エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

子供を作られる人へ

   


私は妹と一緒に生活していますが、子供を作ることはできません。これからもずっ
とそうかと尋ねられるとわかりませんが、今のところは予定ありません。というよ
り子供を作るだけの決心がつかないのです。
 
 妹も私も中出しするのが好きなのですが、安全日と危険日には慎重になっていま
す。私たちみたいな近親相姦で結ばれている人にとって、子供を作ることがどれだ
け大変なことなのか良くわかるのです。

 母は私たちのことは諦めていますが、昨年母と二人で今後のことを話した折に
も、子供のことで話したのですが、孫の顔を見たい母の気持ちが伝わってきたので
す。留美子とこのまま生活することなども聞かれたのですが、私にとって留美子は
命と同じなのです。別れることなどできないのです。

 留美子とはじめての関係を持ったのは私が高校を卒業して都会に出て行く前に結
ばれたのです。留美子が中学3年生のとき私も留美子もそれまでセックスなどした
ことがなっかたのですが、その日はどうゆうわけか、私の部屋で話しているときに
一つだけお願いを聞いてくれないかと言ったとき、何にも聞かずにいいと言ったの
です。私はどうせ嫌がられるものと思っていたのにキスをさせてくれたのです。嫌
がることもなく私にとって最高のキスだったのです。
   二人ともお風呂上りで気分も良かったのでしょうが、セックスまで進んでしまうと  は考えもしなかったのですが、妹のおっぱいを触りだしても何にもいわずに触らせた  のです。妹のことを思いながらオナニーをしたことが嘘のような現実に直面し、お互  い裸になったときはこのまま妹とどこかに消えたいくらいに興奮したのです。

今でもそのときの気持ちを忘れることなく留美子を大事に守っていくつもりでいま
す。

 休みで帰省したときは、母にばれないようにセックスを毎日したのです。留美子
が高校を卒業するときは私と一緒に生活をするからと言っていまのアパートを借り
たのです。それから6年過ぎてしまい完全な夫婦になっています。

 母が関係をきづいたのはいつまでも一緒に生活している様子がおかしいときずき
始めたようでした。
それとなく妹に電話で私との関係を聞かれたとき、妹が今度帰ったときに結婚の話
をするからと言って母をごまかしたのですが、妹が帰省したときに全て話したそう
ですが随分ショックが大きかったのではと思ったのですが、母は多分そうではない
かと心の準備をしてたそうです。

 これまで色々なことがありましたが、、子供を生まれる人には不安より頑張って
欲しい気持ちが大きくいつまでも声援を送り続けたいのです。


私は妹と一緒に生活していますが、子供を作ることはできません。これからもずっ
とそうかと尋ねられるとわかりませんが、今のところは予定ありません。というよ
り子供を作るだけの決心がつかないのです。
 
 妹も私も中出しするのが好きなのですが、安全日と危険日には慎重になっていま
す。私たちみたいな近親相姦で結ばれている人にとって、子供を作ることがどれだ
け大変なことなのか良くわかるのです。

 母は私たちのことは諦めていますが、昨年母と二人で今後のことを話した折に
も、子供のことで話したのですが、孫の顔を見たい母の気持ちが伝わってきたので
す。留美子とこのまま生活することなども聞かれたのですが、私にとって留美子は
命と同じなのです。別れることなどできないのです。

 留美子とはじめての関係を持ったのは私が高校を卒業して都会に出て行く前に結
ばれたのです。留美子が中学3年生のとき私も留美子もそれまでセックスなどした
ことがなっかたのですが、その日はどうゆうわけか、私の部屋で話しているときに
一つだけお願いを聞いてくれないかと言ったとき、何にも聞かずにいいと言ったの
です。私はどうせ嫌がられるものと思っていたのにキスをさせてくれたのです。嫌
がることもなく私にとって最高のキスだったのです。
   二人ともお風呂上りで気分も良かったのでしょうが、セックスまで進んでしまうと  は考えもしなかったのですが、妹のおっぱいを触りだしても何にもいわずに触らせた  のです。妹のことを思いながらオナニーをしたことが嘘のような現実に直面し、お互  い裸になったときはこのまま妹とどこかに消えたいくらいに興奮したのです。

今でもそのときの気持ちを忘れることなく留美子を大事に守っていくつもりでいま
す。

 休みで帰省したときは、母にばれないようにセックスを毎日したのです。留美子
が高校を卒業するときは私と一緒に生活をするからと言っていまのアパートを借り
たのです。それから6年過ぎてしまい完全な夫婦になっています。

 母が関係をきづいたのはいつまでも一緒に生活している様子がおかしいときずき
始めたようでした。
それとなく妹に電話で私との関係を聞かれたとき、妹が今度帰ったときに結婚の話
をするからと言って母をごまかしたのですが、妹が帰省したときに全て話したそう
ですが随分ショックが大きかったのではと思ったのですが、母は多分そうではない
かと心の準備をしてたそうです。

 これまで色々なことがありましたが、、子供を生まれる人には不安より頑張って
欲しい気持ちが大きくいつまでも声援を送り続けたいのです。

 - 未分類 , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
恋するその人へ

   ある水曜日の事。いつものように徒歩で10分かけてやってきたこの場所。アルファベット3文字の、あのビート○が宣伝しているあの英会話の塾だ。 教室のドアを開けるとそこにはすでに、Nの姿があった。Nは、小学校からの幼馴染の女子で結構しゃべったりしたのだが・・・…

no image
義姉さんの女体を貪りました

 家で一緒に呑んでいた義姉が、酔い潰れて座卓にうつ伏せで寝てしまった。義姉を抱きかかえて、畳に並べた座布団に寝かせる。抱いた時の、義姉の豊満なオッパイの感触が とてもいい感じだった。座布団に仰向けに寝かせても、まだ俺に掴まっていた義姉を抱いてふざけ半分でシャツの上からオッパイを撫でると、撥ね退けもせず俺の手を、自分のオッパイに軽く押し付けているだけだった。そのままオッパイを揉んで義姉を抱き寄せると

no image
★女とヤルことしか考えなかった

 学生時代にコンビニでバイトをしていたときの話です。私は夜中の担当でしたが、夕方は高校生、しかも女の子ばかりでした。夜中は、バイト2人で朝まで担当するので、夜中は結構暇になり、相方と二人で今度入ってきた子はかわいいねとか話していました。 相方と二人で、高校生をゲットしようと話になり、狙いは頭の良くない学校に行っている、あゆみと智美に定めました。相方の方が、2人をドライブに誘うのに成功し、1時間ぐら

no image
リンパス

そして事件は五枚目を撮ろうとした時だ。モデルのようにカメラ目線でかがんだ時、ゆるんだTシャツの首もとから乳首が見えた。かなり近くでカメラを構えていたので色から形までよく見えた。薄いピンク色の乳首は粒のように小さく、乳首につられるように乳輪や全体が尖るように…

no image
主人が懇願する変態な要求

 私35歳。結婚してもう13年になります。子供はありません。夫婦仲はすごくいいんです。とてもやさしい主人ですが、ただ最近一つだけ無理なことを言われ、やむなく先日それを実行したんです。その内容というのは・・ある晴れた日の平日(人が少ないという思い出)二人で500m程の山に日光浴に出かけました。

no image
新聞配達のエロ話や、美味しい話の告白

 高校三年間、新聞配達してました。新聞配達でおいしいことは、牛乳パチったり、スポーツ新聞のエロ記事みたりすることくらいで、出会いがあるわけじゃなく基本バイト自体は寂しいもんなんだけど、三年間で三度だけおいしい思いしました(笑) 一度は十万近い金が入った財布を拾ったこと。

no image
なんかすげえヤバイこの頃。

先日の話姉が推薦で志望大学に合格した「おお、すげえなネエちん(←なぜかこう呼べとガキのころしつけられた。俺はいっこ下)」「ふっふっふ、タケとは違うのだよタケとは(タケは俺のこと)」「へーへー、さすがでございますだ。けど大学か~。東京だっけ」「うむ」「さみ…

no image
「女性外交員は使い捨ての駒」大手生保レディが暴露

「外交員で『自爆』していない人なんて、一人もいませんよ」と、D生命で内勤の事交をしていた佐藤亜希さん(仮名・25)は断言する。自爆とは、ノルマを達成できない外交員が、他人の名義で契約を作成し、自腹を切って保険料を支払うことをいう。「私が勤めていた都区内の支部では、月末の〆め切り間際になると、上司から『ノルマが達成できないなら、わかってるでしょ。皆やっていることだから』と、暗に自爆するようにいわれる

no image
★男にチヤホヤされたいなら運動部のマネージャー

 工業系の大学の運動部で、マネージャーをやってます。学校自体、女子の数が少ないので、可愛くない子でもチヤホヤされます。可愛い子は、学校内に彼氏ができるので、露骨なセクハラはありませんが、可愛くない子は、かなりきついセクハラの的になります。 飲み会の時など、裸の男子に囲まれて、男子のアソコを見せ付けられたりとかは当たり前で、罰ゲームといっては、握らされたり・・・。これが、合宿の時などになると、手コキ?

no image
★何か得損したエロな体験談でした

 町の公民館主催、日本舞踊サークルの先輩二人と某温泉に行った時の忘れられない体験です。私(23)、Sさん(28)、Kさん(31)の3人ですが、私以外は結婚しています。夜の10時過ぎ全員が浴場からあがった後、脱衣場で裸のままお互いのお肌のお手入れなどに話が弾んでいました。 その時、Kさんがスリッパ置場と脱衣場を仕切っている長い暖簾(布)に誰かが隠れて覗き見しているのを発見、咄嗟に逃げ出そうとする覗き