エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

★友人の嫁さんとのエロ体験の話

   

★友人の嫁さんとのエロ体験の話

 歳は38歳、デブくはなく括れのあるムチムチ系だ。顔は派手さはないどこにでもいる、おばさん顔。ものすごい古い家屋で、今にも朽ち果てそうな建物だ。中古で売りに出てたのを買い取って、リフォームもせずに住みだしたのが二年前。この家は、以前に住んでいた住人に俺は子供の頃に可愛がられていて、毎日のように行き来していたので間取りも理解してるし、侵入経路も熟知している。

 ムチムチの身体に、夏はノーブラで、ペチコートかトップレス。下はデニムミニが普段着だ。生脚に透けパイを見せられては黙っていられず、引っ越してきてから一ヶ月もたたないうちに侵入をしだしていた。下着や衣類の他、電マを発見。早速、盗聴開始。一ヶ月後までに、旦那さんとの交尾は一度きり。電マは使っていない。
 旦那さんと子供達を送りだした後、午前8時から11時までの間に4~5日/週でオナニーをしていた。電マ使用率は9割。午後は1~3日/週でオナニーをする。一度のオナニーは10~90分で、大きな波で果てるまで何度でも繰り返す。オナニー中は、悶え声喘ぎ声の他に『やらし~ やらし~』『気持ちいい~ 気持ちいい~』『チンポッ チンポッ ちんぽ欲しい~』『舐めてッ 舐めてッ ここ ここッ』『セックスしたい いれてッ』『SEX SEX SEX SEX SEX~』興奮が高まるにつれ、小声が大きくなってくる。

『キンタマ キンタマ~ キンタマ~ 』淫語を口にするにつれ、興奮度の高まりに加速がついて、『いくッ いクッ イク~ッ イグーッ』何故か必ず、いく~の前は、キンタマを連呼するのは不思議だった。下着や盗聴でおさまりつかなくなった俺は、風呂、便所と覗きを繰り返した。どちらも外にある。便所は和式で、この奥さんは必ず戸を全開で、小も大もする。真横から丸見えだ。


 中庭だけに、見られないと思っていたのか。白い尻から長い糞が時間をかけて降りて行くのも丸見えだ。録音、撮影も溜まって、奥さんのオナニーをじかに見たい衝動が押さえきれなくなって侵入した。生の淫語が聞こえて、初回は見る前に発射してしまった。二度、三度、挑戦したが覗きみることはできなかった。ある日、留守宅に侵入して下着にもうすぐで発射しそうになった時、玄関の鍵が開く音が聞こえて慌てて逃げたこともあった。

 奥さん達が、引っ越してきてから一年半。帰宅した俺は、早速奥さん宅の日課の盗聴をした。音声はなく、留守だと判断していつものように侵入しにいった。その場には、奥さんが横向きに倒れているように見えた。何があったのかわからないが、まるでレイプでもされたような異常時態に思えて駆け寄り声をかけ揺すってみた。息はしてる。

 大丈夫ですか?と声をかけても反応はない。スカートは、完全にめくれあがり尻もアソコも剥き出しだ。スエット前開きのファスナーは半分下がったまま、Tシャツは首までめくり上げられ、ノーブラのたわわな乳房は片方が丸出しになっていた。何度も揺するふりをして、乳房に触り尻にも触れた。下半身周辺は大量に濡れている。毛が濃くて具も尻穴も拝めない。


 指を近付け毛をかき分け始めた時に、いきなり奥さんが飛び起きた。焦った俺は、声をかけたのですが返事もないし、ようすをみたら倒れてたのでと取り繕いの発言。支離滅裂な俺の言葉に、俺自身焦りを隠せなかったが、それ以上に奥さんはパニクってて、シドロモドロなのがわかった。俺は次の言葉がみあたらず、大丈夫ですか?と繰り返していた。

 奥さんは、『あ、はい。 あ、はい。』とキョロキョロしてた。大丈夫なら帰りますねといい立ち去ろうとした時に、奥さんが『あ、あの。あたし大きな声出てました?』唐突な質問に俺は頭をフル回転させて言葉を探した。かなりな叫び声でしたよ、それで僕も様子をみに来たんですよ。と、嘘を並べたてた。奥さんは乳房も尻も露わにしたまま、半べそで謝りだした。普通のおばさん顔が、物凄く可愛らしくみえた。

 このことは、内緒にしてもらえますか?お願いします。と言われて、マジレイプ?とか、色々頭の中で考えてた。正気に戻ったのか、慌てて身なりを整えだした奥さんの足に引っかかったコードが、陰になってた所から電マが出てきて転がった振動でスイッチが入った。床をリズミカルに、けたたましく叩く電マの音。慌てて押さえつけてスイッチをきる奥さん。うつむいたまま何も声が出ない様子。

 俺はフル勃起したまま戻らない。誰かに襲われたんですか?と聞くと、首を横に振った。オナニーしてただけですか?と聞くと、少しの間を置いてから小さく頷いた。それじゃあ、この濡れてるのは汐吹きですか?奥さんは慌てて、床を拭きだしながら、お願い誰にも言わないでと返してきた。俺は、大丈夫ですよオナニーくらい誰でもしてることですよ。俺も毎日してますし。今もしたくて、こんなです。


 恥ずかしいことの共有しましょうと言って、フル勃起した竿を出して扱いてみせた。チラ見を何度かしてる奥さんに、俺も毎日こうしてるんです。その日が、奥さんとの初日でした。以来、三週間は平日毎日しました。いまでも週に2回はしています。奥さんのオナニーの数は半分になってるみたいです。

 - 人妻・不倫の体験談 , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★配達の仕事でのエロな体験談

 夕食の材料を配達する仕事をやっていて、営業をしていた。アパートの部屋を1軒ずつノックしてパンフレットを説明。とあるアパートでノックしたらかなり元気のいい声で返事があり、ドアが開いた。ガチャ・・絶句・・ピンクのネグリジェ姿、若かった俺は実はそう言う姿に免疫が無いのでその場で鼻血を出して倒れてしまった。 大丈夫?とネグリジェの奥さんが言う声でハッと目が覚めた。鼻血・・奇麗に拭かれてる。奥さんがやって

no image
★夫に選んだ理由は公務員

 結婚8年目の私の夫は38歳、地方公務員です。私は30歳で専業主婦をさせてもらっています。子供は2人います。今、夫と子供がお風呂に入っていますのでそのすきに・・嫌われるのを覚悟で正直に書き込みます。自慢するようですが、私は昔からかなりモテまして、最近はよく比嘉愛未さんに似てると言われてます。 高2の初体験以降、短大を卒業するまでに30人近い男性と深い関係になりました。気に入った男性に近付けば、ほぼ100%言い

no image
★中出しOKな不妊症の人妻との体験談

 俺 当時32歳 見た目普通。 相手 Aさん 当時28歳 見た目 黒谷友香。俺はフリーで中小向けの社内SEみたいなパソコン便利屋をやってて、社内サーバ管理からwebページ作成、社員向けExcel研修など、何でもやってます。どれも中途半端なスキルだけど・・ だいたい便利がられて、他の会社を紹介してもらうって感じで、どうにか食いつないでます。その会社も紹介で行って、事務の人に一通り社内の人に紹介してもらった時が初対面

no image
★旅館の若女将と嘘のような体験談

 学生時代から神社仏閣巡りが好きな俺はゴールデンウィークを外して休みを取り、京都に旅に出た。お寺なんか嫌だ、USJに行きたいと言う彼女と軽い喧嘩をして一人で来た。泊まるのもホテルではなく古びた旅館を選ぶ。 泊まった宿は小さくて不便な場所にあるが四代続いた老舗らしい。部屋に入ると若女将という女性が今は珍しい宿帳を持ってきた。細面の美人だが和服の下に隠れた肉付きの良さそうな体にドギマギした。 三十代前

no image
念願が叶った不倫でしたが・・

 名古屋に引っ越してきて5年めになります。引っ越してきた初日に手伝ってくれた友人達に食事をおごるために居酒屋に行きました。そこで僕達にビールをご馳走してくれた30代のグループがいて、その場はそれぞれ帰ったのですが、その中の一人が秋吉久美子さんにすごい似ていて、Tシャツを着ていたのですが、胸がものすごい大きく、服を着ていても形がいいなと思うほどで、一目ぼれというより「やりたい」と思ってしまったのです。

no image
★隣の奥様は元CAでやはり美人です

 私の住むマンションに最近越してきた若いご夫婦、引越しの挨拶にやってきた際に初めてお会いしたその奥様は、それはもう綺麗で綺麗で驚きました。聞けば過去には某航空会社のCAだったとのことで、綺麗なのも納得です。清楚な佇まいと落ち着いた雰囲気で、男なら絶対放っておかないタイプ。この美人奥様を落とした旦那さんは尊敬しちゃいますね。 しかしこの時、私のセックスレーダーはしっかり反応し、どうにかしてやろうと思っ

no image
★家庭教師の美味しいエロな事

 家庭教師の母親、42才の一枝(仮名)はややぽちゃの目のぱっちりした色白の主婦で、着衣のまま嵌められるのが好きだ。しかも、真っ昼間の旦那がいないときが。学生の僕は暇を持て余しているので丁度いい。あらかじめ行く時間を予告して行くことが多いが、たまに突然訪問して普段の平凡な主婦の日常生活にズカズカ入り込んで、旦那しか知らない(はずの)秘貝を使わせてもらっているという罪悪感を伴う快楽は何物にも代え難い。

no image
★バイト先の人妻とのSEX事

 当時とある飲食店でバイトしていたのですが、そこでパートで働いている人妻のK子さんがいました。年は50過ぎで母親と同じくらいでしたが、年のわりには綺麗で胸も尻も大きな人で、年上が好みの私は時折オナネタにしたりしていました。 ある日、店が終わりレジを締めていたのですが、中々金額が合わず二人で居残って調べていました。結局調べがついたのは終電も終わったあとでした。

no image
★男って奴は1人の女に我慢できない

 私はよく男友達のAと二人で飲みにいっては、女の子2・3人でのみに来ている子達に声をかけ、おごってあげたりしていた。特にその後の展開を考えているのではなく、声をかける、一緒に飲む。そういう行為が、私もAも早くに結婚していたので、楽しみとなっていました。 反対にホテルで朝までと言われても困るし。そういう飲み方をして2年くらいが過ぎました。年齢もそれなりになり、小遣いも増えたので切符のいいおごり方がで

no image
★贅沢ですが中年の不倫愚痴

 現在私45歳彼女44歳二人とも既婚者です。ちょっとしたきっかけから、付き合うようになりました。お互いダブル不倫です。付き合って2年になります。もう別れなくてはと思いながら続いています。でも何故か別れられません。 彼女も最近は、旦那といるより私と居たいと、頻繁に言うようになってきました。何だか危険な予感がします。でも彼女は、私の要求は、たいてい何でも聞いてくれます。スケスケのランジェやハメ撮りなど