エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

花火大会でSな彼女にイカされた

   

学生の頃、下宿先の近くで花火大会があり、彼女と出掛けました。
下宿に彼女が迎えに来てくれ、そこから一緒に行きました。

暑い日で、僕はジョギパンにTシャツでした。
花火は近くの河原の道路から、周りは凄い人出で、
幸い二人並んで見ることが出来ましたものの、
殆ど通勤電車の中のような状態でした。
その時、ふと股間に感触があったのに気づきました。
僕がはいていたのはタオル地のすその広いジョギパンで、
今のもののようなインナーが付いてなく、下はブリーフでした。
ジョギパンの上からではなく、下のブリーフの上から
直に手のような感触があったのです。
ふと下を見ると、彼女の手がジョギパンの隙間から入り込み、
ブリーフの上から僕のチ○ポを愛撫していました。
周囲は人だらけで僕は声も出せずにいましたが、
彼女の手は一向に収まろうとしません。

僕はようやく彼女の耳元で
「どこ触っているの・・・」
と言いました。
すると彼女は「○○君、この短パン、前も何度かはいていたけど、
横や下からだと○○君のブリーフがよく見えるの。それとこの前は
パンツの隙間からキンタマが見えちゃって、私、目のやり場に困っちゃった・・・」
「いつも私のスカートめくって悪戯するから、今日はお返しするの・・・」
彼女の指はだんだん大きくなってくる僕のブリーフの前面を執拗に触り、
カリのところと、亀頭の部分を円を描くように愛撫を続けました。
「や、やめてよ・・・人が見てる」
「誰も気づいてないよ」
その時、ちょうど大きな花火が炸裂しました。

「ああ、凄い大きい・・・」
彼女は既にぱんぱんになった僕の股間を同じペースで愛撫しながら言い、
なおも続けました。
「凄い、パンパン・・・いやらしい・・・」
僕は何か言おうとしたけど、恥ずかしいのと気持ちが良いのとで
声になりませんでした。

「凄いやらしい。ブリーフの隙間からオ○ン○ンが出てきそうだよ・・・」
周囲は相変わらずの人垣なので、ほかからは見られていませんが、
僕のジョギパンの前は裾がめくりあげられ、もうこれ以上は
駄目というくらいパンパンになったチ○ポが露出していました。

「えっちな○○君のチ○ポをちょっと楽にしてあげようか・・・」
彼女はそう言うと、おもむろに僕のブリーフの裾に手をかけ、
めくりあげ僕のチ○ポを露にしました。

下を見ると先っぽが既にヌルヌルになった僕のチ○ポは
勢いよくこちらを向いています。
「だめだって・・・しまって・・・」
そう言って僕は抵抗しましたが、彼女は耳を貸そうとせず、
露になった僕のチ○ポの愛撫を続けました。
カリと、竿の裏を丁寧にねちっこく触り、時々亀頭をはじく・・・。

「だめだ、イっちゃう・・・」
「こんなところでイっちゃうなんて、なんてエッチなの・・・」
「ああ、だめぇ・・・」

イっちゃいました・・・。花火を見ながら、立ったままで果ててしまった夜でした・・・。
学生の頃、下宿先の近くで花火大会があり、彼女と出掛けました。
下宿に彼女が迎えに来てくれ、そこから一緒に行きました。

暑い日で、僕はジョギパンにTシャツでした。
花火は近くの河原の道路から、周りは凄い人出で、
幸い二人並んで見ることが出来ましたものの、
殆ど通勤電車の中のような状態でした。
その時、ふと股間に感触があったのに気づきました。
僕がはいていたのはタオル地のすその広いジョギパンで、
今のもののようなインナーが付いてなく、下はブリーフでした。
ジョギパンの上からではなく、下のブリーフの上から
直に手のような感触があったのです。
ふと下を見ると、彼女の手がジョギパンの隙間から入り込み、
ブリーフの上から僕のチ○ポを愛撫していました。
周囲は人だらけで僕は声も出せずにいましたが、
彼女の手は一向に収まろうとしません。

僕はようやく彼女の耳元で
「どこ触っているの・・・」
と言いました。
すると彼女は「○○君、この短パン、前も何度かはいていたけど、
横や下からだと○○君のブリーフがよく見えるの。それとこの前は
パンツの隙間からキンタマが見えちゃって、私、目のやり場に困っちゃった・・・」
「いつも私のスカートめくって悪戯するから、今日はお返しするの・・・」
彼女の指はだんだん大きくなってくる僕のブリーフの前面を執拗に触り、
カリのところと、亀頭の部分を円を描くように愛撫を続けました。
「や、やめてよ・・・人が見てる」
「誰も気づいてないよ」
その時、ちょうど大きな花火が炸裂しました。

「ああ、凄い大きい・・・」
彼女は既にぱんぱんになった僕の股間を同じペースで愛撫しながら言い、
なおも続けました。
「凄い、パンパン・・・いやらしい・・・」
僕は何か言おうとしたけど、恥ずかしいのと気持ちが良いのとで
声になりませんでした。

「凄いやらしい。ブリーフの隙間からオ○ン○ンが出てきそうだよ・・・」
周囲は相変わらずの人垣なので、ほかからは見られていませんが、
僕のジョギパンの前は裾がめくりあげられ、もうこれ以上は
駄目というくらいパンパンになったチ○ポが露出していました。

「えっちな○○君のチ○ポをちょっと楽にしてあげようか・・・」
彼女はそう言うと、おもむろに僕のブリーフの裾に手をかけ、
めくりあげ僕のチ○ポを露にしました。

下を見ると先っぽが既にヌルヌルになった僕のチ○ポは
勢いよくこちらを向いています。
「だめだって・・・しまって・・・」
そう言って僕は抵抗しましたが、彼女は耳を貸そうとせず、
露になった僕のチ○ポの愛撫を続けました。
カリと、竿の裏を丁寧にねちっこく触り、時々亀頭をはじく・・・。

「だめだ、イっちゃう・・・」
「こんなところでイっちゃうなんて、なんてエッチなの・・・」
「ああ、だめぇ・・・」

イっちゃいました・・・。花火を見ながら、立ったままで果ててしまった夜でした・・・。

 - 未分類 , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
お姉さん

バイト先に、前から気になっている人がいました、名前はみおさん、26歳だけど童顔で肌がきれいで、もっと若く見える人。中○翔子似でかわいくて、性格は超おっとり。僕は17歳なので9歳年上だけどみおさんは優しくて僕の話をよく聞いてくれた。わざとHな話にもっていっ…

no image
姉は家庭教師 コスプレ着せ替え人形

「もう?、○○。どうしてこんなに簡単な問題解らないのぉ?」姉はあきれ返った様に俺に言う。「そんなこと言ったって、俺チンプンカンプンだよ」俺は現在中学三年。今年受験だというのに偏差値40そこそこという状況。このままではロクな高校へ行けない、と心配した両親が姉を…

no image
スケバン「凶子」

俺の高校はスケバンに支配されてたんだよね。最近の子はスケバンなんて言ってもわかんないか。ようするに女番長のことだよ。髪の毛を染めてデーモン小暮みたいな頭にして、スカートは異常に長く、チェーンや鉄のヨーヨーを振り回す。やたらと濃い化粧。フーセンガム。それが…

no image
露天風呂で

はじめまして、りおなと申します♪数年前に起きた話で、何度も思い出してはオナニーしています。中学時代から露出にハマリはじめて、ノーパンノーブラで走ってわざとおっぱい揺らしたりして、皆が見てるのを楽しんでは家帰ってソッコーオナニーが日課になりつつありましたッ…

no image
吐きそうになった経験(2)

どうみても7-8歳の女の子に性奉仕をさせる光景はあまりにも強烈過ぎる思い出でだった。自分も悪いとは知りつつ、歯を抜かれた10代の娘の口内で果ててしまった。北タイでの強烈な思い出だった。私が北タイでの仕事を終え、日本に帰り仕事が終わり勝鬨橋近くのフグ料理店で飲ん…

no image
首輪DAYS

"えっちに飽きた頃… 「ご主人様?」 こんな呼び方も随分と普通になって、こいつと僕はいつものように公園で… 散歩…、をしている。 いやちょっと表現がまずかったか… こいつを散歩させている。といったところだろう。 真っ赤な首輪を少女の首にかけて、そのひもを引…

no image
ソープで童貞を・・・(ry

今日行ってきました、やっとこさ童貞卒業。なんか体がけだるいです。今電車の中。しかし充実感があるっていうか・・・いい感じにマターリ厨。いつも童貞卒業しようと思ってはいたのですが、一歩踏み出せず。そこで先週の土曜日でオナニーをやめて禁欲生活に突入。水曜までは…

no image
実姉

俺には7歳上の姉美咲、5歳上の姉友里がいます、これは一番上の美咲姉ちゃんとの話です。姉は高校の教師をしていて身長が170と俺より大きく 美人とまわりには評判でした。俺は姉に似ず不真面目だった為姉が「私が毎日学校に行かせる」と提案し、姉の高校を受験することになっ…

no image
嫁を寝取っていたのは俺だった?終

ふとしたきっかけで、優香のメールを見てしまったのが間違いだった。俺には不似合いな、長澤まさみさんによく似た抜群のルックスを持つ嫁が、俺と付き合う前にモテまくっていたのは聞くまでもなくわかっていたが、まさかまだ続いている男がいるとは思ってもいなかった。しか…

no image
主人との駐在地で主人のクライアントと

いまは、日本に帰ってきましたが、4年前の帰国まで3年間主人の海外駐在に同行して中東のほうにいました。いまは、38歳になる人妻です。主人は、仕事柄出張もおおく、もともと外国人に興味あったこともあり、また結婚まえに、すこし隠れて外人と経験もあったことを思い出…