エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

★義姉と下ネタの話になり、流れで愛撫を・・

   

★義姉と下ネタの話になり、流れで愛撫を・・

 アルコールが入ってそこそこ話込んでくると、やはり義姉と俺の下ネタの話になり、『お姉さん、女盛りなのに(兄の単身赴任で)寂しくないですか?』と俺が問うと『康司(俺のこと)さんこそ、今彼女と喧嘩中でしょう?アッチの処理はどうしてるのかな?』と屈託なく笑って返答します。

 でも、そのうちに彼女とはどんなHをするの?とか、兄貴はH上手なの?なんて突っ込んだ話に展開してゆき、とうとう怪しい雰囲気になり、酔った雰囲気で(中略しますが)一度だけなら…、それにという二人だけの秘密にすれば分からないし、義姉自身も自分に言い聞かせるように『他の男と不倫するわけじゃないから、武(兄の事)も許してくれるわよね』という事になり俺の部屋で一度だけのHをする事になりました。
 7歳上の熟れた肉体の義姉は性の対象としては申し分ない女で、パンツを脱いでもいない触れられたわけでもないのに、既に我慢汁が出ているのが分かりました。義姉は、『彼女は康司にさんしてくれる?』と言うと俺の返事も聞かずに、いきなり俺のペニスを咥えて頭を上下しだした。俺は『し、してくれますが、お姉さんみたいに上手じゃないです…』と答えて亀頭の甘美な感触を目を瞑って味わった。

『お、お姉さん、ひんなにされると出ちゃいます、俺にも舐めさせて下さい』と義姉の股間にむしゃぶりついた。『ふ、ふぁ~ん、あっ、あっ、気持ちいい、康司さん、もっと舐めて!!』交代で愛撫する形からシックスナインの姿勢でお互いを愛撫したが、もう我慢ができなくなり

『お姉さん、早く入れたいです。ゴムありますか?』
『あら?彼女とはいつも生なの?中出ししてるの?』
『いえ、ちゃんとゴムしてますよ。でもラブホの備え付けでしてるから手持ちが無いんです…』
『私もないわ。主人とはいつもナマだし。中に出さないんだったら康司さ
ん、ナマでもいいよ』
『分かりました。イク時は外に出します』
『お口で受けてあげてもいいよ。外じゃ虚しいでしょ(笑)』

 そんなやりとりも邪魔臭いくらい俺はギンギンに勃起して、後は何を喋ったか覚えてないくらい興奮してナマのペニスを義姉に挿入した。彼女とはいつもゴム付なので、義姉のナマ膣はトロケるような感触だった。俺は、オッパイを揉むユトリもなく腰を振って義姉のナマ膣の感触を味わいまくった。


 義姉も久しぶりセックスに感じまくっているみたいで、義姉の膣内はどこから湧き出るのか不思議になるくらい愛液でじゅくじゅく状態で、脚を大きくM字に開き、俺の尻を掴んで膣の奥へ俺のペニスを咥えこむように腰に誘導した。射精感が来て、『お姉さん!!もう出ます!!口に出していいですね!』と告げてぺ二スを抜こうとすると

『待って!!、康司さん、もう少しでイキそうなの!!もう、少しこのまま…』と言って俺の尻を強く掴んで、義姉が強く腰を捻った瞬間に不覚にも避妊していない義姉のナマ膣に10日ほど溜めこんだ精液をぶちまけてしまった!!

 出された瞬間、義姉は俺にしがみついて『あっ~ああん、気持ちいい、素敵!!』と全身で抱きついてきて、本当に喜んでいる。俺は義姉を可愛いと思うと同時に男としての喜びで余計に興奮して、兄の妻に膣内射精した罪悪感を忘れて、残りの精液を射出して義姉のナマ膣の感触の余韻に浸った。


 しばらくして、理性が戻りヤバイ事をしてしまった自分に気がついて、『お姉さん、ゴメン、あんまり気持ちいいんで中てせ出しちゃった!!どうしよう?』『いいわ、私もあんまり気持ちよくて康司さんにしがみついてたから…。多分む、大丈夫な日だから。それより、もう一回できる?又、ナマでいいよ』とあっけらかんとしてたので、俺は安心して遠慮なく再度義姉に挿入した。

 結局、「もう一回」どころか朝方まで6回も義姉のナマ膣に欲望汁を吐き出した。翌日、俺は会社は休みだったので義姉とやりたい思いだったが、義姉の女友達の子供の容態が全快したので遊びに行くと言って出かけて行った。でも、義姉が出掛ける前に俺に『昨日はあ・り・か・ど・う!!康司さんさえ良かったら、また恵まれない環境の兄嫁を慰めてね♪』とキスをしていった。

 - 近親相姦の体験談 , , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★官能がわき上った私のレイプ体験

 私は、42歳の女性です。夫が亡くなってから田舎で一人暮らしをしています。娘婿が仕事の出張で近くの町まで来るので、一晩泊めてほしいということで喜んで承諾しました。夜、話が弾んで遅くまでずいぶん飲みました。私も普段は一人で飲んでもつまらないからあまり飲まないのですが、このときは彼の薦め上手にのせられて気持ちがよくて、おいしくて、いくらでも飲めました。  夫との夜の営みの夢を見ていました。「あなた、久し

no image
★義父でしたが久しぶりに入れられて

 去年の10月に夫が癌で亡くなって3か月後の1月、私は亡夫の実家を出ようと思いました。義母も3年前に癌で亡くなっていて、家にいるのは義父と二人だけでした。亡夫の四十九日が済んだ12月ごろから義父の私を見る目つきが変わってきて、私は年が明けてから義父に、家を出てマンションに住もうと思いますと言いました。 すると義父は「奈津美さんはまだ28歳だから、これから再婚できるだろうが、相手の男が見つかるまでこの家に

no image
★義妹に手を付けてしまったエロ告白

 先日、義父の還暦祝いと称して、妻の家族と温泉旅行に行きました。義父母、弟、義妹夫婦2組、その子供6名、そして我が家族3名。食事をして家族団らん、大人たちは酒を飲みかわしました。部屋は4部屋確保してあり、仲の良い子供たちは一部屋に雑魚寝。義妹やその夫たちと飲んでいたのですが、私はしたたかに酔ってしまい、自分の部屋に戻らず義父の部屋でねてしまったようです。 夜中にのどの渇きを覚えて起きると、横の布団

no image
★お姉さんに男にしてもらった体験談

 はじめまして! HN:光矢(こうや)と申します。僕の初Hは中学2年生の冬でした。その頃、つきあってる彼女なんていなくて、相手は僕の実のお姉ちゃんでした。姉は僕より4コ上でその時高校3年生。今時の女子高生のようなチャラチャラしたところはなかったのですが、部活にも勉強にも熱心なマジメなひとで、それでいて明るくて優しくて、弟の僕のこともよく面倒みてくれました。 勉強をみてくれたり、両親が帰るの遅い日は

no image
★姉の主人の巨根に妻は不倫

 妻は37歳で2つ上の姉がいます。その姉が病気にかかり入院する事になったのです。入院期間は1ヶ月と短いのですが、姉の御主人は料理も掃除もしない人なので姉が心配していました。入院する数日前に、我が家を訪ねて来ました。 夕方から翌日10時迄、姉の家の掃除や御主人の食事の支度をして欲しいと言う事でした。所が、近くの公園に呼び出され姉の御主人に「うちの女房と同じ扱いをするから」と言われたのです。最初は意味が分か

no image
★従妹はすごく美人でSEXしたかった

 俺、28歳。従妹、26歳。震災をきっかけに関係を持つようになりました。震災で職を失い、某県の避難所で職を探しながら過ごしていた従妹。諸々のストレス発散を兼ねて、都内の私のもとを訪ねてきました。従妹は身内の私が言うのもなんですが、ものすごい美人。  いつかそういう関係が持てたらと妄想はしておりましたが、でも本気でそう考えたことはありませんでした。訪ねてきた従妹にホテルを取ってあげて、そのホテルのレ

no image
★姪との肉体関係は夫の公認

 41歳の主婦です。私は、夫の甥と不倫関係にあります。彼は20代で独身。彼が高校生の時からの関係で、彼にとって私が初めての女性でした。半年ほど前、夫に二人の関係を知られてしったのです。夫は私達二人を前にして、とても激怒しました。 夫に知られた以上、私はこの家で生活することは出来ない。それならば、彼の望むとおり夫と別れて彼と暮らすことも考えました。でも数日後、夫は条件付きで私と彼の関係を許してくれた

no image
亡き妻の従妹の女体に第二の人生を

 私は44歳のオヤジです。大恋愛で結婚した妻が亡くなったのは4年前、36歳の若さで逝きました。それから二人の子供を一人暮らしの義母に預けて働いていましたが、叔父(亡き義父の弟)から義母経由で1年前に再婚話がありました。相手は叔父の娘(=亡き妻の従妹)の彩香さんで当時34歳、不妊を理由に離婚されたばかりでした。このままでは一生孤独だと娘を案じた叔父の願いで、とりあえず付き合ってみました。

no image
★母の秘密を知ってしまい興奮しました

 先日、偶然にも母(33)の全裸姿をみてしまった。いつものように野球の練習に行くため家を出たが、途中でグローブを自室に忘れたことに気づき家に引き返した。家を出てからもう20分位も経ってしまった。玄関の鍵を開け、急いで2階の自室からグローブを取り、靴を履くため玄関の上がりこまちに腰を下ろした。 その時浴室のドアーが開く音がした。玄関からは浴室は見えない構造になっている。当然ながら、浴室の方からも玄関

no image
★叔母とエロしてしまった

 僕の会社は転勤出張の多いサービス業界です。3度目の転勤が 叔父(父の弟)の近くで、子供が居なかった叔父夫婦が「アパート借りるんだったら 家に来い!」と言う事で 下宿する事になりました。 毎日の1時間程のランニング!そのは休みだったので 少し遅く出て10時頃帰り、シャワーを浴びようと風呂場に行くと叔母が洗濯してました。「あら 凄い汗ね! 早く脱いで 洗濯するから!」まったく意識する事無く素っ裸になり浴室に