エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

★酔った女上司を悪戯した背徳な行為

   

★酔った女上司を悪戯した背徳な行為

 今の営業所に異動してきたときから直属の上司が女性だった。福元さんという女上司は当時41歳で、見た目はドラミちゃんみたいな感じで(影でドラミちゃんと呼ばれていた)子どもはいなかったが旦那さんが単身赴任中だと聞いた。とても豪快ながら仕事のできる人で、俺が異動してすぐに福元さんと2人でプロジェクトを任され、そのプロジェクトは幸い大成功し、その成功祝いの打ち上げと言って福元さんに飲みに誘われた。

 一年間二人で夜遅くまで残業したり、終電無くなって営業所に泊まったり、時にはケンカしたりといろいろなことがありすぎて二人で飲んでいると最近のことなのに思い出話が盛り上がりかなり酒が進んだ。俺は酒に強いほうなので飲んでも変わらないが、福元さんはあまりお酒が強くないみたいだったのにかなり飲んだこともあり、二軒目でついに酔いつぶれてしまった。
 福元さんの家は前に送って行ったことがあったので、仕方なくタクシーを呼んで送っていくことにした。タクシーの中でも起きるそぶりはなく、軽く抱き抱えながらロケットみたいに大きなオッパイを軽くモミモミして楽しんでいた。福元さんのマンションにつき、肩で抱えながらエレベーターに乗って、カバンから鍵を探して部屋に入り、寝室と思われる部屋に敷きっぱなしにされていた布団に寝かせるといびきをかきだした。

[PR]SEXに欠かせない「おもおちゃ」通販[PR]

 まぁ夏場だしこのままでいいかなと思い帰ろうとしたが、ここまで起きないしオッパイをもんだ興奮もあり、上着とブラジャーを捲りあげた。体型がドラミちゃんなだけに全体的に太かったが、生オッパイはさらにデカく、揉んでも吸ってもいびきをかいて寝ていた。足も太いのでやや無理やり気味にスカートを捲り、パンティーも取りたかったがケツが重くて断念し、パンティーをずらしながらマンコに指を入れていじってみた。


 クリを触ったりするとピクッといびきが止まることもあり、起きたか?とビビったがすぐにまた寝息をたてて寝るのでスーツの下とトランクスを脱いで勃起したチンコをあてがってみた。寝ている女とするのはなかなか難しく、足をやっとの思いで持ち上げてケツを上げさせる感じでやっと挿入にこぎつけた。

 正直酔ってなければ相手にするわけないような太いオバサン(一応上司だけど)だし、マンコも緩かったがその時は起こさずにヤルのになんか妙に興奮していて、起こさないようにゆっくり出し入れした。基本的にゆっくりピストンすることなんてしたことなかったので最初は微妙だな~と思ったが、段々それが快感になってきて、そのまま中に出した。

 さすがに中に出すつもりはなかったが、オッパイにかけたりすると処理が面倒だし、ティッシュを見つけられなかったので中に出してしまい、結局抜いてからトイレにトイレットペーパーを取りに行ってそれで拭いた。結局起きるかもという心配は取り越し苦労で、パンティーや服を戻してもなお福元さんは寝続け、一応証拠隠滅のためにトイレットペーパーグズは持って出て近くのコンビニに捨てた(笑)。


 次の日出勤すると福元さんのほうから話しかけてきて、二軒目のお店に入ったところまでしか記憶がなく、気づいたら家で寝ていたと俺に謝ってきた。俺もとりあえず一安心し、寝込んでしまったからカバンから勝手に鍵を出して開けたこと、肩を貸したときに少し服が乱れてしまったとわざとらしく謝ると重かったでしょ?~全然気にしないで!みたいな感じで言われ、また飲みに行こうと誘われた。

 その後2人で飲みに行くことはなかったが、何人かで飲みに行ったときに福元さんが潰れたので一番後輩の俺が送っていくはめになり、先輩達には嫌々送っていく風を装いながらも送っていったときは例によってしていく役得があるときもあった。先月末たまたま福元さんと2人で営業車で外に出ることがあり、一緒にお昼を食べたときに食べてる最中に福元さんが急に口元を押さえてトイレに行ったことがあった。


 その時は特に触れなかったが、営業所に戻る途中車の中で様子がおかしいので、とりあえず途中のサービスエリアに寄った。飲み物を買って車に戻りどうしたんですかと聞くと、実はお腹に赤ちゃんいるんだ…みたいな感じで暗く淡々と話し出した。その瞬間よく考えずにそうなんですか良かったですねと返すと、それが旦那の子どもじゃないんだよね…と言われ、その時点でもセフレでもいるですか?と間抜けに聞いてしまった。

 福元さんからセフレなんていない、でも旦那ともしてないといわれた瞬間初めてハッとして頭が真っ白くなった。全部で3回俺は福元さんが潰れたときにヤッていたので、こんなこと俺に話すなんてヤバいバレてた!と思い頭が真っ白になったが、福元さんはいつしたのか、誰との子どもなのか全くわからないし思い当たる節が全くない…と言った。


 話している口調があまりに真剣すぎて俺はその後何も言葉が出ず黙ってしまうと、営業所に着いたときに福元さんがこの事は内緒にしてねと言ったので、大変ですね…と一言だけ返して営業所に戻った。その後は福元さんと話をすることもなく来ているが、これはやっぱり黙っていたほうがいいのか責任をとるべきなのか迷っている。

 - 会社員の体験談 , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★これは罠か・・あっというまに結婚

 忘年会を兼ねた会社の慰安旅行で、36歳になる8つ年上の独身女とやってしまいました。宿でお宴会が終わってから、同僚数人と温泉街のスナックへ繰り出したんですが、そこへ女性陣数人が合流。カラオケにも行って宿に帰ったんですが、 その途中があまり覚えてなくて、気が付いたらホテルの宴会場にある舞台の袖にある小部屋(座布団置き場?)で、その彼女とバックで突いていました。

no image
若作りの妻の冒険に困惑しています。

 熟妻(39)と年に数回温泉に行くんですが、旅の恥は何とやらで旅先の安売り店でエロい服を買うんです。とても地元では着れないミニで太もも丸出しにさせるんです。最初嫌がってた妻もスケベな男の視線に興奮を覚え快感に変わっていきました。私がトイレに言ってる間に 妻の若作りに騙された青年が声を掛けて来たんです、いわゆるナンパです。

no image
★派遣社員の熟女は若い男を・・

 20代前半妻子ある普通の会社員です。かなり年上で自分の働いている会社に来ている派遣社員で、47歳バツイチ子持ちのあきこと言う女と不倫をしています。そのバツイチとは同じ地区で近くに住んでいるので、通勤電車が同じです。ある日、あきこが帰宅する時に、電車が事故で止まっていることを教えてもらいました。 他の電車で帰ることが出来るのですが、かなりの人で混雑しているので、会社の車で送る事になりました。あきこの住

no image
★酒で酔わせて人妻事務員に中出し

 先週末に職場の忘年会があり、以前から目をつけていた人妻の事務員をぐでんぐでんに酔わせて、ラブホに連れ込み合体に成功。意識はそこそこあったものの、足にきていて真っ直ぐ歩けなかったので、腰に手を回して抱きかかえながら、歩けるようになるまで「休むだけだから大丈夫。」などと騙し騙し強引にIN。 「早く帰らないと旦那に叱られる…」とか「子供が待ってるから…」とか言っていたが、部屋の入口でキスをしながら尻をな

no image
★職場に来る営業の女性との話

 職場に某乳飲料の営業の女性が出入りしていました。これって、子持ちの方がやっていますので、普通はそれなりの年齢の女性が来るのですが、彼女は子持ちながら22歳という若い女の子でした。 いっつも笑顔で愛想が良く、小野真弓に似た感じの彼女は、当然ながら職場のおじさんの人気者でした。いつもお尻を触るおじさんもいたのですが、明るく切り返していましたね。おれは当時26歳ですでに結婚していましたが、それでも可愛

no image
★私の妻の体を見せたら後輩達が

 以前旅行に行った時に、ホテルで撮った妻の裸の写真を携帯のプライベートフォルダに保存していました。妻は今32歳ですが、29歳の時に撮った写真です。先日会社の独身の後輩達と飲みに行ったに、二軒目のスナックで悪のりして、その写真を後輩達に見せてしまいました。 妻のおっぱいと局部が開かれた写真を見た後輩達は、どうしてもこれから本物の奥さんを見たいと言い出しました。しかたないので後輩5人を家に連れて帰りました

no image
★アルバイト先の後輩とのエロ・・1/2

 俺がまだ大学生だった時の話。アルバイト先に森という後輩がいた。彼は俺より学年は2年下(俺は浪人しているので年齢だと3つ下か)大学は違えど、バイト先で意気投合、妙に気が合った。明るくイイ奴だった。彼とは住んでるアパートが近かったのもあり、よく互いの部屋を行き来して安酒かっくらってたっけ。  当時の俺の彼女・美喜も上戸だったんで、三人で飲むって事も多かった。そんな森に彼女が出来たのは、彼が大学2年の初め

no image
★会社員が気になると言えば女事務員

 私40歳事務員S子36歳の話です。事務員S子は同じ会社の事務員で、職歴は私より長く独身時代から(子育て期間休暇)で、独身時代は垢抜けない感じの女の子で、セックスの対象外でした。 お互い結婚して同じ年に子供が出来たので、共通の話題で結婚後よく話をするようなった。子供が小学生になるころには、下ネタにも 食いつくようになり、欲求不満なのかなと思っていたが・・

no image
★私の妻を色メガネで見る友人

 38歳、妻39歳の夫婦です。私の友人に橋本と言うスケベな奴がいるんです。家に来ては家内の事を色気があると私に言うんです。酔うと妻の後ろ姿を見ながら小声で あ~いいケツしてんな~とスケベな目で見るんです。 彼に言わせると 奥さんは痩せ過ぎで どっちが前か後ろか分からないと笑わせるんです。私の妻は 少し崩れ気味ですが 彼に言わせると 腰の張りがたまらないそうで 特に太ももの立派さがお気に入りのような

no image
★地味な事務員の女先輩のアソコを舐めました

 事務員の稲垣博子先輩が2年くらい前に結婚する前の話・・会社の飲み会で遅くなり、お互い電車通勤の僕達は同じ方面で一緒に帰ることに・・地味な印象の事務員の博子先輩は特に美人というわけではないですが、どこか惹かれていました。博子先輩がだいぶ酔ってフラフラだったので思い切って「どこかで休憩しませんか?」と提案。「ワタシもうあと2ヶ月で結婚するけどNくんならいいかなー」一緒にホテルへ。ちょっと唇が残念な稲垣