エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

SEX変態奴隷に伏している俺の告白

   

SEX変態奴隷に伏している俺の告白

 僕と二年付き合ってる44歳の清子さんと日曜日は久しぶりに・・。彼女の好みは僕を奴隷にしてエッチなプレイを楽しむ事なのです。彼女はバツイチで二人の子供がいます。さすがに日曜日は子供さんはどこかへキャンプへ出かけていませんでしたが。僕が奴隷になるかどうかは前日の彼女からのメールで決まります。土曜日に携帯メールに「明日は私の奴隷になりなさい!」と連絡が入りましたので僕もそのつもりで清子の家に向かいました。
 それが朝の7時です。まず、家へ入ると清子の命令で素っ裸にされ、清子の横紐タイプのティーバックパンティー紫に履き替えさせられました。女性用の下着は小さいので僕のあそこもきちんと収まらず、勃起なんかすると完全に上から亀頭が飛び出てしまいます。しかしこの日だけは清子もそれを見て興奮しているようです。おまけに僕は後ろ手に手錠をかけれれて彼女の体にすら触らしてもらえません。目の前に彼女が裸になってたっているというのに・・。


 しかし反対に清子はそれをいい事に僕のあそこを下着の上から擦ったり、揉んだりしてそれだけで僕をいかそうとします。「いきそう!」と言うと彼女は手を止めて中断してしまうのです。そして僕を前かがみにさせて、お尻にローションを塗り肛門に指を入れてくるのです。そしてピンクローターまでも・・。

 僕はとにかくこの日だけは清子の言うことを忠実にきいてあげるのです。なぜならあとでいい事がまっているからです。清子は僕の目の前に立ち「私の乳首なめて!軽く噛んで!」と命令口調です。されに僕を床へ寝かせて僕の顔の上にお尻をこすりつけてきて「お尻の穴にキスして!」と言います。そして清子の大好きな「おまんこしゃぶって!」の一言。清子はこの日に為におまんこの毛を小さな三角の形にお手入れをしていました。

 毛の色もうっすらとブラウンに染めてました。僕もそれを見て結構、興奮しかなり時間をかけて丁寧にしゃぶりつきました。おまんこからはお汁が溢れ出し僕の口のまわりはベタベタになってしまいました。清子も興奮したのか僕のパンティーを脱がせてチンポを右手で握り口の中に含みました。


 清子のねっとりとしたフェラは絶品で、僕のチンポのツボをしっかりと感じさせてくれます。特に舌先で亀頭の裏をペロペロとされるとすぐにでもいきそうになります。僕は手錠をかけられているので、そんな時は自分で腰を振って清子の口にピストンするのですが、清子は「奴隷は勝手に腰ふったら駄目!」と怒られるのです。僕が腰を振るのは清子を一回いかせてからという約束になっているのです。

 - 知り合いとの体験談 , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★昔の知合いの女性とやれました

 レジに立つみおをチラ見する俺に彼女も気づいていて、ときどき目が合う。みおには俺の気持ちが伝わっていると感じていた。そんなコンビニだったが、閉店して行方知れずでいた。そんなみおを偶然大型商業施設のレジで見つけた俺は、遠巻きにみおを見ていあたが、みおも俺に気づいて会釈する。 そのまま帰りかけた俺だったが、後ろ髪を引かれる思いで、店員の出入り口でみおの帰りを待った。ほどなくみおが出て来たのを捕まえて、

no image
★混浴温泉でハレンチ事をしました

 彼女と混浴温泉旅行に行きました。彼女は私が言うのも何ですがスレンダーで知的美人です。その割には大胆で、混浴では臆することもなく全裸になります。バスタオルも巻くこともなく、小さいタオルで胸を隠すぐらいで混浴に入ってきます。 お風呂に入っている時はお湯が濁っていることもあり、身体は他人からはあまり見えませんが、出る時はどうしても全裸の後ろ姿が見えてしまいます。さらに湯船からは見上げる姿になるので、後

no image
★店の試着室でされました。興奮しました。

 私はその時、洋服屋の店長をしていました。お店は月末で、締めやら何やらで忙しく、閉店時間を何時間も過ぎても仕事が終わりませんでした。やっと一区切りが付き、充実感と開放感で私は気分がハイになっていたんです。バイト君(男22歳)が「店長、やっと終わりましたね。」 と言って来ました。  彼は私に日頃から好意を持っていると思われる行動を取って来ていたのですが、私はさりげなく気付かないフリをしていました。でも

no image
本命の可愛い子とマッタりとエロした・・1/2

 男女4対4で飲み会したときの事です。おれが勤めていた美容室のスタッフの子に、飲み会を頼んで女を集めてもらいました。そのスタッフの優子(仮名)と優子の友達麻美(仮名)と舞(仮名)と舞の友達の紗弥加(仮名)の4人が来ました。麻美と舞は優子の友達ですが、面識はないらしく、初対面みたいでした。また紗弥加は舞の友達で紗弥加は優子も麻美も初対面という、なんだか寄せ集めみたいな飲み会でした。

no image
SEXの親子丼は刺激的です。

 僕が一人暮らししている大学生だった時の話です。家庭教師先の姉(二十歳)と付き合っていますが、その彼女の母親(42歳)とも関係をもっていました。初めは強姦されるように無理やりセックスさせられたんですが、その後は毎日のようにしていました。ある日、父親が出張で泊まりだったみたいで、彼女と母親で僕の部屋(ワンルーム)に泊まりに来ました。

no image
★スーパーで知り合いになった人妻・・2/2

 表情は暗くて最初の頃のように肩を落としていた。席に付いてコーヒーを頼むとマキさんが此方に気がついた。 「ケンくん」 マキさんは俺の姿を見ると今にも泣きそうになった。 「ご飯食べましたか?」 マキさんは首を左右に振って答えた。 「なにか頼みますか?」 「ごめんなさい」 「そういうのはもうやめましょう、迷惑だったら今此処に来ていませんから」 「・・・」「仕事で何かありましたか?」 「いえ私・・」 「お腹減って

no image
★成人式で不良だった同級生に再会

 先月、地元成人式に出たときのことです。トイレに向かう途中1人の男性が、スーツのズボンのポケットに入れた左手を動かしながら、私に話しかけてきました。いい振袖だね。買ってもらったの?私がうなずくと、それにしてもいい女になったじゃねーか! 1回振袖のままやらせろや!と言いながら、スマホの画面で昔の写真を見せてきました。その男は、中学の同級生で不良の1人で、昔のことが頭によみがえってきました。

no image
★女性店長が転勤して来てベットの仕事を

 俺は18歳の時から4年間、大阪の某百貨店の洋食屋の厨房でコックをして働いてました。そして俺が20歳の時にホール店長として当時35歳独身の女の人が本社から転勤してきました。顔は国生さゆり似で、その人はいかにもキャリアウーマンで本社の信頼も厚くて、実績もあります。当然、うちの店に来てからもバイトの女の子や厨房のコック達からも尊敬されてました。  その人(須藤サン)が転勤して来てから半年ぐらい経った頃の事です。俺

no image
★高速バスの停留所でエッチ

 先日彼女とスノーボードへ行った帰りに寝不足もあって、どうしても途中で休憩しなければ耐えられないくらい疲れていました。サービスエリアまで行く元気もなかったので、高速バスの停留所に停車することにしました。 ところが体が疲労している時というのはかえって欲情してしまうもので、横で寝ている彼女のお尻をなで回したり、乳首を舐めまわしているうちにみるみる私のペニスも勃起してきました。彼女も小さなあえぎ声をあげ

no image
勃起したのでフェラで抜いてくて収まった体験

 去年の夏の話。結婚してる男友達Kの家に遊びに行った時、Kの奥さんの友達Y子も含め6人(K夫婦と別の友達夫婦、俺とY子)で飲んでました。Y子とはそんなに親しいわけでなく、K夫婦宅でたまに会うくらいだけど、知り合って6年くらいになります。Y子は結構美人で明るい子なんだけど、気が強いせいか彼氏が出来ては別れるってのを何度も繰り返していたようですが、ここ1年は彼氏いなかったみたいでした。