エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

義母が大胆に誘ってきたので・・

   

義母が大胆に誘ってきたので・・

 今年の正月私と妻と子供と義母の4人で3泊4日 あの有名な石川県のランプ宿に旅行にいきました。行きはよかったのですが帰りが渋滞に巻き込まれて 私が行きも帰りも運転してたのですが帰り夜中になり 疲れてしまい運転を妻に代わってもらいました。助手席には小1の息子私の後が妻横が義母で座ってて 途中より私が運転席後ろとなり午後9時義母も娘も寝てました。
 私の横が義母で首まで毛布をかけて、義父は妻が子供の頃に他界したらしく義母一人で妻を育てた訳で その義母が毛布の下から私のナニを触ってくるではないですか!びっくり!あっ!私は声が出そうになり妻は運転中 息子は爆睡中!まあ妻より義母の方が巨乳であり 妻が夜勤で(看護師)いない時など風呂上りバスタオル一枚で私の前を歩いたりしてて 太もも部分の内股の色の白さは義母と言っても生ツバものでした。


 その義母が大胆に私のナニをジーンズの上から触ってきたのです。明らかに誘っている訳でしかしこんな時男より女の方が神経図太いといいます。私はしばらくそのまま自由に触らせてました。初めジーンズの上で5本の指全部で全体をさする様に・・そして10分ぐらいしたらジッパーを降ろして パンツの上から触って来たのです。

 恥ずかしいのですがもうその時は 50才の義母の愛撫に反応してナニはそそり立っており パンツを濡らしてる状態でした。そっと横の義母を見ると完全に表情には出てなく 運転してる娘(妻)からは寝てる様にしかみえなかったはず。私はその図太さと大胆さに脱帽して 私もその秘密指遊びに参加する事にしました。

 身体の位置を義母に近づけて 義母の毛布の端からゆっくりと腕を入れていきました。義母はその日薄手のヒザまでのワンピース着ておりそのワンピースの上から まず4本指をそっと2本の太ももの上に置いて 左右の太ももを割る様に4本指をグーッと太ももの間に入れた。そしてヒザからアソコへと4本指を上げていった。

 すると私のナニを触ってた手がスーと引いて 寝返りをうつ振りをして頭を車の窓側に脚を私の方に向けたのです。コレは義母の触って頂代の意味だと思い 徐々に義母のスカートをたくし上げ始めた。毛布の中で義母のスカートが娘婿の手で捲くり上げていく・・30秒ぐらいでスカートの先端が指に当たる。毛布の下で義母の両脚が完全に出た。指に義母の生肌が触れた。


 ストッキングを穿いてるはずなのに太ももまできていないと言うと つま先からヒザまでの靴下タイプの様だった。その義母のマシュマロの様な柔らかな太ももの感触をしばらく堪能した。4本指が2本の内股を割って上から下に蛇の様にハッテさまよった・・そして指を義母のアソコに・・

 まずは中指をパンティーと座席シートの間に思いっきり差し込んで パンティーの上から割れ目越しにゆっくりツーート!なぞってみた!すると義母が大きく胸を突き上げ顔はあごを突き上げ反応した。妻は何も知らず運転をしていた。私はそのまま義母の割れ目をパンティー越しに愛撫し続けた。5分10分経った時だろうか義母は思わず毛布を顔の上に引っ張り感じていた。


 その時には毛布の下では義母の脚は完全に開いており10分間私の指遊びで 自ら出した大量の我慢汁がパンティーを濡らし それが割れ目全体に広がり布越しでもその形が判るくらいだった。中指が上下に動く度にパンティーの布目の間から あとから あとからヌルッとした液体が吹き出て それを指の腹で上に下に割れ目をなぞる様に指を走らせた。

 それはもう上から下までパンティーは濡れてぴったり 割れ目に張り付いて、納豆の表面を指でなぞってる様にヌルヌルで 指伝えに指に糸を張って泡まで吹いてるのがわかった。その日義母は数十年ぶりに自分が女だと思い出した事でしょう!(続)続編は同くコレに(感想文)パート2.3と書いていきます。

 - 近親相姦の体験談 , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
お兄ちゃんの太いのが・・

 私の家は朝食を当番で作ってて、その日は私の日だったので朝早く起きて学校行く準備してから朝食作る準備してたんです。そしたらお兄ちゃんがいつもより早く起きてきて、いきなり私の胸を後ろから揉んできたんです。「なあ~しおり、制服にエプロンなんて絶対俺を誘ってるだろ」「そんな事ないよぉ・・放して」「ね、何時もみたいに一発抜いてくれよ」「朝からバカな事いわないの」

no image
★従妹は美人で念願の大人の関係を

 俺、28歳。従妹、26歳。震災をきっかけに関係を持つようになりました。震災で職を失い、某県の避難所で職を探しながら過ごしていた従妹。諸々のストレス発散を兼ねて、都内の私のもとを訪ねてきました。従妹は身内の私が言うのもなんですが、ものすごい美人。  いつかそういう関係が持てたらと妄想はしておりましたが、でも本気でそう考えたことはありませんでした。訪ねてきた従妹にホテルを取ってあげて、そのホテルのレ

no image
★妻の姉の女体を前後もろもろ愛撫

 雅美、58歳。妻の姉だ。私より1歳上。結婚して大阪に住んでいたが、10年前に事故で夫を亡くし、実家に帰っていた。実家と私たち夫婦の家は目と鼻の先。私はその姉と、ほどなく関係を持つようになった。もちろん、妻の舞子には内緒だ。  舞子が、実家の母親を連れて老人会の温泉旅行に出かけた先週の木曜日、雅美が来た。2ヶ月ぶりだった。ひとしきり愛撫し合い、舌を這わせ合い、汗まみれになりながら交わり、同時に絶頂を迎え

no image
★義理の妹の処女を頂いたエロ体験談

 嫁の家族と一緒にスキー旅行に行った。大きめのレンタカーを借りて自分・嫁・両親・妹の5人だったのだが、今年は雪が多かったので比較的雪道に慣れている自分がずっと運転することとなり、3時ごろ宿に着いた時には自分一人がクタクタでみんなは、スキーに行ったが 部屋に残ってうたた寝していた。 ゴソゴソする音で目を覚ますと、義理の妹がスキーウェアーを脱いでいるところで、後ろを向いているので私が目を覚ましたことに

no image
★始めて見るアソコに翻弄された

 休みに兄嫁だけが幼稚園児の女の子を連れて帰省して来た。兄貴は当然仕事で 長く休暇を取れないらしい。今日の午後、母が孫を連れて、デパートに買い物 に出かけた。俺は春休みで毎日ぶらぶらしているが、今日は兄嫁が珍しく、色々と話しかけて来た。 兄が仕事熱心なのはいいが、子供にも、自分にもさっぱりかまってくれないので、最近は少しいらいらしている。

no image
★血の繋がりはない兄と

 兄、と言っても血の繋がりのない兄です。母と私、母子家庭でした。小学校三年の正月、突然母が再婚の話しをしました。正直、私は乗り気ではありませんでした。今の苦しい生活から抜け出したい、母の強い説得で相手に会うことを承諾しました。 身なりのいい紳士と、人の良さそうな中学生、それが最初の印象でした。それもそのはず、継父はお医者さん、連れていかれた家も凄い立派なもので、母が再婚したらここに住めるのかと、私

no image
★義兄のアレがチラッと見えたりして最後は

 私は姉夫婦と実家で生活している、未婚で27歳の普通のOLですが、義理の兄と普通でない、秘密が出来てしまいました。姉が結婚したのは、私が17の時なので、10年になります、今思えばこの頃から、始まっていました。兄は必要以上に私の部屋に来て、しかもその時は、決まって丈の短い半ズボンで、裾から兄のペニスの先らしきものが、ちらちらと見えていたり、居間でテレビを見たりしている時は、 必ず私の斜め隣に座り、兄の方を見

no image
★近親SEXし放題の淫乱な嫁

 私はエリといいます。淫乱嫁です。実は私は同居している夫の父、私にとっては義父と肉体関係を遂に持ちました。夫は長男の為、両親と同居しています。義父はすでに60歳を過ぎて定年退職、後妻の義母は50代後半なので会社で働いています。その為に結婚して専業主婦をしている私は必然的に、夫よりも義父と過ごす時間が多くなり、ましてや、義父は夫に似て私の好みのタイプでありました。 私は好みのタイプであれば、基本的に

no image
★兄貴の嫁は過去にSEXした女だった

 兄貴が婚約者を家族に紹介した。相手は、自分が高校時代に何回か寝たことがあった女だった。当時、隣県の不良が集まる高校に下宿して通っていたが、そこのボス格の女だった。気分によって俺を含む3~4人の子分にもお裾分けがあった。自分の童貞はこの女によって失った記憶がある。 婚約者の方もなんとなく分かった様子だったが、その場では2人とも黙っていた。式が終わって、1月ほど経ってから兄貴の新婚家庭を一人で訪れた

no image
★甥っ子とエロな関係がズルズルと

 私は38歳で子供二人の普通の主婦です。私はいま21歳の甥っ子と関係しています。 夫には申しわけない気持ちでいっぱいなのですが、彼とのセックスは夫と比べ物にならないほどいいんです。彼との関係が始まったのは何か月か前に親戚何人かで飲みに行き、カラオケに行った時です。 21歳の彼はとてもかわいらしい顔で、ちょっといいなと思っていましたので、私は彼の隣に座りあれやこれやとお世話してたんです。飲み物を作っ