エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

★転勤してきた部下を口説き抜きまくる・・2/2

   

★転勤してきた部下を口説き抜きまくる・・2/2

 次は正常位?よつんばい?あ、風呂が先?風呂でする?コンドーム?何個あるのかな?あ、でもまた着たまま対面座位でも責めたいな? 今夜どうする?終電間に合う?いろんなことが1分間くらいの間に頭の中を駆け巡った。ベッドの上で横向きにぐったりしてる由美の隣に向かい合うように寄る。

疲れて眠るように目を閉じている顔に近づき、KISSをすると応える
「すごいね」
「なにが?」
「感じると」
「うん、だってすごかったんだもん」
「なにが?」
「こんな、着たままするなんて、はじめて」
「だってぐちょぐちょにしてたから」
 照れ隠しのように唇にむしゃぶりついてくる。
「さ、乗ってみて」仰向けになって誘う
「え?、もうできるの?
「さわってごらん」由美の手を取って握らせる
「ほんとぉ~。。すっごーい。
 ウチの旦那なんか1回出したら終わりだもん」
「はやくおいで」

 返事の代わりに俺の腰を跨いで乗ってくる。
「ね、脱いでもいい?」
「だめ。そのままがいいよ。。」
うなづいて自分の股間に右手を持っていき、俺の物を探り当てると
先端を照準にあわせて腰をゆっくり沈めてきた
「あ、あっ、はいっちゃうぅ」
「そりゃそうだ、入るよチンポがおまんこに」
「やっだー、エッチ。あぁ、奥まではいっちゃう」
どうやら一番奥まで達したようだ、先が何かに当たる。

 由美は動かずに下唇を噛みしめてる。
「ほらほら、好きに動いていいんだよ」
俺が下から軽く突き上げるような動きをすると突然大声を上げる
「あ、あぁだめぇ、すぐいっちゃいそうなんですぅ」
泣きそうな顔で訴える
「よぉし、じゃあ、こうしよう」
俺は上半身を起こして大好きな対面座位の体制を取る。

 その間も由美は声をあげる「あぁ、すごいぃ、あたってるぅう」スカートを腰まで手繰り上げて繋がってるところが見えるようにして由美の耳元にささやく「ほら、見てごらん」視線が向いたときを狙って腰を振って動いてみる。

「ほら、由美ちゃんのオマンコに入ってるよ」
「あ、あぁ、こんなにおっきいのが」
「ほら、うごいてごらん」ゆっくり由美の腰が上下する。

 俺もイキそうになったので、気を紛らわすようにむさぼりあうようなエロいKISSで唇の周りが唾液まみれになる。わざとジュルジュル音を立てて吸い合う。今度はブラウスの上から揉みつづけてた乳首にブラウスごと含む、軽く歯を当てるとブラウスとブラ越しでも乳首がカチカチ・・

「あぁ、だめなの、それ、それだけで」しばらく続けると由美の腰の動きは止まり、中が少し締まってきた。「ね、俺のも」実は俺も乳首を刺激されるとさらにビンビンになる。由美は細い指でアンダーシャツ越しに俺の乳首を探り当て、指でゆっくりとつまみはじめた。

「あぁ、情けない声が出ちゃいそうだよ」
「いいよ、私がいじって、いっぱい感じて」
「おぉっ、すごいよ、由美ちゃん上手」
その間、俺もブラウスの上からちょっと強めに乳首をつねる。

「あ、あぁっ」
「痛かった?」
「ううん。。そのくらいしてほしいの」
「どう、俺の固くなったでしょ」
「ホント。。乳首いじったらまたカチカチ。すごいね」
「ほらほら」突然腰を振り上げる
「あっ、あっ、きそう」
「じゃ、俺の乳首吸ってみな、奥さん」

 無言で俺のアンダーシャツをまくりあげて吸い付く。軽く歯を当てながら、よく判ってる。
「あぁあぁ、俺も出そうだよ、由美」
「うん、私も」
「じゃ、そこ舐めながら腰振ってみな。。奥さんエッチだね」
「あぁ、そんなこと言わないでぇ。もういっちゃいそ」乳首に吸い付いてる人妻はブラウスを着たままで腰を振る。

「おぉぉ、出すぞーー」俺が下から動きを速める。。
「あ、あ、きて、きて、きて、わたしもいくぅううう」
「奥さん、いくぞいくぞ、オマンコにだすぞ」
「だして、だして、いっぱいだしてぇ」
「あ、あ、あ、あ、らめぇ・・」

 立ちバックの時とはまた違う締め方できゅうきゅう締まってきたとこで、おれの膨らみも最大限になる。ドクドクドクドク・・こんなに長時間出し続けたことがないくらい出し続けると、由美は腰を上下に動かしながら俺の首に抱きついてKISSしてきた。なんか粘度の高いヌルヌルの唾液が行き来してエロい。

 俺の発射が終わると、由美はクリをぐりぐり押し付けてきた。「ね、シャワーしません?」そう、まだ俺たちは裸になってなかった。「そうですね、奥さん、お風呂でもう1発しましょうか・・」「やだー、『奥さん』ってやめてくださぃい・・」「いや、『奥さん』だからエロいんじゃん・・」由美の方が先に立ち上がってゆっくりバスルームに歩きはじめた。


 あれ?2発とも中に出しちゃったよね?俺。そう考えたら意外にもまたムクムクと勃ちはじめた。俺も全部脱いでゆっくり後を追ってバスルームに入ると、由美は股間を覗き込みながらシャワーで俺が出したザーメンを掻きだして、洗い流してるところだった。背中のほうからゆっくりしずかに近づいてふわっと抱きしめる。

「いゃぁ、びっくりしたぁ」
「どお?全部出てきた?」
「はい、たぶんだいじょぶだとおもいます」
抱きしめた手を股間にある由美の手に重ねる
「今日は大丈夫な日?」
「実はピル飲んでるんです」

「そう。じゃよかった。。安心した」
「でもね・・結婚してからダンナ以外としたのはじめてなんで」
「興奮した?」
「う~ん、興奮したっていうか」
「興奮したっていうか?」
「こんなに凄かったの初めてかも」
「そう?」

 喜びを隠しながら股間に当てた手をゆっくりと動かしはじめる
「いやん、またぁ?」
少しずつ固くなってきたモノを由美の尻の谷間にあてて動かす
「だってまた俺だって」
「ホントだっ、すごいね、だって2回も」
「奥さんがエロすぎるからですよ」
「いやん、またぁ」
「舐めてもいいかな」しゃがみこんで、お尻に頬ずりをする。

「やわらかいね」
「おっきすぎて恥ずかしい」
「そんなことないよ」お尻から手を差し込んでオマンコを探る
「あ、もうまた濡れてるよ」
「いやん」油断させておいて尻たぶを掻き分けてアナルを舐める。
「あぁ、なに、それぇえ」

 粘膜は柔らかくって広めで、すぐに入れられそうな予感
「ここ、されたことないの?」
「ない、ないです。。いやぁ」
「試してみようよ、ちょっとだけ、オマンコより感じる子もいるよ」
「えぇ、だってしたことないもん」

 指先でほぐすような愛撫を続けると少しずつ力が抜けてきた感じがする「優しくするから、無理にはしないから」「えぇ、ほんとにぃ」もうすでにシャワーのノズルはフックにかけられ、両手を壁についてる。素早くボトルを2,3回押して、ボディシャンプーを右手にたっぷりとって、つぼみに刷り込むように塗り付ける。

「あぁっ、、つめたい」ゆっくりと中指を回転させながら2センチくらいまで入れてみる。
「あぁっ、なんか変、あ、あ、あ、でちゃいそ」
「大丈夫。何も出ないから。。痛くない?」
「い、いたくはないけどへんな感じ」ゆっくり出し入れを続けながら左手の人差指と中指をマンコに挿入
「あっ、ああああ」腰をクネクネ動かした。

 両手を同時に出し入れしはじめる
「あ、あ、あ、す・ご・いぃ」
「どう?こっちもいいだろ、腰振っていってごらん」
ゆっくりと規則的に前後に腰が動きだす
「あ、あ、すごい、すぐいっちゃうかも、あ、あ、あ、だめかも。。」
俺もすっごく興奮してきて指の動きを大きく速くしはじめた
「いいよ、いって、いけいけいけ」
「あ、あ、あ、あ、いくいくいくいくいく」

 由美は膝をガクガクさせながら尿か潮かわからないモノを垂らしながらイってしまったようだ。俺が両方の指を抜くと腰が砕けたように湯舟の淵に座りこんだ

「どお?大丈夫?」
「・・・」
「声出ない?」
「すごかったぁ」

 それから2、3分たった後、ゆっくりと2人で湯舟につかり、お互い股間と体を流し合ってからベッドへ戻った。俺ももう1発くらいは出してからじゃないと帰れないくらい興奮してたけど、スイッチが入った由美の反応は予想以上のものだった。

 - 人妻・不倫の体験談 , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
マンションの屋上での不倫情事

 昨日の朝5時に隣の奥さんを屋上に呼び出し、気持ちのいい事をしました。マンションが12階建てということもあってだれにも見つからずに安心な場所です。前日にメールで約束をとりつけ、こちらからパンティーを指定しました。なぜか、指定してあげるとよろこぶ奥さんなのです。屋上の入り口で待っていると、奥さんがミニスカで登場しました。さっそく、屋上入り口から裏手の場所へ行き、テントシートを敷き二人でその上に寝転びま

no image
町内会の役員で出会った清楚な人妻との体験談

 7月上旬に次の町内ゴミ拾いは誰が班長か?と決める近所の会合で知合った同じマンションの女性。30代前半で、黒木瞳をもっと若くさせたような感じの清楚感溢れてる人。こんな人住んでたっけ?と一応は挨拶したけど何号室に住んでるか分らなかった。町内でのゴミ拾いとか正直メンドクサな感じなのだが、運悪く俺が班長でその女性(仮に瞳さんとしておこう)が副班長。

no image
★DV被害にあっていた若い人妻との話

 毎日小さな女の子を連れて散歩で通る女性(礼子)がいたが、しばらく通らないと思っていたら、久しぶりに会うと、顔に怪我の跡がある。聞くと、夫のDVらしい。お茶に誘って、招き入れて、離婚調停を考えていることが分かった。 裕福な俺は、寒い冬場を田舎の別荘で過ごしていた時期が近づいていたので、しばらくうちに来て、離婚調停を勧め、そうすることになった。礼子は、3歳の女子を連れて俺の別荘に匿われることになった

no image
★いるんだね誰にも抱かれる人妻

隣の奥さんダンナ不在(短期単身赴任)の寂しさを紛らわすためか、どっかのオッサン自宅にあげて平日の昼間っから、ありえない激しい不倫セックスに興じてました。ていうか単にドッタンバッタンアッアハァ~ンと五月蝿かった。途中ベランダにも(セックスやりながら)出てきていたから一部を覗く事もできたし。 終了してオッサン帰してからシャワー浴びたのを見計らって隣へゴー。まだ乾いてない黒髪ロングとフィットした薄着がや

no image
★久しぶりの女体に興奮して貪った告白

 俺は大学を卒業後、私立高校の数学教師になった。一年後、学生時代から付き合っている一つ下の後輩が卒業し、帰郷するのと同時に別れた。新幹線の駅で彼女を見送り、トボトボうなだれて歩いているところを生徒の母親京香さんに見られたらしい。 PTAの会合の後、その京香さんに呼び止められ、その時の事をきかれたので、正直に恋人と別れたと言った。その夜、京香さんに誘われ関係を持ってしまった。京香さんは38歳で長い黒髪の

no image
★ダンスサークルの奥さんを車で送った事が縁で・・

 数年ぶりに出かけたダンスのサークルに、偶然近所に住む奥様がいました。電車を乗り継いで通っているとのことだったので、練習後は車で送って上げることにしました。小一時間の道のりの楽しい会話の中には少しだけ下ネタもまじりました。別れ際に次の練習会には往復送迎と約束をしました。今朝七時に彼女の家の近くの公園で待ち合わせ、午前中は汗塗れの練習に励みました。 アップにしたうなじや、大きく開いた襟元に光る汗は50

no image
★俺が思う不倫の定説

 人妻と不倫するときに気をつける事として、こちらから性欲を前面にだして若さをアピールする事が大切。なぜなら、サイトに登録している人妻もナンパ待ちしている人妻も合コンに参加している人妻も、不倫する目的は大体の女性が「旦那の体に飽きた(若い刺激が欲しい)」と言うものだからだ。 旦那とセックスレスじゃなくても、結婚して何年も経っていればイヤでも飽きてくるのが夫婦の問題。20代の若妻でさえも、セックスレスやマ

no image
★知れ渡っていた・・やれる人妻

 ホームセンターで働き始めたぺーぺーの頃で、上司に言われよく配達に行かされました。一般家庭の昼間に配達に行くのですが、1度だけ良い思いをした事があります。その配達先の奥さんは多分35歳位だったと思います。色白で切れ目がチャーミングなグラマラスな女性だったと記憶しています。 チャイムを鳴らし、玄関のドアを開けると、ロングスカートの奥さんが玄関の上がり口の板の間に脚を広げて座っているではありませんか! 私

no image
★酔った友人を家まで送った褒美

 ある飲み会後、酔った友人を家に送った時の出来事。奥さんは彼を支えるのができず、僕が彼を寝室に運びいれた「ご迷惑をかけてすいません」帰ろうとして玄関に向ったとき「あの、宜しければ泊まってください」泊まる気などなかったのだが、 奥さんに誘われた部屋に案内すると「お布団を敷いて置きますので、その間にお風呂にどうぞ、タオルを用意をしますので」奥さんに言われるまま、お風呂に入っていた時だった、なんと奥さん

no image
★若奥さんと一線を越えました。美人です。

 昨日隣の奥さんと とうとう一線を越えてしまいました。 2*3年前から凄く気になってて 綺麗な顔立ちとスタイル抜群の容姿。私の妻も可愛いいし、和装のモデルをしてたので体系は良いのですが、マンネリ化しててレス状態の毎日。私は半端なく性欲旺盛で46になる。今でも毎日数回オナニー、隣の奥さんは妻と同じ32才、愛想も良く明るい性格なので良く話ししてます。 つい最近私の妻の話しになり素敵な奥さんが羨ましい・・って、私