エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

入院中にセフレができた話

   

高校2年の時、1年前に腕の骨折で入れたプレートを抜く手術のため、とある病院に入院した時の話。

…俺が入院した時にある噂がその病院に流れていた。
見た目悪いトコないのになぜか退院せずに2年も病院に居座る女がいるらしい。

彼女の年齢は17才。身寄りがないため、児童保護?かなんかで療養として入院している。
スタイル良く胸も大きい伸びきった髪をかきあげる姿は病院の浴衣のせいもあり、妙に色っぽかった。

俺は手術後、傷の治りが悪く2週間入院した。
術後は傷の治りが悪いだけで自由な入院生活をしていた。

そんなある日、談話室の自販機にでジュースを買っていると、後ろから例の彼女に話しかけられた。

他愛ない話。学校何処?とか彼女いる?とか。

良く覚えてるのは浴衣の襟辺りから見えた乳首ぐらい。綺麗な胸してた…やらしい丸みをおびててね。

そんな彼女は良く夜眠れなくて一階…病院の外来の待合室でテレビみたりしてるらしい。“夜、一緒に話したいから11時に降りて来て”と、約束をした。

その夜、一階の待合室に行くと彼女は薄暗い中、雑誌を見てた。
声をかけると、彼女は“しーっ”と人差し指で口を押さえた。次の瞬間、首を傾げる俺の手を掴んで女子トイレへと連れて込まれた。

「ずっと入院してるとおかしくなっちゃう。今日、お風呂の日だったし、大丈夫だからしよう。」そんなことを言って強引に唇を重ね、俺の口に舌を滑り込ませてくる。

うねるように動く舌に俺も興奮して彼女の胸をもみしだいていた。ブラジャーはしていなかった。凄く弾力があり、手に吸い付いてくる。「…んんっ」絡む舌に彼女の吐息と声が混じった。

俺は彼女のパンツの中に手を入れて指で中を弄くり回した。はじめはネチッこく、徐々に激しく。

彼女は口を離し、「もうダメ…我慢出来ない」と…。

彼女の片足を洋式便所の便座に挙げさせ立ったまま正面からいきり立ったモノを入れた。
彼女は壁を背に突き上げた余韻に浸った顔をしていた。
彼女のナカは、グチョグチョでその濡れた感触は下腹部や腿でも感じられた。

彼女の足を便座下ろし、完全に立ったままの状態にした。対面立位だ。

彼女は俺の腰に手を回し、俺は胸を掴み弄んだ。激しく腰を動かすと声を殺しているのに、んっんっ…と声が漏れた。

彼女のナカはウネウネと躍動し俺のモノをしっかりくわえ、強く時に優しく包んだ。その気持ち良い具合に腰を振る速度が増していく。

「…出そう。」俺は彼女の耳元でそう囁くと「ナカに出して…」と荒い息のまま彼女が。呟いた

俺は、中出しするのに対してちょっと不安になり、一度のぼりつめた快楽をヤリ過ごそうと腰の動きを止めた。
彼女は「うーんっんっ」そう何か声を出すとアソコをグッと締めてきた。「ねぇっ、はやく…」その言葉に完全に理性がなくなった。彼女の腰を抑えつけ、ガンガンと激しく腰を降った。
完全に声が漏れてる。そんな事を忘れ、ひたすら腰を振る。「あっん、イク…」その彼女の言葉を耳元に聞きながら一番深いトコで精を放った。
入院前日からオナ禁してたので、大量の精液が彼女のナカに出て、腿につたって流れて出てきていた。
彼女は引き抜いた俺のモノを口に含み丹念に掃除してくれた。
また俺のモノは彼女の口の中で大きくなった。そのまま口ピストンを続ける。加速度を増すピストンに耐えられず、彼女の口の中で2度目の射精をした。

「またたくさん出た」ビックリした彼女はまた口に含みキレイにしてくれた。

「今日は気持ち良かった、また明日ねっ」そう言って巡回員や看護士にバレないように時間差でトイレを出て、部屋に帰った。

こうして入院中毎夜、彼女の秘密の関係が始まった。
高校2年の時、1年前に腕の骨折で入れたプレートを抜く手術のため、とある病院に入院した時の話。

…俺が入院した時にある噂がその病院に流れていた。
見た目悪いトコないのになぜか退院せずに2年も病院に居座る女がいるらしい。

彼女の年齢は17才。身寄りがないため、児童保護?かなんかで療養として入院している。
スタイル良く胸も大きい伸びきった髪をかきあげる姿は病院の浴衣のせいもあり、妙に色っぽかった。

俺は手術後、傷の治りが悪く2週間入院した。
術後は傷の治りが悪いだけで自由な入院生活をしていた。

そんなある日、談話室の自販機にでジュースを買っていると、後ろから例の彼女に話しかけられた。

他愛ない話。学校何処?とか彼女いる?とか。

良く覚えてるのは浴衣の襟辺りから見えた乳首ぐらい。綺麗な胸してた…やらしい丸みをおびててね。

そんな彼女は良く夜眠れなくて一階…病院の外来の待合室でテレビみたりしてるらしい。“夜、一緒に話したいから11時に降りて来て”と、約束をした。

その夜、一階の待合室に行くと彼女は薄暗い中、雑誌を見てた。
声をかけると、彼女は“しーっ”と人差し指で口を押さえた。次の瞬間、首を傾げる俺の手を掴んで女子トイレへと連れて込まれた。

「ずっと入院してるとおかしくなっちゃう。今日、お風呂の日だったし、大丈夫だからしよう。」そんなことを言って強引に唇を重ね、俺の口に舌を滑り込ませてくる。

うねるように動く舌に俺も興奮して彼女の胸をもみしだいていた。ブラジャーはしていなかった。凄く弾力があり、手に吸い付いてくる。「…んんっ」絡む舌に彼女の吐息と声が混じった。

俺は彼女のパンツの中に手を入れて指で中を弄くり回した。はじめはネチッこく、徐々に激しく。

彼女は口を離し、「もうダメ…我慢出来ない」と…。

彼女の片足を洋式便所の便座に挙げさせ立ったまま正面からいきり立ったモノを入れた。
彼女は壁を背に突き上げた余韻に浸った顔をしていた。
彼女のナカは、グチョグチョでその濡れた感触は下腹部や腿でも感じられた。

彼女の足を便座下ろし、完全に立ったままの状態にした。対面立位だ。

彼女は俺の腰に手を回し、俺は胸を掴み弄んだ。激しく腰を動かすと声を殺しているのに、んっんっ…と声が漏れた。

彼女のナカはウネウネと躍動し俺のモノをしっかりくわえ、強く時に優しく包んだ。その気持ち良い具合に腰を振る速度が増していく。

「…出そう。」俺は彼女の耳元でそう囁くと「ナカに出して…」と荒い息のまま彼女が。呟いた

俺は、中出しするのに対してちょっと不安になり、一度のぼりつめた快楽をヤリ過ごそうと腰の動きを止めた。
彼女は「うーんっんっ」そう何か声を出すとアソコをグッと締めてきた。「ねぇっ、はやく…」その言葉に完全に理性がなくなった。彼女の腰を抑えつけ、ガンガンと激しく腰を降った。
完全に声が漏れてる。そんな事を忘れ、ひたすら腰を振る。「あっん、イク…」その彼女の言葉を耳元に聞きながら一番深いトコで精を放った。
入院前日からオナ禁してたので、大量の精液が彼女のナカに出て、腿につたって流れて出てきていた。
彼女は引き抜いた俺のモノを口に含み丹念に掃除してくれた。
また俺のモノは彼女の口の中で大きくなった。そのまま口ピストンを続ける。加速度を増すピストンに耐えられず、彼女の口の中で2度目の射精をした。

「またたくさん出た」ビックリした彼女はまた口に含みキレイにしてくれた。

「今日は気持ち良かった、また明日ねっ」そう言って巡回員や看護士にバレないように時間差でトイレを出て、部屋に帰った。

こうして入院中毎夜、彼女の秘密の関係が始まった。

 - 未分類 , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
悦子日記 三人プレイ 絹子さん

悦子日記 三人プレイ高松との結婚で専業主婦をしていました。新婚当時は毎晩のおつとめでしたが、6ヶ月を経過したころから夫の仕事が多忙で深夜に帰宅して早朝に出勤するパターンになりました。悦子はベッドでの営みが有りませんからとても寂しい思いでした。夫に求める事…

no image
★エッチしたくて疼く私の体って

 43歳の私はバツイチです。子供が一人いて付き合ってる男性もいます。48歳の男性ですが、会えばとろけるようなエッチをしてくれ、3年前から3Pや彼の前で20代の若い子ともさせてもらってました。5年前5つ下の元旦那と離婚しましたが、30を過ぎたころからエッチがしたくてたまりません。実際、離婚話のときも夜は元旦那と毎晩のようにしてました。  元旦那もかなりのタフな男で、Mな私に性処理してくれとか言われ 私

no image
★美人秘書を抱くのは男の憧れ

 46歳の会社役員です。若い頃は、前社長の秘書兼運転手をしておりました。結婚して12年の私の妻は38歳、中田有紀さんに似た美麗妻です。若々しくて、20代後半くらいに見えます。妻も22歳から25歳までの3年間、前社長の秘書をしていました。 前社長の下のお世話もしておりました。あまり勃ちがよろしくない時は、私が妻とセックスして、その様子を見て興奮してきました。前社長が勃起したら、私と交換して当時秘書であった妻とセ

no image
★出会い系で熟女と出会い、朝までに4回・・

 人妻さんやら熟女さん専用のサイトで、薫と名乗る未亡人さんとやり取りし会う約束をした。俺は半信半疑でサクラの可能性もあるだろうなと思いながら待ち合わせ場所に行くと、淡い水色のワンピースを着た薫さんが待っていたのには驚いた。服装はもちろんセンスのいいブランドバッグに、ロングの髪型までお洒落に気を遣っていて…とても40才後半には見えない若々しい容姿だった。 とりあえず立ち話じゃってことで、近くの喫茶店に

no image
★整体師さんと出会った体験談

 それなりに男性との交際を楽しんでる30代後半の主婦です。いつも見る「人妻.NET」にプロフを見てメールを送ったら、流れで整体師をやっていると言う男性から、肩こり腰痛の相談にのるよってメールがきた。 何度もメール問診があって、診てもらうことに。メールはわりとまじめにやり取りしてたから、忘れそうだったんだけど最初に来たメールはちょっとエッチなことも書いてありました。診てもらうってことなので、近くのビジネス

no image
妹の友達と付き合ってたらなんか面倒なことになった話

俺は今大学二年20歳妹と妹の友達は高校1年16かな?妹が小学校の時からよく一緒に遊んでいたなおちゃんという子がいるんだが、昔から「可愛いなー」とは思っていたんだ大学一年の夏に実家に帰ったら妹が友達を四、五人連れてきてたんだ。その日は俺の家でお泊り会をするとのこ…

no image
嫁のエッチなアルバイト

俺(29歳) 妻(若菜・30歳)の夫婦です。俺は地方の工業団地にある工場に勤めている。工場は大半が同年代の男性で、話の合う仲間がいて楽しい職場だ。妻も勤めていて、子供を作る予定はまだない。妻はスタイルもルックスもなかなかで、俺の友達の中にもファンが多いのが自慢だ。そんなファンの友達に、若菜のHな写真を見せて俺の寝取られ願望を満足させていた。写真はセックスの前後に撮ったもので、若菜に下着姿でポーズをとら

no image
★OLですが私を辱しめて欲しい願望

 最近の私は、透けブラさせて勤務するのも平気になり、課長や同僚もあまり私を目で犯してくれません。ちょっと安心、でも残念複雑な私。昨日も白の薄いブラウスに黒の膝上15センチほどのタイトで勤務しました。 そしてブラはダークブルーのワンホック(すべてストラップの細さと同じエッチな感じなもの)もちろん下はお揃いのTバックです。スカイブルーのブラを着けるときほど透けてはいませんでしが、かなりくっきりと透けて

no image
★姉妹の覗きをオカズにシコシコ

 何度も通って覗いていた同級生の家。必ず姉妹一緒に入っていたので外から聞き耳を立てれば簡単に判断出来た。すでに妹は全身をじっくり拝めれたが、本命の同級生の姉の全身(尻や背中は見た)はなかなか拝めず、せめて乳、乳首だけでも見たい一心で通った。  でも、見えない日は続いた。見えない焦りと欲望からカーテンを自転車から取ったスポークでカーテンを捲って見る決心をした。学校でいつも見掛ける同級生の生乳を見たい

no image
ど変態レズを縛って…

(レズ出会い系で知り合ったあきさんと初めて逢う事になり、指定されたホテルの部屋に)えっ!ここは…(怪しげな部屋に戸惑いながらも、ノックして)あの…優子です…(扉が開き、あきさんが…)初めまして…今日は宜しくお願いします…(ムッチリした身体を微かに震わせながら挨拶す…