エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

★保険外交員との最低なえっち体験

   

★保険外交員との最低なえっち体験

 新入社員の頃、昼休みにたくさんの保険のおばさんに勧誘されました。先輩と飲みに行ったとき先輩に「○○生命のおばさん知ってるか」と聞かれました。顔は今一だったけどナイスバディだったので知ってました。44歳のそのおばさん、アソコがすごく臭いそうです。

 先輩がヤッたと言いました。それ以来、昼休みにそのおばさんに声を掛けられるとそのことが頭から離れませんでした。学生の頃、バイト先で知り合った独身で36歳の女性とホテルに行ったことがあります。シャワーを浴びてからだったのですがアソコがすごく臭くて立ちませんでした。
 口で大きくしてもらい何とか我慢してヤッたけど、ちんちんにその匂いがついて大変だった思いがありました。それ以来、臭いのは苦手でした。入社4ヶ月目のある日、帰宅時に会社の玄関前でその保険のおばさんに勧誘されました。契約する気がなかったので歩きながら保険の説明を聞かされました。僕は会社の近くにアパートを借りていたので説明が終わらないうちに着いてしまいました。

 部屋で詳しく説明させて欲しいとしつこかったです。僕はしばらくエッチしてなかったので溜まっていたのも事実ですが臭い人とは絶対にしたくなかったので、せめてオナニーの材料くらいは提供してもらおうと部屋に入れました。僕が保険に関心ないことがわかると案の定、色仕掛けできました。


「彼女いないの?」「一人暮らし大変でしょ?」「右手が恋人?」矢継ぎ早に色仕掛けしてきました。「おばさん、相手してくれるの?」と僕は言いました。「どうしようかなぁ」と白々しくおばさんは言いました。僕が黙っていたら「したい?」とおばさんが聞いてきました。僕はSEXするつもりはなかったけど「おばさん次第だよ」と答えました。

 おばさんは「よし、しちゃおうか」と言って上着を脱ぎました。僕は「体が見たいなぁ」と言いました。おばさんは「自信ないなー」と言いながらブラウスを脱いでブラジャー姿になりました。すごく大きい胸でした。「どう?」とおばさんが言ったので「下も」と言いました。おばさんは立ってスカートとストッキングを順番に脱いでこちらを向きました。

「これでいい?」とおばさんは聞きました。無視して「高そうな下着だね」と僕は言いました。「下着にはお金かけてるのよ」とおばさんは答えました。「全部とって」と僕は言いました。「えーっ、裸?」とおばさんはちょっと恥ずかしそうでした。ブラジャーを外しました。下着で持ち上げていたのでしょう、大きなおっぱいは下にたれました。


 乳輪が大きく乳首も大きく色はそんなに濃くなかったです。いやらしい体つきです。おばさんはパンティに指をかけて「これも?」と聞いてきたので僕が軽くうなずくと後ろを向いてパンティを脱ぎました。左手で胸を、右手で下半身を隠してこちらを向きました。「手が邪魔だよ」と言ったら素直に下ろしました。土手がモッコリ盛り上がっていていやらしかったです。

 陰毛は濃いめだったので肝心な部分が見えませんでした。「足を開いて」と言ってみました。おばさんは「過激ー」と言いながら足を開きました。割れ目がみえました。臭いんだろうなと思いながら下から見上げました。指でマンコを広げてみました。おばさんは手で顔を隠していました。クリトリスにティッシュのカスみたいなものがこびり付いていました。

 おばさんはわからないのでしょう。ティッシュカスを取るついでにクリトリスをいじりました。「アッアッ!」とおばさんは声をあげました。「後ろを向いて」とおばさんに言いました。結構形のいいお尻でした。「ソファに手をついてみてよ」と言いました。おばさんは「恥ずかしいー」と言いながらお尻を突き出しました。「触るね」と言っておばさんのお尻を触りました。

 おばさんは何も言いません。広げてお尻の穴を見ました。毛はなかったですが、使い込んだのか元々なのかわかりませんでしたが濃いこげ茶色でした。その下に割れ目が見えました。指で広げると「嫌ーっ」と言いました。僕の嫌いな異臭が少ししてきたけど我慢してマンコを観察しました。マンコの穴の周りに少しだけティッシュのカスが付着していました。


「ティッシュ付いてるよ」とわざと言いました。おばさんはまた「嫌ーっ」と言って立ち上がりました。「もういいでしょ」とおばさんは言いながら僕のベルトに手をかけました。「してあげる」とおばさんがいったので「うちお風呂がないし、汚いからいい
よ」と僕はいいました。「大丈夫よ」と言っておばさんは僕のズボンのベルトを外しました。

 実はこの一週間、銭湯に行く暇がなくて台所で頭を洗ってる状況でした。オシッコしててもチンカスが溜まっているのがわかるくらいでした。匂いもしました。一週間洗ってないことをおばさんにいいました。「大丈夫、特別サービスね」と言って微笑みました。僕は「自分で脱ぐからいいよ」と言ってちんちんを出してソファーに座りました。

 足の間におばさんは正座しました。おばさんは僕のちんちんを手でシゴいて何か考えながら口に咥えました。口の中でおばさんの舌が僕のチンカスをはがすように動いているのがわかりました。口からペニスを何度も出してきれいになったかジッと見て確認しているようでした。チンカスが取れてないところを舌を出して舐めあげました。

 この光景に興奮してしまいました。おばさんは「きれいになったよ、どう?感じる?」と聞いたので「イキそうだよ」と僕は言いました。するとおばさんは「入れたい?」と聞いたので、僕は入れたくなかったので「このままでいい」と言いました。「じゃぁ、お口に出そうか」とおばさんは言ってまた咥えました。溜まってたので大量の精子をおばさんの口の中に出しました。


 一回では飲めなかったようです。おばさんの喉が3回ゴクゴクしていました。「こんなにいっぱい飲んだことなーい」とおばさんは苦笑いしてました。「回復したら、ヤッちゃう?」とおばさんが言ったので「今日はもう時間がないから」と僕の方から断りました。おばさんも時計を見ながら「じゃ今度しようね」と言って帰りました。

 それにしても臭かったです。僕のチンカスといい勝負だと思いました。SEXしないで口だけで満足させてもらおうと思いました。アナルのほうがまだいいかもとも思いました。

 - 会社員の体験談 , , , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★出張で嬉しかった同伴者の変更

 会社の出張で二泊三日で行くことになった。当初男の先輩と行く予定で経費節約でツインルームを予約していた。が、出張前日先輩が顧客トラブルで行くことが出来なくなり、別の女先輩と行くことになった。  女先輩は29歳。顔もスタイルも良く、社内でもトップクラスの人気で、顔は米○涼○似。婚約者あり。俺は25歳。若干のデブ、社内でも女性社員からは全く相手にされないモテナイ男。もちろん彼女なし、風俗大好き男。そんな先輩

no image
事務員のおばさんと楽しい事しました

 事務員に 57歳に成る 太ったオバサンの高橋さんが居ます。新入社員の歓迎会を兼ねた 花見会が13日に有りました。二次会を出た記憶が有りません!朝4時過ぎに目が覚めビックリ!真っ裸のオバサンが俺に背中を向け 眠ってました!布団の中はザーメン臭く、俺も真っ裸で朝勃ちまでしてました。全く記憶がが無く そ~っと顔を覗き込みました! 事務員の高橋さんでした。

no image
★憧れの女を酒の勢いも手伝いやれた話

 高校の時の話。読みづらいと思うけど勘弁。週末の夜、暇してたら電話が来て、急遽飲み会やる事になったから来いよとの電話。暇だったからもちろん参加。みんな制服だから、お前も制服な~と言われたので着替えて出掛けた 男 マツ…親友、家提供。ジョー…知り合い以上、友達未満。寡黙イケメン。テラ…そんとき初対面、挙動不審暗めなデブ。女 ユカ…小柄だがスタイル最高。ちょいギャル。アヤ…小柄、陸上やってたから足太め、俺の元

no image
★今年の夏の出来事の一つでエロ話

 私は37歳の会社員です。結婚して10年、小学校1年の娘が1人おります。2〜3年前から妻がチャットを始めるようになり、特定な人と私に隠れてメールのやり取りをし始め、それが私に見つかって「もう2度としません」と約束したのは1年位前でした。  そして、8月15日のこと・・朝の早い時間に妻の携帯からYahooメールを何気なしにチェックしてみたら、そこには妻の不倫相手A(以後Aと呼びます)との赤裸々なやり取りが残されていました

no image
★ついに、ついに挿入できました

  ついにやっちゃいました。うれしいので皆さんに報告がてら体験を聞いてください。私は、47歳の会社員です。私はある会社の本部に勤めてます。その部に来て4年になりますが、隣の部に37歳のお相手の子がいます。彼女のことは新入社員のころから知っており、向こうも当然私のことは知ってます。 背は低くて小柄で、2人の娘さんがいます。私は転勤してから何故か彼女のことが気になって、まぁ好きになっていました。しかし会社の

no image
★新婦さんが結婚式で祝辞を述べた男性と

 秋絵さんと最初に交わったのは、彼女が22歳で、僕は29歳で営業部の係長をしていました。その夜の事は今でも鮮明に覚えています。秋絵は22歳で、身長は155㎝位、でも小顔で、B88、W57、H88のグラマラスな体型で、全裸になると赤い沼は、細く薄いヘアの列に挟まれて、きらめくように光っていました。 繊細な襞の折り重なった中心に、透明な蜜が溢れていました。僕は秋絵の豊かな乳房を揉み立てていた手を、股間に

no image
★酔い潰れた女性後輩の女体にムラムラ

 この前、前の職場のみんなと久々に飲んだ。男2女4。職場の女はかわいいが全くムラムラ。こないので、エロい下心は持ってなかったのだが、新人の女が入ったらしく、この場にも来ていた。のだが、なかなかかわいい顔をしていた。それはさておき、時間が経ち、女が一人つぶれた。この女はいつもつぶれるので、これは想定内。 みんな勤務先がビジネスホテルで、つぶれた子は翌日朝から仕事だったので、働いてるホテルの部屋に寝せよ

no image
★英会話教室の生徒32歳女性に誘われ

 仕事の関係で、K県Z市に住んでいた私は、仕事だけの毎日に嫌気が差し、英会話を習い始めた。英会話教室は、生徒のレベルに合わせてクラスを分けるのだが、当然、いつも同じようなメンバーになる。 その中に美加さんと言う年上の女性(確か32歳)がいて、同じような仕事をしていたこともありすぐに友達になった。授業の後、お互い一人暮らしだったので、食事を兼ねて飲みに行ったり、彼女の車で夜のドライブを楽しんだりした。当時

no image
★旅館での温泉のハプニング

 3ヶ月ほど前、彼女と九州のある温泉へ行った時のことです。そこは家族湯4つ、女湯、男湯の順に平行に並び前方に広がる海がウリの様でした。ボクと彼女は一番右側の家族湯に通されたのですが(つまり右隣が女湯)そこは湯船の前に庭があり、その先が海というロケーションでした。 彼女とは付き合いも長くお互いに温泉が好きだったので、皆さんが想像するヘンなこと目的ではなく、単にのんびり二人で過ごすために家族湯を選んで

no image
酔った女課長を送ってエロした体験談

 2年前、我が社の人材派遣部門が吸収合併して玲子課長がおいらの上司となった。45歳独身、都内にマンション所有のバリバリのキャリアウーマン。会社では目をつりあげて仕事しているけど、毎晩おいらのチンポでヒーヒーです。きっかけは飲み会で珍しく酔っ払った課長を送って行く役は一番下っ端のおいらです。