エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

★PTAの役員懇談会の飲み会で・・

   

★PTAの役員懇談会の飲み会で・・

 俺41歳、PTA役員で知り合った46歳の志織さん。 PTA役員懇親会で飲む機会がありました。志織との会話は盛り上がり、お互いの夫婦生活の話題になりました。 志織は旦那さんと3年ほど前からレスとの事だった。俺は酔っている勢いもあり、「寂しいでしよ! 今夜、俺でよかったらどう?」って軽く冗談で言った。

 そしたら、志織は「うん、お願い!」って答えてきた。 本気なのか、よくわからないが、そのままの展開で俺と志織は二次会に行かず帰ったふりをして、二人でラブホに行った。 志織は綺麗な熟女で俺は嬉しく興奮していた。すぐに押し倒して全裸にしてやった。 志織「恥ずかしいよ、こんな勢いで女として体を求められるのは久しぶりだよ」俺「志織、綺麗だよ!」って俺も全裸になった。 俺は志織の胸に飛び付いて、乳首を舐めまくった。
 志織「気持ちいいよ、久しぶりで気持ちいい!」って感じてた。 そして、そのまま俺の舌は志織のアソコへ!志織「やだ、シャワーしてないから汚いよ、恥ずかしい。。。」って言いながら喘ぎ声を発していた。志織は「汚いよ、いいの? 」 俺は「平気だよ! 気持ちよくさせてあげるね。 まずはクリでイかせてあげるよ」って舐め続けた。

 志織「嬉しい、こんなの久しぶり、気持ちいいよ、ハァハァ」 そして志織は「もうダメ、欲しいよ、入れて!」俺「じゃあ入れるよ」って生で挿入した。 以外と志織の中は締まりがいい! 志織「あーん、気持ちいいよ、すごい!」俺「生チンポ、気持ちいい?」 志織「ハァハァ、すごい気持ちいいよ、ハァハァ」って志織も腰を動かしてきた。


 俺はイキそうになってきた。 俺「イキそうだよ」 志織「うん、いいよ」 これは、中に出してもOKって事だと思い、そのまま志織の中に出した。 終わった後、俺は「中出し大丈夫なの?!」 志織「うん、生理前で安全日だから」俺はその言葉に興奮して、しばらく休憩後、二回戦も中出しを楽しませてもらった。

 これからは、安全日ならいつでも中出ししていいよ!と志織から言ってもらった。また来月が待ち遠しい。。。

 - 人妻・不倫の体験談 , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★手軽にカーセックス出来る人妻

 彼女の名は友美恵、私とは彼女が結婚する前からの知り合い、ラブホテルとかへも幾度かいった仲で、私と寝ていた。偶然近くに住み連絡も取り合い、ラブホテルへ誘っても二つ返事でOKをして、不倫の関係になり約3年位になる。待ち合わせの場所は家から当然離れた場所、その日は私の車の後部座席を倒しカーセックスをできる様に準備をしていた。『待った?』『私も10分位前なの・・』彼女が後ろを見た『なあに、もしかして車の中?

no image
★パートの奥さんの女体をモノニ出来ました

父と二人で小さな事務所をしている26歳の男です。仕事がまわしきれず、パートを雇う事になり、面接をしました。決まったのは40歳の主婦です。まぁまぁ美人ですが、おっぱいが小さいです。いつかはヤッてやろうと思ってました。数ヶ月たった頃、飲みに誘いました。 最初の頃は普通に飲んでるだけでしたが、7、8回目の時、Hな話になったついでに、僕と不倫しませんか?と切り出しました。最初は戸惑ってましたが、いきなりキスをする

no image
★人妻ってホントにいいですね

 以前会社にパートで来ていた人妻さん、俺の仕事のアシスタントのように、いつも書類の整理や物品の受け取りには車で一緒に行動してしていたので、車の中で色々話をしていた。少しポッチャリで顔は並の人だった。いつの間にかその人の旦那の話をするようになり、旦那はあまり構ってくれないらしい。 ある日の夕方もう暗くなってから自然とお互いの手が触れたりしてとうとう車を停めて抱き合ってしまった。「もう私貴方のが欲しく

no image
★喫茶店で女性に声を掛けてみた体験談

 その日は、仕事も休みで街中をブラブラしていました。何も予定がなく喫茶店に入り、時間をつぶしていました。ふと周りをみると、綺麗な人妻(水野真紀)の美人女性が、一人でお茶してます。これはチャンスと思い声を掛けました。な、なんとその女性も暇を持て余していたらしくOK。 ふたりで世間話をして車でドライブ。数十分走るとホテルの看板が。俺は勝手にホテルへGO。奥さんもびっくりした様子。なんとか強引に部屋に誘いまし

no image
★美人系の人妻さんに初めてのフェラを・・

 寝とったわけではないのだが、転勤でとある地方に赴任していたときの話です。俺が住んでいたマンションは転勤族それも夫婦が多いマンションでした。もちろん、俺は当時独身だったのだが。ある日、空き部屋だった隣に夫婦が引っ越してきたのだが、冴えない旦那と目鼻立ちのくっきりした、美人系の奥さんが挨拶に来たのがはじめての出会いです。  その時は、うらやましいとは思いながらも人妻に興味は無かった。  ある日、夕方間

no image
★精液の有効活用はやはり女性と絡む事

 社会人1年生の俺が配属先はある地方都市、借りたアパートの隣に51歳の一人暮らしのおばさんがいた。名前を春子さんといい、エクボが可愛い優しい女性で、知らない街に住む俺に親切にしてくれて、週末は一緒にご飯を食べたりしていた。ゴールデンウィークに帰省したお土産を持って、それを肴にお酒を飲んだ。 可愛いと思っていた春子さんが少し上気して色っぽくなった。母子ほどの年の差なのに俺は春子さんに女を感じてしまった

no image
★テレクラ遊びの思い出

 年上の女性にはいつも憧れを持ってはいても、風俗店で客としてでなければ知り合えないのが二十代の頃でした。そんな中で、テレクラ遊びを覚えました。まてどもまてども、まともな会話もできず、会えば援助交際を持ち出される始末。 そういったなかで知り合ったYさんは私が捜し求めて年上の女性。しかも胸はEカップ?Fカップという巨乳なのです。思春期の子供二人の子育てでストレスが溜まりまくり、こんなに太ってしまったと悩み

no image
★響きがいい保育さんと1回を条件に

 僕の家庭には子供はいませんが、まさか保育さんとセックスができるなんて思わなかった。元々は、不倫マッチングSNSというコミニティサイトでアドレスを交換してメールのやり取りが始まった。色々話して行くうちに保育さんだという事が判明。 相手が人妻ってだけで興奮するのに、保育さんって聞いてさらに興奮した。不倫マッチングSNSってサイトに登録してたくらいだから、不倫はOKなんだろうと思ってホテルへ誘った。「1回きり

no image
★忘れられない人妻との初体験

 7年前の冬、僕は大学2年生で、長野県の白馬のスキー場のペンションで住み込みのバイトをしていました。ペンションのオーナーは父親の友人で会社を退職した後、ご夫婦で始められたばかりの方でした。すごく家庭的なペンションで、宿泊客も1組か2組という感じで、住み込みのバイトも僕1人でした。 お昼間オーナーのご主人は、スキー場のレンタルスキーのショップをされているので夕方まではいなくて、オーナーの奥さんも夕飯の準

no image
★人妻先輩を口説くのにスムーズに行き不倫エッチ

 私の職場にはケイコさんって先輩がいます。仕事は厳しくしっかり者ですが、休憩で一緒になると仕事の話はせず、私がつまらないギャグを言ってもゲラゲラ笑ってくれる…そんなギャップのある彼女の事が好きになってしまいました。ただ残念な事に彼女は旦那持ち。それでも、食事や映画に誘うと断りもせず付き合ってくれました。 ある日、私は彼女を誘いドライブしながら思い切って下ネタを交えながら聞いてみました。「旦那さんと