エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

バイト先の人妻のお姉さんのフェラテクがやばかった〜

   

バイト先の人妻のお姉さんのフェラテクがやばかった〜

  • 2014/05/30
  • 10:00
バイト仲間の人妻お姉さんのおっぱいに肘が偶然当たってしまった

学生時代の話
俺は学生ながらマックのマネージャー(店舗責任者)をやっていた
あの日は新しくマネージャーになった仲のいいバイト仲間のKさん(28歳人妻子持ち)に閉店業務を研修していた。
当時は24時間営業ではなかった為、閉店後は他のバイトが帰れば必然的に事務所で二人きりとなる。
教えながらストックヤードのドアをあけた時、肘が偶然おっぱいに当たってしまった。 あっ・・・と思いつつも研修を続けようとしたら

「ねえ、今おっぱい触ったでしょ?」と笑いながら言ってきた。
「ごめん、ってか小さくて触った気がしなかったし」と、冗談で言うと
「ひどい これでもCカップなんだよ」と笑いながら言うと俺の手をとり自分のおっぱいにもっていった。
俺「ちょwww何するの」と、すぐに手を離す。
Kさん「どうだった?」
俺「びっくりしすぎてわからなかった」
Kさん「じゃあもういっかいさわっていいよ」
俺「結構ですwww」と、その場はそれで終わった。
仕事が終わりKさんに先に着替えを促し最終確認をしていると、Kさんがブラウスのボタンを全部はずした状態で出てきた。
 


Kさん「どおよ?」
俺「ちょっとなししてるんですか?はやく隠して」と、言った。
Kさん「顔真っ赤だよ。なんかかわいいwww」と、抱きついてきた。
俺「ちょwwwやめっ」
Kさん「ほらっちゃんと触って確かめないと許さないから」と、俺の腕をつかんだ。
俺「わかったよ。じゃあホントに触るよ?」 Kさんはいじわるな笑みを浮かべたままゆっくり頷く。
ブラの上からKさんの小ぶりなおっぱいを触ると今まで触ってきたおっぱいを全否定したくなる程柔らかかった。
俺「うわっ超柔らかい」と夢中で揉んでるとKさん「ちょっと触りすぎwwwもぉ駄目」と体をよじる。 しかし、こうなったらもう止まらずブラをずらして生乳を揉み、乳首を転がすと、嫌がりながらも吐息を漏らす。



そのままキスをするとねっとりと舌をからませてきた。 しかし、すぐ我に帰り
Kさん「あなた自分が何をしてるかわかってるの?これって不倫よ?」
俺「嫌なの?」硬くなった乳首を舐めながら尋ねる。
Kさん「あっ・・・嫌じゃないけど駄目よ」 駄目よを聞き終わる前に、制服のスカートにてを入れると
Kさん「それだけは絶対駄目。私本気になっちゃうから・・・」
俺「でも我慢できないよ」と、再度スカートに手を入れようとするも頑なにガードされる。
Kさん「わかった。口で抜いてあげるからそれで我慢して」と、俺の前に座りズボンを降ろす。
俺のものをゆっくりシゴキ、裏筋からゆっくりねっとり舐め、口に含むと当時AVでしか見たことがないほどジュボジュボ音をたてながら舐めた。 俺はその未体験のテクニックから来る快楽と、事務所という場所、普段接客している制服でフェラをしているという光景、不倫という罪悪感でめちゃめちゃ興奮して5分程で口の中にだしてしまった。
最後の一滴まで吸出し手に吐き出した。ハンパない量だったのを覚えてる



帰り道、やっぱり私も我慢できないと、ホテルに誘われたが賢者モードの俺は
「俺もKさんに本気になるのが怖いし、誰かに見られてKさんの家庭を壊してしまうかもしれないからやめよう」
と、断った。 ホントは連射できないだけだがwww
Kさん「そうね、私は前からあなたに本気だったけど、私なんかの為にあなたの未来を壊したくない」と、
おもむろに財布から1万円を取り出し俺に握らせた。 
Kさん「口止め料と、私が割り切る為に受け取って」そう言うと走りさって行った。

その後は以前と変わらぬ態度で接し、時々抜いてもらう日々がしばらく続いた。

だけど一回も最後まではしなかった。 

未だKさんを超えるテクを持った人と出会った事はないな







エッチ体験談、セックス体験談、エロ体験談、我慢、人妻、フェラ、テクニック、興奮、Cカップ、おっぱい

 - 男性 , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
昔振られた女と恨みまじり身体を重ね続けたセックス体験談

昔会社に派遣で来たK子は相〇紗〇に似てモロ俺好みだった。同僚Tに言うと「えーあんなやつどこがいいんだ?」と全く相手にしない。確かに男に対してガードが堅い雰囲気があってどことなくすました感じ。噂ではお嬢様育ちで男性経験なしとの情報も。そりゃハードル高いわ。でもやたら美人だったのであきらめるのはもったいないとおもた。「俺アタックしてみるわー」というと「どうぞおすきに」というスタンスだった。なので最初は

no image
パイパンマンコから溢れ出し子種

私には、以前から中出し奴隷がいます。単に私はラッキーで、相手に恵まれただけ、だったのでしょう。奴隷を作るにあたって一歩間違えば、人生を棒に振っていたと思います。相手は32歳N美。見た目、桑波田理恵を可愛くした感じで、体型はけっこう貧弱系、きっと一般的には、けして美人ではないでしょう。N美は、私が引っ越した時には、既に入居していた一家で、私と同じマンションに住む、旦那と子供の三人暮らしの人妻です。先に

no image
アソコがヒクヒク収縮し締め付けられる快感セックス体験談

去年の夏の話です。やっとフリーターから脱却して、ようやく会社勤めを始め、すごい精神的に参ってた時だった。元バイト先の社員の先輩、Aさんと飲んで、社会の荒波についてすごい語り合ってしまい、そのまま彼の家に行ってしまいました。Aさんはもう30歳位だし、すっかり落ち着いた感じの人だったから、全然警戒心が無くってシャワーも普通に借りちゃってた。 さあ寝ようか、みたいになった時、Aさんはするっと私の腰を抱いて

no image
あん、あっ、イっちゃう…

先日、夕方から駅近のパチ屋で『慶次』打ってたら、俺の隣の角台が空いてすぐに40才overと思われるハデな女が座った。ちょっとキツめの香水を漂わせていたので水商売系かな?と思いつつも俺は確変中だったので台に集中。しばらく大人しく打ってたみたいだけど、気が付いたらお隣さんはかなりイライラしてたみたい。ちょうどコーヒーレディが通ったんで、俺は出玉でアイスコーヒー2つ注文。数分後、アイスコーヒーが届いたので、「よ

no image
巨乳パイパンソープ嬢に捧げた童貞

20歳でキスの経験も無い童貞でした。ある時、ソープで脱童貞しようとネットで情報収集していた。最初は吉原でと思っていたけど、全く土地感がなく、送迎を頼むのもなんか、自分的に気まずく、今まで行きそびれていた。そこで、普通によく遊びに行っていた新宿で店を探してみると、評判も良かったこともあって、サイトで顔見せNGの姫を確認し、好みでなければ出勤している姫で入る予定だった。70分22Kで時間ばかり気にしてしまった

no image
友達の妻に中出し…罪悪感でいっぱいです

すごい罪悪感ありますね、友人とは学生時代からの付き合いで、家族ぐるみの付き合いしてましたから、友人と会うとまともに顔見れませんでしたよ。奥さん(舞31才)とエッチしたのは、偶然でたまたま会社の飲み会で出たときに、2次会でクラブへ行くと、クラス会だという舞ちゃんが来てて「かずさん(俺)久しぶり!偶然ね」「舞ちゃんも来てたの?」「うん、高校のクラス会なんだ、旦那にチビ見ててもらって久しぶりの息抜き」「俺は会社

no image
パイパンマンコから溢れ出し子種

私には、以前から中出し奴隷がいます。単に私はラッキーで、相手に恵まれただけ、だったのでしょう。奴隷を作るにあたって一歩間違えば、人生を棒に振っていたと思います。相手は32歳N美。見た目、桑波田理恵を可愛くした感じで、体型はけっこう貧弱系、きっと一般的には、けして美人ではないでしょう。N美は、私が引っ越した時には、既に入居していた一家で、私と同じマンションに住む、旦那と子供の三人暮らしの人妻です。先に

no image
何にもの女子から射精を見せてくれと頼まれた

俺はクラスでは割と早めに射精できるようになったせいで、何人も女子から射精を見せてくれって頼まれた。一人で頼みに来る女子もいれば、2人で来る女子もいた。女子が一人の場合はやりやすかったけど、2人の場合はまんこ見せてもらいながら、ってのが難しかった。女子同士で牽制し合うんだよね。しかたないから一人一人に個別に見せてもらった。一人が見せているときはもう一人は別室待機って感じでね。2人きりで同時に背中合わ

no image
巨乳熟女との潮吹きセックス体験談

先月二人連れの宗教熟女がやってきた。 玄関で呼ぶ声、 出ると、化粧ッ気のない女が二人立っていた。 その日は、すごく寒く二人ともダウンジャケットを着ていて、 スタイルは解らなかった。風も強く、玄関を開けていると風が入ってきて寒いので部屋に上がらせた。 一人は、背が低く童顔で30代後半っぽく上着を脱ぐと意外と胸がでかかった。 もう一人は、細身で40代中頃っぽく上着を脱ぐと華奢で貧乳、服も地味だった。 案の定

no image
とうとうすごい乱交をしてしまいました!!

とうとうすごい乱交をしてしまいました。友達のシンジが『50万人の人妻コミュニティー』で乱交パーティー参加者募集の人たちと連絡を取っていたらしく近場で会ったたそうです。そして彼女のミサトを連れヤッてきたら結構興奮したらしくまたそのときに僕たちのことを話したら「ぜひ、会ってヤッてみたい」とのことだったようで平日にもかかわらずシンジが前やってきた男の家に行ってしまいました。車で1時間ほど行ったところにある