エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

やってやったぜ!テレクラ初体験!

   

以前から出会い系を数年やっていて出会い系にも飽きたので
先日
テレクラマガジンに登録してテレクラ遊びをやってみました・・・
その日どうしてもヤリたかった俺はテレクラに登録直後さっそくツーショットをやってみました・・・
そして・・・
俺「もしもし・・・」
女「もしも〜し〜」
俺「今から会わない?」
女「カチャ・・・プスッ、プ〜プ〜」
切られました・・・
でも・・・
世間話なんてめんどくさい俺・・・
「今から会わない?」の一点張りで責め続けて7人目ついに当りました!!
俺「今から会わない?」
女「え〜」
俺「今暇でしょ?会おうよ!」
女「とりあえず会うだけなら・・・」
キターーーーーーーーーー
ついにキターーーーーーーーーーーー
楽勝だぜ!!
これぞテレクラの真髄!!即アポ即会い!!
意外とご近所さんだったので近くにある○○公園で待ち合わせしました・・・
寝巻きだった俺は即効着替えて待ち合わせ場所へ・・・
出会い系で何度か失敗している俺・・・
なので待ち合わせ場所にピンポイントでは絶対行きません!相手がブスだったりデブだったりしたら嫌なのでこういう時はまず周りを軽くながして相手の容姿を確認するんです・・・
そして・・・
いましたッ、いましたッ、いましたッ!!!!!
柱があってあんまり女の顔が見えないので徐々に近づいていきました!!!!
ん・・・・
あんまりみえないな・・・
ドスッ、ドスッ、ドスッ・・・
誰か走って来ました・・・(ヤベッ築かれた)
ガチャッ・・・
(この女・・・自らの手で俺の車のドアを開けて勝手に車内に入ってきやがった・・・
女「始めまして〜」
(何だこの態度がふてぶてしい女は今まで出会い系を長年やっているが見た時ね〜!そして、彼女のスペックはというと・・・顔【中の下】体系【ぽっちゃりタイプ】・・・まっ・・・ストライクゾーンの広い俺なら何とかデキそう・・・)
俺「あっ・・・始めまして」
女「探したよも〜」
俺「そうなんだ〜ありがとね〜」
女「実はさ〜今日会うの3人目なんだ〜」
(さ、さ、三人目〜??こいつはヤリマンか・・・??てかイキナリそれ言う??)
俺「今日はどんな男と会ったの??」
女「一人目はドMでちょっと触っただけでイッちゃった・・・そして二人目はねホテルに無理矢理連れて行かれてお尻の穴に入れられちゃった!私初体験だったの・・・」
俺「あ〜ね〜」
(そんなの知るかよ俺アナルなんか興味ないし・・・)
女「私初めてお尻の穴に入れられちゃった・・・意外と気持ちよかった」
俺「そ、そう」
(こいつは間違いなく変態女・・・しかもおそらく金目的の売春ヤローだ!!・・・間違いない!!)
女「君もHしたいんでしょ??」
俺「えっ!」
俺「金持ってないよ俺」
女「別にお金無くてもいいよ」
(えッ・・・売春じゃねーの??いいの??ラッキー!!)
女「じゃいただきま〜す」
(こっこっこいつ・・・俺は突然ズボンをおろされしゃぶられた・・・)
俺「あっ、あっ、うっ〜」
(気持ちぃ〜かなりお上手)
女「じゃ次は私を気持ちよくさせて」
(俺の愛車はワゴナール・・・車の中で狭かったので女のスカートを捲り上げ女のアソコをコネクリまわした・・・ん・・・んん・・・なんかおかしいぞ・・・パ・・パイパンかよこの女・・・?!パイパン大好き〜!)
女「で、でちゃう〜」
(女のアソコをこねくりわずか30秒・・・潮を吹き上がった・・・俺の愛車の助手席のシートはビショ濡れ・・・フロントガラスまで潮が飛び散った・・・そして俺は我慢の限界)
俺「入れるよ」
女「うっ・・・うん・・・」
俺「パンッパンッパンッパンッパンッパンッパンッパンッパンッパンッ」
女「アンッアンッアンッアンッアンッアンッアンッアンッアンッアンッ」
俺「イッイッイック〜」
女「私もイッイッイック〜」
(終〜了〜〜〜〜〜〜〜!!生中だし完了〜〜〜〜〜〜〜!!)
俺「気持ちよかった〜」
女「私も気持ちよかったよ〜」
俺「ちょっと休憩だね」
女「じゃ、私彼氏と今から待ち合わせがあるから帰るね!バイバ〜イ!」
と・・・終わってわずか数分で女は去っていった・・・
まっとりあえずヤレたから満足

そして次の日俺の愛車のシートは潮が満ち粉雪のような白い物体が大量に残されていた
以前から出会い系を数年やっていて出会い系にも飽きたので
先日
テレクラマガジンに登録してテレクラ遊びをやってみました・・・
その日どうしてもヤリたかった俺はテレクラに登録直後さっそくツーショットをやってみました・・・
そして・・・
俺「もしもし・・・」
女「もしも〜し〜」
俺「今から会わない?」
女「カチャ・・・プスッ、プ〜プ〜」
切られました・・・
でも・・・
世間話なんてめんどくさい俺・・・
「今から会わない?」の一点張りで責め続けて7人目ついに当りました!!
俺「今から会わない?」
女「え〜」
俺「今暇でしょ?会おうよ!」
女「とりあえず会うだけなら・・・」
キターーーーーーーーーー
ついにキターーーーーーーーーーーー
楽勝だぜ!!
これぞテレクラの真髄!!即アポ即会い!!
意外とご近所さんだったので近くにある○○公園で待ち合わせしました・・・
寝巻きだった俺は即効着替えて待ち合わせ場所へ・・・
出会い系で何度か失敗している俺・・・
なので待ち合わせ場所にピンポイントでは絶対行きません!相手がブスだったりデブだったりしたら嫌なのでこういう時はまず周りを軽くながして相手の容姿を確認するんです・・・
そして・・・
いましたッ、いましたッ、いましたッ!!!!!
柱があってあんまり女の顔が見えないので徐々に近づいていきました!!!!
ん・・・・
あんまりみえないな・・・
ドスッ、ドスッ、ドスッ・・・
誰か走って来ました・・・(ヤベッ築かれた)
ガチャッ・・・
(この女・・・自らの手で俺の車のドアを開けて勝手に車内に入ってきやがった・・・
女「始めまして〜」
(何だこの態度がふてぶてしい女は今まで出会い系を長年やっているが見た時ね〜!そして、彼女のスペックはというと・・・顔【中の下】体系【ぽっちゃりタイプ】・・・まっ・・・ストライクゾーンの広い俺なら何とかデキそう・・・)
俺「あっ・・・始めまして」
女「探したよも〜」
俺「そうなんだ〜ありがとね〜」
女「実はさ〜今日会うの3人目なんだ〜」
(さ、さ、三人目〜??こいつはヤリマンか・・・??てかイキナリそれ言う??)
俺「今日はどんな男と会ったの??」
女「一人目はドMでちょっと触っただけでイッちゃった・・・そして二人目はねホテルに無理矢理連れて行かれてお尻の穴に入れられちゃった!私初体験だったの・・・」
俺「あ〜ね〜」
(そんなの知るかよ俺アナルなんか興味ないし・・・)
女「私初めてお尻の穴に入れられちゃった・・・意外と気持ちよかった」
俺「そ、そう」
(こいつは間違いなく変態女・・・しかもおそらく金目的の売春ヤローだ!!・・・間違いない!!)
女「君もHしたいんでしょ??」
俺「えっ!」
俺「金持ってないよ俺」
女「別にお金無くてもいいよ」
(えッ・・・売春じゃねーの??いいの??ラッキー!!)
女「じゃいただきま〜す」
(こっこっこいつ・・・俺は突然ズボンをおろされしゃぶられた・・・)
俺「あっ、あっ、うっ〜」
(気持ちぃ〜かなりお上手)
女「じゃ次は私を気持ちよくさせて」
(俺の愛車はワゴナール・・・車の中で狭かったので女のスカートを捲り上げ女のアソコをコネクリまわした・・・ん・・・んん・・・なんかおかしいぞ・・・パ・・パイパンかよこの女・・・?!パイパン大好き〜!)
女「で、でちゃう〜」
(女のアソコをこねくりわずか30秒・・・潮を吹き上がった・・・俺の愛車の助手席のシートはビショ濡れ・・・フロントガラスまで潮が飛び散った・・・そして俺は我慢の限界)
俺「入れるよ」
女「うっ・・・うん・・・」
俺「パンッパンッパンッパンッパンッパンッパンッパンッパンッパンッ」
女「アンッアンッアンッアンッアンッアンッアンッアンッアンッアンッ」
俺「イッイッイック〜」
女「私もイッイッイック〜」
(終〜了〜〜〜〜〜〜〜!!生中だし完了〜〜〜〜〜〜〜!!)
俺「気持ちよかった〜」
女「私も気持ちよかったよ〜」
俺「ちょっと休憩だね」
女「じゃ、私彼氏と今から待ち合わせがあるから帰るね!バイバ〜イ!」
と・・・終わってわずか数分で女は去っていった・・・
まっとりあえずヤレたから満足

そして次の日俺の愛車のシートは潮が満ち粉雪のような白い物体が大量に残されていた

 - 未分類 , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
母親

あの物静かで控えめな母親が、あの様な声を上げるとは信じられ無かった。母親は、まさか俺が帰って来るとは思わなかったのだろう!親父もゴルフで帰りは夜になる筈。玄関の鍵を忘れて出た俺が縁側の方に廻ると濡れ縁の所に見慣れぬスニーカーが一足、リビングに衣服が脱ぎ散…

no image
同じマンションの奥さんが風俗に

こんにちは、僕は未婚の35才の男です。 僕は自他共に認める風俗好きです。 毎週必ずヘルスに行き、月一でソープを楽しむ生活です。 正直モテるタイプではありませんので、彼女が居ないのが理由かも知れませんが・・・ 先日、上野方面のヘルスに行きました。ここだけの話、…

no image
ただ愛した人のために 1章

何かと思っていると瑛は昔話を話始めました。4年前に瑛が付き合っていた彼氏はバカ正直で嘘の下手な奴だったそうで、まるでどこかのマンガの主人公の様な人だったそうです。最初、瑛はその人に全く興味が無くて適当に対応していたみたいなのですが、「日に日に気になってい…

no image
姉と妹と年下好き

俺の性体験は、 今考えると、ラッキーだけど、最初の頃は、苦い思い出でしかなかった。 俺は、小5?6の頃自由がほとんど無かった、それは、母親が看護婦で夜勤有の忙しいシフトで、小4の妹の面倒を 見てたってのではなく、 高2の姉貴からの 束縛だった。姉貴の取り巻きも加わ…

no image
彼女がイケメンに調教されてた

彼女は俺が今まで付き合った中でも一番可愛かった。多分もうあのレベルの女の子とは付き合えないな。有名人で言うと、うーん、あまり似てる人はいないけど、強いて言うなら日南響子って人に似てるかも。適当に名前を「ゆい」ってことにしとく。二文字ってことしかあってない…

no image
私は、とある家電修理専門の店員をしています。

家電製品何でも修理を承っています。もちろん、承ったものをメーカーにそのまま送る事もありますし、自店で修理可能なものであればそのまま修理して返却します。ただ、自店で修理する場合でも、メーカーで修理する場合でも、それなりにお時間がかかってしまいます。デジカメ…

no image
★スポーツジムでの男の視線

 平日の仕事帰りと休日に近所のスポーツクラブに通って約半年になりますが、そこで出会う男性達の本性を、私は知っています。ストレッチマットや教室、マシン等を隣合わせたりする際には、笑顔で感じ良く挨拶や会話を交わしたりして来るくせに、ふとした瞬間に気付くと、私の身体特に胸やお尻、首筋や耳、背中や腰から脚にかけてを隙あらばの感じで、チラチラと横目や死角からの視線を使い、盗み見しているのです。そしてそれは常

no image
近所にいるエロガキ 6.

「・・・んっっんっ・・。。。チュっチュル。。チュッ。ぅん。。」「チュッペロペロ。。んっうんぅ・・。チュチュ。。」部屋中にいやらしいフェラチオの音と、女性の色っぽい吐息が響き渡ってました。その音の響かせているベッドの上では、裸の女性2人が1本のペニスに顔を寄…

no image
姉と姉の友人の前で

俺が中2、姉が19の頃だったんだけど、当時の俺は「投稿写真」(厨房向けのアイドル誌、つーか厨房用エロ本)の「お便り卓球ペン」でオナニーっていうのが最高のおかずだったんですよ。で、冬の寒い時期に、部屋のコタツでオナニーしてたら突然、姉が入ってきたんですよ。とに…

no image
嫁が自宅に高校生(巨根)を連れ込んでいた

嫁の紀子とは、結婚してもすぐ9年になる。大学の時に出来ちゃった婚して、けっこう苦労したけど、今では私も会社でそれなりのポジションになってきたし、子供も小学2年になり、幸せそのものの楽しい毎日を送っていた。年が離れちゃうけど、もう一人子供を作ろうと、嫁と話を…