エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

 温泉で覗かれて、脅された。 

   

私が小学3年生の夏休み、母の実家に1カ月ぐらい滞在しました。
その間、1泊ですが、蓼科の静かな旅館に母と二人で泊りました。
当時の母は35歳で、小学校の担任の先生によく「伍代夏子に似てるね」なんて言われてたので美人の部類だったと思います。
部屋での夕食後、二人で宿の大浴場(男女別)に行きました。
私は男湯に入りましたが、浴室には、30代の男性4人組がいて、男湯と女湯の仕切り板から女湯を覗いていたようでした。
「誰も来ない」とボヤいていた時、女湯の引き戸が開く音がして、4人は仕切り板に急いで、女湯を覗いてました。
5回ほど掛け湯をする音が聞こえ、それから湯船に入ったようです。
男達は、「けっこう若いな」「イイ女だよ」「ケツが丸くて色っぽい」「チョット垂れてるけどオッパイもデケーな」などヒソヒソ話していました。(全部聞こえてました)
それから私に向かって「女湯にいるのキミのお母さん?」と聞くので「ウン」と言うと、「お母さんの歳はいくつ?」とまた聞き「35」と答えると「おぉ、意外と熟女なんだね〜」などと言いながら、「僕達が覗いてた事、お母さんに言っちゃダメだよ」と少し恐い顔をして言いました。
「もし、喋ったら、お母さんのオマンコの毛がモジャモジャだって事を学校の先生や友達にバラしちゃうからね!」とも言われ、私は恐くなって「絶対に黙ってるから、先生や友達にママの事言わないで」と必死にお願いしました。(子供だったんですね)
しばらくすると、湯船から母が出る音がして、4人はまた、仕切り板に急ぎました。
どうやら母は体を洗ってるようで、男達は食い入るように見入りながら、手でチンチンをシゴいていました。
当時の私は自慰の経験も知識もなく、何をしてるのか良く解りませんでしたが、何かとても嫌で不安な気分になったのを覚えています。
今なら理解できるのですが、男達は母が体を洗っている姿を覗きながらオナニーてたのでしょう。
しばらくして、射精したのでしょう、そのまま下半身にシャワーを掛けて出て行きました。
私は、大人の男に対して「覗くのを止めて下さい!」と言えず、母の裸を覗かれてしまった事を悔しく思いましたが、その時初めて自分の陰茎が激しく勃起しているのに気付き戸惑いました。
何となく、男達が覗いていた仕切り板に近づいてみると板塀の節が何箇所か抜けていて、そこから女湯が覗けたようでした。
特に何も考えず、その節の一つから覗いてみたところ、節穴のすぐ前が洗い場になっていて、母が椅子に座って体を洗っていました。
あまりに、近かった(50cmぐらい?)のと、思ってた以上に鮮明に見えるのに驚きながら、しばらく母の裸を覗いていました。
8歳の誕生日までは、家でも母と一緒に入浴していたので、母の裸は特に珍しくも思わなかったのですが、男が母の陰毛の話をしていたのを聞いたせいか、椅子に座って少し脚を開いてシャンプーしている母の股間に目が行き、思わず凝視していました。
たしかに、男達がいうようにモジャモジャでその奥にドス黒い鶏のトサカのようなもの(今思えば大陰唇のビラ)がボンヤリ見え、なんか恐くなって覗くのをやめました。
夜中に目が覚め、母は寝ていたので一人で大浴場に行きました。
男湯にも女湯にも誰もいないようだったので、お風呂の中で夕方のショッキングな出来事を回想していたら、ムクムクと私のチンチンが大きくなってきました。
私は無意識の内に、あの男達のようにシコシコと擦り始め気持ち良さにウットリしていました。
決して母の裸を想像して興奮した訳ではなく、あの、夕方見た母のあの恥ずかしい姿を見知らぬ男達に覗かれた事、そして4人の男に覗かれている事にも気付かず無防備に裸を晒しオッパイをブランブランとだらしなく揺らしながら髪を洗っていた母が許せませんでした。
その瞬間、アッと手を止めるヒマもなく、今まで経験した事のない押し寄せるような快感と共に、私の陰茎から白く濃い大量の精液がドロリという感じで溢れ出てしまいました。
射精についての知識も無かった私は、悪い事をした罰が当たったような気がして恐くなったのを覚えています。
きっと、人も羨む自慢の母が、一転して見知らぬ男達の晒し物、オナニーの慰みモノに成り下がった事が幼な心にもショックだったのでしょう。
あんなみっともない姿を、知らない男達に簡単に見せてしまった母が、すごく不潔でだらしない存在に思われ、あんなに大好きだったのに、しばらく口を利くのも嫌になりました。
ただ、その日、初めてしたオナニーが病みつきになり、翌日から一日も欠かさず、毎日、それも多い日には5回以上も自慰をするようになりました。
そして、オナニーする時に決まって思い浮かべる情景は、あの綺麗な母が無防備な恥ずかしい姿を、モジャモジャの陰毛を、大きなオッパイを揺らして髪を洗っているところをニヤニヤした男達に覗かれている場面でした。

たぶん、この事件が、きっかけになって、今、私がブログでしてるような、「妻を晒したい気持ち」のルーツになったのだと思います。
私が小学3年生の夏休み、母の実家に1カ月ぐらい滞在しました。
その間、1泊ですが、蓼科の静かな旅館に母と二人で泊りました。
当時の母は35歳で、小学校の担任の先生によく「伍代夏子に似てるね」なんて言われてたので美人の部類だったと思います。
部屋での夕食後、二人で宿の大浴場(男女別)に行きました。
私は男湯に入りましたが、浴室には、30代の男性4人組がいて、男湯と女湯の仕切り板から女湯を覗いていたようでした。
「誰も来ない」とボヤいていた時、女湯の引き戸が開く音がして、4人は仕切り板に急いで、女湯を覗いてました。
5回ほど掛け湯をする音が聞こえ、それから湯船に入ったようです。
男達は、「けっこう若いな」「イイ女だよ」「ケツが丸くて色っぽい」「チョット垂れてるけどオッパイもデケーな」などヒソヒソ話していました。(全部聞こえてました)
それから私に向かって「女湯にいるのキミのお母さん?」と聞くので「ウン」と言うと、「お母さんの歳はいくつ?」とまた聞き「35」と答えると「おぉ、意外と熟女なんだね〜」などと言いながら、「僕達が覗いてた事、お母さんに言っちゃダメだよ」と少し恐い顔をして言いました。
「もし、喋ったら、お母さんのオマンコの毛がモジャモジャだって事を学校の先生や友達にバラしちゃうからね!」とも言われ、私は恐くなって「絶対に黙ってるから、先生や友達にママの事言わないで」と必死にお願いしました。(子供だったんですね)
しばらくすると、湯船から母が出る音がして、4人はまた、仕切り板に急ぎました。
どうやら母は体を洗ってるようで、男達は食い入るように見入りながら、手でチンチンをシゴいていました。
当時の私は自慰の経験も知識もなく、何をしてるのか良く解りませんでしたが、何かとても嫌で不安な気分になったのを覚えています。
今なら理解できるのですが、男達は母が体を洗っている姿を覗きながらオナニーてたのでしょう。
しばらくして、射精したのでしょう、そのまま下半身にシャワーを掛けて出て行きました。
私は、大人の男に対して「覗くのを止めて下さい!」と言えず、母の裸を覗かれてしまった事を悔しく思いましたが、その時初めて自分の陰茎が激しく勃起しているのに気付き戸惑いました。
何となく、男達が覗いていた仕切り板に近づいてみると板塀の節が何箇所か抜けていて、そこから女湯が覗けたようでした。
特に何も考えず、その節の一つから覗いてみたところ、節穴のすぐ前が洗い場になっていて、母が椅子に座って体を洗っていました。
あまりに、近かった(50cmぐらい?)のと、思ってた以上に鮮明に見えるのに驚きながら、しばらく母の裸を覗いていました。
8歳の誕生日までは、家でも母と一緒に入浴していたので、母の裸は特に珍しくも思わなかったのですが、男が母の陰毛の話をしていたのを聞いたせいか、椅子に座って少し脚を開いてシャンプーしている母の股間に目が行き、思わず凝視していました。
たしかに、男達がいうようにモジャモジャでその奥にドス黒い鶏のトサカのようなもの(今思えば大陰唇のビラ)がボンヤリ見え、なんか恐くなって覗くのをやめました。
夜中に目が覚め、母は寝ていたので一人で大浴場に行きました。
男湯にも女湯にも誰もいないようだったので、お風呂の中で夕方のショッキングな出来事を回想していたら、ムクムクと私のチンチンが大きくなってきました。
私は無意識の内に、あの男達のようにシコシコと擦り始め気持ち良さにウットリしていました。
決して母の裸を想像して興奮した訳ではなく、あの、夕方見た母のあの恥ずかしい姿を見知らぬ男達に覗かれた事、そして4人の男に覗かれている事にも気付かず無防備に裸を晒しオッパイをブランブランとだらしなく揺らしながら髪を洗っていた母が許せませんでした。
その瞬間、アッと手を止めるヒマもなく、今まで経験した事のない押し寄せるような快感と共に、私の陰茎から白く濃い大量の精液がドロリという感じで溢れ出てしまいました。
射精についての知識も無かった私は、悪い事をした罰が当たったような気がして恐くなったのを覚えています。
きっと、人も羨む自慢の母が、一転して見知らぬ男達の晒し物、オナニーの慰みモノに成り下がった事が幼な心にもショックだったのでしょう。
あんなみっともない姿を、知らない男達に簡単に見せてしまった母が、すごく不潔でだらしない存在に思われ、あんなに大好きだったのに、しばらく口を利くのも嫌になりました。
ただ、その日、初めてしたオナニーが病みつきになり、翌日から一日も欠かさず、毎日、それも多い日には5回以上も自慰をするようになりました。
そして、オナニーする時に決まって思い浮かべる情景は、あの綺麗な母が無防備な恥ずかしい姿を、モジャモジャの陰毛を、大きなオッパイを揺らして髪を洗っているところをニヤニヤした男達に覗かれている場面でした。

たぶん、この事件が、きっかけになって、今、私がブログでしてるような、「妻を晒したい気持ち」のルーツになったのだと思います。

 - 未分類 , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
ヤンキー女をレイプ

5 : ◆8IyxjUFEWw :2008/10/07(火) 08:54:12 ID:TkqQFUI/0僕は今年20になる、こうじ(仮名)といいます。 ちょっと暗くて友達もいません。もちろん彼女だって、年令=彼女いない歴みたいなさえない奴です。 こんな僕だから、中学の頃はタメのヤンキー達には、いいようにい…

no image
修羅場体験談

俺の場合は妻の不倫で離婚しました。2年前の話しです。当時、俺31歳、妻32歳、結婚2年子梨、共働き、賃貸住宅。妻の相手の男、26歳ぐらい、独身。怪しいと思い始めたのは妻の帰りが急に遅くなり始めた事からでした。それまで残業らしい残業も無く、必ず俺より先に帰ってきて…

no image
お兄ちゃん、身体…溶けそうだよぅ……

妹が小4、自分が中2の頃からマッサージ器対決という遊びをやっていた。マッサージ器というのはよく床屋さんとかに置いてある長方形で、取っ手の付いている物で、物心つく前から家に置いてあるものだったが・・そのマッサージ器は、遊び道具のようになっており、妹と一緒にマッサージごっことかで使ったりしていたのですが、ある時妹が振動してるマッサージ機の上にまたがりながら、「うっー、ここに座ってると、くすぐったくて我慢

no image
一度だけ

1年前に一度だけ浮気をしたことがあります。旦那とケンカしていたので、ママ友達と憂さ晴らしで飲みに行った時に、大学生のグループにナンパされて…場所を移動してカラオケに行った時に自然にカップルになって。私の相手はユウヤ。トイレに行った時に待ち伏せされて…キスさ…

no image
ほんの軽い気持ちから。2

カヨにフェラでイカされティッシュに出された後、彼女は僕にキスをしてきました。僕は今イッたばかりの口でキスをされるのは…と少し思いましたが、拒否するわけにもいかずキスをし、カヨはすぐ舌を絡めてきました。最初のうちは「何か気持ち悪い…」と思ってましたが、カヨ…

no image
屈辱の診察(2)

脱腸の手術で入院した時の事です。明日が手術という日に看護婦さんがきて、「陰毛と足の毛をそらなければならないので、陰毛はご自分でお風呂に入ったときに剃ってください。足のももの後ろは、自分で剃れないので私がそりますね。病室で剃りますか?それとも、処置室で剃り…

no image
長身女子のエッチ1

ぼくの高校では”ヲタク”と”DQN”と”リア充”という基本的三つの人たちがいた。ぼくは言うまでもないが”ヲタク”だ。さらにぼくのいる2年B組の男子はヲタクということで周りからあまりいい目では見られなかった。2年B組は男子がヲタクというだけで女子はDQNが大半を…

no image
★人妻相手にガツガツしている俺

 人妻.NETという人妻サイトがかなり効率よく会えました。彼女とメールで話している時は大胆な発言ばかりで、ただのスケベな人妻だな、としか思って無かったが写メを送ってもらうと清楚系の奇麗な人だった。 何通かメールを繰り返してとりあえず会う事になったのだが、写真と実物が違うという事は良くある事なので、ブスだったら帰ろうと思っていた。指定の時間を5分ほど経過していたので、いそいで待ち合わせ場所へ行くと、スレ

no image
★一晩の忘れられない思い出

 去年のクリスマスイブは私も姉も彼がいなく、二人で居酒屋へ行って「最近の男は最低。ここの美人の姉妹がいるのに。」と、くだを撒きながら飲んでいました。家に帰ると母も父もいなく「そういえばお父さんとお母さん、イブの日はホテルに泊まるって言っていたよね。」と姉から言われ、両親がうらやましく思いました。 しかし、2階がやかましく見てみると兄が友人3人を連れてきていました。兄も彼女がいない仲間同士で飲んでい

no image
★エステで磨かれた奥様はスベスベ

 子供の関係で仲良くなった奥様。奥さんと呼ぶには、綺麗過ぎて、かつ少し高慢な所があったりもするから、奥様と呼ばせてもらう。自薦で「美魔女コンテスト」とかに応募しちゃうような、43歳の奥様。子供が小学校に上がると、エステ通いを始めてしまう程、美を追求してる感じ。 そんな奥様と俺も参加した、子供の父兄だけの飲み会で、〇〇説明会とかは普段は嫁が行っているが、ママ友付き合いが嫌いな嫁は飲み会や懇親会と言うと