エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

つづき

   

友人から聞いた話なんだが。その友人の飲み仲間Aは、大好きだった彼女を寝とられたらしい。しかも寝とった男は、同じ会社の人間。
彼女をその男に紹介した所、いつのまにか彼女と仲良くなり、寝とられる結果となったらしい。
その男は、結局彼女とは遊びで、その後別の女性と付き合い、結婚することになったらしい。
Aは彼女と一時期結婚まで考えてたから、それはそれはその男を恨んでいた。
その男の結婚式なんか行きたくもなかったが、同じ会社の手前行かざるをえなかっんで、式には渋々参加したらしい。

Aは、式で始めてその男の嫁を見たらしい。かなりの美人でスタイルも良い。だが…どこかで見た事がある顔だな、と思ったらしい。しかし、気のせいかとも思い、式の場では思い出せずにいた。

式から数日後、Aは家でくつろいでいる時、突如あの嫁をどこで見たのか、フラッシュバックできたらしい。
Aがよく購入していた、読者投稿物のエロ雑誌だった。その雑誌に写真が投稿されてる女性には、全て目線が入っている。
しかし投稿者の希望か何かで、極細目線しか入れてない写真もあるらしい。そこで極細目線で投稿されてた女性が、あの男の嫁だと、思い出したのだった。

しかし、記憶の間違いかもしれない。念のため、結婚式でその嫁の顔が大きく写っている写真を持ってきた。
そして部屋の隅に積んであった投稿物のエロ雑誌を引っ張り出して、その嫁と思われる写真を探した。
見つけるのに時間はかからなかった。こんな美形でスタイルいい女性が、この雑誌に極細目線で載るのは珍しいからだった。
そして比較的アップで出ている投稿写真と、結婚式でのその嫁の写真を見比べた。

ビンゴだった。
投稿写真の方は、極細目線が入り、喘いだり恍惚の表情のショットばかりであった。
しかし、顔の輪郭や鼻などの形、そして何よりホクロひとつひとつの位置。これらは変えようがなかった。そして、誰か見ても同一人物だと言い切れるものであった。
雑誌の中の嫁の淫れっぷりはすごかった。男性4人との複数プレイ、顔射、中出し、2穴同時挿入…。
あの男は、嫁のこの投稿写真を知っているんだろうか。いや知るはずはない。そして、この写真こそ、あの男への復讐となる。Aはそう考えた。

Aは、その雑誌の嫁の恥態の写真のページを切り取った。見開き2ページ分だった。
そして、パソコンで「OO(復讐相手の男の名前)の嫁の素性」と入力した紙も用意した。
その紙と恥態が写ったページの写真を持って、次の日会社に行き、社員が一番よく見る掲示板のど真ん中に、朝一番に貼ったのであった。

掲示板に貼ったその日、Aは1日外回りに出ていた。だからAは怪しまれずに済んだ。逆に、復讐相手が青ざめる表情が観察できないのが、残念でもあった。
その日の夕方ごろ、Aは外回りが終わり、帰社した。
さて、復讐相手の青ざめた顔でも観察してやるか。いや、もしかして会社に居づらくなって、もう帰ってしまったかな?最悪の場合、クビになってるかな?
いろんな想像をしながら、自分の席に戻った。

「A君ちょっと時間あるかな。」上司がAを呼んだ。そして会議室へ。
上司は、一枚の紙を出してきて「これは君の筆跡だよね。」そう聞いてきた。そこに書かれていたのは、確かにAの筆跡だった。
「はい、その通りですが…。」Aは答えた。
その紙には、Aの筆跡で、「トイレットペーパー、歯磨き粉、シャンプー詰替え」と、確かに書かれていた。
「この紙が朝掲示板に貼ってあってね。」上司はそう付け加えた。

なぜだ…。Aは不思議でしょうがなかった。「まあそれだけならいいんだが、問題は君が書いたその紙と一緒にこの雑誌の切り抜きが掲示板に貼ってあったんだよ。」
上司は、2枚の雑誌の切り抜きを出した。そこに写ってるのは、復讐相手の嫁の恥態…ではなかった!
男女の恥態には変わりなかったが、嫁とは全く別人の恥態だった。そして事もあろうに局部や結合部は無修正!
そして、その雑誌の切り抜きの写真にも見覚えがあった。

「あ!」Aは思わず叫んだ。「やはり君が貼ったんだね。」Aの直接の上司はAの事を知り尽くしている。そう確信したらしい。
昨日、Aは復讐相手の嫁の投稿写真を切り抜いた時、今ではレアな無修正のエグい雑誌を久々に見つけ、それも切り抜き、オナニーして寝たらしい。
で、朝の慌ただしさの中、オナニーに使った無修正物の方の切り抜きをカバンに入れ、間違いに気づかずに、朝急いで掲示板に貼ってしまったのだった。
「しまった!」愕然とし机に手をついた拍子に、Aの書いた字が書いてあった紙がヒラヒラと、床に裏返って落ちた。
そこには「OOの嫁の恥態」という文字が打ってあった。
昨日、家のパソコンのプリンターにセットしたのは、メモ用紙の裏面だったのだ。
友人から聞いた話なんだが。その友人の飲み仲間Aは、大好きだった彼女を寝とられたらしい。しかも寝とった男は、同じ会社の人間。
彼女をその男に紹介した所、いつのまにか彼女と仲良くなり、寝とられる結果となったらしい。
その男は、結局彼女とは遊びで、その後別の女性と付き合い、結婚することになったらしい。
Aは彼女と一時期結婚まで考えてたから、それはそれはその男を恨んでいた。
その男の結婚式なんか行きたくもなかったが、同じ会社の手前行かざるをえなかっんで、式には渋々参加したらしい。

Aは、式で始めてその男の嫁を見たらしい。かなりの美人でスタイルも良い。だが…どこかで見た事がある顔だな、と思ったらしい。しかし、気のせいかとも思い、式の場では思い出せずにいた。

式から数日後、Aは家でくつろいでいる時、突如あの嫁をどこで見たのか、フラッシュバックできたらしい。
Aがよく購入していた、読者投稿物のエロ雑誌だった。その雑誌に写真が投稿されてる女性には、全て目線が入っている。
しかし投稿者の希望か何かで、極細目線しか入れてない写真もあるらしい。そこで極細目線で投稿されてた女性が、あの男の嫁だと、思い出したのだった。

しかし、記憶の間違いかもしれない。念のため、結婚式でその嫁の顔が大きく写っている写真を持ってきた。
そして部屋の隅に積んであった投稿物のエロ雑誌を引っ張り出して、その嫁と思われる写真を探した。
見つけるのに時間はかからなかった。こんな美形でスタイルいい女性が、この雑誌に極細目線で載るのは珍しいからだった。
そして比較的アップで出ている投稿写真と、結婚式でのその嫁の写真を見比べた。

ビンゴだった。
投稿写真の方は、極細目線が入り、喘いだり恍惚の表情のショットばかりであった。
しかし、顔の輪郭や鼻などの形、そして何よりホクロひとつひとつの位置。これらは変えようがなかった。そして、誰か見ても同一人物だと言い切れるものであった。
雑誌の中の嫁の淫れっぷりはすごかった。男性4人との複数プレイ、顔射、中出し、2穴同時挿入…。
あの男は、嫁のこの投稿写真を知っているんだろうか。いや知るはずはない。そして、この写真こそ、あの男への復讐となる。Aはそう考えた。

Aは、その雑誌の嫁の恥態の写真のページを切り取った。見開き2ページ分だった。
そして、パソコンで「OO(復讐相手の男の名前)の嫁の素性」と入力した紙も用意した。
その紙と恥態が写ったページの写真を持って、次の日会社に行き、社員が一番よく見る掲示板のど真ん中に、朝一番に貼ったのであった。

掲示板に貼ったその日、Aは1日外回りに出ていた。だからAは怪しまれずに済んだ。逆に、復讐相手が青ざめる表情が観察できないのが、残念でもあった。
その日の夕方ごろ、Aは外回りが終わり、帰社した。
さて、復讐相手の青ざめた顔でも観察してやるか。いや、もしかして会社に居づらくなって、もう帰ってしまったかな?最悪の場合、クビになってるかな?
いろんな想像をしながら、自分の席に戻った。

「A君ちょっと時間あるかな。」上司がAを呼んだ。そして会議室へ。
上司は、一枚の紙を出してきて「これは君の筆跡だよね。」そう聞いてきた。そこに書かれていたのは、確かにAの筆跡だった。
「はい、その通りですが…。」Aは答えた。
その紙には、Aの筆跡で、「トイレットペーパー、歯磨き粉、シャンプー詰替え」と、確かに書かれていた。
「この紙が朝掲示板に貼ってあってね。」上司はそう付け加えた。

なぜだ…。Aは不思議でしょうがなかった。「まあそれだけならいいんだが、問題は君が書いたその紙と一緒にこの雑誌の切り抜きが掲示板に貼ってあったんだよ。」
上司は、2枚の雑誌の切り抜きを出した。そこに写ってるのは、復讐相手の嫁の恥態…ではなかった!
男女の恥態には変わりなかったが、嫁とは全く別人の恥態だった。そして事もあろうに局部や結合部は無修正!
そして、その雑誌の切り抜きの写真にも見覚えがあった。

「あ!」Aは思わず叫んだ。「やはり君が貼ったんだね。」Aの直接の上司はAの事を知り尽くしている。そう確信したらしい。
昨日、Aは復讐相手の嫁の投稿写真を切り抜いた時、今ではレアな無修正のエグい雑誌を久々に見つけ、それも切り抜き、オナニーして寝たらしい。
で、朝の慌ただしさの中、オナニーに使った無修正物の方の切り抜きをカバンに入れ、間違いに気づかずに、朝急いで掲示板に貼ってしまったのだった。
「しまった!」愕然とし机に手をついた拍子に、Aの書いた字が書いてあった紙がヒラヒラと、床に裏返って落ちた。
そこには「OOの嫁の恥態」という文字が打ってあった。
昨日、家のパソコンのプリンターにセットしたのは、メモ用紙の裏面だったのだ。

 - 未分類 , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
可愛いパートさんの相談にのった後・・

 同じ職場に47歳の清美さんという女性がいます。彼女は数年前に離婚し二人の子供を女手一つで育てているそうです。とにかく清美さんは顔が可愛い女性です。スタイルもまあまあいけてます。ある日、仕事の事で相談があるとお昼の食事に誘いました。二人で中華料理屋さんに入り色々と話をしました。結局、話が終わらずに仕事帰りに再度食事に行く事になりました。

no image
部下の熟妻は元カノ-1

「人妻」心地良く下半身に響く言葉である。気持ちと体がつながったまま至福の快楽のみを追求できる「知り合いの人妻」は安全で最高の生膣生中だしの痴態を楽しめる相手である。ただし本気になってはいけない。洗濯物を干していると借上げ社宅マンションの玄関チャイムが鳴っ…

no image
息ができないって思ったら

何やら心地よい気持ちで眠っていたら急に、のどに何か使った感じで息ができなくなってゲホッってむせたその苦しさで目が覚めたはずなのに、何も見えないいったい何が起こってるんだいったいどうしたんだと思っても何が何やらさっぱりわからない何度も何度も何度も口の中に何…

no image
マッサージを受けながらの初体験談

「もったいないー!こんなにいい物もってんのに」いつものようにオイルを付けしごかれている。このホテルのマッサージ嬢の彼女とはもう3年の付合いになる。もう何十回抜いてもっらたか?このホテルには4人の嬢がいる。一応全員とお手合わせしている。彼女は一番最後だった。…

no image
女子校生を一時保護した

土曜日に、お茶の水に行った。良く晴れて、風が気持ち良い天気の一日だった。月曜の朝は、金環日食だ。このまま晴れてくれると良いなぁ。得意先の人達と打ち合せをして、その後、皆でハシゴして、俺の馴染みのママのクラブで、カラオケ会になった。楽しく飲んで、気がついた…

no image
1人暮らし始めた彼と

高1の秋、2歳上の彼が出来た。 相手が高校を卒業したらすぐ一人暮らしを始めたので、 私も家に行くことに。 今日が処女喪失日になるだろうと覚悟をしてた。 部屋のベッドに座るとと早速襲われ、ディープキスしながら ブラを外され、乳首を吸われたり、あそこに指を 入れて…

no image
人妻風俗嬢と店外エッチ(1)

よくある風俗評価サイトに、同じ嬢のレポが二つ上がってました。中身はあまり覚えてないけど、二つとも確かNSオケー、NNはダメだった。って感じのレポで、悪い感じのレポじゃなかった。その嬢は某巨大掲示板でも盤可のレスがついてたし、ヤリ目的で、店に電話してネット…

no image
女の子が露出する

記録的な残暑が続くある日の夜青く茂った公園の木々は、朝からの濃霧と霧雨で重くしなだれからみつくような重たい空気を作り出していた重厚な雲の切れ目からは時折り月がのぞき、塗れた木々を妖しく輝かせる ザクッ……   ザクッ……細かい砂利を混ぜられた公園の土重く…

no image
卒業旅行の引率

以前大学生の時に塾講師をしていた時、中3の女の子達(3人組)から卒業旅行に行きたいので親を説得するためにも引率役をしてくれと頼まれた。一泊位で行けそうな所という事で近めの所を選び、費用を浮かすために俺の車で行くことになった。行ったのは只のキャンプ地で近く…

no image
スクール水着で見る夢は

「あ~あ、何で梅雨なのに晴れてるのかなあ? このままじゃわたし登校拒否になっちゃうよう・・・。」恨めしそうに梅雨の合間の青空を見上げながら、梨花は商店街への道を歩いていた。明日は、梨花の通う小学校のプール開き。普通の小学生なら、胸躍る季節のはずなのだ。だ…