エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

★友人の嫁さんとのエロ体験の話

   

★友人の嫁さんとのエロ体験の話

 歳は38歳、デブくはなく括れのあるムチムチ系だ。顔は派手さはないどこにでもいる、おばさん顔。ものすごい古い家屋で、今にも朽ち果てそうな建物だ。中古で売りに出てたのを買い取って、リフォームもせずに住みだしたのが二年前。この家は、以前に住んでいた住人に俺は子供の頃に可愛がられていて、毎日のように行き来していたので間取りも理解してるし、侵入経路も熟知している。

 ムチムチの身体に、夏はノーブラで、ペチコートかトップレス。下はデニムミニが普段着だ。生脚に透けパイを見せられては黙っていられず、引っ越してきてから一ヶ月もたたないうちに侵入をしだしていた。下着や衣類の他、電マを発見。早速、盗聴開始。一ヶ月後までに、旦那さんとの交尾は一度きり。電マは使っていない。
 旦那さんと子供達を送りだした後、午前8時から11時までの間に4~5日/週でオナニーをしていた。電マ使用率は9割。午後は1~3日/週でオナニーをする。一度のオナニーは10~90分で、大きな波で果てるまで何度でも繰り返す。オナニー中は、悶え声喘ぎ声の他に『やらし~ やらし~』『気持ちいい~ 気持ちいい~』『チンポッ チンポッ ちんぽ欲しい~』『舐めてッ 舐めてッ ここ ここッ』『セックスしたい いれてッ』『SEX SEX SEX SEX SEX~』興奮が高まるにつれ、小声が大きくなってくる。

『キンタマ キンタマ~ キンタマ~ 』淫語を口にするにつれ、興奮度の高まりに加速がついて、『いくッ いクッ イク~ッ イグーッ』何故か必ず、いく~の前は、キンタマを連呼するのは不思議だった。下着や盗聴でおさまりつかなくなった俺は、風呂、便所と覗きを繰り返した。どちらも外にある。便所は和式で、この奥さんは必ず戸を全開で、小も大もする。真横から丸見えだ。


 中庭だけに、見られないと思っていたのか。白い尻から長い糞が時間をかけて降りて行くのも丸見えだ。録音、撮影も溜まって、奥さんのオナニーをじかに見たい衝動が押さえきれなくなって侵入した。生の淫語が聞こえて、初回は見る前に発射してしまった。二度、三度、挑戦したが覗きみることはできなかった。ある日、留守宅に侵入して下着にもうすぐで発射しそうになった時、玄関の鍵が開く音が聞こえて慌てて逃げたこともあった。

 奥さん達が、引っ越してきてから一年半。帰宅した俺は、早速奥さん宅の日課の盗聴をした。音声はなく、留守だと判断していつものように侵入しにいった。その場には、奥さんが横向きに倒れているように見えた。何があったのかわからないが、まるでレイプでもされたような異常時態に思えて駆け寄り声をかけ揺すってみた。息はしてる。

 大丈夫ですか?と声をかけても反応はない。スカートは、完全にめくれあがり尻もアソコも剥き出しだ。スエット前開きのファスナーは半分下がったまま、Tシャツは首までめくり上げられ、ノーブラのたわわな乳房は片方が丸出しになっていた。何度も揺するふりをして、乳房に触り尻にも触れた。下半身周辺は大量に濡れている。毛が濃くて具も尻穴も拝めない。


 指を近付け毛をかき分け始めた時に、いきなり奥さんが飛び起きた。焦った俺は、声をかけたのですが返事もないし、ようすをみたら倒れてたのでと取り繕いの発言。支離滅裂な俺の言葉に、俺自身焦りを隠せなかったが、それ以上に奥さんはパニクってて、シドロモドロなのがわかった。俺は次の言葉がみあたらず、大丈夫ですか?と繰り返していた。

 奥さんは、『あ、はい。 あ、はい。』とキョロキョロしてた。大丈夫なら帰りますねといい立ち去ろうとした時に、奥さんが『あ、あの。あたし大きな声出てました?』唐突な質問に俺は頭をフル回転させて言葉を探した。かなりな叫び声でしたよ、それで僕も様子をみに来たんですよ。と、嘘を並べたてた。奥さんは乳房も尻も露わにしたまま、半べそで謝りだした。普通のおばさん顔が、物凄く可愛らしくみえた。

 このことは、内緒にしてもらえますか?お願いします。と言われて、マジレイプ?とか、色々頭の中で考えてた。正気に戻ったのか、慌てて身なりを整えだした奥さんの足に引っかかったコードが、陰になってた所から電マが出てきて転がった振動でスイッチが入った。床をリズミカルに、けたたましく叩く電マの音。慌てて押さえつけてスイッチをきる奥さん。うつむいたまま何も声が出ない様子。

 俺はフル勃起したまま戻らない。誰かに襲われたんですか?と聞くと、首を横に振った。オナニーしてただけですか?と聞くと、少しの間を置いてから小さく頷いた。それじゃあ、この濡れてるのは汐吹きですか?奥さんは慌てて、床を拭きだしながら、お願い誰にも言わないでと返してきた。俺は、大丈夫ですよオナニーくらい誰でもしてることですよ。俺も毎日してますし。今もしたくて、こんなです。


 恥ずかしいことの共有しましょうと言って、フル勃起した竿を出して扱いてみせた。チラ見を何度かしてる奥さんに、俺も毎日こうしてるんです。その日が、奥さんとの初日でした。以来、三週間は平日毎日しました。いまでも週に2回はしています。奥さんのオナニーの数は半分になってるみたいです。

 - 人妻・不倫の体験談 , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★男からみれば人妻って魅力的

 僕の住んでる所は、1階がワンルームで2階が家族向けの3DKになっていて、そこに住んでいる人妻の裕美さんとの事。僕は大学生で1人暮らし、裕美さんは36歳で旦那さんと2人暮らしで子供はいない。旦那さんとも顔見知りでよく面倒をみてくれていて、部屋に食事に招かれる事もありました。 普段あまり女性と接する機会もなく裕美さんの存在は大きくて、オカズにしてしまう事もありました。ある日の事、僕は普段料理といえばイ

no image
★エレバーターに同乗したのが縁で人妻を

 約ひと月前、私が住んでるマンションでの出来事でした。私は、B1Fの駐車場フロアーからエレベーターに乗り、1Fのエントランスフロアーからかなりの大荷物を持った34歳美穂(仮名)が同乗して来た。沢山の荷物を抱えていたので「何階ですか?」と尋ねた所「あっ、すいません。28Fをお願いします。」とのこと。 28Fは私と同じフロアーなので「凄いお荷物ですね?すこしお手伝いしましょうか?」と声をかけたのですが美穂は「大丈

no image
★人妻とのデートの終着駅はやはりSEX

 暮れに家には忘年会で泊りと偽って、人妻亜美とデートと言うか二人きりの忘年会をしてきました。朝9時に待ち合わせして車で出掛けます。高速の車中では、私の肩に頭をのせながら股間に手をのばし、握ったり軽く叩いたり刺激をしながら《夜が待ち遠しいね》なんて言います。 自分こそ待ち遠しいくせに、そんなことを言うんです。危ないのですが、走行中にキスしたり、スレンダーながらDカップの胸をブラ越しに揉みしだくと、《は

no image
★妻から送られてくる浮気メールに発狂

 俺の嫁が、友達の幸恵と飲みに行くことになった。嫁が友達と飲みにいくなんて久しぶりなことなので快く送り出した。夜の10時くらいに一度電話があって、「これからカラオケにいってもいい」と言って来た。たまにだし、まあいいか、と思い「遅くなっても連絡くれたら迎えにいくよ」といってOKした。ちなみにカラオケは車で30分位いったところにある。  俺は、12時位には帰ってくるだろうと思っていた。だけど、12時になっても連

no image
★体を鍛える他のスポーツジムの楽しみ

 長く通ってるスポーツジムで、小柄で髪が長くスタイルはぽっちゃり系だけど可愛い~~30歳の中頃か??教えてもらえない!名前はひろこだけ教えくれた。ひろこからエアロビクスの休憩中にメールしますか?言ってきた。 メールくらいするよと言い、エアロビクス終わってロビーでアドレスを渡した。けど、ジムで合っても挨拶程度だけで、メールが来ない??10日ほどたって、ようやくメールが来た!!お食事の誘いだ~~

no image
★忘年会で人妻とヤリ納め

 この間会社の忘年会で帰りに悪酔いした人妻とやりました。ヤンママ風でおっかない雰囲気で酒癖が良くなくて、二次会後に帰ろうとしたら「お前帰るなら美香もタクシー拾ってやれ」と言われて、タクシー拾いに行く途中に帰りたくないと言われて歩いてたら「ここ行こう」と言われラブホに向かうから止めたら「なによおばさん扱い!?」と言われて黙って入り、部屋でいきなり股間触って来て服を脱ぎ下着を脱ぎ「舐めて」だって。 ム

no image
★同じマンションに住む女性との話

 俺は前の会社から独立した形で、基本的には自宅のマンションの一室を仕事場としている。自宅で仕事をしているので、管理組合とかにもマメに顔を出すようにしていた。独身で昼間も自宅にいるのを変に噂を立てられたりしたくないのが、目的の一つだった。 おかげで今では同じフロアの人たちだけでなく、それなりに挨拶を交わし、中には会話も出来るような人たちまでいる。当時はまだ新築のマンションだったので、管理組合が発足し

no image
★手軽にカーセックス出来る人妻

 彼女の名は友美恵、私とは彼女が結婚する前からの知り合い、ラブホテルとかへも幾度かいった仲で、私と寝ていた。偶然近くに住み連絡も取り合い、ラブホテルへ誘っても二つ返事でOKをして、不倫の関係になり約3年位になる。待ち合わせの場所は家から当然離れた場所、その日は私の車の後部座席を倒しカーセックスをできる様に準備をしていた。『待った?』『私も10分位前なの・・』彼女が後ろを見た『なあに、もしかして車の中?

no image
★何時でもOKの熟女な女将とのエロ

 昨日で二回目の交わりだった。前回も近所の小さな飲み屋(60過ぎの女将が一人でやってる)で一人で飲んでいた。常連客が3人程居たが、男二人は帰って行き、女性一人残った。パーマをあてた栗色の髪をした小太りの少し派手めの女だった。カウンター上のテレビから視線を下ろすと女と目があった。 ニコリと笑い「お兄さん一人なの?」「ええ、一人ですよ」「誰も居なくなっちゃったし、一緒に飲まない?」と言いながらカウンターの

no image
★隣の奥様は元CAでやはり美人です

 私の住むマンションに最近越してきた若いご夫婦、引越しの挨拶にやってきた際に初めてお会いしたその奥様は、それはもう綺麗で綺麗で驚きました。聞けば過去には某航空会社のCAだったとのことで、綺麗なのも納得です。清楚な佇まいと落ち着いた雰囲気で、男なら絶対放っておかないタイプ。この美人奥様を落とした旦那さんは尊敬しちゃいますね。 しかしこの時、私のセックスレーダーはしっかり反応し、どうにかしてやろうと思っ