エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

★バイト先のやさしいお姉様達

   

★バイト先のやさしいお姉様達

 高3の夏休み、輸入家具の倉庫内で組立や、プレート付けのバイトをしていた時でした。ある日、新商品の組立を、その倉庫でやる事になり3人のお姉様が他の倉庫から応援で来ました。それまでは、夏の暑さやホコリと防虫剤の匂いで、いやいやバイトしていましたが、その日以降、熟女大好きの自分には、何かと嬉しい体験の日々でした。

 3人のお姉様は、皆 優しく(自分が17歳だったから?)お昼の弁当にと、おかずを作って来てくれたり、汗を拭くタオルを貸してくれたりとだんだん仲良くなりました。ある雨の日、3人の中で一番ポッチャリしたお姉様と倉庫の奥で、仕事をしていると、しばらくして突然、“いつも、大きくなってるねッなんで?”と少し笑み浮べて言われ、ドッキ!!としました。
 実は、バイト中も通勤の途中でさえ、ボッキしたままだったのです。(自分が17歳だったから!)ほのかに漂う、お姉様の汗の香り、ティーシャツから透けて見えるくい込んだブラジャー、汗で濡れて見えるわきの下、バイトをしながら、想像とアソコをふくらませて、家を出る時は必ず、バイトの途中でさえ何度トイレで、一人ヌキした事か!

 それでもすぐに、いつも大きくなってるねッ状態・・(自分が17歳だったから!!)。お姉様から言われて楽になる前に、その時は、“スイマセン” と謝っていました。 大きな声で! “若いから、元気だもんねッ”の一言で会話が終わりそうになり、すぐに白状(小さな声で“大好きなんです”)しました。


 周りを気にしながら“さわっていい”といわれた時は、頭の中が真っ白に・・ジーパンの上から、指先を下にして、下からなぞるように軽くタッチ! 午後から、雨がいちだんと強くなり、その日に出荷する為、他の倉庫に偶然?ポッチャリお姉様以外が戻り、二人で倉庫内の仕事を、その日に出来た椅子を数えている時“ね〜え”と! うれc―!

 さっきと同じようにさわってもらい(今度は強く)自分も何も言わずオッパイの先っぽを指先でまわすようにタッチ。さわっている指を見ながら、うっすらと赤い顔をして、“ふ ゥ-ん-”と吐息を漏らすした時を忘れられません。

 - 学生の体験談 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★彼女と行った最悪なエロ旅行

 高校3年の頃、高校最後の思い出を作ろうと、同級生の彼女サツキと、泊まりで旅行に行った時の最悪な話。サツキは女友達、俺は男友達の家に泊まると、親にウソをつき一泊二日の予定で、東京へ向かった。サツキは、小柄で優しい、笑顔が可愛い女の子だった。 初日は地元では、なかなか出来ない手つなぎデートや、人がいないエレベーターなどでは、こっそりキスをしたりしながら、東京観光を楽しんだ。そして、夕方になり予約して

no image
バスの添乗員さんとのエロ話

 僕が過ちを犯した話です。当時僕は大学生で21歳で二つ下の恭子という彼女がいました。僕は恭子のことが大好きで、学校を卒業して仕事に就いたら結婚も考えてました。夏休みを利用して旅行へ行こうということになり、海はよく一緒に行っていたので、今回は北陸へ観光へ行くことにしました。3泊4日の旅で、北陸は初めてだったので、添乗員さんが付いてくれるプランにしました。

no image
★抜き上手な妻に満足しています

 最近では妻が妊娠したのでベッドサイドに腰掛けて、背面座位で亀頭だけ妻の膣に沈める浅い性交に終始している。しかし妻はいつの間にか姉に膣の締め方を習っていて、ピストンは出来ないものの膣を締めたり緩めたりして射精を誘導してくれる。 それから姉仕込の上手なフェラで、毎晩大量に溜まる精液を処理してくれる。毎晩の性交は日課だ。しかし背面座位から陰茎を刺していると何も知らない処女高校生からバージンを強奪してい

no image
★美味しいスケート部の告白

 フィギュアスケートって、女性には人気なんだけど、男性には全く人気が無くて、これほどおいしいスポーツはありません。俺も今、大学生なんだけど、スケート部の中でフィギャア部門は女子部員17人いて、男は俺1人。モテナイ訳ないよ。特にペアは、女の全身触りまくり、抱きまくりで楽しいよ。 そんな俺の初体験聞いてよ。悲しくもあり、楽しくもあった高校時代です。 俺って自分でいうのも何だが、高校一年で身長が183センチ、

no image
★女子アナの喘ぎ声には興奮しました

 もう時効でしょうし、まぁいいかなと。もうちょっと前になるけどガンダムのイベントでアルバイトやったときの話。地元のテレビ局主催で会場貸切の大きなイベントで設営から参加、休憩中トイレに行きたくなって行くと掃除中、別のとこ行くと使用中。行くとこ行くとこダメでふと見ると立入禁止の看板がある階段。 その階段を上ってそこにあるにあるトイレへ、トイレを出ると遠くに人が。主催局の女子アナが一人で座ってた。その女

no image
★彼女が身に着けている物が気になる

 夏休みに、出身高校の部活の練習の応援に行った時のことだ。俺は高校時代に陸上をやっていて、そこそこの記録を出していたけど、スポーツ推薦ではなく、一般入試で都内の有名私大に入った一年生。部活の監督から、二年生の美夏が、俺の入学した大学から二年後にスポーツ推薦で来ないかと誘われているんだそうで、まだ迷っている段階なので相談に乗ってくれ、ということだった。 俺は、その日の練習が終わると、早速、美夏に声を

no image
こんな俺が後輩女の手コキから始まり・・

 僕は、去年の秋と冬に生徒会長を中学校で務めていました。その頃から、「あっ、N君!」と、特に後輩から言われるようになり、とうとうファンクラブまでできたらしいです。すきを見ては、一人で、もしくは集団で僕に接近してきます。ある日の事、部活帰りに一人で歩いていると、「ちょっといいですか?」一人の後輩がそう言って、僕を小さな公園に連れていきました。

no image
★温泉旅館の仲居さんにリードされて

 高校の夏休み、山の中の温泉旅館でバイトした時のことです。まだ自家発電を使っていて、10時に消灯したあとはランプだけというところでした。主人夫婦と子供、板前さん、ボイラー係りのおじさん夫婦、あとは仲居さんが5、6人という小さな旅館でした。夏はけっこうお客さんが多くバイトは男が私一人、女子高校生が4人来ていました。 私が泊まっていたのは板前さんの部屋でしたが、その板前さんが、ご主人のいる仲居さんの一人と

no image
★可愛い女子大生2人と連続でエロしました

 高校時代に某C掲示板で仲良くなった子がいた。仮名みぃとする。みぃは岡山住みで俺は神奈川住み。 メールもするようになって仲良くなるうちに彼女はプチメンヘラであった。少なからずみぃに好意があったので、メールで支えたりしていくうちに,メールで猥談(画像とかは無)などもするようになった。  大学に進学しみぃは東京の大学に進学した。当然の流れで落ち着いたら会いたいねという話になったが,お互い予定があわずみぃが

no image
★チョット変わった童貞喪失をしました

 都内に住む29歳のケンヤです。僕の初体験は21歳の夏と遅めなものでした。これはその時の話です。大学生だった当時、出会いもなく悶々とした生活の中で、とにかく早く童貞を捨てたいと言う気持ちばかりが先走っていました。この年で童貞なのは恥ずかしく、 どうせなら年上の人妻にでも相手をしてもらい童貞を捨てたい・・と考えるうちに夫婦交際という世界を知りました。当然、性欲の塊と化した私はこの世界に興味を持ち、そう