エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

★飲み会の後のゲームで興奮した体験談

   

★飲み会の後のゲームで興奮した体験談

 高校の時の友達と同窓会つーか飲み会やって、二次会で仲の良いグループ(♂5♀4)でカラオケ行って、流れで王様ゲームみたいな事をやってた。(先にお題を皆で決めて数字クジを引く。王様はいない。)酒入ってるから当然下ネタに走る。キスしたり(当然♂×♂や♀×♀の場合もあったが…)、上半身裸や、下着姿になったりして盛り上がり、結構ピークになってた時のお題が

『2番が5番のアソコを1分舐める』見事に5番を引き当てた俺。

 2番を引いたのは少しおとなしめの性格のM。目がクリクリしてて、ちょいしょこたん似の茶髪ショートカット。周りはワイワイ言って俺もテンション上がってたけど、Mは「え~っ!ムリ!ムリ!」と拒否。しかし酒の勢いと周囲の「ゲームだから! 皆で決めたお題だろ!」という後押しに負け、渋々と了承してくれた。
 皆の前でチンコを出すのは酔ってても結構恥ずかしかったけど、勢いで脱いだ。既にこの状況と、女友達の下着姿でギンギンになってた俺のイチモツを見たMは、顔を真っ赤にして涙目で笑ってた。周りからは、男友達の笑い声ときゃ~きゃ~いう女友達の声が響く。Mは俺の股関に顔を近づけると、「絶対1分だけだからね」と言ってチンコをそっと口に含んでくれた。

 Mの口の中は冷たくて、ネットリした唾液と舌の感触がたまらなく気持ち良かった。さっきまで騒いでた周りのやつらは馬鹿みたいに盛り上がり、男からは「いいなぁ!」「うらやまし過ぎ!」女友達からは「Mエロ過ぎ~w」「うまいね~!やり慣れてる?」といった声が飛んだ。Mは笑いながら、チンコを口に含んだまま舌を動かし舐め続けた。


 俺は理性がぶっ飛ぶんじゃないかというくらい興奮して、Mの頭を抑えつけてしまった。奥まで入り過ぎたのか、Mは「んっ!!」と声を出してチンコから口を離した。口から唾液が糸を引いて、それを拭いながらゲホゲホとむせるMの表情が凄くエロく感じた。気持ち良かったなぁ~とさっきまでの感覚に浸ってると、「あと20秒!」との声が。

 Mは「はいはい」と溜め息まじりに言い、諦めの表情で再びチンコを舐め始めてくれた。皆の20から1までのカウントダウンが始まりうざかったけど、とにかくMの口の中は気持ち良かった。1分たって、Mはパッと口を離して、俺も渋々とチンコをなおした。おしぼりで口を拭いてたMに友達が「普通にフェラしてたな、M。軽く舐めるだけかと思ってたのに」と言って、

 また顔を真っ赤にするMに、正直ちょっと惚れそうだったw その後、これ以上はマズイと感じたのか、女性陣によりゲームは強制終了された。男からは当然の大ブーイングだったけど、女が乗ってこないので諦めて普通にカラオケに。俺はさっきイケなかったからトイレでシコろうと思って、トイレに向かった。


 そしたら女友達のAとすれ違って、「さっき気持ち良かった?」と聞かれたから、「サイコーでした! ちょい便所で出してくるわw なんなら手伝ってや」って言ったら、袖を引っ張られて空室に連れてかれた。キスされて、ズボンからチンコ出され手コキされた。

 なんだこの展開はw と一人で自分にツッコミを入れてたら、「あたし今日かなり酔ってるわぁ~」と言いながらチンコをくわえだしたんで、「どうせならヤラセてよ」って言ったら「彼氏いるから、口だけ~」と言われた。口ならいいのか?と思いながらも舐めてもらった。ゲームのノリでやってたMとは違って、しっかりフェラしてくる。

 Aはよくいるギャルっぽい顔の女で、馬鹿っぽくてノリがいい。いつも大口開けて笑うタイプのやつが、眉毛をへの字にしてチンコしゃぶる姿を見てると、たまらずに口内に発射した。笑いながら精液を灰皿に垂れ流すA。やりたい衝動にかられたけど、廊下を歩く店員と目が合い不審がられたので部屋から出た。


 部屋に戻るとS(♂)とK(♀)が消えてて、MとR(♀)も帰ると言い出したので、その日は解散。Mとは少し気まずかったけど、まぁ酒の力は怖いねっつー話してバイバイした。人生で一番貴重な体験した日でした。

 - 知り合いとの体験談 , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★神秘的な女子トイレをがん見

 サークルの男女数人で友人の家で飲み会をやったとき、トイレ我慢ゲームをやってみる女の子はいないかって友人が言い出した。最後まで我慢できたら1万円だと聞き、一人の女子が参戦。最初に2リットルのお茶を飲み3時間我慢できたら勝ちで、ギブアップはなしで失禁するというルールで開始。 2時間ほど経過したところで「やっぱダメだ。無理。トイレ行かせて。」と言い出す彼女。「ギブアップはなしで失禁というルールだろ。」

no image
女って男のアレを咥える行為に抵抗は・・

 私には4歳年上の安奈と言う姉がいました。姉は真面目な性格で、長い黒髪が清楚で真面目な雰囲気を醸し出していました。私は姉よりも少し小柄で丸顔なので、姉とは間逆にショートヘアで可愛さを演出していました。姉が初めて恋人の勇次さんを連れてきたのは、私が短大1年の時でした。勇次さんは姉の3歳年上で、誠実で温厚な男性でした。いわゆるイケメンではないのですが、滲み出る優しさを感じる男性でした。

no image
SEX変態奴隷に伏している俺の告白

 僕と二年付き合ってる44歳の清子さんと日曜日は久しぶりに・・。彼女の好みは僕を奴隷にしてエッチなプレイを楽しむ事なのです。彼女はバツイチで二人の子供がいます。さすがに日曜日は子供さんはどこかへキャンプへ出かけていませんでしたが。僕が奴隷になるかどうかは前日の彼女からのメールで決まります。土曜日に携帯メールに「明日は私の奴隷になりなさい!」と連絡が入りましたので僕もそのつもりで清子の家に向かいました

no image
★友達の姉のフェラチオに感激した・・1/2

 友達の姉貴にしてもらったことある。まず、姉貴のスペック書く。姉貴は当時高3です。肌が綺麗な、まさにお姉さんキャラで、いつもコンタクトだけど、家ではメガネらしく、この時はメガネだった。飾りっ気無い人で、肩より若干長い位の黒髪。高1の夏休みだったんだけど、プール監視員バイトで一緒になって仲良くなった。  中学から一緒だった友達の姉貴なので、前から何度か会ったことはあったけど、ちゃんと話す様になったのは

no image
★ムカつく女友達だが抜くには我慢

 ある日女友達から電話で食事のお誘いがあり待ち合わせ場所に・・久しぶりに会ったので話も弾み腹一杯食べた。俺がムカつくのは、お金は男が払うのが当然と思ってる女、お前から誘っておいて食べたらスタスタ店を出ていく女。 ご馳走さまの一言も無く、これ私の分とお金を出す素振りも無く、お前はどういう育ちをしてきたんだ。俺はお金を出すのがおしい訳ではないが礼の一つも言えない女に、おごるほど人間出来てねえぜ。最悪な

no image
★お相撲さんとエロな関係

 私は、九州福岡市外の小さな町で夜の店をしています。お酒も出していますがお食事が中心で、パートの従業員で何とかやっています。何年か前に、店の近所に相撲部屋ができました。九州場所には必ずここで稽古をしてみんな頑張っています。でも現実は厳しくて、上のクラスにいけない人ばかりです。夜になるとみんなが来て食事をしにきてくれますので、九州場所のときは経済的にも大変助かっています。 お相撲さんは、思ったよりみ

no image
★姉妹の覗きをオカズにシコシコ

 何度も通って覗いていた同級生の家。必ず姉妹一緒に入っていたので外から聞き耳を立てれば簡単に判断出来た。すでに妹は全身をじっくり拝めれたが、本命の同級生の姉の全身(尻や背中は見た)はなかなか拝めず、せめて乳、乳首だけでも見たい一心で通った。  でも、見えない日は続いた。見えない焦りと欲望からカーテンを自転車から取ったスポークでカーテンを捲って見る決心をした。学校でいつも見掛ける同級生の生乳を見たい

no image
★白昼でしたが金網につかまり突かれて

 ある春の日のこと。彼と公園の中を歩いていました。その公園は小高い山にあって、人はほとんどいません。突然彼は私の手を引いて、道を外れて茂みの中に入りました。しばらく歩くと、テレビ塔がありました。金網に囲まれています。彼は私を金網にもたれさせて、キスをしてきました。 それだけで、ひざがガクガクとなって、立っていられません。アソコがぐっしょりとなっているのも感じます。服の中に手を入れて胸を掴んで、耳に

no image
★飲むと淫れる女とトイレで

 出張の連続で翌日からも出張だったのですが捺印をする書類があり、疲れた身体で11時過ぎに事務所に帰ると当然誰もおらず、デスクの上に置いていた書類に判子を押した時、事務所の扉が開きました。 入って来たのは営業デスクのN子です。「あれぇ~課長代理じゃないですか 最近見かけないんでてっきりリストラされたかと思ってまひたよ~」といいながら抱きついてきました、酒臭いのでどうしたのかと聞くと、学生時代の友達と会

no image
★飲食店の女店員をオトしました

 とある飲食店のSスリムでショートカットで声がイイ、年は39と言っている。仲良くなり、仕事終わりにお茶に行く事になりコーヒーを飲みながら世間話を小一時間、その日から毎日メールのやりとりして食事に行く事に行く日までの約1週間、メールでHな話も出始めて、これはイケるかと食事に行った日はいつもの制服ではなく雰囲気が全然違った。 食事も終わり店を出て車で話しててもムラムラ「これからどうする?時間は大丈夫な