エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

渋滞中、車内でオナ二ーしてたらめっさ怒られた

   

俺はただ空港に向かってただけなんだ
そしたら途中ものすげー渋滞で動かなくなった
何気無く、あー渋滞かよめんどくさいなぁとか思いながら携帯弄ったり。

ふと前の車を見たらどうやら若いカップルでこの渋滞を利用して
イチャイチャし始めた 手つないだりチューしたり

俺はなんかムラムラしたんだよ
すんげームラムラした

前のカップルは見えるけど
何してるかまではハッキリわからない。
見えない部分を想像する。

どーせ弄くりあってるだろう。
ものすごく興奮した

だって前進んでるのにイチャイチャしすぎて
俺からクラクション鳴らされるほどだぞ?
相当そのカップルは興奮してる状況だろう

俺もそんな事考えてたら興奮して
チンコが起き上がったんだよ
車内で

男ならわかるだろうが、
ジーパンだしパンパンしてチンコが痛くなった

ベルトを緩めチャックを下げチンコを出した
ガチガチだし、やっぱ触るじゃん?
触るよね?んで触ってたらなんか射精したくなって来た。

俺はおもむろに手元にある携帯でエロ動画を見始める。
その間、車は全く動かない。

我慢汁が凄かったし
なんかいつもより気持ちよかった何でだろう

こりゃ本当に射精してしまうかもと思い
ティッシュをチンチンに被せてシュッシュッしてた。

目線は携帯の画面。
集中しすぎた。

俺の車は普通の乗用車より若干低めで
外からは結構中が見えると思う。

んで、オナニー頑張ってたら
なんか左側に違和感あったけどシュッシュッしてた

すると、コン!コン!って…

ビクッ!!てなって左の窓観たら

白バイが居た

左に寄れ、と言う指示を受けて大人しく車のエンジンを停止
窓開けると
「何で停められたかわかりますよね?」
「はい…」
「じゃ、免許証もっておりて来て」
「は、はい」

本当に逮捕されるとオモタ
わいせつ物陳列剤で

本当にあんなに体が震えた事はない、マジで

何度かシートベルトやらで捕まった事はあるが、
白バイも初めてだしオナニーでも初めてだった

白バイ「あ、こっちこっち、免許証見せてねー、はいはいほうほう」

俺「…」

白バイ「うーん、何してたの?」

俺「あ、いやぁ…」

白バイ「いやぁじゃないでしょ!w分かってるでしょ?自分で」

俺「はい…」

白バイ「うん、自分の口で言って」

俺「オナニーです」

白バイ「wwwwwwwwwwww」

白バイ「うんwwwwwそうだねww
まぁ自慰行為と言おうよwwwwうんwwwww」

俺「すす、すみませんでしたぁ」

白バイ「うん、で、何?どこに向かってたの?帰宅途中ですか?」

俺「いや、空港に…」

白バイ「おぉ、どっか旅行?お仕事?」

俺「仕事です、はい」

白バイ「何で車の中でやっちゃったのよ?」

俺「いゃ、間がさしてですね…」

白バイ「魔が差したらどこでも
自慰行為やっちゃうの?違うでしょーww本当は?なんで?」

しつこかった

んで
俺「いや、本当に間が指したというかなんと言うか…」

白バイ「そっかー。うーん」

10分位話したかな
応援と言うか白バイがもう一台来た。
多分バディだろう

その間も渋滞してるから
渋滞中の車の中の奴らは俺をジロジロ見るわけ
あいつなにしたの?的な目で

これが恥ずかしかった

もう一人の白バイ隊員は若い男だった
事情を聞くと、明らかに笑を堪えてた
許せない

んでなんやかんややって俺の挙動や
言動がおかしいとか言い出して持ち物検査させられた

もちろん車の中も

お前らの期待してるようなものは車からは出たなかった。
車には変なもん入れてないからね

白バイ隊員さんもなんかどう処理していいか
分からないみたいな感じになってて
少しグダグダになってた感じもした

俺はこんな事してる場合じゃない
飛行機に間に合わないからね

隊員に
俺「あ、あの、、、後どのくらい掛かりますでしょうか?…」

隊員「うーん、後少し待っててね、飛行機でしょ?何時?」

俺「〜時です」

隊員「間に合わないよそれwww」

俺「えっ?いやいやいやいやいや困ります!いや本当に」

隊員「あのね、君ね、あんまり自覚して無いかもしれないけどね、
わいせつ物を陳列してるわけ、公共の場ではなく車の中だったけれども、
もし僕じゃなくてそこら編を歩いてる女性が
君を見て訴えたらどうなるかわかるでしょ?」

俺「はっはっはいいい!!すみません、すみませんすみません!」

隊員「残念だけれどもね、飛行機は間に合わないかもだよ」

んで、結局停められて50分位で解放された。

結局は、厳重注意で、二人掛かりで怒られたよ
まぁめっさじゃないけど
大人になって二人掛かりで怒られたのは結構凹むよ

勿論飛行機には乗り遅れた。

上司にはただ一言だけ謝った

俺「すいませんこんな事になって」

上司「まぁ仕方ないなw」

俺「はい…」
俺はただ空港に向かってただけなんだ
そしたら途中ものすげー渋滞で動かなくなった
何気無く、あー渋滞かよめんどくさいなぁとか思いながら携帯弄ったり。

ふと前の車を見たらどうやら若いカップルでこの渋滞を利用して
イチャイチャし始めた 手つないだりチューしたり

俺はなんかムラムラしたんだよ
すんげームラムラした

前のカップルは見えるけど
何してるかまではハッキリわからない。
見えない部分を想像する。

どーせ弄くりあってるだろう。
ものすごく興奮した

だって前進んでるのにイチャイチャしすぎて
俺からクラクション鳴らされるほどだぞ?
相当そのカップルは興奮してる状況だろう

俺もそんな事考えてたら興奮して
チンコが起き上がったんだよ
車内で

男ならわかるだろうが、
ジーパンだしパンパンしてチンコが痛くなった

ベルトを緩めチャックを下げチンコを出した
ガチガチだし、やっぱ触るじゃん?
触るよね?んで触ってたらなんか射精したくなって来た。

俺はおもむろに手元にある携帯でエロ動画を見始める。
その間、車は全く動かない。

我慢汁が凄かったし
なんかいつもより気持ちよかった何でだろう

こりゃ本当に射精してしまうかもと思い
ティッシュをチンチンに被せてシュッシュッしてた。

目線は携帯の画面。
集中しすぎた。

俺の車は普通の乗用車より若干低めで
外からは結構中が見えると思う。

んで、オナニー頑張ってたら
なんか左側に違和感あったけどシュッシュッしてた

すると、コン!コン!って…

ビクッ!!てなって左の窓観たら

白バイが居た

左に寄れ、と言う指示を受けて大人しく車のエンジンを停止
窓開けると
「何で停められたかわかりますよね?」
「はい…」
「じゃ、免許証もっておりて来て」
「は、はい」

本当に逮捕されるとオモタ
わいせつ物陳列剤で

本当にあんなに体が震えた事はない、マジで

何度かシートベルトやらで捕まった事はあるが、
白バイも初めてだしオナニーでも初めてだった

白バイ「あ、こっちこっち、免許証見せてねー、はいはいほうほう」

俺「…」

白バイ「うーん、何してたの?」

俺「あ、いやぁ…」

白バイ「いやぁじゃないでしょ!w分かってるでしょ?自分で」

俺「はい…」

白バイ「うん、自分の口で言って」

俺「オナニーです」

白バイ「wwwwwwwwwwww」

白バイ「うんwwwwwそうだねww
まぁ自慰行為と言おうよwwwwうんwwwww」

俺「すす、すみませんでしたぁ」

白バイ「うん、で、何?どこに向かってたの?帰宅途中ですか?」

俺「いや、空港に…」

白バイ「おぉ、どっか旅行?お仕事?」

俺「仕事です、はい」

白バイ「何で車の中でやっちゃったのよ?」

俺「いゃ、間がさしてですね…」

白バイ「魔が差したらどこでも
自慰行為やっちゃうの?違うでしょーww本当は?なんで?」

しつこかった

んで
俺「いや、本当に間が指したというかなんと言うか…」

白バイ「そっかー。うーん」

10分位話したかな
応援と言うか白バイがもう一台来た。
多分バディだろう

その間も渋滞してるから
渋滞中の車の中の奴らは俺をジロジロ見るわけ
あいつなにしたの?的な目で

これが恥ずかしかった

もう一人の白バイ隊員は若い男だった
事情を聞くと、明らかに笑を堪えてた
許せない

んでなんやかんややって俺の挙動や
言動がおかしいとか言い出して持ち物検査させられた

もちろん車の中も

お前らの期待してるようなものは車からは出たなかった。
車には変なもん入れてないからね

白バイ隊員さんもなんかどう処理していいか
分からないみたいな感じになってて
少しグダグダになってた感じもした

俺はこんな事してる場合じゃない
飛行機に間に合わないからね

隊員に
俺「あ、あの、、、後どのくらい掛かりますでしょうか?…」

隊員「うーん、後少し待っててね、飛行機でしょ?何時?」

俺「〜時です」

隊員「間に合わないよそれwww」

俺「えっ?いやいやいやいやいや困ります!いや本当に」

隊員「あのね、君ね、あんまり自覚して無いかもしれないけどね、
わいせつ物を陳列してるわけ、公共の場ではなく車の中だったけれども、
もし僕じゃなくてそこら編を歩いてる女性が
君を見て訴えたらどうなるかわかるでしょ?」

俺「はっはっはいいい!!すみません、すみませんすみません!」

隊員「残念だけれどもね、飛行機は間に合わないかもだよ」

んで、結局停められて50分位で解放された。

結局は、厳重注意で、二人掛かりで怒られたよ
まぁめっさじゃないけど
大人になって二人掛かりで怒られたのは結構凹むよ

勿論飛行機には乗り遅れた。

上司にはただ一言だけ謝った

俺「すいませんこんな事になって」

上司「まぁ仕方ないなw」

俺「はい…」

 - 未分類 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
妹とやった

 ある年の冬、私が高3、妹は中3。私は受験勉強に精を出し、付き合ってた彼女とは別れたばかり。彼女とは軽いBまでという頃でした。 ある日私は夕食後こたつの中で眠ってしまい、深夜だったのでしょう、親は自分達の部屋で就寝。 豆電気の薄ら明かりの中ふと目覚めると…

no image
酔った女課長を送ってエロした体験談

 2年前、我が社の人材派遣部門が吸収合併して玲子課長がおいらの上司となった。45歳独身、都内にマンション所有のバリバリのキャリアウーマン。会社では目をつりあげて仕事しているけど、毎晩おいらのチンポでヒーヒーです。きっかけは飲み会で珍しく酔っ払った課長を送って行く役は一番下っ端のおいらです。

no image
★バツイチ女性との不可解な情事

 私の職場に35歳バツイチ・子持ちの美雪という綺麗な女性が居ます。見た目は20代に見えるし、胸は大きくありませんが、スリムなモデル体型なのが制服の上からも分かります。バツイチ同士、打ち解けるのも早く、お互いに気があったので食事や飲みに行くようになりました。 ある日、今日は娘が実家に行ってるから良かったら私のマンションに来ませんか?と、誘ってもらい、彼女は少し残業になるからとマンションの合い鍵を渡し

no image
私の願望

私の願望は、「名古屋城に住む」という事で、それさえ達成できれば、ハーレムなんか要らない。 しかし、たぶん、多くの美女に愛されると思う。だから、自分だけ、そういう思いをするのは、 心苦しい。世のすべての男たちにも、同じ「極楽」を与えてやりたい。という訳で、…

no image

俺は高校3年の受験生で18歳、姉は3つ年上の21歳の女子大生です。姉にオナニーしているの見つかってから、姉にオナニー手伝ってもらってます。最初のころは姉のてこきだけだったのが、何回かでフェラチオもしてくれるようになりました。姉は服を着たままで、僕は下半身…

no image
★変態SEXでしか満足できない体に

 わたし(仮名・カナ)は現在28歳のOLです。普通に付き合っている彼氏もしますし、そろそろ結婚も、と考えたりもしています。ただ、普通に結婚して上手くやって行けるのだろうか?と心配も多いのです。それは、わたしが今の彼とのSEXで満足していないからです。 彼は真面目でSEXもきわめてノーマルです。でも彼の事を愛しているのでそれなりには満足はしているのですが、、今の彼と付き合う前に知り合ったKさんとのSE

no image
★下宿の管理人はバツイチ女性

 22歳の学生です。下宿しているアパートの管理人さんをセフレにしています。管理人さんはバツイチなので、不倫ではないっす。管理人さんは、離婚後に子供を連れて実家へ戻り、実家が経営している賃貸アパートの管理をしているのです。 離婚の理由は知らないけど、顔だちも整ってるし、年相応に脂肪は付いてるけど、巨乳でスタイルもかなり良い。若い頃の写真を見せて貰ったけど、大抵のミスコンなら応募すれば第一次選考は通るだ

no image
妻を育てる3/4

ゴルフの景品として、青木さんとその得意先の3名に一晩貸し出された妻は、それまでとは違う性的興奮を体験し、そのことは妻の内面奥深くに影響を与えました。というのも、妻を抱く時に、「ゴルフの夜」のことを聞きただすと、明らかに激しい興奮を示すのです。性的興奮を受…

no image
近所の女の子

俺の名前は、悠里。女の子の名前はソラ。土砂降りの雨の中を帰っている途中、公園を見かけたので、公園に入っていった。しばらく公園の屋根の下で雨宿りをすることにした。するとそこへ女の子・ソラが来た。「お兄さん、私も雨宿りしていい?」と聞いてきた。「いいよ!君は…

no image
★派遣社員の熟女は若い男を・・

 20代前半妻子ある普通の会社員です。かなり年上で自分の働いている会社に来ている派遣社員で、47歳バツイチ子持ちのあきこと言う女と不倫をしています。そのバツイチとは同じ地区で近くに住んでいるので、通勤電車が同じです。ある日、あきこが帰宅する時に、電車が事故で止まっていることを教えてもらいました。 他の電車で帰ることが出来るのですが、かなりの人で混雑しているので、会社の車で送る事になりました。あきこの住