エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

佐山愛似の女を公務員から寝とった

   

ゼミで仲良くなって
映画とかそこらへんのカップルがしてるようなデートするようになった女の子がいた。

めんどいからここでは綾とする。

綾は彼氏持ちだけど、
彼氏が公務員の勉強だかで忙しいらしく
あんまり会えなくて淋しい、みたいなことをいっていた。

四回目くらいのデートで、おれのバイクでどこか行こうって話になった。
とはいっても片道一時間くらいの距離だけど。
季節が夏だったから、お互い肌の露出が多かった。
最初は意識してなかったけど、ブレーキのたび触れ合う感じがなんかエロかった。

適当にぶらぶらして映画観て、出たらもう夕飯時。
で、おれん家の近くの飲み放題格安店にて飲みまくって綾がなぜか泥酔。
終電までに酔いをさますため、ひとまずおれん家に。
ふたりがけソファに座って、TV観てたら、綾がおれの膝の上に倒れてきた。
酔ってるから仕方ないかと、適当に放置。
トイレ行きたくなって、トイレ行って帰ってくると、綾はソファに座ってる。
んで、再びおれが座ると綾がおれの膝に倒れてくる。
なんで?「落ち着く」だそうだ。

そのまま寝入った綾を起こそうと体を揺らすと、綾が腕をにぎってきた。
どうした?甘えてんじゃないよ笑
なんて言うと、ちょっと間をおいて
「…甘えてイイ?」と返答
後々めんどそうだから、自分から犯そうとか考えなかったけど、いける!
とふんだおれは綾の体をひとまず起こして、肩を組んで、こっちに引き寄せた。
引き寄せると「甘えてイイの?」と綾の色白でわがままな体が絡み付いて来た。
おれは軽くうなずいて軽くキスする。
綾はそれに答えてキスをする。
徐々に混ざり合う互いの舌…。
同時にブラのホック外して背中をまさぐっていると、綾が「…前、触って」とボソッと言う。
キスしながら、綾の喘ぎが始まる。

服をめくりあらわになった胸を見て、舐めてほしい?と聞くと、綾が静かに頷く。
乳首を周回するように舐め回していると、綾の呼吸が乱れていくのがわかる。
綾がズボンを脱ぎ始めた。綾の手はおれの左手を陰部に案内する。
優しく弄り出す左手…。綾の口から唾液が垂れる。
おれは机の上にあったお茶を口に含み綾の口に無理矢理流し込む。
ゴクゴク…。美味しそうな喉の音に興奮する。
急に綾がおれの手をどけて「…抜いで」と言う。言われるがまま、
ズボンとパンツを脱ぎ、綾が舐め始めた。
「おっきい…」

おれは綾をソファからおろし、正面から舐めるように指示。すると「…もう入れてよ」と言う。
おれは綾をベットに倒し、キスをした。手でしごき続ける綾。
ゴムを出そうとベット上の棚をガサゴソしてると、
綾はおれの固くなった部分を必死に舐めようとしている。
すぐさまゴムをつけて綾の足を開き、入れる。
「はぁあぁ…」目を閉じ、感じている。
そのあと対面座位に移行すると、「もっとぉ…もっとやってよ…」と言いながら綾の動きが加速。
すげー濡れてくのがわかった。ふとももの付け根のあたりビショビショだったし。
いろんな体位ためしながら、最後は正常位でってイキそうになってた。
そろそろヤバいかも…と言うと、
「もっと、奥までやってよ…奥まで突いてよぉ…」と汗だくになって懇願してくる。
足を目一杯開かせて、奥まで激しく突くと、綾が絶叫みたいな喘ぎ声を響かす。
おれが逝ったのを悟ると、強く抱きしめられて、口の中ペロペロ舐めてくる。
いいのかよ、こんなことして
「いいよ…したかったから。気持ちかったし…」

ゼミのメンツにはもちろん内緒。
綾とのエッチはなぜかそれっきり。(おれがビビってるだけかもしれないけど)

ちなみに綾のスペックは佐山愛をひとまわりちっちゃくして、唇を厚くした感じです。
ゼミで仲良くなって
映画とかそこらへんのカップルがしてるようなデートするようになった女の子がいた。

めんどいからここでは綾とする。

綾は彼氏持ちだけど、
彼氏が公務員の勉強だかで忙しいらしく
あんまり会えなくて淋しい、みたいなことをいっていた。

四回目くらいのデートで、おれのバイクでどこか行こうって話になった。
とはいっても片道一時間くらいの距離だけど。
季節が夏だったから、お互い肌の露出が多かった。
最初は意識してなかったけど、ブレーキのたび触れ合う感じがなんかエロかった。

適当にぶらぶらして映画観て、出たらもう夕飯時。
で、おれん家の近くの飲み放題格安店にて飲みまくって綾がなぜか泥酔。
終電までに酔いをさますため、ひとまずおれん家に。
ふたりがけソファに座って、TV観てたら、綾がおれの膝の上に倒れてきた。
酔ってるから仕方ないかと、適当に放置。
トイレ行きたくなって、トイレ行って帰ってくると、綾はソファに座ってる。
んで、再びおれが座ると綾がおれの膝に倒れてくる。
なんで?「落ち着く」だそうだ。

そのまま寝入った綾を起こそうと体を揺らすと、綾が腕をにぎってきた。
どうした?甘えてんじゃないよ笑
なんて言うと、ちょっと間をおいて
「…甘えてイイ?」と返答
後々めんどそうだから、自分から犯そうとか考えなかったけど、いける!
とふんだおれは綾の体をひとまず起こして、肩を組んで、こっちに引き寄せた。
引き寄せると「甘えてイイの?」と綾の色白でわがままな体が絡み付いて来た。
おれは軽くうなずいて軽くキスする。
綾はそれに答えてキスをする。
徐々に混ざり合う互いの舌…。
同時にブラのホック外して背中をまさぐっていると、綾が「…前、触って」とボソッと言う。
キスしながら、綾の喘ぎが始まる。

服をめくりあらわになった胸を見て、舐めてほしい?と聞くと、綾が静かに頷く。
乳首を周回するように舐め回していると、綾の呼吸が乱れていくのがわかる。
綾がズボンを脱ぎ始めた。綾の手はおれの左手を陰部に案内する。
優しく弄り出す左手…。綾の口から唾液が垂れる。
おれは机の上にあったお茶を口に含み綾の口に無理矢理流し込む。
ゴクゴク…。美味しそうな喉の音に興奮する。
急に綾がおれの手をどけて「…抜いで」と言う。言われるがまま、
ズボンとパンツを脱ぎ、綾が舐め始めた。
「おっきい…」

おれは綾をソファからおろし、正面から舐めるように指示。すると「…もう入れてよ」と言う。
おれは綾をベットに倒し、キスをした。手でしごき続ける綾。
ゴムを出そうとベット上の棚をガサゴソしてると、
綾はおれの固くなった部分を必死に舐めようとしている。
すぐさまゴムをつけて綾の足を開き、入れる。
「はぁあぁ…」目を閉じ、感じている。
そのあと対面座位に移行すると、「もっとぉ…もっとやってよ…」と言いながら綾の動きが加速。
すげー濡れてくのがわかった。ふとももの付け根のあたりビショビショだったし。
いろんな体位ためしながら、最後は正常位でってイキそうになってた。
そろそろヤバいかも…と言うと、
「もっと、奥までやってよ…奥まで突いてよぉ…」と汗だくになって懇願してくる。
足を目一杯開かせて、奥まで激しく突くと、綾が絶叫みたいな喘ぎ声を響かす。
おれが逝ったのを悟ると、強く抱きしめられて、口の中ペロペロ舐めてくる。
いいのかよ、こんなことして
「いいよ…したかったから。気持ちかったし…」

ゼミのメンツにはもちろん内緒。
綾とのエッチはなぜかそれっきり。(おれがビビってるだけかもしれないけど)

ちなみに綾のスペックは佐山愛をひとまわりちっちゃくして、唇を厚くした感じです。

 - 未分類 , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
懺悔

嘘のような本当の話です。私は現在39歳の男です。ストレスの少ない仕事をしているせいか見た目は、かなり若く見え初対面の人に実年齢を言うと必ず驚かれます。そんな私ですが、若いときは少々苦労もしました。『MARCH』というグループに属す大学を1浪して入学し、アルバイト…

no image
母親に恋したら、友人に寝取られた

俺は高2になったが、周りの友人達が自分の母親に反抗して口も聞かなかったり、くそババアとか言ったりするのを、いつも不思議に思っていた。俺はストレートに言うと、母親のことが大好きで、いまだに土日は一緒にショッピングや映画や遊園地に行くし、肩を揉んだり、マッサー…

no image
無防備な義母  その後

以前、無防備な義母の話をしました。今回、また新たな展開があったので、ちょっと書き込んでみようと思います。振り返る様ですが、私には23歳になる妻と42歳になる義母がいます。2年前(前話は1年前)に、私達は結婚!母が1人になると言う事で、私が婿に入ったんです。義母と…

no image
主婦セリクラ

 礼子さんから電話がかかってきて、一緒にテレビに出ないかと誘われました。大学の時のコーラス部の友達の百合絵さんが文学賞を取ったので、大学時代の親友としてテレビ番組に出て欲しいということでした。私は特に親友というほどでもなかったのですが、百合絵さんは性格が…

no image
彼女の過去を知り、悩んでいます

恋愛相談Vol.1094不倫・妊娠・中絶をした彼女の過去を知り、悩んでいます(28歳・男性)将来のことも考えて付き合っている彼女の過去の恋愛経験を知り、悩んでいます。彼女は、過去に5年間付き合っていた彼がいたのですがその間に知り合った、40歳ぐらいの妻子持ちの男性と体…

no image
未亡人と その3

69で未亡人のオマンコはヌレヌレになり、オレのチンポも元気になった。オレは、未亡人のオマンコに即ぶち込めると思ったのだが。何を思ったか未亡人は、オマンコにオレのチンポをぶち込まずオレの目の前でオナニーを始めた。オレ:何してるの? チンポ入れないの?未亡人:私の…

no image
す・・す・・好きなんです・・・9

 ねぇ…、大介さん…。 どんな風に、食べるの・・? ・・ミカン・・。    ・・…ギシ…・・ 「はぁ・・。」  …また、貴方を、私だけのものに、しちゃうの…わたし。 ガブっ! …て、食べるのかな…。 「はぃ、あ~ん…っ、…して?」 「…・・しないよっ」 …

no image
陸上部

女子C学陸上部の長距離ランナーの美人4人組今日は自首練習で山道を10kmほど走りこむ。前に突如現れたデブ女暴走族十数人に因縁をつけられ、羽交い絞めにされ、工事中のトンネルへ連れ込まれる。強烈なビンタを食らう部長の紗希。紗希「きゃぁ!いや、やめてください。きゃ!…

no image
★息子の友達とイケない事を

 私は、中3のひとり息子を持つ33歳の看護士です。主人は月に半分近く出張で留守がちです。今年の夏休みに明日友達が遊びに来るからと拓也が言ったので、夜勤明けでちょうどいるからいいよと言いました。 午前中は寝て午後から買い物をすぐ済ませ飲み物など準備していたら拓也が「近くまで迎えに行って来る」と。 掃除も済ませ夜には友達と会う約束があったので、下で洋服を選んでいました。 拓也が友達4人と帰って来ました。「こ

no image
女子高生二回イカせる

先週の事、いつものようにタ-ゲットはいるかな・・等と考えつつ自宅から駅についた所、何と激込みで滅多に女性がいない先頭にJKを一人発見!しかも身長165位とかなり背が高くスカ-トもミニスカ-トなので簡単に手を入れられそうな感じです、僕は興奮気味に迷わずそのJKの後…