エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

★転勤してきた部下を口説き抜きまくる・・1/2

   

★転勤してきた部下を口説き抜きまくる・・1/2

 私は46才管理職ではあるけれど部下を持たない「特命部長」で、ある意味フリーな立場で若い連中の悩みや不満を聞い、てガス抜きするようなこともやっている。カミサンとははっきり言ってもう2年もしてないセックスレス性欲旺盛なので、以前は彼女とかセフレみたいな女性もいたけど、最近はいないので月イチでラブホで人妻デリヘルを呼んで発散してる。

 1年前に私の部署に転勤してきた30才の黒岩由美は、165くらいの長身のグラマラス系。ボン、キュッ、ボンではないけど、私服の上からでもFカップ以上ありそうなのは判る。でも「人妻の色気ムンムン」ではなく、「健康的」なキャラで未婚と言われても十分信じられる。新婚1年半だが、ダンナの金遣いが荒いとか、しょっちゅう喧嘩して実家に帰ってるとか聞いてた。
 ある日、ちょっと落ち込んでる様子だったので「飲みにでも行くか?」と誘ってみた(この時点ではホントにお酒を飲みながら愚痴を聞くだけの目的だった)翌々日、オフィスから離れた渋谷でビールをグイグイ飲み干す由美は色気のない白いブラウスに紺のタイトスカートで、学校の先生か極く普通の「OLさん」にしか見えない。

 先輩の女子社員の愚痴や、ダンナのキャバクラ通いの話なんかを随分聞かされた後に聞いてみた。
「でも、そんなこと言ってもダンナさんとはうまくいってるんでしょ?」
「だからぁ、喧嘩ばっかりだって言ってるじゃないですかぁ」
「でも、そろそろ、お子さんだって欲しいんじゃないの?」
「欲しいですよ、私は。。でもダンナはぜ~んぜんその気ないんですぅ」

「え~?そんなことないでしょぉ。こんなキレイな奥さんなのにぃ?」
「またまたぁ。次長。そんなこと言ったって何にもでませんよー」
「俺だったら、放っておかないなぁ、勿体ない、あ、ゴメンねセクハラっぽいね」
「いえいえ、ぜんぜんそんなことないですよ~。私なんかほったらかしですよ、ホントに」
「ホント?」
「そーですよ。もう半年近くもエッチしてませんもん」

「ははは、ウチもそう、ウチもぜーんぜんないよ」
「・・・」由美の目がウルウル潤んできちゃった
「ゴメン、こんなオジサンと一緒にしちゃってそ、そうだね、店変えようか」
「はい」

 店を出て、どこの店に行くか考えながら由美の右側を歩いて、角を2,3回曲がると意図せずラブホテルの並ぶ通りに入ってきてしまった。そのとき、向こうから大きな外車が結構なスピードで走ってきたので、由美をかばうように「危ないよ」って言いながら道路の左手の空きスペースに向かって避けようとしたら、そこはラブホの入口だった。


 2人も無言のままだったけど、何も考えてなかった私はそのまま由美の背中を押して、入口の自動ドアの方に進んでいったが、由美も拒絶する素振りもなく足を進めた。一瞬だけ「あ、彼女したらW不倫だ」という思いが頭をよぎった。ドアを入ってパネルのボタンを押して、そのままエレベーターに乗り込むまで2人とも無言だった。

 エレベーターが最上階に上がってドアが開くと、目の前の部屋の上のランプが点滅していた。ドアを開けて由美から先に入った。入ったら私も覚悟が決まったので、後ろから抱きしめた。驚いた由美が振り向いたので、何も言わせず飢えた高校生みたいに唇にむしゃぶりついた。次第に体の向きを変えて私の方を向いた由美の腕が私の背中に回り、ガッチリと抱きしめ合った。

「いいね」
「はい」
「じゃ。おもいっきり楽しもう」

 返事の代わりに、由美が私の唇にむしゃぶりついて来たので、私は左手で背中を抱きながら右手でスーツの上から豊かそうな胸を揉み始めた。やはり大きい。そして柔らかい。ブラウスとブラを通しても判るくらい固くなってきた乳首は、相当な大きさと固さがあるのがよくわかる。親指と人差し指でその乳首を優しくつまみはじめると、キスをしてる唇から「あぁっ」と声が漏れはじめた。

 左手で彼女の手首から先をつかみ、私の股間に導く。さすが人妻。スーツの上から私の亀頭を探し出し、指先でなぞりはじめた。
「あぁ、エッチだね。黒岩さんの指」
「次長の指もあぁ、だめ」
「だめって何が?」
「気持ちよくなってきちゃった」
「いいよ、ガマンしなくって」
「だってぇ」
「お互い本気にならなきゃいいんだよ。したいことしてストレス発散するだけだよ」

 由美は無言でうなづくと、股間をサオごと握りしめてきた。着たまま後ろからブチ込むのが大好きな俺は、由美をクルリと回転させて壁のほうを向かせた背中から抱きしめながら、左手は左の乳首を人差し指と中指ではさんで乳房全体を握り、右手で膝丈のタイトなスカートをずり上げて、手のひら全体で股間を覆うようにもっていった。

 そこはもう凄い熱を帯びていた。そして何かを期待していたかのようなツルツルした。シルクのパンティーの感触の中央部が濡れているのが判った。俺もガマンができなくなり、焦らすのもそこそこに、そのパンティーを横にずらしただけで人差し指と中指を内部に差し入れると、もうそこはニュルニュルグチャグチャになっていた。

「すごいね」「いや」向い側の壁に両手をつきながら、由美はじれったそうに腰をくねらせた。完全に理性が吹き飛んだ俺は左手で自分のベルトを外し、スラックスとトランクスを床に落として、もう完全になったそれを、ずらしたパンティの脇からそのグチャグチャの中に一気に押し込んだ。


「あ、あああぁぁ」由美は廊下まで聞こえるような声を上げた。中身はキュウキュウ締めこむほど狭くはないけどガバガバではなく、とっても柔らかい俺は後ろから由美の両方の乳首を指で挟み込みながら、乳房をゆっくり握り締めて揉みはじめた。1分もしないうちに由美の尻は前後左右に小さく動きはじめた。

「自分の気持ちいいように動いていいよ」耳元でささやくと、返事がない代わりに動きが大きくなった。ときどき、上の奥のほうで当たるところがでてきた、そこに当たると声を漏らす。

「あ、あ、あ、だめです」
「何が」
「い、い、いっちゃいそ」
「いいよ、いけいけいけ」
「あ、あ、あ、いきますぅぅ」

 中がギュッというほどではないがふんわり柔らかく絞まってきたかと思ったら、由美の腰がガクガクブルブル震えだして、前の壁にすがりつくように倒れていった。真っ白なブラウスの背中に汗がにじんでいた。まだ放出してない俺のモノを抜きながら由美を支え、すぐそこのベッドの上に横たえた。

続く

 - 人妻・不倫の体験談 , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★SEXで子宮に当たる感覚を感じたが・・

 旦那より俺とのセックスがずっといいと話してた晴美~ 確かに俺に夢中になってた。そのうち旦那との夫婦生活がなくなっていたようだ…旦那は初めての男ではない。俺が5人目で旦那はその前だ。旦那とは結婚してから彼女の言うペースでいくと、800回ものセックスをしている。 ちなみに晴美と初めて関係した時、彼女は結婚5年目の29才だった。それから俺と13年ほどの付き合いの中で、彼女を抱いたのは多分、7回くらいだろう…遠距離

no image
★美人の身体には興奮します

 これは四年前の話・・会社の事務に33才の綺麗な顔をしたMという女性が居ます。こんな綺麗な人が世の中に居るのかと思うぐらい、顔も身体も完璧で社内ではアイドル的存在です。ただ、残念な事に既婚者です。 そんなMと私はお互いの子供を連れて出掛ける間柄だが、Mの旦那も私の嫁も仕事が忙しいので、遊ぶ時は子沢山の夫婦にしか見えず、それがまた楽しくてしかたないのですが・・

no image
★夫に選んだ理由は公務員

 結婚8年目の私の夫は38歳、地方公務員です。私は30歳で専業主婦をさせてもらっています。子供は2人います。今、夫と子供がお風呂に入っていますのでそのすきに・・嫌われるのを覚悟で正直に書き込みます。自慢するようですが、私は昔からかなりモテまして、最近はよく比嘉愛未さんに似てると言われてます。 高2の初体験以降、短大を卒業するまでに30人近い男性と深い関係になりました。気に入った男性に近付けば、ほぼ100%言い

no image
★いい体の人妻とのSEXは燃えに燃えました

 初回の合コンより、私達は月に1度ほど飲み会を開いており、2月ほどたったある日、合コンに参加したKからペアさんの32歳の真澄さんとついに関係を持ったと告白された。私は恵子さんと関係を持っていることは誰にも告白していなかった。真澄さんは童顔でスリムな体にバストが目立つ女性で、結婚7年目であるがまだ子供はいなかった。私は初回の合コンの時に1番気に入っていた女性である。 私達男性4人はKにその時の話を聞いていた

no image
★熟女の抱擁エッチもいいもんだ

 自分は27ですが、1年前に仕事(電気工事)で訪問した一人暮らしの55歳の熟女と今関係しています。旦那(婿養子)とは離婚し、息子は仕事の都合で他県に住んでいるそうです!ちなみにその熟との関係の始まりは、初訪問時仕事が片付いてから、お茶を頂いてるとき、 部屋にピンクのパンティー、ブラが干して有り、自分がその下着を見ていると熟は「あらこんなオバサンの下着みても嬉しくないでしょ?」なんて言うので、自分は「

no image
★子作りってアレするんですよね

 ある奥様です。「私と子作りしてくれるかしら?」「え?!子作りって、あの~」「本気なのよ、あなたならいいわ」営業担当で外に出るのも多く、よく立ち寄ってお昼の弁当を買い、そこでレジをしていや奥さんと顔見知りになってました。 駐車場で弁当を食べたりしていた、そんなある日のこといつもように店に入った。「お昼のお弁当ですか、よろしければ、私の家が近くで一時までですから、待っていてもらえるなら家で一緒にいか

no image
★子供がいない人妻の熟れた体

 私の勤めている会社に、パートの事務員としてやって来たのが優子さんでした。明るい性格ですぐに会社の雰囲気にも溶け込み、机を並べて仕事をする私とも気が合い、プライベートな話題も会話するのに時間はかかりませんでした。 話をしていて驚いたことに、優子さんは私の3歳上の姉と中学の時の同級生だと判り、一層親しくなっていきました。優子さんは28歳で結婚して4年経つそうでしたが、子供はいないとのことでした。ある日

no image
★アレの最中にダンナがご帰宅

 私は39歳会社員のバツ1。現在MIXIで知り合った人妻と不倫をしている。彼女は33歳、28歳の旦那との関係について、いつも不満をもらしていた。出会いのきっかけも彼女の愚痴を聞いてあげることからはじまり『旦那が浮気をしているならお返ししちゃえば!』と私が誘惑したのだった。 3回目のデートで彼女の家にいった。オートロックのマンションで駅前の築あさなので賃貸なら結構な家賃だろうなと思った。ほんとにとても片付いた

no image
★贅沢ですが中年の不倫愚痴

 現在私45歳彼女44歳二人とも既婚者です。ちょっとしたきっかけから、付き合うようになりました。お互いダブル不倫です。付き合って2年になります。もう別れなくてはと思いながら続いています。でも何故か別れられません。 彼女も最近は、旦那といるより私と居たいと、頻繁に言うようになってきました。何だか危険な予感がします。でも彼女は、私の要求は、たいてい何でも聞いてくれます。スケスケのランジェやハメ撮りなど

no image
★熟女が許してくれる行為が嬉しい

 東京近郊のショッピングモールでのことです。よく映画見にいくのですがファーストフードの外の席でいつも昼食をとっています。くるたびにぽっちゃり40代ぐらいの女性がコーヒーだけで同じ席にいるんです。 3回目の時に思い切って声をかけてみました「いつもいますね。待ち合わせですか?」すると「お金なくて遊んでくれない?いくらでもいいよ」私は冗談っぽく「お金ないしなー2千円しかもってないし・・」おどろいたことに