エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

★気になる男を摘み食いした告白・・1/2

   

★気になる男を摘み食いした告白・・1/2

 最近子育てにも少し慣れてきて自分の時間も作れるようになってきたので、そんな時間に少しづつ思い出話を書いてみようかなって思って・・だからこれは思い出話。旦那にも、友達にも誰にも言っていない、私だけの秘密。

 ますは自己紹介。私、山内里奈。当時、20歳。商社系の会社で働くOL。どっちかというと、会社では“甘えん坊キャラ”かな。でも仕事はしっかりするのがプライド。甘えん坊キャラの私しか見たことがない同僚は、ふと、仕事をしている私を目にして『山内さんって、しっかりしてるんだね・・』と心底驚かれることもしばしば。それがまた面白い。
 でも、会社を出て、プライベート、つまり恋人や友達の前にでるとどっちもキャラも捨てちゃうの。本当の私で自然に生きてるの。ある日私のいる事務所に、沢松博之っていう38歳独身の男の人が転勤してきたの。彼は、かなり人付き合いが不器用な感じの人。私も別に話すこともなくって挨拶程度だったの。


 そんな毎日が過ぎて一ヶ月たったころかな、『沢松さんは自分が女に好かれるわけがないって思ってるらしい』って話を耳にしたの。そんなこと無い、顔だって結構男前だし、自分から打ち解けるタイプなら女から寄ってくるよ絶対!って思ったの。でも、彼を観察していると、ほんとだ、女性を自分から避けてる・・

 私はある作戦を実行しました。

・毎日、沢松さんとすれ違うたびにニッコリ笑って挨拶をする。
・休憩室で会うと、必ず自分から話し掛ける。
・残業して帰るときに、彼のいる部署で彼が一人だったら、必ず立ち寄って挨拶して帰る。

 とりあえず、彼と親しくなるように毎日毎日実行し続けたの。何のために? うーん、別に理由はなかったのよね、彼氏もいたし、セックスフレンドもいたし、沢松さんが好きってこともなかったし。「何故?」といわれると全くわからなかった。でも、関わりたかった。もしかしたら、「自ら女を遠のけている」彼だけど、私にだけは振り向かせたかったからかも。

 2ヶ月以上、毎日そういうことをしつづけて、やっと彼からも話し掛けてくるようになったの。帰りに彼が一人で残業してたら、彼の隣のデスクに座って話して帰るようになったわ。でも、私からはもちろん、彼からも誘ってくることはなかった。普通、『飲みにいこうよ』とかっていう流れになるじゃない?でも全然なの。


 私は、彼から誘われるように頑張ろうと決めたの。自分からは絶対誘わないけど、たとえば「帰ってビールでも飲もうかなあ・・」って彼が言ったら、「いいな~私も飲みたくなっちゃった~。私も買って帰ろうかなあ」とかね。そういう会話をするようになってまた2ヶ月・・

 休憩室で話をしていたら、彼がポロッと「飲みに行こうか・・」って。「え~まだ4時ですよ~それに仕事中だし~」って言ったら笑いながら下を向いてしまった彼。しょうがない。「じゃあ、7時に7番出口でどうですか?」って言ったの。彼は驚いた顔で私を見て、何かを言いかけたんだけど、私はさっと立ち上がって「さぼりすぎた~」って言いながら立ち去りました。

 夜7時 地下鉄7番出口。会社からはかなり遠い出口。行ってみると不安そうな顔で立っている沢松さん。「どこ行きます?」と声をかけると、「あ・・来たんだ」って・・私たちは近くの居酒屋に入って飲むことになりました。明らかにぎこちない彼だけど、お酒が入ると、すっごい明るくなって、よくしゃべるの。私も彼に引き込まれて気がついたら11時。


 帰りながら彼は私の頭をなでたりちょっと近寄ったりするんだけど、それ以上はなし。そして駅で手を振ってお別れ、う~んま、こんなもんか、って感じ。エッチなことしようとしたら、どうやってかわそうかとまで考えてたのに・・。そんなこと考えてたら、ちょっと濡れてたのに・・その夜、私は功治(彼氏)の家に行く予定もあったから、どうせそのまま帰るんだったんだけど、私に触れたのは頭をなでただけ、すごくじらされた感じ。

 その夜、功治の家に行った私は、来るのが遅かった私を責める彼をなだめながら、彼の下半身を裸にして舐め始めたの。『お詫び』と言いながらね。状況の流れによっては、沢松さんとこうなっていたかもしれない、と思いながら・・。心のどこかではそれをのぞんでいたのかも?そんな自問はふりきらないと、彼に失礼よね。

 彼は私のミニスカートを捲くりあげて、下着の中に指を入れたの。“くちゅ”音がするくらいに溢れてた。「そんなにしたかったの?」と言われながら彼の指を受け入れて、クリトリスを触られながらバックで彼を受け入れて自分でも腰を振り続けて、これが本当の私、そんなことがふと頭をよぎっていった。

 休みの間中、彼氏とセックスしていても、火曜日にはセフレと会ってセックスをする。そんな毎日を続けていた私が、沢松さんに興味を持ったのは、私と全く違う生活をしているであろう。彼のセックスに興味があったのか、彼自身に興味があったのか、彼を振り向かせてみたかっただけなのか私にはわからない。


 二人で会ったときに電話番号を交換しても、沢松さんらは全く電話はない。次の週も誘われることもない。毎日がそれまでと同じことの繰り返し。私のことに興味がないのかとも考えたけど、そうでもなさそう。「癒される、かわいい・・」とポツポツ言うようにもなっていたし、視線を感じることが多くなっていた。

 沢松さんに関わろうとし始めてから半年以上たったある土曜日、彼氏ともあえなくて、セフレとも会えなくて、そして、何より仕事が忙しくて、珍しく休日出勤したの。鍵が開いていて、誰かが来ている。明かりのついている部屋を覗くと、沢松さん!!彼も私を見て驚いているみたい。

 それでも、私は軽く挨拶をして仕事を始めたの。仕事を始めるとすごい集中力を発揮する私は、「里奈ちゃん」って言う声に心底ビックリ。沢松さんが立っていて「もう帰るから」て。わざわざ声をかけに来てくれたみたい。里奈ちゃんと、初めて名前を呼ばれたことに気がつかない振りをしながら、「え~帰るんですか」と彼の立っているところへ行き、腕を持って私のデスクのそばに引っ張っていきました。


「座っててください。あと10分で終わりますから。一人になるの怖いもん」無意識を装いながら彼の腕に胸を押し付けて甘えてみました。沢松さんは少し笑って隣に座り、仕事を片付けていく私をじっと見ています。仕事を片付けて帰ろうとして、私はあることを思い出しました。

「休憩室にビールが冷えてますよ。飲んで帰りましょうよ」って。「鍵しめちゃお~もうこんな時間から来る社員さんいないと思うし、変な人入ってきたらこわいもん」私は彼の返事も聞かずに、休憩室のそばにあるドアに鍵をかけました。

 ビールを取り出し、プシュっと缶を開けて彼に渡しながら、「あ。。ごめんなさい。。この後用事とかありました?」って聞くと彼は、「ううん、どうせ帰って一人で飲むだけだったから」って。私たちは棚においてあるお菓子を広げて飲み始めました。酔った振りしながら(…実際酔っていたかもしれませんが)、彼の隣に移動し、ぴったりくっついて飲んでいると彼の体は硬直しています。

 何気なく彼のひざに手を置いても彼は硬直したまま。わたしはもっと彼にくっついて、ベタベタ甘えていました。「そんなにくっついたら、キスするよ」って。沢松さんは彼のものとは思えない言葉を耳の中に吹き込んできました。わたしが「いいよー」と目をつぶると、彼はキス。触れるだけのキス。


 わたしは彼がすると思っていなかったのでかなりびっくり。一瞬の沈黙の間、見詰め合っていると、沢松さんは決心したようにわたしに近づいて今度はやさしくゆっくりキス。わたし達はお互いの唇と舌を感じあうように、長く長くキスをしました。私は彼の唇の暖かさを感じながら、「ああ、やっぱり私は、こうなることを望んでいたんだ」と確かに感じました。

続く

 - 不倫の体験談 , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
女友達の旦那さんとエロな不倫を

 何年か前の話ですが、友達の里美ちゃん夫婦がアパートを引っ越ししたというので遊びに行きました。土曜の夜で3人で飲んだので、車で帰れず泊まることにしました。里美ちゃん夫婦は二人で寝室で寝て、わたしは一人で居間に布団を敷いて寝ることに。夜中に(お酒でお腹がゆるくなり)お腹が痛くなってトイレに行き10分くらいしてトイレ(男女一緒の洋式トイレでした)を出ると、里美ちゃんの旦那のMくんも偶然トイレに起きてき

no image
★不倫ですが昼間から求めあっています

 彼との関係は1年以上になります。互いに家庭あり、同級生の子供もいて、しかも彼は主人の弟です。彼には前から、気になる視線を感じてて去年の春頃、告白され誘われていました。気にはなってたけど、主人の弟としてしか見てなかったし まさか今のような関係になるなんて思ってもなかった。初めて抱かれたのは、主人の実家へ帰省した時でした。  奥さんは、下の子が野球やってて来れなく、主人と彼とお義父さんは夜遅くまで飲ん

no image
忘年会やイベント後のエロ体験談

 34歳の人妻です。去年の会社の忘年会の時の話です。うちの会社は男子社員が少なく、ほとんどが主婦パートやアルバイトで、宴会等になると酔いも手伝って、大抵はかなり生々しいエッチ話になってしまいます。この日も例外なく、旦那が最近全然(起たなくて)ダメで、とか、彼氏の友達とエッチしちゃった事あって、とか、とにかくおばさん含めて女ばかりの猥談で盛り上がってしまいます。

no image
あらゆる場所でアソコを愛撫され・・

 もう何年か前になります。普通のまじめなメルフレの人としばらくメールをし、日常の会話がはずんでいました。お互い都内に住んでいるのになかなか会うということはしないでいました。それというのもお互い既婚の身で、変な関係にはならないという約束でした。でも、毎日のように何気ないメールをするうち、人柄がお互いにわかり、ご飯くらい食べようかということになりました。

no image
★あなた「ごめんなさい!」人妻の告白

 私32歳、主人39歳、結婚してまだ1年です。私には結婚前から付き合っている人がいて、今でも付き合っています。その人は主人の会社の社長で55歳。もちろん奥様もお子様もいらっしゃる精力たっぷりの方です。主人とは社長の紹介で結婚しました。 私たちのことが奥様にばれそうになり、つい社長が主人の名前を出してしまったようなんです。体力と真面目さだけがとりえの主人。

no image
飲んだ勢いで若い男根を受け入れてしまいました

 夜中の集配作業のアルバイトをしている40歳の主婦です。主人は仕事が減り収入激減。家計の足しにと始めたのですがけっこう楽しい。半年を過ぎた頃毎回同じシフトにな一つ下の彼。明るくあまり仕事仲間の居ない私には唯一のバイト仲間。気さくで気配りの出来る彼。休憩中に新年会をしようと盛り上がり2人で出かけることに。

no image
★やけっぱちな心境の時に誘われ

 初めての不倫で私はすっかり変えられてしまいました。私は38歳で子供が一人、中学生の娘です。結婚してからアパート暮らしで平凡な主婦でコンビニやスーパーのパートをしていました。 昨年、旦那がリストラになり私の実家に同居しなければならなくなり以前から少なくなっていた夜の生活は同居以来ほとんど無くなっていました。旦那の仕事が早朝からとなったのも原因でした。かといって別に不満を感じてはいませんでした。

no image
★窓際に手をつきバックスタイルは燃えます

 私の元同僚との事です。私は45才既婚で彼は30才独身です。彼とは2-3ヵ月に一度逢っています。数日前からドキドキし、当日は主人や子供を送り出しシャワーを浴び、彼のお気に入りの中学生みたいな白の下着で出かけます。駅で待ち合わせ、ウキウキでホテルの部屋に入ると、いつもはそのままベットですが今回は、景色いいからと窓際に行きました。 彼が「淫乱な奥さん」といいながら後ろに来ていきなりスカートを巻く利上げ、ショ

no image
★課長の乳首を舐める愛撫で逝っちゃいます

 年上だけど可愛い人です。結婚してもお仕事を辞めてない理由の一つに、不倫相手が社内だと言う事があります。ダンナとは学生の頃からお付き合いをしていて、私が就職して6年目に結婚しました。ダンナは私より1つ年下です。セックスの相性は、初めの頃はとても合っていると感じていましたが、不倫相手の課長さんを知ってからは、そうでもないかもと考えてしまいます。 はっきり言って淡泊というか、若いから仕方がないのかもし

no image
★元上司に中出し不倫したイケない人妻です・・1/2

 私の会社で課長だったKさんは、去年引き抜かれて取引先の会社へ転職しました。入社してからいろいろ面倒をみてくれてたので、やはり寂しかったんですが、退社記念飲み会では「スパイになってやるよ!」と冗談をいってました。ちなみに私もKさんも既婚です。  私の旦那も同じ会社(別の部署)で、Kさんとは草野球仲間でした。転職先にはチームがないので、Kさんは残念がってましたが・・ 転職したKさんは、営業担当としていろん