エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

★転勤してきた部下を口説き抜きまくる・・1/2

   

★転勤してきた部下を口説き抜きまくる・・1/2

 私は46才管理職ではあるけれど部下を持たない「特命部長」で、ある意味フリーな立場で若い連中の悩みや不満を聞い、てガス抜きするようなこともやっている。カミサンとははっきり言ってもう2年もしてないセックスレス性欲旺盛なので、以前は彼女とかセフレみたいな女性もいたけど、最近はいないので月イチでラブホで人妻デリヘルを呼んで発散してる。

 1年前に私の部署に転勤してきた30才の黒岩由美は、165くらいの長身のグラマラス系。ボン、キュッ、ボンではないけど、私服の上からでもFカップ以上ありそうなのは判る。でも「人妻の色気ムンムン」ではなく、「健康的」なキャラで未婚と言われても十分信じられる。新婚1年半だが、ダンナの金遣いが荒いとか、しょっちゅう喧嘩して実家に帰ってるとか聞いてた。
 ある日、ちょっと落ち込んでる様子だったので「飲みにでも行くか?」と誘ってみた(この時点ではホントにお酒を飲みながら愚痴を聞くだけの目的だった)翌々日、オフィスから離れた渋谷でビールをグイグイ飲み干す由美は色気のない白いブラウスに紺のタイトスカートで、学校の先生か極く普通の「OLさん」にしか見えない。

 先輩の女子社員の愚痴や、ダンナのキャバクラ通いの話なんかを随分聞かされた後に聞いてみた。
「でも、そんなこと言ってもダンナさんとはうまくいってるんでしょ?」
「だからぁ、喧嘩ばっかりだって言ってるじゃないですかぁ」
「でも、そろそろ、お子さんだって欲しいんじゃないの?」
「欲しいですよ、私は。。でもダンナはぜ~んぜんその気ないんですぅ」

「え~?そんなことないでしょぉ。こんなキレイな奥さんなのにぃ?」
「またまたぁ。次長。そんなこと言ったって何にもでませんよー」
「俺だったら、放っておかないなぁ、勿体ない、あ、ゴメンねセクハラっぽいね」
「いえいえ、ぜんぜんそんなことないですよ~。私なんかほったらかしですよ、ホントに」
「ホント?」
「そーですよ。もう半年近くもエッチしてませんもん」

「ははは、ウチもそう、ウチもぜーんぜんないよ」
「・・・」由美の目がウルウル潤んできちゃった
「ゴメン、こんなオジサンと一緒にしちゃってそ、そうだね、店変えようか」
「はい」

 店を出て、どこの店に行くか考えながら由美の右側を歩いて、角を2,3回曲がると意図せずラブホテルの並ぶ通りに入ってきてしまった。そのとき、向こうから大きな外車が結構なスピードで走ってきたので、由美をかばうように「危ないよ」って言いながら道路の左手の空きスペースに向かって避けようとしたら、そこはラブホの入口だった。


 2人も無言のままだったけど、何も考えてなかった私はそのまま由美の背中を押して、入口の自動ドアの方に進んでいったが、由美も拒絶する素振りもなく足を進めた。一瞬だけ「あ、彼女したらW不倫だ」という思いが頭をよぎった。ドアを入ってパネルのボタンを押して、そのままエレベーターに乗り込むまで2人とも無言だった。

 エレベーターが最上階に上がってドアが開くと、目の前の部屋の上のランプが点滅していた。ドアを開けて由美から先に入った。入ったら私も覚悟が決まったので、後ろから抱きしめた。驚いた由美が振り向いたので、何も言わせず飢えた高校生みたいに唇にむしゃぶりついた。次第に体の向きを変えて私の方を向いた由美の腕が私の背中に回り、ガッチリと抱きしめ合った。

「いいね」
「はい」
「じゃ。おもいっきり楽しもう」

 返事の代わりに、由美が私の唇にむしゃぶりついて来たので、私は左手で背中を抱きながら右手でスーツの上から豊かそうな胸を揉み始めた。やはり大きい。そして柔らかい。ブラウスとブラを通しても判るくらい固くなってきた乳首は、相当な大きさと固さがあるのがよくわかる。親指と人差し指でその乳首を優しくつまみはじめると、キスをしてる唇から「あぁっ」と声が漏れはじめた。

 左手で彼女の手首から先をつかみ、私の股間に導く。さすが人妻。スーツの上から私の亀頭を探し出し、指先でなぞりはじめた。
「あぁ、エッチだね。黒岩さんの指」
「次長の指もあぁ、だめ」
「だめって何が?」
「気持ちよくなってきちゃった」
「いいよ、ガマンしなくって」
「だってぇ」
「お互い本気にならなきゃいいんだよ。したいことしてストレス発散するだけだよ」

 由美は無言でうなづくと、股間をサオごと握りしめてきた。着たまま後ろからブチ込むのが大好きな俺は、由美をクルリと回転させて壁のほうを向かせた背中から抱きしめながら、左手は左の乳首を人差し指と中指ではさんで乳房全体を握り、右手で膝丈のタイトなスカートをずり上げて、手のひら全体で股間を覆うようにもっていった。

 そこはもう凄い熱を帯びていた。そして何かを期待していたかのようなツルツルした。シルクのパンティーの感触の中央部が濡れているのが判った。俺もガマンができなくなり、焦らすのもそこそこに、そのパンティーを横にずらしただけで人差し指と中指を内部に差し入れると、もうそこはニュルニュルグチャグチャになっていた。

「すごいね」「いや」向い側の壁に両手をつきながら、由美はじれったそうに腰をくねらせた。完全に理性が吹き飛んだ俺は左手で自分のベルトを外し、スラックスとトランクスを床に落として、もう完全になったそれを、ずらしたパンティの脇からそのグチャグチャの中に一気に押し込んだ。


「あ、あああぁぁ」由美は廊下まで聞こえるような声を上げた。中身はキュウキュウ締めこむほど狭くはないけどガバガバではなく、とっても柔らかい俺は後ろから由美の両方の乳首を指で挟み込みながら、乳房をゆっくり握り締めて揉みはじめた。1分もしないうちに由美の尻は前後左右に小さく動きはじめた。

「自分の気持ちいいように動いていいよ」耳元でささやくと、返事がない代わりに動きが大きくなった。ときどき、上の奥のほうで当たるところがでてきた、そこに当たると声を漏らす。

「あ、あ、あ、だめです」
「何が」
「い、い、いっちゃいそ」
「いいよ、いけいけいけ」
「あ、あ、あ、いきますぅぅ」

 中がギュッというほどではないがふんわり柔らかく絞まってきたかと思ったら、由美の腰がガクガクブルブル震えだして、前の壁にすがりつくように倒れていった。真っ白なブラウスの背中に汗がにじんでいた。まだ放出してない俺のモノを抜きながら由美を支え、すぐそこのベッドの上に横たえた。

続く

 - 人妻・不倫の体験談 , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★介護が縁で中年の女性と不倫中です

 私51歳、彼女38歳という年の差不倫で5年ほど続いてます。私が事故で両手と左足を骨折して、リハビリを兼ねて入院した時に介助士として働いていて、私の担当になったんです。私は両手が使えないため何もかもしてくれたんです。もちろん風呂に入る事も出来ないため、身体を拭いて貰ったりトイレでは大便をした後の処理や、小便の時はチンチンを持ってしやすいようにしてくれてました! ある日「相談があります!」と言われ車いす

no image
★チャンスがあって姉妹丼を

 美人人妻達(姉妹)と不倫しています。姉(現40歳)とは5年程前からツーショットで出会い交際していた。ある日待ち合わせ場所へ妹(現38歳)を連れて来た。最初は以前にも経験している3Pのためにまたママさん友達を連れて来たのかと思っていましたが、姉の様子が神妙なので聞いてみると、 先日のデートの時街中で僕と歩いているのを妹に見られ、不倫関係を白状すると妹が紹介しろと言うので連れて来たそうだ。僕も姉も妹

no image
★家庭教師の美味しいエロな事

 家庭教師の母親、42才の一枝(仮名)はややぽちゃの目のぱっちりした色白の主婦で、着衣のまま嵌められるのが好きだ。しかも、真っ昼間の旦那がいないときが。学生の僕は暇を持て余しているので丁度いい。あらかじめ行く時間を予告して行くことが多いが、たまに突然訪問して普段の平凡な主婦の日常生活にズカズカ入り込んで、旦那しか知らない(はずの)秘貝を使わせてもらっているという罪悪感を伴う快楽は何物にも代え難い。

no image
★世間は狭いですね・・まさか友達の母親とは

 出会い系サイトで同級生の母親とやってしまいました。自分は熟女好きですが、熟女と出会う機会がないので出会い系サイトを利用してます。実際に何人かと会ったり付き合った熟女もいましたが、お世辞にも美人とは言えず自分が求めている熟女とは違うので、いつも長続きせず終わっていました。 なかなか理想の方と会えないのでしばらく出会い系は遠ざかってたのですが、去年の11月頃に暇つぶしでサイトを覗いていたら、気になる女

no image
★妻以外とのセックスに恵まれました

 自動車販売会社勤務の48才の男です。妻は私より二つ年上の50才、長男は今年成人式した20才学生と、長女は今年高校受験の15才です。一昨年四月、私が勤務する販売店に他店から転属になった女性社員がきました。現在38才の女性で、亜希子といいます。離婚して引っ越ししたため、なるべく近い販売店勤務を要請して、転属になったそうで、女手で10才になる息子さんを育てていました。 私の性生活はというと、やはり妻が年上というこ

no image
★何処に当たっているのか??

 3つ年下の人妻は、スレンダーでAカップ微乳、脚も細く顔は小泉今日子似。週に2回中だししてます。生理不順のために出会う前からピルを服用していたようで、毎回躊躇わず中に出してます。 感度は抜群で、上着を脱がしタンクトップの肩からブラを巧みに抜き取り、タンクトップ越しに乳首をいじめると、身体を小刻みに震わせながら、アックッウッハァハァと可愛い声で喘ぎます。後ろから両乳首を責め立てると、ダメ~と叫びなが

no image
★旅館の若女将と嘘のような体験談

 学生時代から神社仏閣巡りが好きな俺はゴールデンウィークを外して休みを取り、京都に旅に出た。お寺なんか嫌だ、USJに行きたいと言う彼女と軽い喧嘩をして一人で来た。泊まるのもホテルではなく古びた旅館を選ぶ。 泊まった宿は小さくて不便な場所にあるが四代続いた老舗らしい。部屋に入ると若女将という女性が今は珍しい宿帳を持ってきた。細面の美人だが和服の下に隠れた肉付きの良さそうな体にドギマギした。 三十代前

no image
★男って奴は1人の女に我慢できない

 私はよく男友達のAと二人で飲みにいっては、女の子2・3人でのみに来ている子達に声をかけ、おごってあげたりしていた。特にその後の展開を考えているのではなく、声をかける、一緒に飲む。そういう行為が、私もAも早くに結婚していたので、楽しみとなっていました。 反対にホテルで朝までと言われても困るし。そういう飲み方をして2年くらいが過ぎました。年齢もそれなりになり、小遣いも増えたので切符のいいおごり方がで

no image
★転勤してきた部下を口説き抜きまくる・・2/2

 次は正常位?よつんばい?あ、風呂が先?風呂でする?コンドーム?何個あるのかな?あ、でもまた着たまま対面座位でも責めたいな? 今夜どうする?終電間に合う?いろんなことが1分間くらいの間に頭の中を駆け巡った。ベッドの上で横向きにぐったりしてる由美の隣に向かい合うように寄る。疲れて眠るように目を閉じている顔に近づき、KISSをすると応える「すごいね」「なにが?」「感じると」「うん、だってすごかったんだもん

no image
★男からみれば人妻って魅力的

 僕の住んでる所は、1階がワンルームで2階が家族向けの3DKになっていて、そこに住んでいる人妻の裕美さんとの事。僕は大学生で1人暮らし、裕美さんは36歳で旦那さんと2人暮らしで子供はいない。旦那さんとも顔見知りでよく面倒をみてくれていて、部屋に食事に招かれる事もありました。 普段あまり女性と接する機会もなく裕美さんの存在は大きくて、オカズにしてしまう事もありました。ある日の事、僕は普段料理といえばイ