エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

★女性の派手な下着に目覚めて・・

   

★女性の派手な下着に目覚めて・・

 僕は現在21歳の社会人です。職業は新聞配達員をしていますが、将来的にはラーメン屋を経営したいと考えています。話は変わりますが、僕は女性の下着にすごく興味があります。はじめて女性の下着に目覚めたのは13歳の時でした。銭湯で落し物が入っている脱衣箱の中に、サイズの小さなお尻が半分見えてしまいそうなスキャンティーを見つけ、それを内緒で家へ持って帰ったのです。

 興味本位に僕は親に見つからないように、自分の部屋で布団の中へ潜り込みそのスキャンティーを履いたり、匂いをかいだりして興奮しました。最後におちんちんに巻き付けてオナニーをするのが好きでした。しかし、スキャンティーを精液で濡らすのだけはしませんでした。柔らかいスキャンティーの匂いが消えてしまうのが嫌だったからです。
 僕が女性のパンティーでオナニーする癖は大人になっても続いています。朝刊の配達をしているといつも民家の立ち並ぶベランダに目がいきます。すると何軒か女性の派手は下着が干してあったりします。でも泥棒だけはいけないと思い、いつも見て楽しむばかりでした。しかし、やはりそれだけでは我慢できなくなります。


 ある日の事ですが、僕はインターネットのあるホームページで下着を売ってくれる人を探しました。すると結構たくさんのメールが届きました。およそ15件のメールの中から2件の女性に返事を返しました。そしてそのうちの一件の女性から手渡しでスキャンティーを譲ってくれるという返事が届きました。彼女は既婚者で40歳。身長159センチ、バスト88センチ、ヒップ89センチとプロフィールを見ただけで僕は興奮し,ラッキーという感じでした。名前は美香さん。

 大阪の繁華街で待ち合わせを約束し、あらかじめその日の服装、携帯番号などを聞いておきました。そして当日、その場所の近くまできたところで美香さんの携帯を鳴らし再度、服装を確認。ジーンズに黒のジャケットといういでたちという事でした。あたりを見まわすとそれらしき女性を発見。近くまでいき携帯を鳴らしてみるとその女性の携帯が鳴りました。

「すみません、美香さんですか?」と聞くと、「はい、そうです。」という返事が返ってきました。だてメガネをかけていました。ん・・?どこかで見た事のある人でした。実は僕の家の2件隣に住む高橋さんでした。あれ?「高橋さんですよね?」と聞くと「もしかして、山本さん?」と返ってきました。なんか複雑でした。ここは開き直るしかないと思い、「お茶でもどうですか?」と喫茶店へ誘いました。


 店へはいり椅子に座るなり、「うちの旦那には内緒にしてくれませんか?」とお願いされました。僕は「それは勿論です。一生内緒です。」と約束しました。すると、セカンドバッグから大きめの封筒に入ったスキャンティーを出してきて「もう、お金とかいいですから・・」とかなり心配そうな顔をしていました。

 僕は「心配しないで下さい。本当に誰にもしゃべらないですから・・。でもこれからも良かったら定期的に下着を譲ってもらえませんか?」と聞いてみました。

 すると「本当に約束してくれるなら良いですよ。」と美香さんは言いました。あれから2ヶ月が経ち、僕は今日、3枚目のスキャンティーを郵便ポストに回覧板と一緒に入れてもらいました。中を開けると僕の希望した紐パンティー黒色のティーバック(ポリエステル100%)が入っていました。

 きれいに洗濯されていて、やわらかふんわり仕上げですごく良い匂いがしました。その日僕はそれを履いて朝まで寝ました。次の日の朝、僕はそのパンティーをおちんちんに巻き付けて2回もオナニーしました。美香さんのご主人が出社したあと携帯をならしお礼を言いました。そして携帯でテレフォンセックスをお願いし、電話の向こうから「あ〜んあ〜んあ〜ん」とすごくエッチな声が聞こえてきて僕は3回目のオナニーに夢中になっていました。


 美香さんに「おちんちんをしゃぶってる時の音を聞かせて!」とお願いすると「チュパチュパピチャピチャ」と粘っこい音が聞こえてきました。そして「おまんこの毛の音を聞かせてほしい」とお願いすると、美香さんが「今からそっちへ行ってもいい?」と爆弾発言!僕は素っ裸で玄関まで行き美香さんを迎えました。

 そしていきなり美香さんに抱きつきスカートをまくりあげ、生足をさわりまくりそしてお尻からパンティーの中にてをいれて柔らかいお肉をもみもみしました。美香さんが「入れて欲しい」といったので部屋にあげてソファーの上で抱きついたまま強烈なディープキスをされました。なんて積極的な美香さん。


 自分からパンティーを脱ぎ捨て僕のものを右手で持って、馬乗りになり割れ目に当てて腰を落としました。ズブッという感じで割れ目に入っていきました。美香さんが自ら腰を振り「いい〜いい〜。気持ちいいよ〜。乳首噛んで〜お願い。」とすごく興奮している美香さんでした。

 - 社会人の体験談 , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★女性のパンティに魅かれる俺

 井上あさひ似の奥さん31歳のパンティを手に入れた!!いま、手も体も震えている。武者震いだ。夕べ同僚の家に遊びに行き、食事をして酒飲んで、そのまま寝て、俺が今朝がた体調くずして下痢しちまって、そしたら同僚は俺を心配しながら出勤「きょうはこのまま休んだらどうだ? 動けそうなら病院に行ったほうがいいと思う」との気遣いのセリフ。奥さんは「武さん、よかったらうちで休んでいって。熱もありそうだし無理しちゃだ

no image
★混浴で前を隠さない女の子達

 以前、北海道へ一人旅をした時。ある無料露天風呂に入ったときの事。温泉に入ろうとした時は昼間にもかかわらず、先客が無く私一人の貸切状態でした。しばらくすると女子大生位の子が2人入ってきました。そこは混浴でなおかつ脱衣所が無いので私の存在を知って退散するのではと思ったら、意外や意外。タオルで隠す事無く堂々と服を脱いでいるではありませんか。 逆に私の方が恥ずかしくなる位でしたが、彼女たちは私に「失礼し

no image
★妻を満足させる為に苦労しています

 私43歳妻36歳結婚16年の夫婦です。私の妻はお酒が入ると、直ぐに目を潤ませ如何にも好き者になります。これまでは私一人で満足させていたつもりだったのですが、1年ほど前から”中折れ”するようになり途中からバイブ等、おもちゃを使って妻を逝かせていました。 妻が行為の最中に『チンポが欲しい、チンポで逝かせて』と私のチンポを30分以上も咥え、起たそう頑張ってくれたのですが、結果は”半立ち”少し不貞腐れ妻は私に背中を

no image
★姉妹丼を体験した俺の体験談

 30歳の冬、2歳年下の女性里美を母の友人から紹介されて付き合っていた。彼女は3兄妹の真ん中で縫製会社のOL、両親や兄夫婦の実家から離れ一人でマンション暮らし、妹の面倒も見るしっかり者。何度かのデートを重ねたが、キスするチャンスもない程ガードが固い女性に俺はイライラだ。 ある夜、マンションに送る時に肩を掴み無理やり唇を奪った、胸の感触はさほど大きくない。今度は、いよいよ彼女の割れ目に固い肉棒を入れてやる

no image
★聞いて下さい。私の妻の話

 現在の妻(33歳)とは知り合って3ヶ月のスピード結婚し、5年がたちました。つい最近までは、妻は私との性交で一度もイッタ事がありませんでした。それが原因で離婚を考えるまでになり、ある日妻と離婚について最終的な話をしている時に、私が「君は、本当に僕のことが好きだった?」と聞くと妻は「今でも好きです」と。 「じゃあ、なぜ?男でもいるのか?教えてくれ!」すると妻は意を決したように涙を浮かべながら「ずっと前

no image
★常々愛人を持つ事に憧れていました

 初めまして、憑いているときは、結構憑いているモノです。宝くじで三等が当たり、早速現金にして、趣味の釣りに結構使い、通勤にいるスーツもいいものを買い、当然嫁にもバックなんかを買ってやり、残りも少なくなってきたので、どうせあぶく銭と思い、大穴の馬券を買い、なんと当たってしまい、これは誰にも、教えていないので、考えた「女」風俗と思う方も、多いと思いますが、私は、愛人を何とかしたいて思い、いつも通勤時に

no image
★草野球のマネジャーとのエロ体験談

 自分は20の頃市内の草野球チームに入っていまして、その時に初めてマネージャーの幸子(28)が入ってきた。忘年会は毎年居酒屋。幸子は別卓で飲んでいました。時間がたちトイレとかで席の移動が激しくなり、幸子も自分の隣に座りました。 幸子は自分に気があることはなんとなく知っていました。酔っ払った幸子はビッタリくっついて絡みはじめました。その時ですがジャンパーを膝にかけてみたら、横から手が進入し触りまくられてし

no image
★隣の部屋を覗くのが癖になり

 今から3~4年前に住んでいたマンションでの事です。大学の近くのマンションでしたので、隣の部屋には、女子大生が引っ越してきました。名前は恵美ちゃんという背のちっちゃいかわいい女の子でした。恵美ちゃんの部屋からは、よくELTの曲が聞こえてきてました。 しばらくたって夏頃からでしょうか、彼氏ができたらしく、半同棲のようになりました。それからは毎晩のようにかすかな喘ぎ声が聞こえてくるようになり、俺はその声と

no image
★男が思う女への愚痴と反省

 もう3年以上W不倫中。妻と結婚する前からの関係。相手は会社の人妻先輩OL志穂。彼女は僕より3歳年上の現在32歳。最近になって志穂から驚くことを打ち明けられた。彼女のもうすぐ3歳になる一人娘は僕の子だと。 僕は思わず何で今更そんなこと言うんだよ!って怒ってしまったけれど、内心凄く嬉しかった。今更っていうのは、まだ独身だった頃、志穂に夫と別れて僕と結婚してくれって何度も言ったけど、彼女はついに承け入

no image
★千鳥足の泥酔女を見つけたので・・

 こないだの夜、家のごく近所をチャリで通っていたら千鳥足の子を発見。キターー! と思って「大丈夫ですか?」と声をかけた。ふだんは難破もできないやつなので心臓バクバク、息子さんはカチンカチン。腕とか腰とか触ってもニコニコして「大丈夫だいじょうぶ」と言って嫌がるそぶりもない。 「家はどこなの?」と訊いてみるとこちらにもたれかかりながら「すぐそこなんらけど…、こころでおにいさんだれ?」ろれつ回ってないよ・・