エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

OLが股を開き気味に脚を投げ出して寝てた

   

ブラック高偏差値で有名な車の営業会社で働いてた時の話。
そこは21時位になっても数字足りないと
『今日の数字足りねぇけどどーすんだよ?』
と店長から詰められる会社。
そんな時間に言われても確実なアポなけりゃどーにもならん。
で、とある日。
事務所で詰められるのが嫌だったおいらは
『直訪とポスティングしてきます』
と言って逃げ出す。
『さてどーやって時間潰すか…』
と適当に車流す。

以前アタリのあった顧客へアポ梨突撃。
勿論撃沈。
その後周囲をポンコツで徘徊してると月極駐車場の中で助手席が開いて
荷物らしきものが散乱した車を見かける。
『なんだあれ?』
と思って見てみると
OLが股を開き気味に脚を投げ出して寝てた。
直感的に
『これを行かねばいつ行く?』
多分酔いつぶれてるんだろうと思い、自分が持ってたお茶を持ちながら
『大丈夫ですか?』
と善人ぶって声をかけた。

♀『う〜ん…だぁいじょうぅぶでぇすぅぅぅ…』
自分『大丈夫ですか?これ飲む?』
みたいなやり取りを数分続ける。
田舎の街で22時は回ってたと思うので、周囲に人は全く人は居なかった。
介抱するふりしながら女の身体にタッチするとなかなかいい肉付きをしてるw
推定20代半ば、身長は160無い位、OLスーツがいやらしいムッチリ体型。
おいらはおそらくこの時点でフルおっきに近かったと思う。

車外に投げ出してた身体を起こしてやると酔っ払いながらもこっちにもたれ掛かってきやがる。
『あぁ〜やべぇ〜むちむちだしえぇオイニーだわぁ』
と思いながら思い切って抱きついてみると
あちらもまんざらでもないのかこっちに抱きついてきた。
服の上からパイオツを揉んでみると泥酔女は
『気持ちイイ』

『気持ち悪い〜』
を繰り返してる。
しまいにはまどろんだ目でこっちの顔をじっくり見ながら
『なぁぁんか格好良くない?』
とか言いながらあちらからベロチュー。

もうこっからは善人ぶるのは完全に止めて狼モードに切り替え決定。
『どこでハメてやろうか…?』
と考えホテルで休もうかなどと持ちかけるも曖昧な返事。
酔いが冷めた後などに騒がれると面倒だと思い、その♀の車の助手席でハメてやる事に。
服の上からパイオツやマムコを愛撫しながら助手席にin。
狭い助手席でOLスーツを脱がすと推定C?位のパイオツ♪
ビーチクを舌で転がしながらスカートを脱がしパンティの中で手を入れると
濡れてはいるが指先に何か違和感を感じる。

薄暗い車内で違和感の正体を確かめるとタンポンを突っ込んでやがる!!
『ざけんじゃねぇ!!オレをこの程度の事で止められると思うなよ!?』
と心の中で叫びながらタンポンを引き抜いた。
勿論その最中もびーちくを舐めたりやディープキスなどして♀の興奮を高める。
♀は相変わらず
『気持ちイイ〜』
『気持ち悪い〜』
を繰り返してた。

遮る物がなくなり晴れてヌルヌルまむこにご対面。
クンニ好きではあるが鉄味まむこは苦手なので止むえず即入!
ピストンすると万汁と血が混ざって超ヌルヌル
『やべぇぇぇ!!!超温けぇぇぇ!!!!』
1分もしないうちに♀は
『あぅぅ"ーギモヂイイ〜ギモヂイィ〜ぅう"ぅぅぅ、あぁぐぅ、いぐぅぅ〜』
と言いながら絶頂に達した。
普段なら20〜30分位はピストン出来るおいらもこの時ばかりは有り得ないシチュエーションに
興奮度200%で♀が果てた後に速効で中田氏してしまった…
終わった直後、♀は寝息を立てながら即寝。
賢者モードになったおいらは
『さて2どうしようか…こいつ起こした方がいいのか?いやいや素に戻って騒がれたらマズイよね?』
とか色々考え一応声を控えめにかけてみるも全く起きる気配はなし。
面倒になってきたので、脱がしたパンスト、パンティ、引き抜いたタンポンを助手席の足元でそのままにし
散らばってた荷物は気の毒に思ったので助手席の足元に放り込んでやる事に。
♀が起きないようにそっと助手席のドアを閉めその場を立ち去った。
ブラック高偏差値で有名な車の営業会社で働いてた時の話。
そこは21時位になっても数字足りないと
『今日の数字足りねぇけどどーすんだよ?』
と店長から詰められる会社。
そんな時間に言われても確実なアポなけりゃどーにもならん。
で、とある日。
事務所で詰められるのが嫌だったおいらは
『直訪とポスティングしてきます』
と言って逃げ出す。
『さてどーやって時間潰すか…』
と適当に車流す。

以前アタリのあった顧客へアポ梨突撃。
勿論撃沈。
その後周囲をポンコツで徘徊してると月極駐車場の中で助手席が開いて
荷物らしきものが散乱した車を見かける。
『なんだあれ?』
と思って見てみると
OLが股を開き気味に脚を投げ出して寝てた。
直感的に
『これを行かねばいつ行く?』
多分酔いつぶれてるんだろうと思い、自分が持ってたお茶を持ちながら
『大丈夫ですか?』
と善人ぶって声をかけた。

♀『う〜ん…だぁいじょうぅぶでぇすぅぅぅ…』
自分『大丈夫ですか?これ飲む?』
みたいなやり取りを数分続ける。
田舎の街で22時は回ってたと思うので、周囲に人は全く人は居なかった。
介抱するふりしながら女の身体にタッチするとなかなかいい肉付きをしてるw
推定20代半ば、身長は160無い位、OLスーツがいやらしいムッチリ体型。
おいらはおそらくこの時点でフルおっきに近かったと思う。

車外に投げ出してた身体を起こしてやると酔っ払いながらもこっちにもたれ掛かってきやがる。
『あぁ〜やべぇ〜むちむちだしえぇオイニーだわぁ』
と思いながら思い切って抱きついてみると
あちらもまんざらでもないのかこっちに抱きついてきた。
服の上からパイオツを揉んでみると泥酔女は
『気持ちイイ』

『気持ち悪い〜』
を繰り返してる。
しまいにはまどろんだ目でこっちの顔をじっくり見ながら
『なぁぁんか格好良くない?』
とか言いながらあちらからベロチュー。

もうこっからは善人ぶるのは完全に止めて狼モードに切り替え決定。
『どこでハメてやろうか…?』
と考えホテルで休もうかなどと持ちかけるも曖昧な返事。
酔いが冷めた後などに騒がれると面倒だと思い、その♀の車の助手席でハメてやる事に。
服の上からパイオツやマムコを愛撫しながら助手席にin。
狭い助手席でOLスーツを脱がすと推定C?位のパイオツ♪
ビーチクを舌で転がしながらスカートを脱がしパンティの中で手を入れると
濡れてはいるが指先に何か違和感を感じる。

薄暗い車内で違和感の正体を確かめるとタンポンを突っ込んでやがる!!
『ざけんじゃねぇ!!オレをこの程度の事で止められると思うなよ!?』
と心の中で叫びながらタンポンを引き抜いた。
勿論その最中もびーちくを舐めたりやディープキスなどして♀の興奮を高める。
♀は相変わらず
『気持ちイイ〜』
『気持ち悪い〜』
を繰り返してた。

遮る物がなくなり晴れてヌルヌルまむこにご対面。
クンニ好きではあるが鉄味まむこは苦手なので止むえず即入!
ピストンすると万汁と血が混ざって超ヌルヌル
『やべぇぇぇ!!!超温けぇぇぇ!!!!』
1分もしないうちに♀は
『あぅぅ"ーギモヂイイ〜ギモヂイィ〜ぅう"ぅぅぅ、あぁぐぅ、いぐぅぅ〜』
と言いながら絶頂に達した。
普段なら20〜30分位はピストン出来るおいらもこの時ばかりは有り得ないシチュエーションに
興奮度200%で♀が果てた後に速効で中田氏してしまった…
終わった直後、♀は寝息を立てながら即寝。
賢者モードになったおいらは
『さて2どうしようか…こいつ起こした方がいいのか?いやいや素に戻って騒がれたらマズイよね?』
とか色々考え一応声を控えめにかけてみるも全く起きる気配はなし。
面倒になってきたので、脱がしたパンスト、パンティ、引き抜いたタンポンを助手席の足元でそのままにし
散らばってた荷物は気の毒に思ったので助手席の足元に放り込んでやる事に。
♀が起きないようにそっと助手席のドアを閉めその場を立ち去った。

 - 未分類 , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
昔の話

もう20年近く前の話になります。2年間の浪人生活から解放された、大学最初の夏休みでした。車の免許を取るために、夏休みに入ってすぐに帰省していました。自動車学校に通う以外にすることがなく、暇を持て余してパチンコ屋に通っていました。「あらっ!?まあちゃんじゃない…

no image
★心に残る女性の話・・1/2

 40を過ぎた今でも心に残っている女性の事を書かせて頂きます。子供の頃、ある団地に住んでいた私には、同じ年の友達がいました。私はその友達のお母さん、視姦の対象としておりました。 その友達一家とは、幼稚園の頃から家族ぐるみでお付き合いしておりました。その友達とは毎日のように遊ぶ関係が、小学校に入ってからも継続しておりました。当時は彼女の事を「○○さんのおばさん」と呼んでおりましたが、ここではT子さんと

no image
逢ったら細くてスタイルがいい美人さん

 31歳の三つ上の人妻と知り合い、逢う事にしようとしたが、なかなか逢うのをためらってた。「人に逢うつもりはない…」とか「結婚してるからさぁ…そういうのは」と言ってて、あった事は無い人の様子で「三十過ぎの子持ち女より独身の若い子の方がいいよ!」と言ってたが、何度か誘って「一度逢う?」と言われて逢いました。

no image
★狙っていた女性を犯してしまった

 俺、50歳妻子あり12人くらいのカラオケの仲間がいるが 月に2回毎土曜日の夜に集まってカラオケを楽しんでいます。その中の同じ50歳の俺の近所に住んでいる。家庭がある女性を犯ってしまった。4日前の話だその日はなぜか俺の車で送っていくことになってしまい、彼女とはカラオケの仲間と言う間だけで 俺に対して異性感情は普段から持ってはいなかったが、俺は違ってて小太りの彼女と一度関係をもてたらと、常日頃からチャン

no image
★複数の家族でのキャンプは妻が危ない

 夏休みを利用して三組の家族で一泊のキャンプに行きました。妻の友達家族と一緒で夫連中はみんな初めて会う旦那ばかりでした。まだ信じられませんが、私の嫁がS家族の旦那に胸を揉まれているところを目撃したのです。 それは夕食後の後片づけの時でした。男連中はもうしこたま飲んだという感じでぐったりと座り込み片づけも出来ないという感じでした。嫁さん連中と子供たちは少し離れた炊事場に行き、食器洗いしていました。

no image
レズの2人

まず ゆきちゃんのほっぺにちゅって軽くキスしようかんっ//(ゆかさんの手を握り体を寄せる)(ゆきちゃんの腰に手を回して、ゆかの身体にピッタリくっつくよう寄せる)ゆかさんに虐められたいです。(恥ずかしくなりゆかさんの首もとに顔を埋め抱きつく)虐められたいんだ…(意地…

no image
★妻が誘惑された混浴温泉

 先日、妻と温泉旅行に行ってきました。旅館に着くとまずお風呂に入り浴衣に着替えさせました。もちろん、下着は一切着けずに。浴衣一枚で、バーへ行きました。他のお客さんがあまり居なかったせいか、中年4人組しか居ませんでした。 隣の席で飲んでると、案の定4人組の視線は妻の緩んだ浴衣の胸元へチラチラ見てるうちに、一人が話しかけてきました。「どちらから?」「お幾つですか?」等と、とりとめのない会話で和んできた

no image
外国人とオニギリ

駅の待合室で座っている外国人のお兄さん。大きなリュックを抱えているので  おそらく旅行に来ている人なのだろうが、少し様子がおかしい。  見ると、手にはセブソイレブソのオニギリ(シャケ)。そのオニギリをくるくると回して色々な方向から見たり、  ラベルにじっと…

no image
30年前のこと(訂正版)

もう30年くらいになります。私には中学時代に片思いの子がいました。明美といいます。彼女は中3の春、父親の仕事の都合で九州の宮崎に転校して行ったのです。その後私は高校に入り、彼女の事もすっかり忘れていました。だから夏休みに入ってまもなく彼女から電話がかかっ…

no image
俺の部屋

マッ○のアルバイトで同僚の絵美(高1・16歳)に告白された俺(ボンクラ大学生22歳)。実は女の子と付き合うのは生まれて初めて(もちろん童貞)。絵美はショートカットが似合って、チョっとタレ目で、はにかんだ笑顔が可愛いい。うつむいた顔を見ると滅茶苦茶に抱きし…