エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

★女体の神秘と温もりを堪能した告白

   

★女体の神秘と温もりを堪能した告白

 ホテルの一室。後ろ手にドアを閉める。リナをそっと抱き寄せる。予想に反してなすがまま。無言の時が流れる。初めて触れる女の体。服の上から柔らかさとぬくもりが伝わる。唇を重ねる。「だめ・・」リナが身を引く。もう一度強く抱き寄せ、大胆に唇を重ね舌を絡ませる。

 リナの舌が無意識に反応する。抵抗はない。「んっ・・」リナの声が漏れる。(なぜ拒ばまないのだろう)そう思いつつも、後輩の心は唇を許された喜びと、女という柔らかい異生物への好奇心に満たされていた。大好きな男にしか見せないもうひとつの顔。その全てを知ることは後輩にとって抗うことの出来ない誘惑だった。
 ひとかけらの勇気を得た後輩の唇がうなじから耳へと向かう。女の甘くせつない香りが胸いっぱいに広がる。リナの吐息が少しずつ、しかし確実に荒くなる。切ない声が混じる。再び長いキス。そのままゆっくりとベッドに倒れこむ。白いブラウスの胸に伸びた男の手が、先端の敏感な部分を探り当てる。「んんっ」(リナさんが・・感じている・・)


 震える指で胸のボタンを外す。真っ白なブラが現れる。「いい?」後輩が小さく囁く。目を閉じ無言のまま横を向いているリナ。肩紐を肘まで下ろす。双丘の頂点には薄紅色の小さな苺の実が震えている。そっと口に含み舌先で転がす。舌の上で苺が疼き尖る。「んっ、んんっ、ぁっ」リナの声が拒みきれずに小さく漏れる。

 もう一方の乳房を揉みたてていた後輩の手は、脇から腰のくびれを何度かさまよった後、薄手の黒いパンストに包まれた下肢へと移動する。初めて触れる感触。微細な繊維の一本一本がしなやかに絡み合い、しっとりと汗ばんだ第二の皮膚を形成している。後輩の手が腿の内側へ移動したとき、それまでわずかに開いていた両脚が閉じられた。

「やっぱりいけないわ」言葉を遮るように後輩の唇がリナの唇を覆い激しく舌を吸う。二人の舌がヌルヌルとした生き物のように絡み合う。黒い膝が力なく開いた。指は感触を確かめるようにゆっくりと内股をつたいフレアスカートの中へ侵入していった。「リナさん暖かい」掌の下にはふっくらとした恥丘があった。


 パンストの合わせ目に添えられた指先からは、僅かな湿り気と暖かなリナの体温が伝わる。「だめ。やめて。」「どうして?」
「トイレ行きたい」「却下。」

 後輩が掌を押しつけて恥丘の上部を圧迫する。ほんのいたずら心だった。「ああっ、だめ、本当に、ああっ、ああっ、ああぁぁぁっ」リナの股間にじわじわと熱いものが染み出す。パンストが湯気を放つ。「リナさーん(笑)」「ばかぁっ」リナは小走りに浴室へと消えた。シャワーの音が聞こえる・・

 後輩は考えた。春男先輩は今回のことをどう思っているのだろう? 自分にだって罪悪感のかけらくらいはある。しかし、網膜に焼きついたリナの胸の白い双丘、パンストを通して感じる恥丘の柔らかさ、耳に残る押し殺した喘ぎ声、そして自分にとっての甘く切ない未知の世界・・これらを全て独占していた春男先輩・・焼きつくような嫉妬が後輩の心にどす黒く渦を巻いていた。


「ねぇ、私、これでも彼氏いるからさ、やっぱりこれで我慢してよ。」バスロープに身を包み浴室から戻ったリナは、傍らに座り後輩のズボンのファスナーを開け、はちきれそうな一物を取り出ししごき始める。「ああっ、リナさんっ、皮が、だめだよ、いくっ、いくっ、いくぅぅ・・」後輩の樹液があっさりと放出された。

「どぉ?女の子ってこんな感じよ。」いまだに波打つ後輩の一物と自分の手をティッシュで拭き取りながら、リナがいたずらっぽく笑う。

「ねえ。もいっかいお願いします(笑)」
「えっ?今終わったばかりよ?」
「もう回復した。お願いします。」
「しょうがないなぁー」

ぐったりと並んで横になる2人。
「あっというまに2回も逝かされちゃったよ。上手いなぁ・・」
「彼氏にいつもしてるからね。」
「ねぇ、女の人ってさ、相手に手コキとかしてるだけでも濡れるの?」
「うーん、そういうこともある。」
「今はどぉ?」

「えーっ、わかんない」
「確かめてもいい?」
「やだっ」
「っていうかさぁ、居酒屋でも言ったけど、まだ女性の実物見たことも触ったことも
ないんだよね。」
「だーめ。彼氏いるんだもん。私にできるのはこのへんまでだよ。」

「だってさっきは俺の手の中でオシッコチビったじゃない。いいでしょ?」
「・・・」

 リナは真っ赤になって顔を背けた。後輩の手がリナの頬を掴む。唇が重なり二つの舌が絡み合う。バスローブの帯が解かれ胸の白い双丘があらわになる。苺の実は心なしか先ほどより赤い。舌が苺を優しく転がす。苺が尖る。

「んんっ、ああっ」
「濡れた?」
「知らない」
「確かめてもいい?」
「だめ・・」
「いい?」
「・・・・」

 後輩の手が下腹部へ伸びる。中指が恥毛の丘をかき分け、ゆっくりと亀裂に滑り込む。小さな突起が指先に触れた。「ああっ、そこ、だめっ・・」リナの反応を確かめるように指が二度、三度と突起を嬲る。リナの全身が波打つ。やがて指はさらに溝を下り秘泉に達した。そこは既にヌラヌラとした暖かい恥蜜で溢れかえっていた。

「うわっ、こんなに」「ばか」いきなり指が泉を乱暴に掻き回す。「あぁぁ、やめてっ、だめだってば」乾きを癒すオアシスを得た指が再び突起を求め、リズミカルに擦り上げる。「んんっ、あぁ、あっ、あっ、あっ、あっ・・」透き通るような白い肌にうっすらと赤みが差す。しっとりと汗が浮かぶ。


フッと指がリナから離れる。「えっ?」戸惑うリナ。後輩の頭がスルリとリナの下腹部へ移動する。「あっ、だめっ、恥ずかしい」リナの静止も空しく、後輩の舌は既に突起を探し当てていた。転がす、突く、吸う。「いゃぁっ、やめてぇぇ、はうん、うっ、あぁん・・」左右に激しく首を振るリナ。泣いている。雌の香りが充満する。

「いやっ、いやっ、はるお・さ、ごめ・・もう・・だめ・・」リナの自制心は陥落寸前であった。後輩の舌が突起と泉を思い切り力強くべろりとすくい上げる。「ああっああっあぁぁ・・」リナの裸身は弓なりに反り返り、ブルル、ブルル、ブルルと三度痙攣した後ドサリとベッドに埋もれた。

 上気した肌に透明な汗の玉がキラキラと光る。激しく上下している胸の谷間に集まりひとすじの川を作る。少女の面影を残すうっすらとした茂みに覆われた恥丘。クレバスを隠すように心持ち閉じられた端整な2本の脚・・先輩にしか見せなかった本当の姿・・訪れたつかの間の静寂の中で、後輩はリナの裸身にしばし見とれていた。

「がるるるっ」突如リナの反撃が始まったw 後輩を押し倒す。ずるりと皮を剥いて一気に含む。チロチロと冠溝に舌を這わせる。舌先で掃くようにつつく。べろりと舐め上げ再び含む。絡みつくざらざらとした舌が蠕動を繰り返す。「あっ、うわっ、うわぁぁっ」生まれて初めて味わう強烈な感覚に後輩が叫ぶ。お構いなしにつづけるリナ。尻を向け後輩にまたがり手コキをはじめる。


 目の前にあるリナの菊門が断続的に収縮を繰り返していた。透明な粘液が滲んでいる泉のほとりは、ぽってりと膨らみその下には充血しきった突起が張り出している。(リナさんも・・勃起している)後輩は思わずリナの花園に顔をうずめ、突起を舐め上げた。「あっ、おねがい、おとなしくしていて・・」無視して続ける後輩。

「あぁぁん、だめだってばぁ、あ、あ、あぁぁ・・」二枚の果肉がヒクヒクと痙攣する。溢れた粘液が太腿をつたい落ちる。もぉ、駄目って言ったじゃない、お返しよっ」リナが手コキの速度を上げる。速い。見えないほど速い。「うわぁぁ・・あああぁぁ・・いくぅぅっ!!」後輩の白い粘液が間欠泉のように何度も何度も噴き上がる。

「おれ、もうだめです」「ふふふ。だいじょうぶよ。まだ若いから♪」一物をがぼりと喉の奥まで深く呑み込むリナ。隙間からジュルジュルと音がする。強烈な吸引力。「こ、これは、ああぁぁ・・」前立腺に待機していた精の残渣が1滴残らず吸い上げられるのを感じて後輩は激しく痙攣し果てた。


 まったりと横たわる二人。「ねえ、リナさん」「なあに?」「俺、リナさんで男になりたい」「だめだってば。彼氏いるもん。」「お願いします。」「うーん」 東の空は白々と朝の到来を告げていた。

 - 会社員の体験談 , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★35歳の夫婦ですが、妻のことで・・

 妻は貞淑で良き妻、良き母であります。しかし妻とのSEXにもっと刺激が欲しくて・・妻は真面目一辺倒なので、スワップなどの話をしても変態扱いされます。私はある人から、「この薬とアルコールで意識は吹っ飛ぶよ」と言われ、 試してみたくてたまらなく、あるサイトの掲示板で眠っている妻に悪戯してくれる方を募集しました。沢山の人がメールをくれました。その中の一人とまず面接と言うか、接触して良い人そうでしたので46才

no image
★一人旅先の混浴風呂でのエロな出来事

 以前、北海道へ一人旅をした時。ある無料露天風呂に入ったときの事。温泉に入ろうとした時は昼間にもかかわらず先客が無く私一人の貸切状態でした。しばらくすると女子大生位の子が2人入ってきました。そこは混浴でなおかつ脱衣所が無いので私の存在を知って退散するのではと思ったら、意外や意外。タオルで隠す事無く堂々と服を脱いでいるではありませんか。 逆に私の方が恥ずかしくなる位でしたが、彼女たちは私に「失礼しま

no image
★俺のペニスにむ夢中になった女上司

 俺が25歳ぐらいの時の上司が、松嶋菜々子級の38歳の女性だった。仕事はできるがかなり性格もキツく、近寄り難い人だった…5年ぐらい前に離婚をし、美人だが男の噂も無く、仕事一筋って感じで、プライベートは誰も知らなかった。 俺は休みの日に遠方で買い物してたら菜々子(菜々子にしときます)を見かけ、あれ?って思うぐらい可愛らしい格好をしてて、興味本位で付いて行ったらアダルトショップに入って行った…

no image
★ハローワークでナンパできるなんて・・

 休みだったんですが、会社の用で始めてハローワークに行きました。不況なんですぬぇ~人人人人人…でビックリしましたよ。みんな大変だなぁ~っておもいながら書類をだして、名前呼ばれるのをはじっこの長椅子に座って待ってました。隣に細身で小柄な22、23歳位の色白な子が座って携帯いじってました。 何気にのぞいたらよく見えないながら、自分も使ってた事のある出会い系サイトだとおもわれます。20分位は待って書類を受け取

no image
★保険外交員との最低なえっち体験

 新入社員の頃、昼休みにたくさんの保険のおばさんに勧誘されました。先輩と飲みに行ったとき先輩に「○○生命のおばさん知ってるか」と聞かれました。顔は今一だったけどナイスバディだったので知ってました。44歳のそのおばさん、アソコがすごく臭いそうです。 先輩がヤッたと言いました。それ以来、昼休みにそのおばさんに声を掛けられるとそのことが頭から離れませんでした。学生の頃、バイト先で知り合った独身で36歳の女

no image
★パート主婦の臭いがきつくて

 私が勤める会社にパートで働いてるYさん(40)女優の風吹ジュンさん似で男性社員の憧れの的の女性です。ひと月前に、会社の飲み会が有って二次会まで彼女は付き合ってくれました。帰りが同じ方向なので一緒に帰る事になり、ダメモトで「もう一軒?」と誘うとOKで、 色々と話してる内にエッチモードになって脚に手を置くと、抵抗無しで手を内側に運び触ると「責任とれるの?」の言葉に「今から取りますよ!」に微笑んでくれ

no image
★女の子の裸がやはり男には一番刺激的

 学生時代の話。スキーの授業をとったらなんとその宿が混浴露天風呂!それも男女別の内湯から混浴の露天風呂に出るタイプ。もちろん2年連続で取って、2年目は万全の体制を取った。初日以外は女の子達に噂が広まるので、初日が勝負。男は酒を飲んでいるのであまり入らない、夕食すぐの時間を狙って男湯で待機していた。 するとぞくぞくと半年間授業を共にした女達が、ちっちゃなハンドタオルのみで入湯!!おしり丸出しの女子大生

no image
朝まで入れっぱなしで八回ほどした体験

 人妻Cは私が大学を卒業して勤めた会社の同期の女性です。年は私よりふたつ下の二十歳でした。何か気が合い、よく遊びに行ったり、飲みに行きました。彼女には遠距離恋愛の彼氏がおり、よく彼氏の事の相談に乗っていました。三年ほどそのような付き合いが続いたある日、話があるからと彼女からと誘われました。話は彼氏と結婚することになったということだった。

no image
★忘れられない社長秘書との一夜

 僕の会社の秘書はもう38歳になります。若いころは新入社員の憧れの的でしたが、今は熟れまくった熟女の匂いがただよう女性です。以前から社長の愛人のうわさもあり、いつも尻をくねらせながら歩いています。 土曜日出勤で一人で仕事をしていると、会社に電話があり、資料を取りにくると、僕はもしかしてやれるかもとおもいながら、股間を膨らませ待っているとドアがあき、超ミニスカートにタンクトップ姿で現れました。思わず後

no image
★お酒って良いですね!人妻上司とSEX

 職場の飲み会があって、酔った勢いで上司とラブホに行ってしまった。上司は40歳の人妻で、結構憧れの人だった。俺はその人になんだか気に入られてたみたいで、まあ仕事上お世話になっている人だった。 飲み会では下ネタもアリな感じで、それぞれの性事情なんか話したりしてた。で、その場にいた同僚が「もう○○さんホテルに誘っちゃえよw」って言い出して、最初はいやいや普通にダメでしょ、って言ってたけどもう皆盛り上がっ