エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

★職場の飲み会で打ち解けて・・

   

★職場の飲み会で打ち解けて・・

 職場の(複数の部が合同)飲み会で、業務の話しかしたことが無い女性と隣り合わせになった。最初は話が全然弾まなかったものの、学生時代のクラブが同じだった事が途中で分かり、俄然盛り上がった。一次会が終わり、二次会の店(カラオケ)に向かう途中で『一曲歌うぐらいだろうね』との問いかけに少し真顔の顔で『別の店に行く?』と答えてきた。

 こちらの『行こうか?』には答えず腕をくまれ、二次会の店と逆の方向に歩き出した。目に入ったカラオケボックスに入り2時間程が過ぎ『電車大丈夫?』に『タクシーで1000円位のところだから(心配しないで)、もう少し歌おうよ』とテンションが更に上がりだした。
 選曲がノリの良い曲からお互いの目を見つめ合いながらのラブバラードに変わり、しっかり寄り添うようになった。
 この頃からもしかしてホテルに行くかも・・・の雰囲気を感じ、肩を強く抱きチャゲ飛鳥の“ラブソング”を歌った。お互いの目が合い自然にキスをした。


 彼女が『どうする?』『出ようか?』『出てどうするの?』『ゆっくり話が出来る所に行こう』『もう少し歌ってから』『もう十分に歌ったよ』『ほんとはどうしたいの』『セックス』『えっ』『○○とセックスしたい』『じゃあ連れてって』となり、外に出てから目に入ったホテルに入った。

 ホテルに入り部屋に入ると強く抱擁をし深いキスを何度もした。それから『風呂に入ろうか』『このままがいい』『でも汗臭いよ』『いいの』の言葉を契機にお互いが?を脱がしあった。型通りに前戯を始めたが直に『来て』と言われた。『スキン付けるね』『あなたならいいのに』でもスキンは付け二人は正常位で交わった。


 アルコールのせいかどんなに激しいピストンを繰り返しても終わる気配が無く、彼女は次第に強く感じ始め、最後には悶絶状態になった。それでも私は射精することは無かった。

 『私ではいけないの?』『そんなことはないよアルコールのせいだよ』『この姿勢でしてくれる』とバックスタイルになった。後ろから挿入した、これは彼女の弱点に当たる体位なのかほぼ最初から強く感じだし先ほど以上に悶絶状態に陥った。『だいじょうぶか?』『なんでこんなに合うの』『おれとのセックスは好きか』『大好きよ』

 その後更に悶絶状態が続き、さすがに射精感を感じ始め今までに無い強い射精感を感じ射精した。しばらくしてから体を外すとスキンが破れていた。頭が一気に酔いから覚めたが彼女には告げられなかった。もう一度正常位にて果て、その時は彼女に『今度もいっぱい出たよ』とスキン見せた。その後お互いに体を感じながら朝まで寝てお風呂に一緒に入りホテルを出た。


 人通りがあるところの前で『又誘うよ、今度はデートしようね』『待ってる』と分かれた。その後は連絡の行き違いが二度続いてしまい、それが原因で二度と会うことはなかった。今も職場で週に一回位顔を合わせるが、あの今までに経験をした事が無いほど強い女性の悶絶状態を思い出し勃起してしまう。

 結局ははっきりしていないが妊娠は無かった?ようでほっとしている。

 - 会社員の体験談 , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
■女性とのSEXの相性は大切な事です

 人妻Dは私にとって非常に感謝している女性です。何故かといえば、私を本当の男にしてくれたからです。彼女の名前は美保子さんといいます。彼女との出会いは、学生の時、バイトでデパートの配達をしていて、分からない家を探している時にベランダで洗濯物を干していた、美保子さんにその家を尋ねたことに始まります。 美保子さんは親切丁寧にその家を教えてくれましたが、私はその間ずっとその時代全盛だったミニスカートの奥の

no image
★ビジネスホテルの出張マッサージ

 かなり前ですが、ビジネスホテルに泊まった時のことです。疲れがピークに達していたので、フロントに電話をしマッサージをお願いしました。風呂も入り終えた後だったので、ホテルに用意してあるパジャマを着て、テレビを見ていました。 15分ぐらいして、ドアをノックする音が聞こえました。開けてみると、40代のかわいらしいおばさんでした。マッサージが似合わないきれいな人だったので少しびっくりしました。部屋に入れ、いつ

no image
★お金もちのオバチャンにしゃぶられました

 近所のパチンコ店が新台入れ替えで開店。仕事休みだから、暇潰しに朝から並んでしまった。ハーデス打って出ない…諦めジャグラーに。混んでいれ座れない。暫くすると空き席発見。直ぐに座り打ちました。直ぐにピカッ。ちょろちょろ打ってたけどやはり伸びない。 すると、横のオバチャンが光る度にこちらを見て入れて~と言ってきていた。このオバチャン推定50前半。凄い厚化粧。服装も何となくピタッとした服装。親しげに話し掛

no image
★人生には女性がいないと寂しいですね

 単身赴任4年目で休日の過ごし方にも物足りなさを感じる今日この頃、仕事で知り合った同い年のバツイチの彼女ができました。2.3回外で食事をしたあと、料理が得意だから部屋に遊びに来るように誘うと、来週いきます、との返事。 ご希望の昼食のパスタで満足してもらい、そのあとお茶を飲みながら、単身赴任で、そちらもさみしいことを伝えると、いやな顔もせず、するのとしないのでどちらが楽しく付き合えるかを話し合いまし

no image
★掃除婦のおばさんは解放的

 小便が出たくてトイレに行くと 清掃中の立て看板が入り口に置いて有りました。中を覗くと オバサンが個室を掃除中でした。「オバサン 使って良いかな?」「良いよ」早速 2つ有る小便器の1つに立ち チャックを下げると、オバサンが隣の小便器の掃除を始めました。 無視して小便をしてると「若いから勢いが良いね(笑)」と 覗き込んで来ました。「ちょっとオバサン!覗かないでよ‥」でも 一度出た小便は止まりません!やっと出し

no image
★酔ったOLさんを駅で拾った話

 金曜日の夜、総○線の秋○原の駅のホームで、酒に酔ってフラフラのお姉ちゃんを発見。顔を見たら、25~6歳といった所か、テレ朝の女子アナの野村真季にホントそっくりのすげぇ美人!密かにファンなんだよ、俺。俺も、酒が入っててムラムラ心いっぱいだったから、尾行を決心。 お茶○水で乗り換えて、水○橋で降りた。少し距離を開けて、彼女の後ろをゆっくり着いてったんだよ。彼女、ホームのゴミ箱でチョロチョロっと吐いてた。

no image
★差し入れを持ってきた女子社員との話

 入社一年目の私は修行的意味合いで地方営業所に行かされました。必ずしも全員がそういう道を通るわけではありませんでしたので、早い話が貧乏くじです。その営業所は小さい建物ながら一軒を丸ごと借り受けており、三階には三畳ほどに仕切られたスペースが二つありました。  これが「寮」でして、この一つが私のネグラとなったのです。このレベルが当たり前の時代…だったわけではありません。学生でさえ、もっと普通のアパートに

no image
★保険セールスレディーを抱きたい

 最近 当社に出入りしてくるレディーです。ばついち 子供4人いて 生活も大変で本業が保険セールス 週何日かアルバイトして頑張ってるらしい。その話を武器にセールスしているらしいが私は話に乗らず知らん顔していました。3〜4度来社してきて他の人にはもう飽きられてきた頃私に話し掛けてきました。 近くで見ると結構グラマーで好きなタイプですが中々顔のしわ 化粧の崩れ加減 などなど 熟女していました。結構ミニスカ

no image
★魔がさして援をしましたが・・

 ここに書き込みするようになるなんて思ってもいませんでした。ある出会い系で魔がさして援をしました。自信アリって言葉に釣られて会ってみると、好みとは全く違う感じ。あの女医先生っぽい。悪くはないんだけど。以前も自信アリってコに会ったときも似た系列の顔立ちだったから、基本的に自称するコとは合わないんだろう。 まあそれはさておき、いざ始めたところ、攻めかたも合わないらしくフェザータッチにくすぐったがってあ

no image
★エロ談議が好きなおばさんとの内緒話

 昼 工場の事!みんなは現場に行き 俺1人加工の仕事してました。昼休み前 社長の奥さんが来て、切りクズやその辺の掃除を始めました。掃除しながら喋る喋る!五十過ぎの下ネタ好きおばさんです。昼飯を食べて昼寝してると、タオルなど洗濯して休憩室の中に干してました。 除湿器を見て「あら! 水が溜まってるじゃない!」除湿器のタンクを外し外に捨て戻って来ました。タンクをセットし「直ぐ溜まるんだね‥」そこで「1日で溜