エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

バイト先の人妻のお姉さんのフェラテクがやばかった〜

   

バイト先の人妻のお姉さんのフェラテクがやばかった〜

  • 2014/05/30
  • 10:00
バイト仲間の人妻お姉さんのおっぱいに肘が偶然当たってしまった

学生時代の話
俺は学生ながらマックのマネージャー(店舗責任者)をやっていた
あの日は新しくマネージャーになった仲のいいバイト仲間のKさん(28歳人妻子持ち)に閉店業務を研修していた。
当時は24時間営業ではなかった為、閉店後は他のバイトが帰れば必然的に事務所で二人きりとなる。
教えながらストックヤードのドアをあけた時、肘が偶然おっぱいに当たってしまった。 あっ・・・と思いつつも研修を続けようとしたら

「ねえ、今おっぱい触ったでしょ?」と笑いながら言ってきた。
「ごめん、ってか小さくて触った気がしなかったし」と、冗談で言うと
「ひどい これでもCカップなんだよ」と笑いながら言うと俺の手をとり自分のおっぱいにもっていった。
俺「ちょwww何するの」と、すぐに手を離す。
Kさん「どうだった?」
俺「びっくりしすぎてわからなかった」
Kさん「じゃあもういっかいさわっていいよ」
俺「結構ですwww」と、その場はそれで終わった。
仕事が終わりKさんに先に着替えを促し最終確認をしていると、Kさんがブラウスのボタンを全部はずした状態で出てきた。
 


Kさん「どおよ?」
俺「ちょっとなししてるんですか?はやく隠して」と、言った。
Kさん「顔真っ赤だよ。なんかかわいいwww」と、抱きついてきた。
俺「ちょwwwやめっ」
Kさん「ほらっちゃんと触って確かめないと許さないから」と、俺の腕をつかんだ。
俺「わかったよ。じゃあホントに触るよ?」 Kさんはいじわるな笑みを浮かべたままゆっくり頷く。
ブラの上からKさんの小ぶりなおっぱいを触ると今まで触ってきたおっぱいを全否定したくなる程柔らかかった。
俺「うわっ超柔らかい」と夢中で揉んでるとKさん「ちょっと触りすぎwwwもぉ駄目」と体をよじる。 しかし、こうなったらもう止まらずブラをずらして生乳を揉み、乳首を転がすと、嫌がりながらも吐息を漏らす。



そのままキスをするとねっとりと舌をからませてきた。 しかし、すぐ我に帰り
Kさん「あなた自分が何をしてるかわかってるの?これって不倫よ?」
俺「嫌なの?」硬くなった乳首を舐めながら尋ねる。
Kさん「あっ・・・嫌じゃないけど駄目よ」 駄目よを聞き終わる前に、制服のスカートにてを入れると
Kさん「それだけは絶対駄目。私本気になっちゃうから・・・」
俺「でも我慢できないよ」と、再度スカートに手を入れようとするも頑なにガードされる。
Kさん「わかった。口で抜いてあげるからそれで我慢して」と、俺の前に座りズボンを降ろす。
俺のものをゆっくりシゴキ、裏筋からゆっくりねっとり舐め、口に含むと当時AVでしか見たことがないほどジュボジュボ音をたてながら舐めた。 俺はその未体験のテクニックから来る快楽と、事務所という場所、普段接客している制服でフェラをしているという光景、不倫という罪悪感でめちゃめちゃ興奮して5分程で口の中にだしてしまった。
最後の一滴まで吸出し手に吐き出した。ハンパない量だったのを覚えてる



帰り道、やっぱり私も我慢できないと、ホテルに誘われたが賢者モードの俺は
「俺もKさんに本気になるのが怖いし、誰かに見られてKさんの家庭を壊してしまうかもしれないからやめよう」
と、断った。 ホントは連射できないだけだがwww
Kさん「そうね、私は前からあなたに本気だったけど、私なんかの為にあなたの未来を壊したくない」と、
おもむろに財布から1万円を取り出し俺に握らせた。 
Kさん「口止め料と、私が割り切る為に受け取って」そう言うと走りさって行った。

その後は以前と変わらぬ態度で接し、時々抜いてもらう日々がしばらく続いた。

だけど一回も最後まではしなかった。 

未だKさんを超えるテクを持った人と出会った事はないな







エッチ体験談、セックス体験談、エロ体験談、我慢、人妻、フェラ、テクニック、興奮、Cカップ、おっぱい

 - 男性 , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
ツアー旅行ガイドの妻の告白・・・

10日前、妻は団体のツアーを担当する事になり、2泊で仕事に出掛けました。偶然、私も出張で県外に行く事になりました。仕事も終わり、打ち上げと宿泊を兼ねて大きな温泉旅館に向かっていた。私の他には、同僚2人と現地の会社の従業員5人の8人で2部屋に分かれて泊まる事になった。宴会場は個人まりとした小さな部屋だったが、食事の内容も豪勢で満足していた。酒も進み、大分盛り上がった頃、私達の隣には団体客が居たらしく、

no image
パイパンマンコから溢れ出し子種

私には、以前から中出し奴隷がいます。単に私はラッキーで、相手に恵まれただけ、だったのでしょう。奴隷を作るにあたって一歩間違えば、人生を棒に振っていたと思います。相手は32歳N美。見た目、桑波田理恵を可愛くした感じで、体型はけっこう貧弱系、きっと一般的には、けして美人ではないでしょう。N美は、私が引っ越した時には、既に入居していた一家で、私と同じマンションに住む、旦那と子供の三人暮らしの人妻です。先に

no image
全く性欲がなかった妻がマンコをヒクヒクするくらい淫乱に変わった

妻は性欲が無く、夜求めてもほとんど断られます。年齢も33歳と今が一番いい時だと思うのですが、さっぱりです。皆さんの様に自慢と言える位の美人ではありませんが、胸はDカップ程あり身体もムチムチしていて、私は毎日でも妻を抱きたい位なんです。そんな妻への不満を友人は、真剣に聞いてくれました。ある日の事、友人と飲みながら妻の愚痴をこぼしていた時です。「俺の友人で、女の扱いが上手いやつ居るんだけど・・・奥さんの

no image
風俗嬢の手コキテクニック

スペック37♂フツメンリーマン。風俗歴8年。手コキ歴2年。嬢19♀Fカップ。公称値155.87.58.85。ある日、いつものように手コキ店に向かったんだけど、今日はオキニのお休みの日。店のHPをあらかじめチェックして居た僕は、新人のりょうこちゃんに目を付けてたんだ。紹介用の写真には、体の柔らかさを強調するストレッチ写真があったから。中国雑技団がやるようなアクロバティックな格好で写真を取られてたりょうこちゃんが気になって

no image
友達の股間に顔をうずめて…

ゆうべ夜中に寝ていたら夜中に女友達のAがDVDを持って突然遊びにきた。初めのうちは談笑しながらDVD観ていたんだけど、少しして気がついたらAは眠っていた。Aのスカートがいい感じにめくれ上がっていて、俺は一気にフル勃起。Aが起きないように足を使ってそーっとワンピースをめくりあげたら形の良い尻があらわになった。ひとつ残念だったのが黒いストッキングをはいていたこと。でも十分にパンツも見えていた。ここで更に俺は魔が

no image
仲良しの姉に思う存分中出し発射!

僕が中2のとき上の階にすんでいた高2のお姉ちゃんとしました。綺麗で頭もいいそんな感じの人で小さいときから遊んでもらったりしてたのでその時までまったく意識してなかったのですが、ある日普通に家に行くと「こう君はまだHなこと興味ないの?」「え…ないよないない」「本当にぃ?なんか必死だなぁ(笑)」ないはずなかった(笑) 「オナニーしてるの?」「え?・・・してる。」「やっぱり。興味あるもんね。」と、言いながらペニスをにぎら

no image
彼女が上司達にされたエッチな体験談。

彼女が上司達にされたエッチな体験談。僕には今日付き合って3ヶ月目の彼女がいます。彼女(これからはサエと呼びます)は自分と同じ今年23歳の新入社員です。彼女は新垣ゆい似でとても可愛く職場の部署でアイドルように皆からチヤホヤされています。中学から大学までずっと女子校で、家も裕福で箱入り娘のように育てられてきたようで、おしとやかなのですが天然な面も強くそこが可愛らしくて容姿性格含め周りから可愛がられてい

no image
癖になる…熟女とのセックスの日々

 自分は27ですが、1年前に仕事(電気工事)で訪問した一人暮らしの55歳の熟女と今関係しています。旦那(婿養子)とは離婚し、息子は仕事の都合で他県に住んでいるそうです!ちなみにその熟との関係の始まりは、初訪問時仕事が片付いてから、お茶を頂いてるとき、部屋にピンクのパンティー、ブラが干して有り、自分がその下着を見ていると熟は「あらこんなオバサンの下着みても嬉しくないでしょ?」なんて言うので、自分は「い

no image
アソコがヒクヒク収縮し締め付けられる快感セックス体験談

去年の夏の話です。やっとフリーターから脱却して、ようやく会社勤めを始め、すごい精神的に参ってた時だった。元バイト先の社員の先輩、Aさんと飲んで、社会の荒波についてすごい語り合ってしまい、そのまま彼の家に行ってしまいました。Aさんはもう30歳位だし、すっかり落ち着いた感じの人だったから、全然警戒心が無くってシャワーも普通に借りちゃってた。 さあ寝ようか、みたいになった時、Aさんはするっと私の腰を抱いて

no image
深夜徘徊しているC学生に中出し

私の職業は深夜に勤務終了となり、帰り道はいつも自宅とは反対方向へ車を走らせ獲物を物色しながら帰ります。いつものように深夜の帰り道・・・いました。どう見てもC学生がこんな深夜にフラフラとひとりで歩いています。私は歩道に車を寄せ「何をしてるの?こんな遅くに」「家に帰るところです」「ふーん、ところでお小遣いは欲しくないかな?」「えっ?」「お小遣いだよ、欲しくないかな?」「欲しいですけど・・・いくらくれる