エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

★職場の飲み会で打ち解けて・・

   

★職場の飲み会で打ち解けて・・

 職場の(複数の部が合同)飲み会で、業務の話しかしたことが無い女性と隣り合わせになった。最初は話が全然弾まなかったものの、学生時代のクラブが同じだった事が途中で分かり、俄然盛り上がった。一次会が終わり、二次会の店(カラオケ)に向かう途中で『一曲歌うぐらいだろうね』との問いかけに少し真顔の顔で『別の店に行く?』と答えてきた。

 こちらの『行こうか?』には答えず腕をくまれ、二次会の店と逆の方向に歩き出した。目に入ったカラオケボックスに入り2時間程が過ぎ『電車大丈夫?』に『タクシーで1000円位のところだから(心配しないで)、もう少し歌おうよ』とテンションが更に上がりだした。
 選曲がノリの良い曲からお互いの目を見つめ合いながらのラブバラードに変わり、しっかり寄り添うようになった。
 この頃からもしかしてホテルに行くかも・・・の雰囲気を感じ、肩を強く抱きチャゲ飛鳥の“ラブソング”を歌った。お互いの目が合い自然にキスをした。


 彼女が『どうする?』『出ようか?』『出てどうするの?』『ゆっくり話が出来る所に行こう』『もう少し歌ってから』『もう十分に歌ったよ』『ほんとはどうしたいの』『セックス』『えっ』『○○とセックスしたい』『じゃあ連れてって』となり、外に出てから目に入ったホテルに入った。

 ホテルに入り部屋に入ると強く抱擁をし深いキスを何度もした。それから『風呂に入ろうか』『このままがいい』『でも汗臭いよ』『いいの』の言葉を契機にお互いが?を脱がしあった。型通りに前戯を始めたが直に『来て』と言われた。『スキン付けるね』『あなたならいいのに』でもスキンは付け二人は正常位で交わった。


 アルコールのせいかどんなに激しいピストンを繰り返しても終わる気配が無く、彼女は次第に強く感じ始め、最後には悶絶状態になった。それでも私は射精することは無かった。

 『私ではいけないの?』『そんなことはないよアルコールのせいだよ』『この姿勢でしてくれる』とバックスタイルになった。後ろから挿入した、これは彼女の弱点に当たる体位なのかほぼ最初から強く感じだし先ほど以上に悶絶状態に陥った。『だいじょうぶか?』『なんでこんなに合うの』『おれとのセックスは好きか』『大好きよ』

 その後更に悶絶状態が続き、さすがに射精感を感じ始め今までに無い強い射精感を感じ射精した。しばらくしてから体を外すとスキンが破れていた。頭が一気に酔いから覚めたが彼女には告げられなかった。もう一度正常位にて果て、その時は彼女に『今度もいっぱい出たよ』とスキン見せた。その後お互いに体を感じながら朝まで寝てお風呂に一緒に入りホテルを出た。


 人通りがあるところの前で『又誘うよ、今度はデートしようね』『待ってる』と分かれた。その後は連絡の行き違いが二度続いてしまい、それが原因で二度と会うことはなかった。今も職場で週に一回位顔を合わせるが、あの今までに経験をした事が無いほど強い女性の悶絶状態を思い出し勃起してしまう。

 結局ははっきりしていないが妊娠は無かった?ようでほっとしている。

 - 会社員の体験談 , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★好きでない先輩へ言いたい事があります

 先輩のお蔭で良いお正月が過ごせました。なんたってお子さんを連れて、ご実家に帰っていただいたおかげで、奥さんの純子さんをたくさん可愛がることが出来ましたよ。勘違いしないでくださいね。あくまでも誘ったのは、純子さんの方からですからね。だって、2週間も前から「体調が悪い・・」と先輩に言っていたみたいですから、そりゃあ、騙されても仕方ないですよね。「病院に行く」と嘘ついてまで、夜勤明けの僕の部屋に来てし

no image
新婚さんの奥さんのアソコに入れました

 結婚したばかりの友達に呼ばれ酒を飲みに行きました。奥さんは僕たちの2つ下で 可愛いむっちりとしたお尻の奥さんです。結婚前から遊びに行くと 奥さんを見ては帰ってオナニーのおかずにしていました。3人で酒を飲み いつも泊まって行く僕も夕方から飲み続けまずは友達が寝て その横で奥さんもちょっと私も眠くなったといいながら、TVを見てるうちに寝てしまいました。

no image
★山奥の温泉地の出来事の話

 盆休みに行けなかった温泉へ行って来ました。平日でおまけに大雨で客も少なく大浴場は貸し切り状態でした。山奥の温泉で 外に行く事も無く なんとなくテレビで過ごすのも嫌なので また風呂へ 妻に どうせ誰も来ないから男風呂に来いよと誘うと 大丈夫かなと言いながらも 入る事にしました。 二人でのんびり浸かってると ガラガラと戸が開き私達より若い三十代の男性が入って来たんです。妻を見て アッ間違えたと言うと

no image
★エロ談議が好きなおばさんとの内緒話

 昼 工場の事!みんなは現場に行き 俺1人加工の仕事してました。昼休み前 社長の奥さんが来て、切りクズやその辺の掃除を始めました。掃除しながら喋る喋る!五十過ぎの下ネタ好きおばさんです。昼飯を食べて昼寝してると、タオルなど洗濯して休憩室の中に干してました。 除湿器を見て「あら! 水が溜まってるじゃない!」除湿器のタンクを外し外に捨て戻って来ました。タンクをセットし「直ぐ溜まるんだね‥」そこで「1日で溜

no image
★同僚との野外エッチ体験談

 部署の飲み会があり飲み会が終わったあと、帰る方向が同じだからと2つ年上のSさんという女の人と、ほろ酔いで 駅に向かっていた。Sさんはスレンダーで顔は森高千里のようなひとだ。駅に着いたら、ホームはすごい数の人でごった返していた。人身事故か何かで電車が大幅に遅れているらしい。 2本の電車を人が多すぎて乗り過ごしたが、かなり時間も遅かったので3本目にSさんと乗ることにした。これも超満員。何とか電車に乗るこ

no image
★温泉ホテルで出会った家族

 日帰りで伊豆に行く事になりましたが、酒好きの先輩が「面倒だから一泊しようぜ」と自腹で泊りになりました。温泉ホテルで一緒になった家族がありました。両親と大人しい感じの美穂JC3と元気なJS6の美貴の4人家族です。 姉妹の両親も酒好きで酒好きの先輩と盛り上がってました。ホテル内のカラオケで演歌ばっかで飽きたのか「美穂ちゃん、お風呂行こうよ」と言い出しました。そのホテルには取って付けた様な露天風呂が屋

no image
★育ちの良い美しい令嬢の女体はつる肌

 俺三十代既婚、彼女二十代独身。彼女、目パッチリ鼻筋通って唇ぽってりの、まあ所謂超美人。髪の色が結構明るいので、夜見ると銀座の高級クラブのお姉さんに見えなくもない。こんないい女なのに彼氏なし…何故かと言うと、父が同じ旧財閥系企業の元役員という事もあり、なかなか皆手を出しづらいようだったから。 見た目は凄いんだけど、育ちが良いのか中身は結構素朴で感じの良い女の子だった。ある飲み会の二次会、既に大半は

no image
★会社員が気になると言えば女事務員

 私40歳事務員S子36歳の話です。事務員S子は同じ会社の事務員で、職歴は私より長く独身時代から(子育て期間休暇)で、独身時代は垢抜けない感じの女の子で、セックスの対象外でした。 お互い結婚して同じ年に子供が出来たので、共通の話題で結婚後よく話をするようなった。子供が小学生になるころには、下ネタにも 食いつくようになり、欲求不満なのかなと思っていたが・・

no image
女性を抱けたラッキーな出張

 先日ラッキーな出来事があったので書きます。仕事で九州の少し大きな街へ行って、初めて泊まるビジネスホテルでの出来事ですが、夕方チェックインしてから部屋へ行き荷物を置いて外へ出ました。取引先との接待というか、ただの飲み会という感じで居酒屋へ行ってたらふく飲んで食べて、そのあとお決まりのクラブへ行ってホステスと話しながら時折サービスだと誤魔化しながら、オッパイ触ったり太股を触ったり2時間ほど遊んだ後に

no image
★若い女体を好きな様にして良いのだろうか

 新入社員の有希子は高校を出たばかりの18歳で、長い髪の清純無垢な美少女でした。それは半年前、酔っ払いに絡まれていたところを助けた女子高校生でした。半年振りの偶然の再会は、俺よりも有希子の方が感激が大きく、声を掛けようか迷っているうちに有希子の方からアプローチをかけてきました。 断る理由などありません。こんな清純派の美少女を手に入れられるのは、私レベルの男では今後ありえないと思いました。私は入社2年