エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

★女体の神秘と温もりを堪能した告白

   

★女体の神秘と温もりを堪能した告白

 ホテルの一室。後ろ手にドアを閉める。リナをそっと抱き寄せる。予想に反してなすがまま。無言の時が流れる。初めて触れる女の体。服の上から柔らかさとぬくもりが伝わる。唇を重ねる。「だめ・・」リナが身を引く。もう一度強く抱き寄せ、大胆に唇を重ね舌を絡ませる。

 リナの舌が無意識に反応する。抵抗はない。「んっ・・」リナの声が漏れる。(なぜ拒ばまないのだろう)そう思いつつも、後輩の心は唇を許された喜びと、女という柔らかい異生物への好奇心に満たされていた。大好きな男にしか見せないもうひとつの顔。その全てを知ることは後輩にとって抗うことの出来ない誘惑だった。
 ひとかけらの勇気を得た後輩の唇がうなじから耳へと向かう。女の甘くせつない香りが胸いっぱいに広がる。リナの吐息が少しずつ、しかし確実に荒くなる。切ない声が混じる。再び長いキス。そのままゆっくりとベッドに倒れこむ。白いブラウスの胸に伸びた男の手が、先端の敏感な部分を探り当てる。「んんっ」(リナさんが・・感じている・・)


 震える指で胸のボタンを外す。真っ白なブラが現れる。「いい?」後輩が小さく囁く。目を閉じ無言のまま横を向いているリナ。肩紐を肘まで下ろす。双丘の頂点には薄紅色の小さな苺の実が震えている。そっと口に含み舌先で転がす。舌の上で苺が疼き尖る。「んっ、んんっ、ぁっ」リナの声が拒みきれずに小さく漏れる。

 もう一方の乳房を揉みたてていた後輩の手は、脇から腰のくびれを何度かさまよった後、薄手の黒いパンストに包まれた下肢へと移動する。初めて触れる感触。微細な繊維の一本一本がしなやかに絡み合い、しっとりと汗ばんだ第二の皮膚を形成している。後輩の手が腿の内側へ移動したとき、それまでわずかに開いていた両脚が閉じられた。

「やっぱりいけないわ」言葉を遮るように後輩の唇がリナの唇を覆い激しく舌を吸う。二人の舌がヌルヌルとした生き物のように絡み合う。黒い膝が力なく開いた。指は感触を確かめるようにゆっくりと内股をつたいフレアスカートの中へ侵入していった。「リナさん暖かい」掌の下にはふっくらとした恥丘があった。


 パンストの合わせ目に添えられた指先からは、僅かな湿り気と暖かなリナの体温が伝わる。「だめ。やめて。」「どうして?」
「トイレ行きたい」「却下。」

 後輩が掌を押しつけて恥丘の上部を圧迫する。ほんのいたずら心だった。「ああっ、だめ、本当に、ああっ、ああっ、ああぁぁぁっ」リナの股間にじわじわと熱いものが染み出す。パンストが湯気を放つ。「リナさーん(笑)」「ばかぁっ」リナは小走りに浴室へと消えた。シャワーの音が聞こえる・・

 後輩は考えた。春男先輩は今回のことをどう思っているのだろう? 自分にだって罪悪感のかけらくらいはある。しかし、網膜に焼きついたリナの胸の白い双丘、パンストを通して感じる恥丘の柔らかさ、耳に残る押し殺した喘ぎ声、そして自分にとっての甘く切ない未知の世界・・これらを全て独占していた春男先輩・・焼きつくような嫉妬が後輩の心にどす黒く渦を巻いていた。


「ねぇ、私、これでも彼氏いるからさ、やっぱりこれで我慢してよ。」バスロープに身を包み浴室から戻ったリナは、傍らに座り後輩のズボンのファスナーを開け、はちきれそうな一物を取り出ししごき始める。「ああっ、リナさんっ、皮が、だめだよ、いくっ、いくっ、いくぅぅ・・」後輩の樹液があっさりと放出された。

「どぉ?女の子ってこんな感じよ。」いまだに波打つ後輩の一物と自分の手をティッシュで拭き取りながら、リナがいたずらっぽく笑う。

「ねえ。もいっかいお願いします(笑)」
「えっ?今終わったばかりよ?」
「もう回復した。お願いします。」
「しょうがないなぁー」

ぐったりと並んで横になる2人。
「あっというまに2回も逝かされちゃったよ。上手いなぁ・・」
「彼氏にいつもしてるからね。」
「ねぇ、女の人ってさ、相手に手コキとかしてるだけでも濡れるの?」
「うーん、そういうこともある。」
「今はどぉ?」

「えーっ、わかんない」
「確かめてもいい?」
「やだっ」
「っていうかさぁ、居酒屋でも言ったけど、まだ女性の実物見たことも触ったことも
ないんだよね。」
「だーめ。彼氏いるんだもん。私にできるのはこのへんまでだよ。」

「だってさっきは俺の手の中でオシッコチビったじゃない。いいでしょ?」
「・・・」

 リナは真っ赤になって顔を背けた。後輩の手がリナの頬を掴む。唇が重なり二つの舌が絡み合う。バスローブの帯が解かれ胸の白い双丘があらわになる。苺の実は心なしか先ほどより赤い。舌が苺を優しく転がす。苺が尖る。

「んんっ、ああっ」
「濡れた?」
「知らない」
「確かめてもいい?」
「だめ・・」
「いい?」
「・・・・」

 後輩の手が下腹部へ伸びる。中指が恥毛の丘をかき分け、ゆっくりと亀裂に滑り込む。小さな突起が指先に触れた。「ああっ、そこ、だめっ・・」リナの反応を確かめるように指が二度、三度と突起を嬲る。リナの全身が波打つ。やがて指はさらに溝を下り秘泉に達した。そこは既にヌラヌラとした暖かい恥蜜で溢れかえっていた。

「うわっ、こんなに」「ばか」いきなり指が泉を乱暴に掻き回す。「あぁぁ、やめてっ、だめだってば」乾きを癒すオアシスを得た指が再び突起を求め、リズミカルに擦り上げる。「んんっ、あぁ、あっ、あっ、あっ、あっ・・」透き通るような白い肌にうっすらと赤みが差す。しっとりと汗が浮かぶ。


フッと指がリナから離れる。「えっ?」戸惑うリナ。後輩の頭がスルリとリナの下腹部へ移動する。「あっ、だめっ、恥ずかしい」リナの静止も空しく、後輩の舌は既に突起を探し当てていた。転がす、突く、吸う。「いゃぁっ、やめてぇぇ、はうん、うっ、あぁん・・」左右に激しく首を振るリナ。泣いている。雌の香りが充満する。

「いやっ、いやっ、はるお・さ、ごめ・・もう・・だめ・・」リナの自制心は陥落寸前であった。後輩の舌が突起と泉を思い切り力強くべろりとすくい上げる。「ああっああっあぁぁ・・」リナの裸身は弓なりに反り返り、ブルル、ブルル、ブルルと三度痙攣した後ドサリとベッドに埋もれた。

 上気した肌に透明な汗の玉がキラキラと光る。激しく上下している胸の谷間に集まりひとすじの川を作る。少女の面影を残すうっすらとした茂みに覆われた恥丘。クレバスを隠すように心持ち閉じられた端整な2本の脚・・先輩にしか見せなかった本当の姿・・訪れたつかの間の静寂の中で、後輩はリナの裸身にしばし見とれていた。

「がるるるっ」突如リナの反撃が始まったw 後輩を押し倒す。ずるりと皮を剥いて一気に含む。チロチロと冠溝に舌を這わせる。舌先で掃くようにつつく。べろりと舐め上げ再び含む。絡みつくざらざらとした舌が蠕動を繰り返す。「あっ、うわっ、うわぁぁっ」生まれて初めて味わう強烈な感覚に後輩が叫ぶ。お構いなしにつづけるリナ。尻を向け後輩にまたがり手コキをはじめる。


 目の前にあるリナの菊門が断続的に収縮を繰り返していた。透明な粘液が滲んでいる泉のほとりは、ぽってりと膨らみその下には充血しきった突起が張り出している。(リナさんも・・勃起している)後輩は思わずリナの花園に顔をうずめ、突起を舐め上げた。「あっ、おねがい、おとなしくしていて・・」無視して続ける後輩。

「あぁぁん、だめだってばぁ、あ、あ、あぁぁ・・」二枚の果肉がヒクヒクと痙攣する。溢れた粘液が太腿をつたい落ちる。もぉ、駄目って言ったじゃない、お返しよっ」リナが手コキの速度を上げる。速い。見えないほど速い。「うわぁぁ・・あああぁぁ・・いくぅぅっ!!」後輩の白い粘液が間欠泉のように何度も何度も噴き上がる。

「おれ、もうだめです」「ふふふ。だいじょうぶよ。まだ若いから♪」一物をがぼりと喉の奥まで深く呑み込むリナ。隙間からジュルジュルと音がする。強烈な吸引力。「こ、これは、ああぁぁ・・」前立腺に待機していた精の残渣が1滴残らず吸い上げられるのを感じて後輩は激しく痙攣し果てた。


 まったりと横たわる二人。「ねえ、リナさん」「なあに?」「俺、リナさんで男になりたい」「だめだってば。彼氏いるもん。」「お願いします。」「うーん」 東の空は白々と朝の到来を告げていた。

 - 会社員の体験談 , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★社交ダンスの熟女は良いですね

 今から7年前の事だったんですが・・大阪の梅田にワールドという社交ダンスをする店があって、当時僕は23歳でその場所をディスコ風の店だと勘違いしてました。仕事が終わった後、そのワールドにナンパをしに行こうと友人3人で向かいました。僕たちは、若い女の子が踊っていると勘違いしながら入ってみると、なんとそこは年配者の踊り場でした。 せっかく入場料を支払って入っていた事もあって、しばらく様子を見ようと思いました

no image
★もてない男のエッチ体験談・・1/2

 この時期になると思い出す女がいます。当時25才で自称某有名企業のOLさん。名刺とか社員証とか見てないんで、一応自称って事にしておきました。でも多分嘘では無かったんだと思う。冴えないリーマンの俺には不釣り合い過ぎる美人で、鈴木京香をもっと幼くして優しい感じにした雰囲気でした。 身長なんて170cm近くあって痩せてるもんだから、マジでハンパ無いほど近寄りがたい見た目だった。ちなみに俺は当時27才の彼女無しでモ

no image
★事務員募集に応募してきた女性

 会社の事務員募集のチラシに応募してきた彼女。選考面接日は 8人と面接 午前中に終える事ができました。採用にはかなり迷いましたが、真紀の印象は強く感じました。二年前に離婚してとかでバイトして生活し、安アパートに住んでました。 36才でもまだ20代後半に見え、身体は太ってる訳じゃなく可愛い。子供もいないし、既婚者みたいに休みの多い人でもない。パソコンのできる事も条件に合う。即採用を決めた。夕方に携帯に電話

no image
★男の願望を叶えてくれたナース嬢の話

 以前、3年付き合った人妻でナースの奈緒という女がいた。彼女とは、様々なプレイを楽しみ、およそ男の願望をほとんど叶えてもらったと言っても過言ではない。奈緒は決して美人ではなかったが、どちらかと言うと萌え系で巨乳。若干ぽっちゃりで身長も低い。ぶっちゃけ、初対面の時はタイプではなかったが、時間が経つにつれ不思議な魅力と可愛らしさに惹かれてしまった。 しかも、俺より12も年下の当時28歳。コスプレが大好

no image
★地味な事務員の女先輩のアソコを舐めました

 事務員の稲垣博子先輩が2年くらい前に結婚する前の話・・会社の飲み会で遅くなり、お互い電車通勤の僕達は同じ方面で一緒に帰ることに・・地味な印象の事務員の博子先輩は特に美人というわけではないですが、どこか惹かれていました。博子先輩がだいぶ酔ってフラフラだったので思い切って「どこかで休憩しませんか?」と提案。「ワタシもうあと2ヶ月で結婚するけどNくんならいいかなー」一緒にホテルへ。ちょっと唇が残念な稲垣

no image
★女性添乗員のエロ案内は最高

 正月明けにオーロラを見に、某大手旅行社のツアーで海外旅行してきた。一応、今年の秋頃に結婚考えてる彼女いるけど、会社の同僚と2人で参加。添乗員Nちゃん。推定年齢40~45。既婚。専属添乗員らしい。顔は45点。スタイルは俺的には68点。同僚A的には40点。小太り。 最初の日も翌日もオーロラは見れず、サンタクロースエキスプレスという寝台列車(2人ごとの二段ベッドがある個室だった)に乗り込み。Nちゃんの

no image
★仕事で外国に行った時のエロ話

 仕事でイタリアを訪れたときのこと。レストランでひとりぽつんと食事しているときのことでした。「どちらからですか?」顔をあげると、品のある女性が笑顔で立っていました。彼女はイタリアに20年住んで、日本人向けの広告代理店を経営されているとのことでした。 派手な顔立ちに、品のある服装に内心心が動きました。年齢は「40過ぎよ。でもまだ若いのよ。」彼女の積極的なトークで始まった食事は大変楽しいものとなりました。

no image
★旦那のSEXが淡白で満足できない同僚との話

 誰にも言わないでとお願いされたので今まで誰にも言わないできましたが、彼女と関係を持ったのは2年前の話で、彼女も離婚してしまったそうだからもう解禁してもいいでしょう。以前勤めていた会社での話です。  その会社はなかなか薄汚い手を使って(報奨金を積んで人材紹介会社に優先的に紹介を取る)人材確保、企業規模拡大を図っていた時期でして、僕もそんな罠にはまり拉致監禁・強制労働の憂き目にあってしまいました。辞める

no image
★妻の乱交にはまいりました

 気の合う友人達と自宅で忘年会をしました。妻も気兼ねなく飲める相手なので飲み、ホステス代わりを務めていました。気が付けば友人達とキスを交わしていました。どさくさに紛れオッパイを揉むやからも居て 大盛り上がりです。妻の身体の良さを知ってる奴等は皆で混浴温泉へ行こうと言い出したんです。 妻も皆のチンチン見たさに行こう行こうと大乗り気なんです。そのままの勢いでスーパー銭湯の家族湯へ向かったんです。男三人

no image
★酔った女上司を悪戯した背徳な行為

 今の営業所に異動してきたときから直属の上司が女性だった。福元さんという女上司は当時41歳で、見た目はドラミちゃんみたいな感じで(影でドラミちゃんと呼ばれていた)子どもはいなかったが旦那さんが単身赴任中だと聞いた。とても豪快ながら仕事のできる人で、俺が異動してすぐに福元さんと2人でプロジェクトを任され、そのプロジェクトは幸い大成功し、その成功祝いの打ち上げと言って福元さんに飲みに誘われた。 一年間二人