ものすごいブスが来たらどうしよう、年増のババァだったら金をドブに捨てるようなものだ、やめときゃよかった、と小心者の俺はそんな心配ばかりしてました。
いよいよ女の子が来て顔を見て一応ホッとしました、部屋に招き入れとりあえず名前と年齢をきくと名前はユカで歳は28歳だと言ってましたが、結構童顔で20代前半でも通用する顔立ちで、デリヘル初体験で指名もしなかったにしてはアタリの部類だったと思います。
さすがにセーラー服は着てませんでしたが黒いパンストは既に穿いてました、てっきり両方持ってきて部屋で着替えるものだと思ってました、「パンスト穿いてきてくれたんだ」と聞くと「これ薄いけどタイツだよ、私が朝から穿いてる私物、オプションのはこっち」と言って鞄から新しいパンストを出して見せてくれました。
「朝から穿いてる」という言葉にグッと来て「そっちの方がいいな」と言うと「えー匂ってたりしたら恥ずかしいよ、それに帰る時寒いし・・・」とユカちゃんは言ったので「じゃあ俺がそのタイツ買った、帰りは持ってきたパンスト穿きなよ」
ユカちゃんはちょっと迷ってましたが、「いいけどぉ〜、でも恥ずかしいな」と言うので「ユカちゃんみたいな可愛い子の匂いなら大丈夫、ね、お願い」と頼んでOKしてもらった。
セーラー服を着てもらっていよいよプレイ開始、本番や過激なことはNGと言われたが最初からそこまでは期待してなかった。
ベッドに寝かせとにかく脚を触りまくった、ただ期待したタイツの匂いは蒸れるブーツとかじゃなく新しそうなスニーカーだったことからほとんど匂ってなかった、それでも薄手のタイツを通して伝わってくる温もりと柔らかさでかなり興奮してた。
脚を攻めながら「ああ、ユカちゃんの脚って柔らかくて最高だよ、ユカちゃんに穿かれるタイツって幸せだろうな、俺もタイツになりたい」と言ってやった「いやーん恥ずかしい、脚自信ないのに・・・でも脚が好きなの?」「うん、おっぱいより脚だね、脚に自信がないって言うけど、ユカちゃんの脚綺麗だと思うよ、自信持っていい」などと話しながら脚を触りまくった。
脚コキはOKだったのでフトモモに出すことにした、チンコをフトモモで挟んでもらいながらしごいた、でもAVとかで見るようにうまくいかない、結局自分の手でしごいてタイツに包まれたフトモモにたっぷりと出した、フェラとかそういったものは一度もせずフトモモコキでも出せず自分でしごいて出したわけだが、ものすごく気持ちよかった。
タイツに出した精子は濡れたタオルで拭きとってから脱がせた、そして脱いだタイツは俺が持ち帰った。
ユカちゃんが朝穿いて昼の仕事をして(本屋の店員らしい)俺と出会う夜の8時頃まで穿き続けてたタイツ、デリヘルは本業の本屋の店員が終わった後にこずかい稼ぎでやってるらしいが、その日のお客は俺が1番目だった。
あんな普通そうな子がデリヘルやってるのにはびっくりしたが、そんな普通の子のタイツに包まれた脚に出せて、そのタイツももらえた(厳密にいえば買ったわけだが)なんて最高の経験です。
デリヘルと言うものを初めて体験しました。
ネットでリサーチしてオプションサービスが充実してる場所に電話しました、オプションはセーラー服とパンストを選びました。
昔からセーラー服と黒いパンストが大好物で一度でいいからそんなスタイルの女の子とエッチなことをしたかったからです。
約束したホテルで待つこと1時間、女の子が来るまでドキドキものでした、ものすごいブスが来たらどうしよう、年増のババァだったら金をドブに捨てるようなものだ、やめときゃよかった、と小心者の俺はそんな心配ばかりしてました。
いよいよ女の子が来て顔を見て一応ホッとしました、部屋に招き入れとりあえず名前と年齢をきくと名前はユカで歳は28歳だと言ってましたが、結構童顔で20代前半でも通用する顔立ちで、デリヘル初体験で指名もしなかったにしてはアタリの部類だったと思います。
さすがにセーラー服は着てませんでしたが黒いパンストは既に穿いてました、てっきり両方持ってきて部屋で着替えるものだと思ってました、「パンスト穿いてきてくれたんだ」と聞くと「これ薄いけどタイツだよ、私が朝から穿いてる私物、オプションのはこっち」と言って鞄から新しいパンストを出して見せてくれました。
「朝から穿いてる」という言葉にグッと来て「そっちの方がいいな」と言うと「えー匂ってたりしたら恥ずかしいよ、それに帰る時寒いし・・・」とユカちゃんは言ったので「じゃあ俺がそのタイツ買った、帰りは持ってきたパンスト穿きなよ」
ユカちゃんはちょっと迷ってましたが、「いいけどぉ〜、でも恥ずかしいな」と言うので「ユカちゃんみたいな可愛い子の匂いなら大丈夫、ね、お願い」と頼んでOKしてもらった。
セーラー服を着てもらっていよいよプレイ開始、本番や過激なことはNGと言われたが最初からそこまでは期待してなかった。
ベッドに寝かせとにかく脚を触りまくった、ただ期待したタイツの匂いは蒸れるブーツとかじゃなく新しそうなスニーカーだったことからほとんど匂ってなかった、それでも薄手のタイツを通して伝わってくる温もりと柔らかさでかなり興奮してた。
脚を攻めながら「ああ、ユカちゃんの脚って柔らかくて最高だよ、ユカちゃんに穿かれるタイツって幸せだろうな、俺もタイツになりたい」と言ってやった「いやーん恥ずかしい、脚自信ないのに・・・でも脚が好きなの?」「うん、おっぱいより脚だね、脚に自信がないって言うけど、ユカちゃんの脚綺麗だと思うよ、自信持っていい」などと話しながら脚を触りまくった。
脚コキはOKだったのでフトモモに出すことにした、チンコをフトモモで挟んでもらいながらしごいた、でもAVとかで見るようにうまくいかない、結局自分の手でしごいてタイツに包まれたフトモモにたっぷりと出した、フェラとかそういったものは一度もせずフトモモコキでも出せず自分でしごいて出したわけだが、ものすごく気持ちよかった。
タイツに出した精子は濡れたタオルで拭きとってから脱がせた、そして脱いだタイツは俺が持ち帰った。
ユカちゃんが朝穿いて昼の仕事をして(本屋の店員らしい)俺と出会う夜の8時頃まで穿き続けてたタイツ、デリヘルは本業の本屋の店員が終わった後にこずかい稼ぎでやってるらしいが、その日のお客は俺が1番目だった。
あんな普通そうな子がデリヘルやってるのにはびっくりしたが、そんな普通の子のタイツに包まれた脚に出せて、そのタイツももらえた(厳密にいえば買ったわけだが)なんて最高の経験です。

 - 未分類 , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
母の色気に磨きがかかった理由は

ゴールデンウィークも終わり、大学の授業も再開したある日、友人の隆のマンションでさぼっていた。俺、遥は自宅から、隆は親からの仕送りで学生には似つかわしくない2DKのマンションに住んでいる。見ていたビデオも終わり、学校に戻るかと題名の書いてないビデオを見つけ…

no image
山で出会ったJS

"60 山で出会ったJS 削除依頼 投稿者:たぐ ◆J43/PIljHc 2009/09/11 19:19:48(LV.hXEaw) 投稿削除 夏休みに入ったばかりの頃の話。俺は40歳前で妻子アリ。子供とカブトムシ捕りに行くはずだったんだけど、子供が夏風邪引いて結局俺だけがカブトムシ捕りに行く事…

no image
精子出るとこ見せて

僕には同い年のいとこT子がいます。昔は自分の家に親戚一同が集まって年越しをしていました。T子は目がクリっとしていて可愛いコで、当時とても好きでした。年に一回だけ、その年越しをする日だけはT子が自分の家に泊まって行ったのです。あれは自分が中学2年のお正月で…

no image
★男のモノよりバイブにハマっています

 最近、ストレスと彼がいないせいか、欲求不満でオナニーでは我慢できないほどでした。少し、かわったセックスをしてみたい。おもいきり、はずかしく感じてみたいという願望が少しあり、チャットで、Mの人をうけいれてくれるところにはいりました。 願望といっても、あまりわからないけど、言葉ぜめとか、目隠しとか、興味があって話ししました。なんの、話しをしたのかあまり、おぼえてないですが、かなりそれだけで感じてしま

no image
遠隔バイブ

王様ゲームで同じ部署の広美ちゃん(26)が1週間奴隷になることになった。俺はもちろん性欲解消のための命令をしたそれは広美ちゃんのマ●コにバイブを付けておくこと…中略…広い美ちゃんが仕事をしているときにスイッチを押すと‥広美ちゃんは手でマ●コをおさえながらモ…

no image
★美人の身体には興奮します

 これは四年前の話・・会社の事務に33才の綺麗な顔をしたMという女性が居ます。こんな綺麗な人が世の中に居るのかと思うぐらい、顔も身体も完璧で社内ではアイドル的存在です。ただ、残念な事に既婚者です。 そんなMと私はお互いの子供を連れて出掛ける間柄だが、Mの旦那も私の嫁も仕事が忙しいので、遊ぶ時は子沢山の夫婦にしか見えず、それがまた楽しくてしかたないのですが・・

no image
ふとしたきっかけで

(1) 私はごく普通の会社員、37才。妻と子供二人(5才男、2才女)がいる(Mという名字である)。 職場でもプライベートでも特に、もてると言うわけでもなくごく普通に女性とは会話ができるような男だ。 ただ、学生の頃には、一緒に歩いていると「姉さん?」と友人…

no image
★変態おじさんとの出会いの体験談

 私は中高一貫の女子校に通ってました。家も学校の校庭の前にあっったので遅刻しないで学校に行けてました。部活はテニス部でした。田舎の学校だったので、校庭がすっごく広くて、しかも斜面に段々になって校庭が作られていて、テニス部のコートは校舎から一番遠かったけど、私の家の前だったので、部活終わりにはそのままフェンスを乗り越えて家に帰ったりしてました。 部室もそのコート脇にあって、古くて汚かったけど、そこで

no image
姉ちゃんとセックス

 僕が高校1年で16歳のとき、友達から教わったばかりのオナニーに明け暮れていました。もちろん童貞でした。 僕は姉と同じ部屋だったので、最初のころは姉が留守のときだけオナニーをしていました。 姉は3つ年上の19歳でOLでした。平日は朝早く出勤して、遅く帰ってくるの…

no image
リゾート地で

リゾート到着ーv泳ぐの、すっごい久しぶりだねー♪さっそく着替えて、プール行っちゃう?(んー、、とお部屋を見渡して)じゃあ私、あっちのベッドルームで着替えてくるから、尚紀さん、ここで……じゃあねー(手をひらひら振って、荷物を持って、ベッドルームに消える)だねぇ…