エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

元風俗嬢の嫁と寝取られ生活31

   

嫁が拓人の家に行ってから、本当に一度も連絡なく、長い1週間が経過した。
正直に言って、もう戻ってこないのではないかという不安に押しつぶされそうな日々だった。

そして1週間目のその日、いつも通り会社に行き夕方家に帰ると家に電気が付いていた。喜んで、テンション高くドアを開けると、「あっ!しょうくんお帰り!」と、明るい嫁の笑顔が待っていた。ただ、髪の毛はまた少し茶色く染まっていて、洋服もギャルっぽい格好になっていた・・・
それに激しく嫉妬して、そのまま抱き締めると、嫁の方からキスをしてきた。
「しょうくん、寂しかった?浮気してない?」と、年上のお姉さんのような感じで言ってきた。
「寂しかったよ!浮気なんてするわけないじゃん!佳恵はどうだったの?どんな感じだったの?」ドキドキしながら言うと、嫁は黙って写真を見せてきた。

写真は、タキシードを着た拓人と純白のウエディングドレスを着た嫁が、仲良く並んで微笑みながら写っていた。

「拓人とは結婚したから、写真に残してみたんだ・・・ どうかな?可愛い?」嫁が聞く。
「・・・・可愛いよ・・・」かろうじて言うと、
「拓人の家で、この格好で赤ちゃんの素、いっぱい中に出してもらったんだよ・・・」そうエロい口調で言いながら、俺の股間に手を伸ばしてくる嫁・・・・
「あれ?そんな話聞いて、こんなにしてるんだぁ・・・  しょうくんはやっぱり変態だねw」そう言いながら、シャツ越しに俺の乳首も責めてくる嫁。

「佳恵・・・ 寝室行こう・・・」そう言うと
「だーーめ 変態君はこのまま手でイカしてあげる」と、笑顔で言いながら俺のズボンとパンツを脱がして、乳首をシャツ越しに責めながら手コキをしてくる。
「拓人としすぎて、ちょっと痛いんだ・・・ だからこれで我慢してね」そういじわるな口調で言われると、1週間出していなかったこともあってか、あっと言う間にイってしまった・・・

「あーーあ・・・  もうイっちゃったんだw・・・ もっと拓人とのこと聞かせてあげようと思ったのに・・・」
イッて冷静になったので気がついたが、嫁の耳にピアスが付いていた・・・
「どうしたの?それ・・・」おそるおそる聞くと、
「拓人と一緒に病院で開けたんだよ。ペアのやつしてるんだよ・・・」嫁がそう言うと、イったばかりなのにカチカチで我慢できなくなり、嫁に抱きつくと

「ゴメンね・・・ ついさっき拓人としたばかりだから、本当にちょっと痛いんだ・・・  拓人激しいし大きいから・・・」と言いながら、口でくわえてきた。

そんなことを言われながら、両乳首を両手で責められながら口でされると、あっと言う間に射精感が高まってしまった。
「あぁぁっ!佳恵!ダメだもう!」そう言いながら、嫁の口の中に大量に射精した。

すると、俺の精子をティッシュにはき出しながら、
「いっぱい出たね・・・ 2回目なのに・・・ でも、早かったね・・・」
「佳恵・・・  どうして?」と言いながら、ティッシュを指さすと
「ゴメンね・・・ 拓人のいっぱい飲んだから、ちょっとお腹いっぱいなんだ・・・」とことんSで行くと言うことらしい・・・

その後は、結局嫁とセックスできず、嫁の裸を見ることも出来ずに終わった・・・
一緒にベッドで寝ながら、どうしようもない不安な気持ちでいると
「しょうくん・・・これで良いの? 止めるなら今しかないよ・・・」そう小さい声で言った。
「佳恵は嫌?俺はこれで嬉しいよ・・・」胸が潰れそうになりながら、何とかそう言うと、
「わかった・・・  じゃあ、明日からは拓人の家とこの家と、その時の気持ちで私が帰りたい方に帰るようにするね」そう言った。
「・・・・わかった・・・・  佳恵、愛してる」そう言うと
「しょうくん、愛してるよ・・・   でもね・・・  ゴメン・・・何でもない・・・」嫁はそう言った。 

次の朝は、そんな事があったなんて夢だったみたいにラブラブな感じで嫁と朝ご飯を食べて、行ってらっしゃいのキスをされて会社に行った。

夕方になると拓人がメモリを届けに来て
「しょうはこれで良いのか?なんか・・・ さすがに心配だけど・・・」拓人が言う。
「拓人はどうなの?佳恵のことどう思ってるの?」そう聞くと
「・・・正直に言って、好きだよ。俺の物にしたいと思ってる。優子のことは忘れていないけど、佳恵ちゃんなら忘れさせてくれる気がする・・・」
「そうか・・・  結局佳恵が決めることだと思う。もちろん、譲る気はないけど」最後は笑顔でそう言った。

そして家に帰ると、テーブルの上に「今日は拓人の家」とメモが書いてあった・・・

落ち込みながら、拓人のメモリの動画を見始めた。

ワ〇ベでウエディングドレスを選んでいる嫁が写っていた。おそらく、お店的に撮影がNGなのか、隠し撮りのような感じで写っていた。
「これなんかどうかな?ちょっとヒラヒラしすぎかな?可愛すぎるかな?」真剣に選んでいる。
「佳恵は可愛いから、これぐらい可愛いのでもOKだと思う」真剣に受け答えて、なおかつ自分の意見もちゃんと誠実に述べている。
そして、決まったらレンタルではなく、拓人が購入した・・・
当然結構な金額で嫁も驚いていたが、拓人の強い意向で購入になった。

次に場面が変わると、写真館の中だった。更衣室の中で着替えている嫁を撮影していた。ウエディングドレスに似合う、白いレースの下着に白いガーターベルトに白いストッキングという格好の嫁は、とても清楚でエロく見えた。

「あっ!何撮ってるの!? ダメだよ。こんな格好で・・・」そう言いながらも、それほど強い抵抗を示さない嫁。すっかり撮影されることに慣れてしまったようだ。
すると、撮影しながら近づいていきカメラを置いたようで、映像は壁しか映っていないが、時折聞こえるキスの音がずっと続いていた。一言も口を聞かずに長いことその音だけが続いていた・・・

すると、「はぁぁぁ・・・ 拓人ぉ・・・ ダメだよぉ・・・入れて欲しくなっちゃったよぉ・・・」嫁がとけたようなエロい声で言う。
「ダメ! お楽しみは後でな。それより早く着て! これも着けろよ!」そう言って、リモコンバイブを渡す。パンツの股間部分に振動する部分が埋め込まれているタイプの物で、ローターむき出しのリモコンバイブのようにずれたりせずにクリトリスを刺激し続けることが出来るタイプの物だ・・・

すると、またカメラが動いて嫁を映し出した。そのリモコンバイブを着て、ドレスを着た。メイクはすでに終えているようで、ティアラを着けて完成した。

「佳恵、凄く綺麗だよ。俺のお嫁さんだね・・・」そう言う拓人。
「ありがとう・・・  ふつつかな嫁ですが、よろしくお願いします・・・」そうはっきり言った・・・

さっき見せられたウエディング写真の時に、嫁はリモコンバイブで責められていたと思うと、激しく勃起した。確かに、あらためて写真を見ると、嫁は少し顔が上気しているようで、目がエロい感じだ・・・

そして場面が変わると、ホテルの部屋の中だった。
ウエディングドレスを着たままで、鏡の前でバックからハメられている嫁を、拓人が手持ちで撮影していた。
スカートをたくし上げられて、拓人の太いペニスでガンガン突かれながら
「拓人ぉ・・・ ずっとこうしてほしかったよぉ・・・ 会いたかったよぉ・・・ あぐぅぅ・ ハァ! ハア!  だめだもん!  佳恵イっちゃうよぉ・・・ 愛してる! 拓人! 愛してるよぉ・・・」
鏡越しに拓人の顔を見つめながらそう言った。
「佳恵! 俺本気だから! 俺と暮らそう、愛してる! 佳恵!イくぞ! 中に出すぞ!」拓人も興奮している。
「あぁぁぁっ!  拓人!  来てぇ! 中に! 拓人の赤ちゃんほしいよ! だめぇ! イく!」眉間にしわを寄せて、苦しげな顔に見えるほど感じてるようだ。
「イく! 佳恵! 俺の子孕め!」そう叫んで嫁の中にぶちまけたようだ。

ガクガク生まれたての子鹿のように震えている嫁からペニスを抜くと、真白な拓人の精子があふれ出て床に落ちていった。そこで映像は切れた。

次の場面は、拓人の家のキッチンで料理をしている嫁が写った。
「なに撮ってるのー もうちょっと待ってね! 先にビールでも飲んでてね」笑顔でそういう嫁。エプロンを着て拓人のために料理を作る姿。セックスしている姿を見るよりも衝撃を受けた・・・
拓人は、移動してキッチンで料理をしている嫁に近づいていった。
「いやん! エッチ!  そっちで待っててよ!」そう言って慌てる嫁。エプロンの後ろから写すと、嫁の真っ白くて可愛いお尻が丸見えだった。裸エプロンで料理をしているようだ。

また場面が変わると、食卓でご飯を食べている二人が写った。
拓人がハンバーグを口に入れて、ドロドロになるまでかみ砕いて、それを嫁の口に流し込んだ。嫁は嬉しそうにそれを飲み込みながら、「拓人ぉ・・・ 美味しいよぉ・・・ あぁぁ・・・ だめぇ・・・ イきそう・・・」そう言いながら、同じようにハンバーグを口に入れてかみ砕き、拓人の口に入れていく。
拓人はそれを飲み込みながら、嫁にキスをして、激しく嫁の口内を舌でかき混ぜているようだ。
「んんっ! ん!」口をふさがれて、声にならないうめき声を上げながら大きく体をのけぞらせる。
口移しで食べさせられて、キスをされただけでイったようだ・・・・

次の場面は、透けたピンクのキャミソールに、ピンクの首輪をしている嫁が、拓人を四つん這いにしてアナルを舐めていた。アナルを舐めながら、両手で拓人の乳首を責めながら
「拓人はこんな恥ずかしい格好でお尻舐められてイっちゃうのかな?」そう言いながら、右手で拓人のペニスをしごき始める。
「佳恵・・・ 凄い気持ちいいよ・・・ 今度は俺が・・・」そう言って嫁を同じように四つん這いにさせると、アナルを舐めだした。
「いやぁ・・・  舌入れちゃだめだよぉ・・・ 汚れちゃう・・・」身をよじりながら言う嫁。
「だから、佳恵の体に汚いところなんてないよ。言ってるだろ?」そう言いながら、シリンダー型の浣腸器を取り出す拓人。
そして嫁のアナルに差し込んで液を注入していく。嫁は抵抗しない。
「拓人ぉ・・・ 入ってきたよぉ・・・ いやぁ・・・ 苦しいよぉ・・・」そう言う嫁。
拓人は続けざまに3回液を注入していく。
「だめだ・・・ 拓人、我慢出来ないよぉ・・・ 苦しいよぉ・・・ おトイレ行かせて下さい!」そう必死で言う嫁。すると、四つん這いで苦しんでいる嫁のあそこに拓人はペニスを挿入した。
「だめ! 本当にだめ! 出ちゃう! だめ! いやぁぁ!  抜いて! だめだよ!」取り乱す嫁。拓人はかまわずにピストンを始める。
「あぐぅ! ぐぅ! だめ! 出る! ハァ! ハァ!  あぁぁぁぁっ! だめだもん! いやぁぁ・・・」そう言って泣きそうになる嫁。すると、拓人はペニスを抜いて
「トイレ行っていいよ」そう言った。そこで映像は消えた。

次の場面では、ベッドの上でアナルに拓人のペニス、あそこにはブラックカイマンを入れられて、焦点が定まらない目で感じまくっている嫁が写った。
「拓人・・・ またイっちゃうよぉ・・・ もうだめ・・・ だめだとおもう・・・ 佳恵死んじゃうよ・・・ もうイってぇ!」そう叫ぶ嫁。
「だから、どっちか言ったらイくって言ってるだろ?どっちが気持ちいいの?俺?しょう?」そうサディスティックな言い方で聞く拓人。
「拓人ぉ!拓人のチンポの方が気持ちいいよぉ!イってぇ!」そう絶叫したところで映像は終わった。

次に場面が変わると、昨日自宅に帰ってきたときと同じ格好で、拓人の家の玄関で嫁がスカートをまくられてバックではめられている。
「よし、イくぞ! 佳恵!中でイくぞ!」拓人が苦しげに言うと、
「来てぇ!拓人ぉ・・・中にいっぱい出してぇ! イくぅ! 愛してる! 愛してるよ! あぐぅぅっ!」そう言ってイく嫁・・・
「佳恵!愛してる!帰るな!  イくっ!」そう言っていく拓人。

そして嫁の中でイくと、ペニスを抜いてすぐにナプキンを着けた下着を着けさせて、
「俺のを入れたまま帰れよ。今日はしょうにさせるなよ・・・」冷たい口調で言う拓人。
「はい・・・させません・・・  拓人ぉ・・・寂しいよぉ・・・」そう言って拓人に抱きつく嫁。
「だったら帰るなよ。俺はずっと一緒で良いぜ」
「だめだよぉ・・・ だってぇ・・・  でも・・・」困ったように言う嫁。
「じゃあ、さっき言ったようにしろよ。佳恵が決めなよ」そう言って嫁にキスをして口の中を舌でかき混ぜた・・・

嫁はその舌を受け入れながら、拓人のペニスに手を伸ばし、しごいていたと思ったらまたフェラを始めた。
思い切りのど奥まで入れて、「うぇっ!  おえっ! うぐぅぅ・・」などとえづきながら責めると
「佳恵! イくぞ!」そう短く言って嫁の口の中にぶちまけた。

「いっぱい出たね・・・ おいしい・・・」そう言って飲み干すと、
「1週間で何回出したかな?」そう拓人が言うと、
「今ので20回目だよ!」すかさず答える嫁。
「えっ!数えてたの?」驚いて拓人が聞くと、
「だってぇ・・・  嬉しいんだもん・・・」そう恥ずかしそうに答える嫁・・・

そこですべての映像は終わっていた・・・

今頃嫁は、拓人の家で・・・ そう思いながら、嫁の「止めるなら今しかないよ」という言葉がぐるぐる回っていた。

次の日は、嫁は自宅に帰ってきていて、玄関を開けると出迎えてくれた。
笑顔で「お帰り!しょうくんお疲れ様!」そう言う嫁に泣きそうになりながら抱きつくと、
「生理になっちゃったから帰ってきたよ!」と、飛び切りの笑顔で言われた・・・
嫁が拓人の家に行ってから、本当に一度も連絡なく、長い1週間が経過した。
正直に言って、もう戻ってこないのではないかという不安に押しつぶされそうな日々だった。

そして1週間目のその日、いつも通り会社に行き夕方家に帰ると家に電気が付いていた。喜んで、テンション高くドアを開けると、「あっ!しょうくんお帰り!」と、明るい嫁の笑顔が待っていた。ただ、髪の毛はまた少し茶色く染まっていて、洋服もギャルっぽい格好になっていた・・・
それに激しく嫉妬して、そのまま抱き締めると、嫁の方からキスをしてきた。
「しょうくん、寂しかった?浮気してない?」と、年上のお姉さんのような感じで言ってきた。
「寂しかったよ!浮気なんてするわけないじゃん!佳恵はどうだったの?どんな感じだったの?」ドキドキしながら言うと、嫁は黙って写真を見せてきた。

写真は、タキシードを着た拓人と純白のウエディングドレスを着た嫁が、仲良く並んで微笑みながら写っていた。

「拓人とは結婚したから、写真に残してみたんだ・・・ どうかな?可愛い?」嫁が聞く。
「・・・・可愛いよ・・・」かろうじて言うと、
「拓人の家で、この格好で赤ちゃんの素、いっぱい中に出してもらったんだよ・・・」そうエロい口調で言いながら、俺の股間に手を伸ばしてくる嫁・・・・
「あれ?そんな話聞いて、こんなにしてるんだぁ・・・  しょうくんはやっぱり変態だねw」そう言いながら、シャツ越しに俺の乳首も責めてくる嫁。

「佳恵・・・ 寝室行こう・・・」そう言うと
「だーーめ 変態君はこのまま手でイカしてあげる」と、笑顔で言いながら俺のズボンとパンツを脱がして、乳首をシャツ越しに責めながら手コキをしてくる。
「拓人としすぎて、ちょっと痛いんだ・・・ だからこれで我慢してね」そういじわるな口調で言われると、1週間出していなかったこともあってか、あっと言う間にイってしまった・・・

「あーーあ・・・  もうイっちゃったんだw・・・ もっと拓人とのこと聞かせてあげようと思ったのに・・・」
イッて冷静になったので気がついたが、嫁の耳にピアスが付いていた・・・
「どうしたの?それ・・・」おそるおそる聞くと、
「拓人と一緒に病院で開けたんだよ。ペアのやつしてるんだよ・・・」嫁がそう言うと、イったばかりなのにカチカチで我慢できなくなり、嫁に抱きつくと

「ゴメンね・・・ ついさっき拓人としたばかりだから、本当にちょっと痛いんだ・・・  拓人激しいし大きいから・・・」と言いながら、口でくわえてきた。

そんなことを言われながら、両乳首を両手で責められながら口でされると、あっと言う間に射精感が高まってしまった。
「あぁぁっ!佳恵!ダメだもう!」そう言いながら、嫁の口の中に大量に射精した。

すると、俺の精子をティッシュにはき出しながら、
「いっぱい出たね・・・ 2回目なのに・・・ でも、早かったね・・・」
「佳恵・・・  どうして?」と言いながら、ティッシュを指さすと
「ゴメンね・・・ 拓人のいっぱい飲んだから、ちょっとお腹いっぱいなんだ・・・」とことんSで行くと言うことらしい・・・

その後は、結局嫁とセックスできず、嫁の裸を見ることも出来ずに終わった・・・
一緒にベッドで寝ながら、どうしようもない不安な気持ちでいると
「しょうくん・・・これで良いの? 止めるなら今しかないよ・・・」そう小さい声で言った。
「佳恵は嫌?俺はこれで嬉しいよ・・・」胸が潰れそうになりながら、何とかそう言うと、
「わかった・・・  じゃあ、明日からは拓人の家とこの家と、その時の気持ちで私が帰りたい方に帰るようにするね」そう言った。
「・・・・わかった・・・・  佳恵、愛してる」そう言うと
「しょうくん、愛してるよ・・・   でもね・・・  ゴメン・・・何でもない・・・」嫁はそう言った。 

次の朝は、そんな事があったなんて夢だったみたいにラブラブな感じで嫁と朝ご飯を食べて、行ってらっしゃいのキスをされて会社に行った。

夕方になると拓人がメモリを届けに来て
「しょうはこれで良いのか?なんか・・・ さすがに心配だけど・・・」拓人が言う。
「拓人はどうなの?佳恵のことどう思ってるの?」そう聞くと
「・・・正直に言って、好きだよ。俺の物にしたいと思ってる。優子のことは忘れていないけど、佳恵ちゃんなら忘れさせてくれる気がする・・・」
「そうか・・・  結局佳恵が決めることだと思う。もちろん、譲る気はないけど」最後は笑顔でそう言った。

そして家に帰ると、テーブルの上に「今日は拓人の家」とメモが書いてあった・・・

落ち込みながら、拓人のメモリの動画を見始めた。

ワ〇ベでウエディングドレスを選んでいる嫁が写っていた。おそらく、お店的に撮影がNGなのか、隠し撮りのような感じで写っていた。
「これなんかどうかな?ちょっとヒラヒラしすぎかな?可愛すぎるかな?」真剣に選んでいる。
「佳恵は可愛いから、これぐらい可愛いのでもOKだと思う」真剣に受け答えて、なおかつ自分の意見もちゃんと誠実に述べている。
そして、決まったらレンタルではなく、拓人が購入した・・・
当然結構な金額で嫁も驚いていたが、拓人の強い意向で購入になった。

次に場面が変わると、写真館の中だった。更衣室の中で着替えている嫁を撮影していた。ウエディングドレスに似合う、白いレースの下着に白いガーターベルトに白いストッキングという格好の嫁は、とても清楚でエロく見えた。

「あっ!何撮ってるの!? ダメだよ。こんな格好で・・・」そう言いながらも、それほど強い抵抗を示さない嫁。すっかり撮影されることに慣れてしまったようだ。
すると、撮影しながら近づいていきカメラを置いたようで、映像は壁しか映っていないが、時折聞こえるキスの音がずっと続いていた。一言も口を聞かずに長いことその音だけが続いていた・・・

すると、「はぁぁぁ・・・ 拓人ぉ・・・ ダメだよぉ・・・入れて欲しくなっちゃったよぉ・・・」嫁がとけたようなエロい声で言う。
「ダメ! お楽しみは後でな。それより早く着て! これも着けろよ!」そう言って、リモコンバイブを渡す。パンツの股間部分に振動する部分が埋め込まれているタイプの物で、ローターむき出しのリモコンバイブのようにずれたりせずにクリトリスを刺激し続けることが出来るタイプの物だ・・・

すると、またカメラが動いて嫁を映し出した。そのリモコンバイブを着て、ドレスを着た。メイクはすでに終えているようで、ティアラを着けて完成した。

「佳恵、凄く綺麗だよ。俺のお嫁さんだね・・・」そう言う拓人。
「ありがとう・・・  ふつつかな嫁ですが、よろしくお願いします・・・」そうはっきり言った・・・

さっき見せられたウエディング写真の時に、嫁はリモコンバイブで責められていたと思うと、激しく勃起した。確かに、あらためて写真を見ると、嫁は少し顔が上気しているようで、目がエロい感じだ・・・

そして場面が変わると、ホテルの部屋の中だった。
ウエディングドレスを着たままで、鏡の前でバックからハメられている嫁を、拓人が手持ちで撮影していた。
スカートをたくし上げられて、拓人の太いペニスでガンガン突かれながら
「拓人ぉ・・・ ずっとこうしてほしかったよぉ・・・ 会いたかったよぉ・・・ あぐぅぅ・ ハァ! ハア!  だめだもん!  佳恵イっちゃうよぉ・・・ 愛してる! 拓人! 愛してるよぉ・・・」
鏡越しに拓人の顔を見つめながらそう言った。
「佳恵! 俺本気だから! 俺と暮らそう、愛してる! 佳恵!イくぞ! 中に出すぞ!」拓人も興奮している。
「あぁぁぁっ!  拓人!  来てぇ! 中に! 拓人の赤ちゃんほしいよ! だめぇ! イく!」眉間にしわを寄せて、苦しげな顔に見えるほど感じてるようだ。
「イく! 佳恵! 俺の子孕め!」そう叫んで嫁の中にぶちまけたようだ。

ガクガク生まれたての子鹿のように震えている嫁からペニスを抜くと、真白な拓人の精子があふれ出て床に落ちていった。そこで映像は切れた。

次の場面は、拓人の家のキッチンで料理をしている嫁が写った。
「なに撮ってるのー もうちょっと待ってね! 先にビールでも飲んでてね」笑顔でそういう嫁。エプロンを着て拓人のために料理を作る姿。セックスしている姿を見るよりも衝撃を受けた・・・
拓人は、移動してキッチンで料理をしている嫁に近づいていった。
「いやん! エッチ!  そっちで待っててよ!」そう言って慌てる嫁。エプロンの後ろから写すと、嫁の真っ白くて可愛いお尻が丸見えだった。裸エプロンで料理をしているようだ。

また場面が変わると、食卓でご飯を食べている二人が写った。
拓人がハンバーグを口に入れて、ドロドロになるまでかみ砕いて、それを嫁の口に流し込んだ。嫁は嬉しそうにそれを飲み込みながら、「拓人ぉ・・・ 美味しいよぉ・・・ あぁぁ・・・ だめぇ・・・ イきそう・・・」そう言いながら、同じようにハンバーグを口に入れてかみ砕き、拓人の口に入れていく。
拓人はそれを飲み込みながら、嫁にキスをして、激しく嫁の口内を舌でかき混ぜているようだ。
「んんっ! ん!」口をふさがれて、声にならないうめき声を上げながら大きく体をのけぞらせる。
口移しで食べさせられて、キスをされただけでイったようだ・・・・

次の場面は、透けたピンクのキャミソールに、ピンクの首輪をしている嫁が、拓人を四つん這いにしてアナルを舐めていた。アナルを舐めながら、両手で拓人の乳首を責めながら
「拓人はこんな恥ずかしい格好でお尻舐められてイっちゃうのかな?」そう言いながら、右手で拓人のペニスをしごき始める。
「佳恵・・・ 凄い気持ちいいよ・・・ 今度は俺が・・・」そう言って嫁を同じように四つん這いにさせると、アナルを舐めだした。
「いやぁ・・・  舌入れちゃだめだよぉ・・・ 汚れちゃう・・・」身をよじりながら言う嫁。
「だから、佳恵の体に汚いところなんてないよ。言ってるだろ?」そう言いながら、シリンダー型の浣腸器を取り出す拓人。
そして嫁のアナルに差し込んで液を注入していく。嫁は抵抗しない。
「拓人ぉ・・・ 入ってきたよぉ・・・ いやぁ・・・ 苦しいよぉ・・・」そう言う嫁。
拓人は続けざまに3回液を注入していく。
「だめだ・・・ 拓人、我慢出来ないよぉ・・・ 苦しいよぉ・・・ おトイレ行かせて下さい!」そう必死で言う嫁。すると、四つん這いで苦しんでいる嫁のあそこに拓人はペニスを挿入した。
「だめ! 本当にだめ! 出ちゃう! だめ! いやぁぁ!  抜いて! だめだよ!」取り乱す嫁。拓人はかまわずにピストンを始める。
「あぐぅ! ぐぅ! だめ! 出る! ハァ! ハァ!  あぁぁぁぁっ! だめだもん! いやぁぁ・・・」そう言って泣きそうになる嫁。すると、拓人はペニスを抜いて
「トイレ行っていいよ」そう言った。そこで映像は消えた。

次の場面では、ベッドの上でアナルに拓人のペニス、あそこにはブラックカイマンを入れられて、焦点が定まらない目で感じまくっている嫁が写った。
「拓人・・・ またイっちゃうよぉ・・・ もうだめ・・・ だめだとおもう・・・ 佳恵死んじゃうよ・・・ もうイってぇ!」そう叫ぶ嫁。
「だから、どっちか言ったらイくって言ってるだろ?どっちが気持ちいいの?俺?しょう?」そうサディスティックな言い方で聞く拓人。
「拓人ぉ!拓人のチンポの方が気持ちいいよぉ!イってぇ!」そう絶叫したところで映像は終わった。

次に場面が変わると、昨日自宅に帰ってきたときと同じ格好で、拓人の家の玄関で嫁がスカートをまくられてバックではめられている。
「よし、イくぞ! 佳恵!中でイくぞ!」拓人が苦しげに言うと、
「来てぇ!拓人ぉ・・・中にいっぱい出してぇ! イくぅ! 愛してる! 愛してるよ! あぐぅぅっ!」そう言ってイく嫁・・・
「佳恵!愛してる!帰るな!  イくっ!」そう言っていく拓人。

そして嫁の中でイくと、ペニスを抜いてすぐにナプキンを着けた下着を着けさせて、
「俺のを入れたまま帰れよ。今日はしょうにさせるなよ・・・」冷たい口調で言う拓人。
「はい・・・させません・・・  拓人ぉ・・・寂しいよぉ・・・」そう言って拓人に抱きつく嫁。
「だったら帰るなよ。俺はずっと一緒で良いぜ」
「だめだよぉ・・・ だってぇ・・・  でも・・・」困ったように言う嫁。
「じゃあ、さっき言ったようにしろよ。佳恵が決めなよ」そう言って嫁にキスをして口の中を舌でかき混ぜた・・・

嫁はその舌を受け入れながら、拓人のペニスに手を伸ばし、しごいていたと思ったらまたフェラを始めた。
思い切りのど奥まで入れて、「うぇっ!  おえっ! うぐぅぅ・・」などとえづきながら責めると
「佳恵! イくぞ!」そう短く言って嫁の口の中にぶちまけた。

「いっぱい出たね・・・ おいしい・・・」そう言って飲み干すと、
「1週間で何回出したかな?」そう拓人が言うと、
「今ので20回目だよ!」すかさず答える嫁。
「えっ!数えてたの?」驚いて拓人が聞くと、
「だってぇ・・・  嬉しいんだもん・・・」そう恥ずかしそうに答える嫁・・・

そこですべての映像は終わっていた・・・

今頃嫁は、拓人の家で・・・ そう思いながら、嫁の「止めるなら今しかないよ」という言葉がぐるぐる回っていた。

次の日は、嫁は自宅に帰ってきていて、玄関を開けると出迎えてくれた。
笑顔で「お帰り!しょうくんお疲れ様!」そう言う嫁に泣きそうになりながら抱きつくと、
「生理になっちゃったから帰ってきたよ!」と、飛び切りの笑顔で言われた・・・

 - 未分類 , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★初めての射精した精子にビックリ

 私は間もなく21歳になります。来年結婚します。彼とは11年交際しました。彼と出会ったとき私は小4、彼は28歳でした。両親が喧嘩ばかりしていたので、私は家にいづらくて河原に座っていました。夜7時を過ぎていたので不審に思って声をかけてくれたのが彼でした。 私は、彼の説得に応じて帰宅しました。その後、何回も同じことがあり、いつしか彼に会うために河原へ行くようになりました。私は、彼に恋しましたが、28歳の彼は10歳

no image
婚約者の調教動画が見つかって5

優子が昔調教されていた動画が見つかり、ひたすら戸惑い動揺していたが、男が結婚していて不倫の相手として優子をおもちゃにしていたことが判明して、燃えるような怒りに包まれていた。とは言っても全く手がかりはなく、優子に聞くわけにもいかず、優子の調教動画に手がかり…

no image
構造改革の余波

俺んところは田舎なんだけどさ、田舎に住んでる人はわかると思うけど、5年前くらいは、ほんとにまったく仕事がないほど酷い不況でろ倒産なんて日常だったんだけど、近所の会社が潰れたんだよ。しかも金の借り方が悪かったのか、その前に、すでに自殺とかもでて、周囲に恨ま…

no image
★寿司屋で声をかけた人妻

 45歳で子供2人と妻、妻にも子供にも不満がないが、浮気は今まで5人、今度知り合った女性人妻だが別居中らしい。寿司屋で連れと飲んでたが、奥の居間で女子会をしてるグループがいた。全員30台半ば、6人その中でも、目だって可愛い人を発見!足がふらつき、トイレに行くのを見て俺もトイレに行った。 途中ふらつく彼女が俺に当り「ごめんなさい」これが初めての会話、ブラウスの一番上のボタンが外れてて、胸元がチラ!ほ

no image
かわいい乳首の奥さん

 かわいい乳首の奥さん、折角の人妻を堪能しているのに網我慢できないみたいです。21才1児の母、クリよりも膣が感じるなんてやっぱり経験豊富なのか。。「お願い入れて!」と懇願され、乳首は交尾しながら吸えると考え直し、いざ挿入。入り口を縦横にずらし、更ににじらす。すると奥さん絶えられず腰を浮かしはめようとする。 先っちょが入ってしまい、これはイエローカードもののファウルです。一瞬腰を入れまた引きます。奥さん

no image
奥さんが2

そしてゆっくりと二人で手足を持ち運びにかかってすぐ奥さんは気ずき「え・・なに?」と声が聞こえたと思ったら二人は焦った感じで強引に口を塞ぎ奥さんを引きずるようにして駐車場奥の角まで運ぶと一人が口をふさいだままもう一人が腹に一発パンチした。外から見たら車と駐…

no image
★セクハラ言葉に怖いのにドキドキしました

 今日のお昼下がりの事です。生まれて5ヶ月になる娘を乳母車に乗せて、近所の公園にお散歩に出掛けました。そしてその帰り道優しい陽射しに心地よく歩いていた私の耳に入って来た、後方を歩く男性2人の信じられない会話が・・ 私に、驚きと戸惑い・強い不安感を与えました・・『いいよなぁ~ あのお尻・・丸みをおびて柔らかそうじゃん!』『ウン、ちょっと大きめなのがソソルんだよなぁ』『歩くたんびにクネらせやがって!誘っ

no image
Sの姉貴

もう十年位前になるのかな。高校を卒業して上京、念願の一人暮らしを始めました。仕事後のコンビニで買う弁当やビールを飲み食いしながらのAV鑑賞が唯一の楽しみでした。というのも職場には女性が皆無だったので、手じかにオナペットになる対象がおらず、高校時代の片思い…

no image
★痴漢も視点を変えれば楽しいかな

 昨日、遠く…とは言っても同じ県内の友だちの家に泊りに行きました。そして、今日の昼間に帰って来る電車で痴漢にあいました。郊外の大学に通っている友だちのアパート近くの駅から、二時間ばかりの時間、電車に乗ったのですが、お昼の時間を過ぎた辺りで人が全くいませんでした。 アパート駅から二駅目か三駅目?でボックス席に座ってスマホを見ていた私の隣に三十代くらいの人が座って来ました。いつもこの掲示板を見ていたの

no image
★気軽な女友達はエロ好きで感じやすい

 4年ほど前に知り合った友達、名前はゆみがいます。1回告白されたんですが、そのときは彼女がいたんで断りました。それから、ゆみにも彼氏が出来たりして普通に友達として遊ぶようになりました。と、言うかお互いに相談しあう関係です。お互いのHの仕方なんかも話す関係でした。 僕は年末に彼女と別れてからフリーだし、しばらくは彼女を作るつもりはありません。ゆみもその辺は分かってて、最近の話の中では彼氏との関係を愚