エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

遠距離の彼女と会いに行く前の晩に巨乳の先輩と

   

社会人1年目の冬のこと。
就職により、俺は大学時代から付き合っていた彼女と遠距離恋愛になっていた。
俺の誕生日を翌日に控えた金曜日の晩、俺は遠距離の彼女に週末会いにいく準備
をしていた。

と、携帯にメールが。
見ると、会社で少し仲のいい女の先輩からで、『ようやく仕事終わった〜』とい
う内容。
すでに深夜で、たぶんもう終電も厳しい時間。
『お疲れ様です〜』的な返信をしたら、電話がかかってきた。

仕事大変っすね〜とか他愛のない話をしていたら、『私、明日誕生日なのに誰も
祝ってくれないんだよね〜』と言ってきた。
『え?俺も明日誕生日っすよ〜』と返したら『本当?てか○○君、会社から歩け
る距離に住んでるんだよね?いまから祝いっこしようよ!』
と、深夜にもかかわらずうちの近くのファミレスで会うことになった。
翌日朝から出かける予定があるからと最初は断った(遠距離の彼女に会うためとは
言わなかったが)
のだが、『始発が動きだすまで』と、二人でお互いに祝いあうことになった。

先輩は会社の中でも結構可愛く、なんといっても巨乳で人気も高かった。
俺も少し気にはなっていたが、遠距離の彼女がいたので特に自分からアクション
は起こしていなかった。
ファミレスでケーキを食べた後、話の流れから俺の家にくることに。
正直下心がなかったとは言わないが、始発が動きだすまでと、自分に言い聞かせ
た。

家にきて最初のうちは世間話をしていたが、次第に先輩が眠くなってきた素振り
を見せはじめたので、
布団を床に敷いて雑魚寝態勢になった。
緊張が高まる中、俺の手に先輩の手が触れる。
心臓がバクバクいいだした。

『キスしたい?』
先輩にそう言われ、理性が吹き飛んだ。
俺は返事の代わりに先輩に覆い被さり、夢中で唇を吸った。
ケーキの甘い味がした。
何度もキスを繰り返すうちに、先輩が上になって舌を絡ませてきた。
下から持ち上げる形で豊満な巨乳を揉みしだく。
向こうが上になっているため、ただでさえ大きいおっぱいがずっしりと手のひら
に押し付けられた。

『体起こして』
と言われたので壁によりかかる形で上半身を起こすと、壁に押さえつけられて顔
から首筋、胸、脇腹と舌でなぞられた。
たまらず勃起した俺のチンコを舐め回す先輩。
ハーモニカのように何度もなぞられ、チンコはビンビンに充血。
カリをすっぽりくわえられてジュポジュポされると、我慢の限界がきて口の中に
大量に出してしまった。

『出しすぎ。飲みきれないよ』と笑われたが、遠距離の彼女とヤりまくるつもり
で溜めていたので無理はない。
余韻に浸っている間もなく、『早く入れて』とせがまれて、結局そのまま朝まで
4、5回ヤった。

朝一緒に家を出て、先輩は自分の家に、俺は遠距離の彼女のもとに。
その日、遠距離の彼女とさらに2回ヤった。
正直、気持ちいいより疲れた。

その後、なんだかんだあって遠距離の彼女とは別れ、先輩と付き合うことになっ
た。
ある日、『あの時は遠距離の彼女とも2回ヤって大変だったんだから』と告白し
たら、
『彼女に会いにいくんだろうなあと思って、悔しかったから彼女とエッチしたく
てもできないように全部絞りだしたつもりだったんだけど』
と小悪魔っぽく笑いながら言われた。
先輩とはヤるときはいつも一晩中何回ヤったかわからないぐらいヤりまくってい
る。
社会人1年目の冬のこと。
就職により、俺は大学時代から付き合っていた彼女と遠距離恋愛になっていた。
俺の誕生日を翌日に控えた金曜日の晩、俺は遠距離の彼女に週末会いにいく準備
をしていた。

と、携帯にメールが。
見ると、会社で少し仲のいい女の先輩からで、『ようやく仕事終わった〜』とい
う内容。
すでに深夜で、たぶんもう終電も厳しい時間。
『お疲れ様です〜』的な返信をしたら、電話がかかってきた。

仕事大変っすね〜とか他愛のない話をしていたら、『私、明日誕生日なのに誰も
祝ってくれないんだよね〜』と言ってきた。
『え?俺も明日誕生日っすよ〜』と返したら『本当?てか○○君、会社から歩け
る距離に住んでるんだよね?いまから祝いっこしようよ!』
と、深夜にもかかわらずうちの近くのファミレスで会うことになった。
翌日朝から出かける予定があるからと最初は断った(遠距離の彼女に会うためとは
言わなかったが)
のだが、『始発が動きだすまで』と、二人でお互いに祝いあうことになった。

先輩は会社の中でも結構可愛く、なんといっても巨乳で人気も高かった。
俺も少し気にはなっていたが、遠距離の彼女がいたので特に自分からアクション
は起こしていなかった。
ファミレスでケーキを食べた後、話の流れから俺の家にくることに。
正直下心がなかったとは言わないが、始発が動きだすまでと、自分に言い聞かせ
た。

家にきて最初のうちは世間話をしていたが、次第に先輩が眠くなってきた素振り
を見せはじめたので、
布団を床に敷いて雑魚寝態勢になった。
緊張が高まる中、俺の手に先輩の手が触れる。
心臓がバクバクいいだした。

『キスしたい?』
先輩にそう言われ、理性が吹き飛んだ。
俺は返事の代わりに先輩に覆い被さり、夢中で唇を吸った。
ケーキの甘い味がした。
何度もキスを繰り返すうちに、先輩が上になって舌を絡ませてきた。
下から持ち上げる形で豊満な巨乳を揉みしだく。
向こうが上になっているため、ただでさえ大きいおっぱいがずっしりと手のひら
に押し付けられた。

『体起こして』
と言われたので壁によりかかる形で上半身を起こすと、壁に押さえつけられて顔
から首筋、胸、脇腹と舌でなぞられた。
たまらず勃起した俺のチンコを舐め回す先輩。
ハーモニカのように何度もなぞられ、チンコはビンビンに充血。
カリをすっぽりくわえられてジュポジュポされると、我慢の限界がきて口の中に
大量に出してしまった。

『出しすぎ。飲みきれないよ』と笑われたが、遠距離の彼女とヤりまくるつもり
で溜めていたので無理はない。
余韻に浸っている間もなく、『早く入れて』とせがまれて、結局そのまま朝まで
4、5回ヤった。

朝一緒に家を出て、先輩は自分の家に、俺は遠距離の彼女のもとに。
その日、遠距離の彼女とさらに2回ヤった。
正直、気持ちいいより疲れた。

その後、なんだかんだあって遠距離の彼女とは別れ、先輩と付き合うことになっ
た。
ある日、『あの時は遠距離の彼女とも2回ヤって大変だったんだから』と告白し
たら、
『彼女に会いにいくんだろうなあと思って、悔しかったから彼女とエッチしたく
てもできないように全部絞りだしたつもりだったんだけど』
と小悪魔っぽく笑いながら言われた。
先輩とはヤるときはいつも一晩中何回ヤったかわからないぐらいヤりまくってい
る。

 - 未分類 , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
スケベなM妻

俺の嫁は同い年で35。OL時代にスナックでバイトしてた頃、妻目当ての客で店が繁盛するほど人気があった。顔は松下由紀?だかに似てる。胸はさすがに垂れてきたがGカップあって、けつも盛り上がってる。腹は徐々にたるんではいるが一応、週に一度水泳やってるから、それ…

no image
★大人のオモチャを使ってアクメの限界に

 先日彼女とお泊りに行ってきました。久しぶり行ったこともあるし、親子ローターを使ってイクことを覚えてしまった彼女に限界に挑戦してもらいました。泊まった次の日普通にデートしての帰り道、前日の夜にあまり寝てないので運転していた僕は眠くなりました。 おてぃんてぃんを触ってもらって何とか起きていました。触ってもらううちにHをしたくなり、触り返しました。でも、前日にかなり何回もしたので普通にしたのでは拒否さ

no image
これも浮気だよね

 私の家がリフォームするので、一ヶ月ほど私の実家に居候することになった。 私は32歳の主婦、夫は34歳の会社員、子供は小学生が一人います。 私の実家は独身の兄と両親が住んでいて、私たち家族は、私の部屋が誰も使っていないのでそこで寝泊りです。 そんなある日…

no image
リンパマッサージ行ったらイカされたったったwwwwwwww

それは今日、まさに3時間くらい前のことなんだ。俺は今日、神田の方に用事があって外出した。帰りにアキバのパンチョでナポリタンを食べたあと、ブラブラと御徒町方面まで歩いた。理由は御徒町のてもみんに寄ろうとしたからだ。俺はひどい肩こりで、特に右肩が痛いくらいに…

no image
男の娘マミに惚れられた

この前、男の娘とセックスした。俺は27歳の社会人で、イケメン寄りのフツメンで、ボート部出身だから体は相当筋肉質だ。ただ、体脂肪が少ないビルダーっぽいバリバリの体つきで、女にはキモイと言われがちだ。そのかわり、ホモには受けが良すぎるくらいで、逆ナンもされる、…

no image
★不倫行為はいけないけれど・・

 39歳。主婦です。昨日、パート先の51歳の専務と愛し合いました。主人と子供には会社のイベントだからと朝7時に家をでて帰ったのが夜中の11時。主人と子供たちは実家にかえりまだ家には居ません。昨晩は昼間のカレとのセックスを思い出し、私のアソコの中に彼が残していった彼の愛の結晶をぬるぬると一人楽しみました。 主人とは2年ほど前からほとんどレス状態。求めてくるんですけど、パートも忙しくかまうのも面倒で正

no image
あやまち2

そして、次の日、私が、帰宅するとすでに妹が家にいました。ほどなく、玄関のチャイムがなりました。窓から覗くとTちゃんです。また、嬉しいことに昨日と同じ迷彩柄のミニスカートを履いていました。妹が玄関に迎えに行き、そのまま一緒に妹の部屋に行きました。私は、少し時…

no image
なんかおかしい女

 ようやく7年がかりで地方の三流大を出たけど、まともな就職もない。住んでるアパートも近々建て替えるってことで、じきに追い出されることになるし。郵便局で有り金を全部おろし、半ば自暴自棄で旅に出たときのこと。 時間は無限にあるし、心は病んでいても、体は健康そ…

no image
佐智枝とディルド その3

"「江口君とだって、キス位なら・・」という佐智枝の言葉に心の中では小躍りしたものの、やはり相手は20年以上の付き合いのある親友。それは向こうから見ても同じ。事が上手く運ばなかったり、中途半端な結果になっても、気まずくなるでしょう。自分が勝手に盛り上がり、い…

no image
ネットで知り合ったOLと

ある2ショットで知り合ったOL自称26歳、中出しさえしなければ何でもアリとの約束丸ビルの1階で待ち合わせてそのままタクシーに乗り込み座席では右側に座らせて、膝にコートを掛けて左手を太腿の間に割り込ませると、両足を広げて協力するストッキングの上からでもビチ…