エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

★女性の派手な下着に目覚めて・・

   

★女性の派手な下着に目覚めて・・

 僕は現在21歳の社会人です。職業は新聞配達員をしていますが、将来的にはラーメン屋を経営したいと考えています。話は変わりますが、僕は女性の下着にすごく興味があります。はじめて女性の下着に目覚めたのは13歳の時でした。銭湯で落し物が入っている脱衣箱の中に、サイズの小さなお尻が半分見えてしまいそうなスキャンティーを見つけ、それを内緒で家へ持って帰ったのです。

 興味本位に僕は親に見つからないように、自分の部屋で布団の中へ潜り込みそのスキャンティーを履いたり、匂いをかいだりして興奮しました。最後におちんちんに巻き付けてオナニーをするのが好きでした。しかし、スキャンティーを精液で濡らすのだけはしませんでした。柔らかいスキャンティーの匂いが消えてしまうのが嫌だったからです。
 僕が女性のパンティーでオナニーする癖は大人になっても続いています。朝刊の配達をしているといつも民家の立ち並ぶベランダに目がいきます。すると何軒か女性の派手は下着が干してあったりします。でも泥棒だけはいけないと思い、いつも見て楽しむばかりでした。しかし、やはりそれだけでは我慢できなくなります。


 ある日の事ですが、僕はインターネットのあるホームページで下着を売ってくれる人を探しました。すると結構たくさんのメールが届きました。およそ15件のメールの中から2件の女性に返事を返しました。そしてそのうちの一件の女性から手渡しでスキャンティーを譲ってくれるという返事が届きました。彼女は既婚者で40歳。身長159センチ、バスト88センチ、ヒップ89センチとプロフィールを見ただけで僕は興奮し,ラッキーという感じでした。名前は美香さん。

 大阪の繁華街で待ち合わせを約束し、あらかじめその日の服装、携帯番号などを聞いておきました。そして当日、その場所の近くまできたところで美香さんの携帯を鳴らし再度、服装を確認。ジーンズに黒のジャケットといういでたちという事でした。あたりを見まわすとそれらしき女性を発見。近くまでいき携帯を鳴らしてみるとその女性の携帯が鳴りました。

「すみません、美香さんですか?」と聞くと、「はい、そうです。」という返事が返ってきました。だてメガネをかけていました。ん・・?どこかで見た事のある人でした。実は僕の家の2件隣に住む高橋さんでした。あれ?「高橋さんですよね?」と聞くと「もしかして、山本さん?」と返ってきました。なんか複雑でした。ここは開き直るしかないと思い、「お茶でもどうですか?」と喫茶店へ誘いました。


 店へはいり椅子に座るなり、「うちの旦那には内緒にしてくれませんか?」とお願いされました。僕は「それは勿論です。一生内緒です。」と約束しました。すると、セカンドバッグから大きめの封筒に入ったスキャンティーを出してきて「もう、お金とかいいですから・・」とかなり心配そうな顔をしていました。

 僕は「心配しないで下さい。本当に誰にもしゃべらないですから・・。でもこれからも良かったら定期的に下着を譲ってもらえませんか?」と聞いてみました。

 すると「本当に約束してくれるなら良いですよ。」と美香さんは言いました。あれから2ヶ月が経ち、僕は今日、3枚目のスキャンティーを郵便ポストに回覧板と一緒に入れてもらいました。中を開けると僕の希望した紐パンティー黒色のティーバック(ポリエステル100%)が入っていました。

 きれいに洗濯されていて、やわらかふんわり仕上げですごく良い匂いがしました。その日僕はそれを履いて朝まで寝ました。次の日の朝、僕はそのパンティーをおちんちんに巻き付けて2回もオナニーしました。美香さんのご主人が出社したあと携帯をならしお礼を言いました。そして携帯でテレフォンセックスをお願いし、電話の向こうから「あ〜んあ〜んあ〜ん」とすごくエッチな声が聞こえてきて僕は3回目のオナニーに夢中になっていました。


 美香さんに「おちんちんをしゃぶってる時の音を聞かせて!」とお願いすると「チュパチュパピチャピチャ」と粘っこい音が聞こえてきました。そして「おまんこの毛の音を聞かせてほしい」とお願いすると、美香さんが「今からそっちへ行ってもいい?」と爆弾発言!僕は素っ裸で玄関まで行き美香さんを迎えました。

 そしていきなり美香さんに抱きつきスカートをまくりあげ、生足をさわりまくりそしてお尻からパンティーの中にてをいれて柔らかいお肉をもみもみしました。美香さんが「入れて欲しい」といったので部屋にあげてソファーの上で抱きついたまま強烈なディープキスをされました。なんて積極的な美香さん。


 自分からパンティーを脱ぎ捨て僕のものを右手で持って、馬乗りになり割れ目に当てて腰を落としました。ズブッという感じで割れ目に入っていきました。美香さんが自ら腰を振り「いい〜いい〜。気持ちいいよ〜。乳首噛んで〜お願い。」とすごく興奮している美香さんでした。

 - 社会人の体験談 , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★一度知った女の体は忘れられない

 今日は面白いテレビやらないなーと、俺は後ろから新聞を読む。新聞の中ほどに地方面があって、紙面の下のほうに見覚えのある名前を見つけた。○○美代子…高校1年の終わり、お互いの裸を見て興奮していた。雑誌のHow to sex の特集を見ながら、ぎこちない前戯をして自販機で買ったスキンを装着した。 ゆっくり挿入するがうまくいかず、入ったときは一気にグリュッと入った。何度も美代子の名前を呼びながら腰を振ったが、きっと美

no image
★酔った綺麗めなOLさんとHしました

 夏くらいの事。時間にしたら0時過ぎくらいかな。コンビニに行こうとして駅前を通ったんだわ。ちょうど駅から人がぞろぞろ出てくるところで、そこに一人、ショートカットのきれいめなパンツスーツのOLが、フラフラと出てきたんだわ。少しの間観察していたら、どうやら駅前の駐輪場にちゃりを取りに行く様子。しかし酔っているようで、うまくチャリを取り出せないでいる。「大丈夫ですか?」「あ、はい。ちょっと自転車が引っかか

no image
★女性の下着を桃色するのがスキ

 倦怠期の友人が、奥さんを若い男性を交え3P体験させたと、秘密を打ち明けてくれたんです。私と友人は常々 何か興奮するような刺激が欲しいと言ってたんです。よく奥さん承知したな~と言うと、彼は熟女が好みだそうで四十代までなら大丈夫だそうです。 友人は彼の勃起した画像を奥さんに見せたそうなんです。奥さんは興奮して ゴムを付けてならとOKしたそうです。友人に言わせると 恥ずかしがってたのは最初だけで 後は

no image
★俺の彼女とヤリタイと言う地元の英雄

 今では、全然気にならなくなったけど、何年か前までは、思い出すたびに殺意が芽生えた件。俺もすごい不用意だったし、馬鹿だった。だからよからぬ事が起きた。俺が、20歳の頃、地元ですごい有名な先輩で山田(仮称)がいた。山田は高校の頃、ボクシングでインターハイに出たり、その後もキックボクシングで実績を残したりして、地元の英雄だった。 俺は同級生のDQNを介して山田と知り合ったんだけど、なぜか山田が俺のことを

no image
★幼少期に目撃した母の淫乱した姿・・1/2

 父が不在の日になると、なぜか母の様子が変わってしまう。母は朝からそわそわとして落ち着きがなくなるのだ。 化粧もいつもより入念だし、服装も、父を送り出してから再び着替える事が多くなった。父が居る時は楽そうなワンピースなどを着ているけど、着替えた母は、必ずといっていいくらいに、身体のラインがくっきりと目立つ服装になる。  そんな日の母は、朝に付けたばかりの下着すら穿き代えているらしく、顔を洗ったついで

no image
★懐かしい元妻の女体を貪りました

 知子は隣人の妻、いや元妻である。最近、事故で旦那を亡くしたばかりであった。俺が学生の頃、若妻だったので、俺より少し年上であるが、その頃から、俺の性欲の対象であって、よく浴室を覗いては股間を洗う知子のおけけまで見たことさえあった。当然全裸の全身も浴室に覗かれた人だ。 玄関前になぜかしゃがんでいて、パンティを見ようと、自転車を止めて車輪ごしに覗いたりもした。そんなことがあった後は、当然知子がほしい気

no image
★隣の女子大生部屋を覗く犯罪行為

 今から3~4年前に住んでいたマンションでの事です。大学の近くのマンションでしたので、隣の部屋には、女子大生が引っ越してきました。名前は恵美ちゃんという背のちっちゃいかわいい女の子でした。恵美ちゃんの部屋からは、よくELTの曲が聞こえてきてました。 しばらくたって夏頃からでしょうか、彼氏ができたらしく、半同棲のようになりました。それからは毎晩のようにかすかな喘ぎ声が聞こえてくるようになり、俺はその声と

no image
★隣の部屋を覗くのが癖になり

 今から3~4年前に住んでいたマンションでの事です。大学の近くのマンションでしたので、隣の部屋には、女子大生が引っ越してきました。名前は恵美ちゃんという背のちっちゃいかわいい女の子でした。恵美ちゃんの部屋からは、よくELTの曲が聞こえてきてました。 しばらくたって夏頃からでしょうか、彼氏ができたらしく、半同棲のようになりました。それからは毎晩のようにかすかな喘ぎ声が聞こえてくるようになり、俺はその声と

no image
★清純な可愛い保健師さんとのエロ事

 仕事で市役所に行ったときの事、打ち合わせをしていたら図面で指を切って出血してしまった。大したことないと言ったのに、市の担当者が急いで私を保健室へ連れて行ってくれた。時が止まった。そこにはポニーテールの清純そうな可愛い保健師さんがいた。名札に”冬樹理紗”と書いてあった。「消毒して絆創膏貼っておきます。そんなに傷は深くないですけど、今日はあまり刺激しないでくださいね。もし、もう一度出血するようでしたら

no image
★駄目もとで飲みに誘って見たら

 副業で某薬局でアルバイトしてた時の話です。同い年の女(仮にアキとしておこう)アキは俺より1年早く副業として働いてて、同い年って事もあってすぐに仲良しになり、色々仕事の事を教えてもらってた。アキは結婚はしてるが子供はなし。俺はいつしかこの女とやりたい…そう思うようになり、ダメもとで飲みに誘ってみた。 アキはすんなりOKし『旦那には嘘ついて出掛ける』って言っていた。その瞬間に『絶対やれる』そう確信した。