エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

★職場の飲み会で打ち解けて・・

   

★職場の飲み会で打ち解けて・・

 職場の(複数の部が合同)飲み会で、業務の話しかしたことが無い女性と隣り合わせになった。最初は話が全然弾まなかったものの、学生時代のクラブが同じだった事が途中で分かり、俄然盛り上がった。一次会が終わり、二次会の店(カラオケ)に向かう途中で『一曲歌うぐらいだろうね』との問いかけに少し真顔の顔で『別の店に行く?』と答えてきた。

 こちらの『行こうか?』には答えず腕をくまれ、二次会の店と逆の方向に歩き出した。目に入ったカラオケボックスに入り2時間程が過ぎ『電車大丈夫?』に『タクシーで1000円位のところだから(心配しないで)、もう少し歌おうよ』とテンションが更に上がりだした。
 選曲がノリの良い曲からお互いの目を見つめ合いながらのラブバラードに変わり、しっかり寄り添うようになった。
 この頃からもしかしてホテルに行くかも・・・の雰囲気を感じ、肩を強く抱きチャゲ飛鳥の“ラブソング”を歌った。お互いの目が合い自然にキスをした。


 彼女が『どうする?』『出ようか?』『出てどうするの?』『ゆっくり話が出来る所に行こう』『もう少し歌ってから』『もう十分に歌ったよ』『ほんとはどうしたいの』『セックス』『えっ』『○○とセックスしたい』『じゃあ連れてって』となり、外に出てから目に入ったホテルに入った。

 ホテルに入り部屋に入ると強く抱擁をし深いキスを何度もした。それから『風呂に入ろうか』『このままがいい』『でも汗臭いよ』『いいの』の言葉を契機にお互いが?を脱がしあった。型通りに前戯を始めたが直に『来て』と言われた。『スキン付けるね』『あなたならいいのに』でもスキンは付け二人は正常位で交わった。


 アルコールのせいかどんなに激しいピストンを繰り返しても終わる気配が無く、彼女は次第に強く感じ始め、最後には悶絶状態になった。それでも私は射精することは無かった。

 『私ではいけないの?』『そんなことはないよアルコールのせいだよ』『この姿勢でしてくれる』とバックスタイルになった。後ろから挿入した、これは彼女の弱点に当たる体位なのかほぼ最初から強く感じだし先ほど以上に悶絶状態に陥った。『だいじょうぶか?』『なんでこんなに合うの』『おれとのセックスは好きか』『大好きよ』

 その後更に悶絶状態が続き、さすがに射精感を感じ始め今までに無い強い射精感を感じ射精した。しばらくしてから体を外すとスキンが破れていた。頭が一気に酔いから覚めたが彼女には告げられなかった。もう一度正常位にて果て、その時は彼女に『今度もいっぱい出たよ』とスキン見せた。その後お互いに体を感じながら朝まで寝てお風呂に一緒に入りホテルを出た。


 人通りがあるところの前で『又誘うよ、今度はデートしようね』『待ってる』と分かれた。その後は連絡の行き違いが二度続いてしまい、それが原因で二度と会うことはなかった。今も職場で週に一回位顔を合わせるが、あの今までに経験をした事が無いほど強い女性の悶絶状態を思い出し勃起してしまう。

 結局ははっきりしていないが妊娠は無かった?ようでほっとしている。

 - 会社員の体験談 , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★ベランダから隣の部屋が見えるので

 昨年、秋の土曜日、午後1時。タバコを吸いにマンションのベランダに出た時のことです。仕切り板はあるのですが、隙間があって隣の部屋が見えます。何気なく見ると窓が少し開いていました。悪いとは思いましたが中を覗くと、ベッドの上に奥さんが横になっているのが見えました。 そして、Tシャツが胸のあたりまで捲くり上げられ、下半身は何も身に着けておりません。女性の部分に手があり、細かく動かしているのです。オナニー現

no image
★保険セールスレディーを抱きたい

 最近 当社に出入りしてくるレディーです。ばついち 子供4人いて 生活も大変で本業が保険セールス 週何日かアルバイトして頑張ってるらしい。その話を武器にセールスしているらしいが私は話に乗らず知らん顔していました。3〜4度来社してきて他の人にはもう飽きられてきた頃私に話し掛けてきました。 近くで見ると結構グラマーで好きなタイプですが中々顔のしわ 化粧の崩れ加減 などなど 熟女していました。結構ミニスカ

no image
朝まで入れっぱなしで八回ほどした体験

 人妻Cは私が大学を卒業して勤めた会社の同期の女性です。年は私よりふたつ下の二十歳でした。何か気が合い、よく遊びに行ったり、飲みに行きました。彼女には遠距離恋愛の彼氏がおり、よく彼氏の事の相談に乗っていました。三年ほどそのような付き合いが続いたある日、話があるからと彼女からと誘われました。話は彼氏と結婚することになったということだった。

no image
★警備員のエロ行為の目撃話

 私は、35歳の独身でビルの警備員しています。この時期は、花火大会が行われる時は、ビルの会社がお客様を招待してビルの屋上を解放します。そのため、私はビルの中を見回りをするため花火が見れないので、せめて招待客のいい女を見つけて目の保養しています。 家族の招待客が来た時に見ていたら見覚えのある女性が居ました。その女性は、私の住むアパート近くの超豪邸に住んでいる奥さんでした。私が超豪邸を通った時に家から

no image
★ラブホの前で衝撃的なカップルを目撃しました

 休日の夜、地元で仲間と呑んだ帰り、風俗でも行こうかと風俗街をフラフラ歩いていると、1組のカップルがラブホから出てきた。良く見ると女の方は知っている顔。同じ職場の香織だ。男の方は知らないが、20代後半位のイケメン。  驚くべきは香織は人妻。しかも、旦那は同じ会社の元上司にあたる人間。年齢差10歳の結婚だったが、社内ではおしどり夫婦で有名。結婚後、旦那は部署を異動したが40歳にして取締役になったかなり仕事の

no image
★好きでない先輩へ言いたい事があります

 先輩のお蔭で良いお正月が過ごせました。なんたってお子さんを連れて、ご実家に帰っていただいたおかげで、奥さんの純子さんをたくさん可愛がることが出来ましたよ。勘違いしないでくださいね。あくまでも誘ったのは、純子さんの方からですからね。だって、2週間も前から「体調が悪い・・」と先輩に言っていたみたいですから、そりゃあ、騙されても仕方ないですよね。「病院に行く」と嘘ついてまで、夜勤明けの僕の部屋に来てし

no image
★後輩の母親との変な関係の告白

 昔から世話をしていた後輩がいる。彼は今は世界を放浪していて、どこかの国でアルバイトをして、また旅に出るという生活をしているらしい。俺が世話をしていた理由の一つに、この後輩の母親もあった。小柄で若作りしていて、今年49になるらしいが、見た目は30代後半と言っても過言ではない。後輩から父親が昔から浮気をしている話は聞いていたし、夫婦が崩壊するのも時間の問題だと思っていた。 後輩が高校を中退し、旅に出た理

no image
★温泉ホテルで出会った家族

 日帰りで伊豆に行く事になりましたが、酒好きの先輩が「面倒だから一泊しようぜ」と自腹で泊りになりました。温泉ホテルで一緒になった家族がありました。両親と大人しい感じの美穂JC3と元気なJS6の美貴の4人家族です。 姉妹の両親も酒好きで酒好きの先輩と盛り上がってました。ホテル内のカラオケで演歌ばっかで飽きたのか「美穂ちゃん、お風呂行こうよ」と言い出しました。そのホテルには取って付けた様な露天風呂が屋

no image
★現場事務所の事務員さんとのエロ話

 25歳の頃、建築関係の仕事をしている関係でよく現場に出入りするのですが、県外で出張である現場に行っていた時に現場事務所で32歳の事務員さんがいました。初めは、ほとんど話しをすることがありませんでしたが、2人きりになった時に世間話をしました。 当時今のカミさんと付きあっていたのですが、やはり年上の女性は魅力でした。話を聞くと、バツイチで5歳の子供と二人暮しだとか。数日後、思い切って夜食事に誘いまし

no image
★満員電車のエロ人間交差点の体験

 今日は僕が満員電車で知り合ってエッチした女性のことをお話したいと思います。最初にお断りしておきますが、これは決して痴漢ではありません。あくまで和姦です。どちらかというと、お相手の女性からしかけてきた痴女に近いかもしれません。 その日は所用があり、有給をとっていました。しかし、使うのはいつもと同じ電車です。通勤のときほど急がないのでさほど混雑しない普通にしようかともおもったのですが、下半身がうずく