エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

★美人な先輩のパンチラに興奮して・・

   

★美人な先輩のパンチラに興奮して・・

 まだ入社して2年目の頃に会社で美人な先輩と仕事していた。目元は黒木メイサに似ていて言葉遣いも含めて少しキツイ印象ですが、実際は意外と優しい先輩でした。胸は小さいですがお尻が外人並みにプリプリで、それを見るだけでいつも興奮してました。ある日、夜遅くまで2人で残っている時に先輩が棚の裏側に落ちた書類を拾おうとしました。

 その時に短めのスカートがあがってパンツちらちらと見えました。ドキっとして思わず屈んでスカートの中を覗き込む姿勢でじっくり見ました。清潔感のある白パンツ。しかもお尻が大きいので両サイドがハミ尻状態。見入っていたら突然先輩が振り返って黒木先輩「あ!ちょっと、おっまえ何見てんの!」
 むしろ俺の方がすごいびっくりして、俺「す、すみません・・」とひたすら謝る。動揺して顔も赤くなっていたと思うが、勃起もしていた。先輩はそれほど本気は怒っていなかったようで、黒木先輩「ったく、そんなヒマなことするんなら仕事終わらせな」と言いつつ、さらに先輩が一瞬俺の股間に視線をおろす。するとニヤっと口元が緩んで

 黒木先輩「今日帰ったらコレかぁ~?w」と、顔の前で先輩は右手で棒をつかむような手つきでグーをつくり、上下にシコシコと動かすジェスチャーをした。俺はもうそれがメチャクチャ興奮した。しかし動揺して、俺「い、いえ・・、すみません・・」とだけ言ってその日はそれっきりで終わった。


 次の日が土曜出勤で夜になるとフロアで先輩と2人きりだった。先輩が俺の席に来て仕事の話を一区切りさせると、
黒木先輩「で、昨日は家でナンカしちゃった?」
俺「え・・、な、なんですか」
すると先輩は無言のまま、ちょっと蔑みるようにも見える綺麗な瞳で見下し無表情のままでグーをつくって上下にシコシコするジェスチャーだけした。無言の威圧感のようなSっぽい雰囲気に負けて

俺「・・はい。しました」と白状した。
黒木先輩「な、に、を!」間髪入れずに強めに言われました。
俺「オ・・オナニーです」もう相手のペースです。
先輩はぷっと吹き出して今度はニヤニヤしながら
黒木先輩「おかずは?」
俺「く、黒木さんです。すみません」
黒木先輩「私を想像したの?具体的には?」

 こうなったら別に言っても問題ないと判断して、俺「黒木さんがお尻を突き出しているポーズのままスカートめくって、パンツを下ろして・・」黒木先輩「で、どうしたの?」表情は柔らかかったのでそのまま続けました。俺「黒木さんにちんちん入れて腰を振りました」黒木先輩「ぷぷっw!私のこと想像で犯したのかぁ~w」“犯した”なんて言葉があの優秀で綺麗な先輩の口から発せられるだけでドキっとした。

 すると先輩が近くの小さな棚の裏側に紙を落としました。黒木先輩「私、ただ拾うだけだから」とだけ言い、回り込めば簡単に取れるはずだがあえてまたお尻をこっちに向けて、ものを無理に拾う体勢になった。前に屈む一瞬、自分の左手でわざとスカートと捲り上げたのがわかった。昨日と違って覗かなくても完全にパンツが丸見えになった。


 しかも、昨日の白いパンツとは違って、生地も高級感ある薄さの黒いパンツだった。何よりも面積が明らかに小さい!完全にエロ下着だった。(デカ尻なのにそんなエロパンツ履いちゃうのかよ!お尻丸見えと同じだろ!)と心の中で大興奮だった! お尻は半分以上露出されている面積だった。ハミ尻具合も昨日の比ではない。

 もう息もハァハァしてくる状態。誰が見てもわかるぐらい勃起している股間を押さえた。先輩はその様子を見て、スカートが捲れたまま近くの席に置いてあった誰かのティッシュ箱を勝手に取って、俺の方へ放り投げた。黒木先輩「家でヤッてるんでしょ?」 明らかに“オナニーしなさい”という命令だった。

 でも俺は喜んで震える手でズボンのベルトをカチャカチャと外して、椅子に座ったままズボンとパンツを下ろして勃起したちんぽを露わにした。そのまま右手でシコシコと擦り始めると、先輩はニヤリとして、こっちに来て腕を組み、仁王立ちで見下ろすように眺めていた。お尻は見れなくなったが、お尻を見ながらだったら瞬時に終わってしまうのでこれでも良かった。

 黒木先輩「へぇー、顔に似合わず大きいんだ・・。意外・・」そういうと興味を示したのか先輩が右手をワイングラスを持つような逆手の向きで人差し指と中指の2本だけで俺の亀頭のくびれ部分を優しく擦ってきた。俺「はぅ!」 思わず声を発してしまった。冷たくて細い指の感触が半端なく気持ちよかった。

 先輩はいやらしい笑みを浮かべて、綺麗な瞳で俺を見ながら2本の指で亀頭とくびれを擦り続けた。たまにチョイチョイといたずらっぽく人差し指で裏スジを刺激してくる。たった1分程度で擦られただけであっという間に限界。先輩の下の名前を呼びながらイッてしまった。


 放出する瞬間、先輩は、黒木先輩「あっ」 とだけ言い、左手も使って精子を受けると黙々とティッシュで拭きとっていました。俺の股間も無言のまま拭き取ると、無表情な顔でじ~~っと俺の顔を見ました。俺は恥ずかしくて「ご、ごめんなさい・・」と言うと、先輩はぷぷっと笑い、さらにチッと舌打ちをして

 黒木先輩「ったく、人の名前呼んで~w」あとは先輩がテキパキとティッシュを不要なコピー用紙に包んで、ゴミ箱の置くほうに突っ込み、バレないように片付けてくれました。黒木先輩「最後にお前に1つだけ言っておく」と帰り際に先輩が俺のほうに近づいてきた。黒木先輩「どスケベw!」と笑顔で言われた。でも先輩の方がエロいと思った・・w

 - 会社での体験談 , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★会社は女性を桃色するには最高

 昨日職場にいたのは、俺とバイトのゆきちゃん(21歳)とY介(19歳)の3人。仕事が終わって片づけをしてる時に、ゆきちゃんが前屈みになって、机の上で書き物をしてた。「これは!」と思って急いで向かい側に回ると、白ブラと豊かなおっぱいの谷間が丸見え。 しばらく堪能した後「ここはこういうふうに書いた方がいいんじゃない?」とアドバイス。ゆきちゃんは「なるほど~。さすがですね!」と言って、書いたものを消しゴ

no image
★女子更衣室の秘密に衝撃

 総務課の俺の密かなイタズラは、女子更衣室荒らし。荒らしといっても金を取る訳ではない。職務柄持っている、更衣室の鍵とロッカーのカギを使って、女子社員のロッカーをチェックしている。パンストの換え、パンツの予備、ポーチに入っている生理用品、口紅、リップクリームなどにチンポ汁や精液を塗りつけたりする。 それだけではない、持ち物の検査もやる。40過ぎの独身女子社員のロッカーに、コンドームの箱があるのは本人と

no image
★小さな会社の若い事務員と

 前の会社の事務員の話です。当時、社員数5名のわが社は、男性社員3名と「お局」と呼ばれるババァ(社長)そして、23歳の事務員信子という小さな会社でした。お局は外出が多く、他の男性社員も営業に出てしまうと事務所は自分と、信子の二人きりになることが多々あった。  信子は入社一年目のまだ世の中を知らない女だった。スタイル抜群、顔は中森明菜似で歳の割りに大人の色気を持っているそんな女であった。この女「いつかやら

no image
★レイプされかかったパート若妻

 俺が28ぐらいの時、倉庫で社員をしてた頃の話…朝から晩まで働き、管理者のデブはムカつくが金は良かったので、頑張って働いてた。働いてるのはパートや派遣で、俺は中間管理職と言うか管理者は働かないで、俺ばかり負担が掛かってた… 本題だが、スケベなデブの趣味かパートや派遣は女が多く、特に石原さとみに似た感じの人妻(25歳)は特に可愛くて、Fカップはあるだろう巨乳だった…性格もおっとりしてて、清楚な雰囲気で、とて

no image
★転職先の熟女と気が合い、一線を越えました

 makoとの出会いは転職先の小さな工場でのこと、得意先での研修をおえ職場のチームのリーダーとして赴任したときです。いわゆるおばちゃんたちに混じって、ちょっと違った雰囲気の彼女が私のチームにいたんです。私35歳、彼女は41歳の時です。そのときは、それほど気になる存在ではなかったのですが、 1年ほどたったある日の昼休みジグソーパズルを会社に売りにきたことがあり、その中に猫とか機関車に混じってある有名な画家の

no image
★職場の女性から嬉しい告白が

 こんにちは、都内で営業の仕事をしている28才の男です。僕の会社は結構デカくて、社員が1000人を超えています。僕は自慢じゃ無いんですけどモテる方なんで、社内だけでも5人の女を喰いました。でも、社員数が多いので、ちょっとしか噂にならなくて、非常に助かってます。 こんな僕ですが、一応は本命の彼女がいるんですが、来る者は拒まずって感じで遊んでいます。ちょっと前の話なんですけど、学生時代ぶりに告白された

no image
★会社の婚約者がいる女子社員とのエロ

 その娘が18で入社した時は、俺が教育係でもしかしたら付き合うことになるかな・・と思っていたが、結局なにも無いまま部署も離れ6年。結婚の噂が流れた時に、社員旅行の幹事という事で2人っきりで作業している時に盛り上がり、会社の倉庫でHしました。 「結婚おめでとう、もう24歳? 綺麗になったね」と褒めると「新人の頃はお世話になりました」 「俺、結構好きだったんだけど、立場上我慢しちゃってて」と正直話した。 「えっ私

no image
★魔性な人妻っているんだーーと思った

 俺26歳、相手33歳。同じ職場で働いてて相手は人妻なんだけど、せいぜい28くらいにしかみえない。ただ結婚してるし年いってるしとりたてて綺麗な方でもないので、ひそかに気になってんの俺くらいだと思ってた。俺が気になったのはとにかく腰回りがエロくて上半身細いのにやたら尻がでかい。後声がロリ声。結構無理矢理な理由つけて飲みにいくことになった。当然俺やる気。 カウンターで並んで飲んでたんだけどすぐに相手は酔っ払

no image
★同僚女を会社のオフィスで無理やり・・2/2

 そして例の居酒屋から1週間くらい経った平日、松原さんが作製した印刷データのトラブルがあり、俺と彼女は遅くまで残業になった。残業は珍しいことではないし、フロアに2人だけなんてこともしょっちゅうだったから、別に誰も気に留めない。俺は何もすることがないんだけど、消灯と施錠はかならず役職者がしなければならないから、東風麻雀をしながら松原さんが終わるのを待っていたわけ。  21時を少し廻ったくらいのところで、

no image
★お尻の綺麗な新人職員とのエロ告白

 私は40歳の家庭持ちの男です。今から4年前から始まった体験をお話しします。まず事の発端は4年前、新人の女性職員が入ったことから始まります。その子は女優の石原さとみに似てとても丁寧な挨拶や話し方をする子でした。 私はでもさとみちゃんのそんなところではなく「巨尻」のところに目が行きました。決してデブではなく、出るべきところが出ている感じでした。朝の清掃時間では前かがみになるとおっぱいの谷間が見え、後ろか