エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

妹の友達と付き合ってたらなんか面倒なことになった話

   

俺は今大学二年20歳
妹と妹の友達は高校1年16かな?

妹が小学校の時からよく一緒に遊んでいたなおちゃんという子がいるんだが、
昔から「可愛いなー」とは思っていたんだ

大学一年の夏に実家に帰ったら妹が友達を四、五人連れてきてたんだ。
その日は俺の家でお泊り会をするとのことだった

妹が連れてきた友達の中にはそのなおちゃんもいたんだ。
最初妹と妹の友達が家に入って来た時になおちゃんから「お久しぶりです!」
みたいなこと言われて嬉しかった。

その日の夜に俺が部屋で銀魂の単行本を読んでいると妹が友達を連れて俺の部屋に来たんだ。
どうやら妹の部屋でやることがなくなって俺の部屋に漫画を読みに来たらしい。

19歳の男が部屋に15、16歳の女子5人も連れ込んでるなんて状況俺には耐えられそうになかったので漫画なら貸すから読み終わったら返しに来い、と伝えて銀魂とかワンピースとか適当に貸してやった

で、本を貸したんだが
妹らが部屋を出て行く時に
「夜暇だったらいつでもおいで!」と妹の友達らに変態じみたセクハラ発言をしたんだ。
もちろん冗談のつもりでな。

その日の夜のことだ

深夜二時くらいだろうか
音楽かけながら部屋でバキを読んでいた時のことだ。

そろそろ寝ようかなと思っていると
部屋のドアがノックされた。

家族は俺の部屋に入ってくるときにノックはしないからおかしいなと思った。

一度部屋でオナニーをしている際に兄が俺の部屋に入ってきたことがあった。
それを懸念して兄がノックして確認をしているのかと思った俺は

「入ってもいーよ」って言ったんだ。

そしたら「失礼します」と
入ってきたのはなおちゃんだった。

俺はその瞬間にこれからセックスまで行くのだな。と確信した。
しかし現実はそう甘いものではなかった

俺はもう何が起こったのかわからなかったので
「え?え?」ってなってた。

なおちゃんもなにも言わないでドアの前につっ立っててなにも喋らない

「あやの(妹)は?」と聞いてみたんだが

「一人できました。」と言ってきたので

「ああ、漫画?本棚から勝手に持ってっていいよ」
と言ったら

「みんな寝ちゃって暇になったので遊びに来ました。」と言ってきた。

そもそもそんなになおちゃんとは話したことがないのですごい焦った。

「うーん、俺の部屋に来ても漫画しかないから暇だよ?w」と言ったんだが

「『暇だったら遊びに来い』って言ったじゃないですか!」と言ってきたので

「漫画でも読んで眠くなるまで待てば?」と言ったら

「漫画を読むならあやのの部屋でもできるじゃないですか」

と言っていたので

こいつは俺の肉棒を求めているのだなと確信した。

俺「俺の部屋でしかできないことなんてないでしょw」

な「お兄さんと話したりできるのはこの部屋だけじゃないですか!」

俺「まぁそうなるね、けど今は携帯電話というものがあってだね」

な「なら連絡先教えてくださいよ!」

と言われて俺はなおちゃんと連絡先を交換した。

正直こんなに積極的な子だとは思わなかった

それでもなおちゃんは帰らなかった。
まぁ帰って欲しくないと思ったのも事実。

俺「テレビゲームならあるけどそういうの興味ある?」

な「興味ないです」

俺「そっかーじゃあ何もやることないね」

な「お兄さんの顔を見ながらお話できればそれでいいです」

このあとの沈黙は長かった。

一体なにを話していいものか、と

「学校どう?」とか「部活は?」とかいろいろ話したきがするが
どれもこれもすぐに話が終わってしまって会話が続かなかった。

こんなに気まずいなら早く帰ってしまえと思ってた。

そしたら奈央ちゃんが部屋の物色をし始めた。
特に見られて困るものなどないのでほっておいたら
前に彼女と使うために買ったコンドームを持って
「これ、何ですか?」と言ってきた

何ですか?と聞いている奈央ちゃんの目は
完全にそれが何か知っている目だった。

俺は「ここだ」と思って

「SEXする時に子供ができないようにするものだよ」と言った

な「えー、なんでこんなものあるんですかー?」

俺「前に彼女と使ってたからだよ」

な「へー」

俺「なおちゃんはしたことある?」

な「ないです。」

俺「してみたい?」

な「はい、してみたいとは思ってます」

俺「してみる?」

な「今生理来てるんですよね」

俺「そっかー」

ってなってギンギンになった俺のブツはどうしていいものか困った

その日はなんやかんやで奈央ちゃんが眠くなったらしいので妹の部屋に返した。

数日後なおちゃんからメールがあった。

「こんにちは
この前はすごいドキドキしました!
迷惑じゃなかったらしばらくメールに付き合ってください。」

と書いてあった。

「こんにちわ。
俺もこの前はドキドキしたよ。

大丈夫だよ。メールしよう!」

と返した

なおちゃんは連絡先を交換したことは妹に内密にするように、と言ってきた。

なんでだろうと思ったが、妹に話す義理もないので黙っておいた。

しばらくメールしていると
「わかってるかもしれませんが私はお兄さんのことが好きです。
よかったら私と付き合ってください。」
というメールが来た。

そこから俺はなおちゃんと付き合うことになった。

その日からというもの夏休みということもあって
なおちゃんは部活が休みになるたびに俺の家に泊まりに来た。

妹が寝るまでは妹の部屋、妹が寝たら俺の部屋にくるみたいなかんじだった。
もちろんその生活の中でなおちゃんとは何回もやった。

ある日妹に付き合っていることを打ち明けようと思ってなおちゃんに話して見たときのことだ

するとなおちゃんは少し苦い顔をしたが
「まぁいいですよ。」みたいなこと言ってくれた。

妹に「俺お前の友達のなおちゃんと付き合ってるんだよね」と言ったら

妹は「え?マジで?大丈夫?」みたいなことを言ってきた。

俺は何かやばい気がしたので「どういうことだ?」と聞いてみたんだが
妹は「ちょっと話していいことなのかわからないから言えないわ」みたいなことを言って話そうとはしなかった。

妹は兄が友人と付き合っていることに驚くというより
友人が誰かと付き合っていることに驚いているようだった。

なおちゃんにその話をしてみたら
「実は・・・」とおもむろに話し始めた。

奈央ちゃんが教えてくれたこと、
後に妹が教えてくれたことをまとめると

なおちゃんには前に彼氏がいたらしいのだが
その彼氏がやばいらしい。
精神的にやばい人で、なおちゃんは別れたつもりらしいのだが
その彼氏は今でも付き合っているつもりらしいのだ。
高校に入って奈央ちゃんが仲良くなった男子に
喧嘩を売ってボコボコにしたり、ととにかくぶっ飛んでるやつらしいのだ。

なおちゃんはその彼氏の耳に俺の情報が入るのを恐れて誰にも言わないつもりでいたらしい。

次の日妹に付き合っていることを明かしたことを存分に後悔した。

奈央ちゃんの話によれば
学年中に広まっていたらしい。

妹はびっくりするほど口が軽いのだ。

それから数日後。

知らないメールアドレスからメールが入った。

「俺のなおに何してんだ?」

すべてを察した。

俺は「どなたですか?」
と返した。

すると
「なおの彼氏だよ」と返ってきた。

俺「で、なんの用でしょうか?」

準(後にわかったそいつの名前)「出てこいよ。お前んちの前にいるから。」

俺は窓のカーテンを少しだけ開けて庭を見た。

知らない男が一人でたっていた。
自転車に乗って。

また、この庭が戦場になろうとしているのだ。
かつてここであったエアガンによる惨劇を思い出させる。

俺は出ていこうと思ったのだが、
一通りの会話を先に想像して円滑に会話が進み丸く収まる方向で行けるように
十分シミュレートしてからそいつのところに向かった。

二階の窓から見たときはあんまりそうは思わなかったが
その男のところまで行ってみると思ってたより随分と華奢な男の子だった。

準「あなたがなおに手を出したっていう人ですか?」

俺「?(思ったよりなよなよしてるな)うーん、付き合ってるつもりだけど・・・」

準「何歳ですか?」

俺「19だけど」

準「そうですか」

俺「で、なんのよう?」

準「今日は帰ります。」

俺「? 気をつけてな」

いったい何をしに来たのだろうと思っていたら夕飯時に準くんからメールが来た

準くんからのメールはこういったものだった
「さっきの舐めたような態度は気に食わない」

俺は「実際にあって話すのとメールの態度が随分と違うね」と返した

すると準くんは「黙れ」とだけ返信してきたので
言われたとおりそこで返信をやめたんだ

数日後のことだ
俺の家の電話が鳴った。

母が出て、しばらく申し訳なさそうに話したあとに
「あんたに変われって言ってるよ。あんた何したの?」
と言ってきた。

電話に出てみると
「あなた準ちゃんに何したの!!!?あなたが準ちゃんをいじめたの!!!??」
などと怒涛のようにババアの声が聞こえてきた

この時点で悟った。面倒なことになった、と

ばばあが「いまからあなたの家に伺いますからね!!!」と言ってきて勝手に電話を切りやがった

数分後家の玄関が開いた。すごい勢いで。

そこには太ったババアと準くんの姿が
「俺くんに話しがあります!!!」

と言ってきたので

家の中で家族に見られるのも嫌なので家の近くの公民館の駐車場に行って
ばばあと準くんと俺の三人で話すことになった

バ「うちの準ちゃんに何したの!!?」

俺「俺は何もした覚えはありません。準くんが俺に何かされたと言っているなら準くんに聞いてみればいいんじゃないですかね」

バ「準ちゃん!何されたの!?」

準「・・・」

バ「なんで黙ってるの!?お母さんと一緒にこの人をやっつけましょ!!」

俺「・・・w」

バ「あんた何笑ってんのよ!!!1」

俺「すみません、けど用事がないなら帰らせていただきます」

バ「ほら、早く言いなさい!準ちゃん!」

準「彼女取られた」

バ「なんですって!!!」

準「大好きだったのにいいい(泣)」

バ「準ちゃんの彼女返しなさいよ」

俺「なおさんは準くんとは別れたと言っていたのd」

バ「返しなさいよおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!」

準「うあああああああああああああああん!!!!」

さすがに近所迷惑だと思ったので

俺は「あの、すんません、静かにしてください。」
と言った

それでも
ババアは「息子の彼女が取られてだまってられるもんですかああああああああああああああ」

みたいなこと言って静かにならなかったんだ

近所のおばさんが家から出てきて俺らのことを見つめていたので
通報されたら大変だと思い
とりあえず静かにさせるために
「分かりました!!彼女と話し合ってみます!!」

と言ったら
「絶対別れなさいよ!!!」とババア

ババアどもは帰ったのですが
そこであった話をなおちゃんに話してみると
「じゃあ別れよっか」となんかあっさりしてて
そのまま別れることになった

正直凄まじい喪失感だった

別れてから数日後のことである。
準くんからメールがあった。
「ほんとに別れてくれたんですね。
もう絶対なおとコンタクトを取らないでくださいよ。」

とのことだった。

それ以来ババアも準くんも俺に何もしてきませんが

今でもなおちゃんとは付き合っているときのようにメールもしていますし
俺が実家に帰ってきた時などは遊びに来てくれます。

別れたような感覚は全くないです。

なおちゃんに「あれから準くんとは付き合ってるの?」と聞いてみたら

「中学卒業してからは会うこともなくなったよ?」だそうです
俺は今大学二年20歳
妹と妹の友達は高校1年16かな?

妹が小学校の時からよく一緒に遊んでいたなおちゃんという子がいるんだが、
昔から「可愛いなー」とは思っていたんだ

大学一年の夏に実家に帰ったら妹が友達を四、五人連れてきてたんだ。
その日は俺の家でお泊り会をするとのことだった

妹が連れてきた友達の中にはそのなおちゃんもいたんだ。
最初妹と妹の友達が家に入って来た時になおちゃんから「お久しぶりです!」
みたいなこと言われて嬉しかった。

その日の夜に俺が部屋で銀魂の単行本を読んでいると妹が友達を連れて俺の部屋に来たんだ。
どうやら妹の部屋でやることがなくなって俺の部屋に漫画を読みに来たらしい。

19歳の男が部屋に15、16歳の女子5人も連れ込んでるなんて状況俺には耐えられそうになかったので漫画なら貸すから読み終わったら返しに来い、と伝えて銀魂とかワンピースとか適当に貸してやった

で、本を貸したんだが
妹らが部屋を出て行く時に
「夜暇だったらいつでもおいで!」と妹の友達らに変態じみたセクハラ発言をしたんだ。
もちろん冗談のつもりでな。

その日の夜のことだ

深夜二時くらいだろうか
音楽かけながら部屋でバキを読んでいた時のことだ。

そろそろ寝ようかなと思っていると
部屋のドアがノックされた。

家族は俺の部屋に入ってくるときにノックはしないからおかしいなと思った。

一度部屋でオナニーをしている際に兄が俺の部屋に入ってきたことがあった。
それを懸念して兄がノックして確認をしているのかと思った俺は

「入ってもいーよ」って言ったんだ。

そしたら「失礼します」と
入ってきたのはなおちゃんだった。

俺はその瞬間にこれからセックスまで行くのだな。と確信した。
しかし現実はそう甘いものではなかった

俺はもう何が起こったのかわからなかったので
「え?え?」ってなってた。

なおちゃんもなにも言わないでドアの前につっ立っててなにも喋らない

「あやの(妹)は?」と聞いてみたんだが

「一人できました。」と言ってきたので

「ああ、漫画?本棚から勝手に持ってっていいよ」
と言ったら

「みんな寝ちゃって暇になったので遊びに来ました。」と言ってきた。

そもそもそんなになおちゃんとは話したことがないのですごい焦った。

「うーん、俺の部屋に来ても漫画しかないから暇だよ?w」と言ったんだが

「『暇だったら遊びに来い』って言ったじゃないですか!」と言ってきたので

「漫画でも読んで眠くなるまで待てば?」と言ったら

「漫画を読むならあやのの部屋でもできるじゃないですか」

と言っていたので

こいつは俺の肉棒を求めているのだなと確信した。

俺「俺の部屋でしかできないことなんてないでしょw」

な「お兄さんと話したりできるのはこの部屋だけじゃないですか!」

俺「まぁそうなるね、けど今は携帯電話というものがあってだね」

な「なら連絡先教えてくださいよ!」

と言われて俺はなおちゃんと連絡先を交換した。

正直こんなに積極的な子だとは思わなかった

それでもなおちゃんは帰らなかった。
まぁ帰って欲しくないと思ったのも事実。

俺「テレビゲームならあるけどそういうの興味ある?」

な「興味ないです」

俺「そっかーじゃあ何もやることないね」

な「お兄さんの顔を見ながらお話できればそれでいいです」

このあとの沈黙は長かった。

一体なにを話していいものか、と

「学校どう?」とか「部活は?」とかいろいろ話したきがするが
どれもこれもすぐに話が終わってしまって会話が続かなかった。

こんなに気まずいなら早く帰ってしまえと思ってた。

そしたら奈央ちゃんが部屋の物色をし始めた。
特に見られて困るものなどないのでほっておいたら
前に彼女と使うために買ったコンドームを持って
「これ、何ですか?」と言ってきた

何ですか?と聞いている奈央ちゃんの目は
完全にそれが何か知っている目だった。

俺は「ここだ」と思って

「SEXする時に子供ができないようにするものだよ」と言った

な「えー、なんでこんなものあるんですかー?」

俺「前に彼女と使ってたからだよ」

な「へー」

俺「なおちゃんはしたことある?」

な「ないです。」

俺「してみたい?」

な「はい、してみたいとは思ってます」

俺「してみる?」

な「今生理来てるんですよね」

俺「そっかー」

ってなってギンギンになった俺のブツはどうしていいものか困った

その日はなんやかんやで奈央ちゃんが眠くなったらしいので妹の部屋に返した。

数日後なおちゃんからメールがあった。

「こんにちは
この前はすごいドキドキしました!
迷惑じゃなかったらしばらくメールに付き合ってください。」

と書いてあった。

「こんにちわ。
俺もこの前はドキドキしたよ。

大丈夫だよ。メールしよう!」

と返した

なおちゃんは連絡先を交換したことは妹に内密にするように、と言ってきた。

なんでだろうと思ったが、妹に話す義理もないので黙っておいた。

しばらくメールしていると
「わかってるかもしれませんが私はお兄さんのことが好きです。
よかったら私と付き合ってください。」
というメールが来た。

そこから俺はなおちゃんと付き合うことになった。

その日からというもの夏休みということもあって
なおちゃんは部活が休みになるたびに俺の家に泊まりに来た。

妹が寝るまでは妹の部屋、妹が寝たら俺の部屋にくるみたいなかんじだった。
もちろんその生活の中でなおちゃんとは何回もやった。

ある日妹に付き合っていることを打ち明けようと思ってなおちゃんに話して見たときのことだ

するとなおちゃんは少し苦い顔をしたが
「まぁいいですよ。」みたいなこと言ってくれた。

妹に「俺お前の友達のなおちゃんと付き合ってるんだよね」と言ったら

妹は「え?マジで?大丈夫?」みたいなことを言ってきた。

俺は何かやばい気がしたので「どういうことだ?」と聞いてみたんだが
妹は「ちょっと話していいことなのかわからないから言えないわ」みたいなことを言って話そうとはしなかった。

妹は兄が友人と付き合っていることに驚くというより
友人が誰かと付き合っていることに驚いているようだった。

なおちゃんにその話をしてみたら
「実は・・・」とおもむろに話し始めた。

奈央ちゃんが教えてくれたこと、
後に妹が教えてくれたことをまとめると

なおちゃんには前に彼氏がいたらしいのだが
その彼氏がやばいらしい。
精神的にやばい人で、なおちゃんは別れたつもりらしいのだが
その彼氏は今でも付き合っているつもりらしいのだ。
高校に入って奈央ちゃんが仲良くなった男子に
喧嘩を売ってボコボコにしたり、ととにかくぶっ飛んでるやつらしいのだ。

なおちゃんはその彼氏の耳に俺の情報が入るのを恐れて誰にも言わないつもりでいたらしい。

次の日妹に付き合っていることを明かしたことを存分に後悔した。

奈央ちゃんの話によれば
学年中に広まっていたらしい。

妹はびっくりするほど口が軽いのだ。

それから数日後。

知らないメールアドレスからメールが入った。

「俺のなおに何してんだ?」

すべてを察した。

俺は「どなたですか?」
と返した。

すると
「なおの彼氏だよ」と返ってきた。

俺「で、なんの用でしょうか?」

準(後にわかったそいつの名前)「出てこいよ。お前んちの前にいるから。」

俺は窓のカーテンを少しだけ開けて庭を見た。

知らない男が一人でたっていた。
自転車に乗って。

また、この庭が戦場になろうとしているのだ。
かつてここであったエアガンによる惨劇を思い出させる。

俺は出ていこうと思ったのだが、
一通りの会話を先に想像して円滑に会話が進み丸く収まる方向で行けるように
十分シミュレートしてからそいつのところに向かった。

二階の窓から見たときはあんまりそうは思わなかったが
その男のところまで行ってみると思ってたより随分と華奢な男の子だった。

準「あなたがなおに手を出したっていう人ですか?」

俺「?(思ったよりなよなよしてるな)うーん、付き合ってるつもりだけど・・・」

準「何歳ですか?」

俺「19だけど」

準「そうですか」

俺「で、なんのよう?」

準「今日は帰ります。」

俺「? 気をつけてな」

いったい何をしに来たのだろうと思っていたら夕飯時に準くんからメールが来た

準くんからのメールはこういったものだった
「さっきの舐めたような態度は気に食わない」

俺は「実際にあって話すのとメールの態度が随分と違うね」と返した

すると準くんは「黙れ」とだけ返信してきたので
言われたとおりそこで返信をやめたんだ

数日後のことだ
俺の家の電話が鳴った。

母が出て、しばらく申し訳なさそうに話したあとに
「あんたに変われって言ってるよ。あんた何したの?」
と言ってきた。

電話に出てみると
「あなた準ちゃんに何したの!!!?あなたが準ちゃんをいじめたの!!!??」
などと怒涛のようにババアの声が聞こえてきた

この時点で悟った。面倒なことになった、と

ばばあが「いまからあなたの家に伺いますからね!!!」と言ってきて勝手に電話を切りやがった

数分後家の玄関が開いた。すごい勢いで。

そこには太ったババアと準くんの姿が
「俺くんに話しがあります!!!」

と言ってきたので

家の中で家族に見られるのも嫌なので家の近くの公民館の駐車場に行って
ばばあと準くんと俺の三人で話すことになった

バ「うちの準ちゃんに何したの!!?」

俺「俺は何もした覚えはありません。準くんが俺に何かされたと言っているなら準くんに聞いてみればいいんじゃないですかね」

バ「準ちゃん!何されたの!?」

準「・・・」

バ「なんで黙ってるの!?お母さんと一緒にこの人をやっつけましょ!!」

俺「・・・w」

バ「あんた何笑ってんのよ!!!1」

俺「すみません、けど用事がないなら帰らせていただきます」

バ「ほら、早く言いなさい!準ちゃん!」

準「彼女取られた」

バ「なんですって!!!」

準「大好きだったのにいいい(泣)」

バ「準ちゃんの彼女返しなさいよ」

俺「なおさんは準くんとは別れたと言っていたのd」

バ「返しなさいよおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!」

準「うあああああああああああああああん!!!!」

さすがに近所迷惑だと思ったので

俺は「あの、すんません、静かにしてください。」
と言った

それでも
ババアは「息子の彼女が取られてだまってられるもんですかああああああああああああああ」

みたいなこと言って静かにならなかったんだ

近所のおばさんが家から出てきて俺らのことを見つめていたので
通報されたら大変だと思い
とりあえず静かにさせるために
「分かりました!!彼女と話し合ってみます!!」

と言ったら
「絶対別れなさいよ!!!」とババア

ババアどもは帰ったのですが
そこであった話をなおちゃんに話してみると
「じゃあ別れよっか」となんかあっさりしてて
そのまま別れることになった

正直凄まじい喪失感だった

別れてから数日後のことである。
準くんからメールがあった。
「ほんとに別れてくれたんですね。
もう絶対なおとコンタクトを取らないでくださいよ。」

とのことだった。

それ以来ババアも準くんも俺に何もしてきませんが

今でもなおちゃんとは付き合っているときのようにメールもしていますし
俺が実家に帰ってきた時などは遊びに来てくれます。

別れたような感覚は全くないです。

なおちゃんに「あれから準くんとは付き合ってるの?」と聞いてみたら

「中学卒業してからは会うこともなくなったよ?」だそうです

 - 未分類 , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
初オナニーとその後

はじめてのオナニーは小6の夏休みでした。2こ違いの姉貴と、留守番のときプロレスのわざをかけたりくすぐりっこして、取っ組み合いしてたときでした。 ぼくが姉をうしろから抱きしめるようにして大きい胸をもんでいると(こんなの普通でした)何を思ったか、姉がいきなり…

no image
家庭崩壊

一見、裕福で幸せに見える家庭でも、内情は結構荒れていたりするもんなんだなぁと思うような出来事が過去にありました。学生時代に家庭教師のアルバイトをしてましたが、そこの家庭は俺が住んでいたアパートの大家さんでした。その家は元々その辺りの大地主だったようで、戦…

no image
少女の花びら ?

"『 最終章 財閥令嬢の膣内破損 』、我小学校の新体操部は予選落ちして俺にしてみれば一日だけの楽園だった新体操の""美雪""と言う獲物を捕らえる事が出来て今後楽しみだそれに購入難の小学生児童による新体操DVDの修正製作が楽しみだ数日後 性奴隷化された裕子をマン…

no image
職場の人妻と不倫

5年前のことひょんなことから職場の同僚の女性とメール交換が始まった。30代前半にしてバツイチになってしまった俺は、女性不信に陥っていてやけっぱちな状態で、このメール交換が後々まで続く関係になるとは思ってなかった。彼女は既婚で子梨、数年前から知ってはいたが、職…

no image
仲の良い人妻

とあるダンスチームに、所属をしていました。今では何がキッカケだったのかわからないのですが同じチームにいた1歳上の人妻と関係を持った時の話です。その子は、結婚式約1ヶ月前、旦那とはレス状態しかも、式の準備はあまり手伝ってもらえずに愚痴をこぼしていました。そん…

no image
小さな彼女7

その刺激に耐えながら、クリトリスを重点的に攻めはじめてまもなくすると、はじめて試した時のように突然「ァハッ、ハッ、あっ、止めて、そこ止めて、ヤメテ」とペニスを握る手にグッっと力が入り、訴えてきたのです。私のペニスもガマン汁でベトベトになり、限界寸前でした…

no image
★お金を出してでも若い女体を抱きたい

 某サイトで知り合った20歳の子。小柄で白いワンピースの似合うロリ系の子だった。俺は39のオッサン。ふつうに過ごしてたら出会いはない歳の差。聞くと彼氏とは半年前に別れたとか。1人暮らしを始めてお金がないとのこと。「援助してあげるよ」と言ってやった。 こういうことをするのは2回目だとか。ほんとかうそかはわからんが、それは大変だねと話を聞いてやった。最高で3まで出してあげてもいいよと言うと、あきらかに

no image
僕のもと嫁1

ある夏の暑い日、友達を家に招いて食事会?をした時の話です。嫁の手料理をつつきながら、酒を飲み、三人でワイワイ、くだらない話で盛り上がっていました。嫁のその日の格好は、黒のキャミソール、茶色のミニスカ(B87.W59.H80)色白で、僕の言うことなら何でも…

no image
家庭教師と怪しい嫁

嫁の優子は35歳で、俺は37歳、結婚して12年経つ。明るい性格で、可愛らしい顔の優子は俺の自慢の嫁だ。150cmと小柄だが、カップで言うとFもある胸は、どんな服を着ていても主張しすぎていて、他の男が見ているんじゃないかと気になって仕方ない。ルックスは、芸能人で言うと…

no image
露出散歩

この前トライした「露出散歩」を、報告します。 着替え、、、。 自宅を出て私鉄とJRを乗り継ぎ、かなり遠くまで行きました。 以前何度か来たことのある駅です。 構内のトイレで着替えしました。 下着は、ショーツ着けずに、最近出回り出したサスペンダー型のストッキングで…