エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

元カノのお母さんは何度も腰をくねらせ何度もいっていまして

   

元カノのお母さんは何度も腰をくねらせ何度もいっていまして

  • 2014/05/29
  • 12:00
とりあえずスペック

俺 大学生 170 63 フツメン

見た感じよく大学生っぽいと言われる

まあ大学生だから当たり前か


事の始まりは数ヶ月前、バイト先にある女の子が入ってきたんだ

元気で可愛い笑顔だったのが印象的だった

逆に言うと初めはほんとうにそれだけの印象。

そういえば佐藤かよに似てたかな?

ポニーテールをしてたのでポニ子って呼ぶことにするわwww




何回かバイトで一緒に働くうちに少しずつ話すようにはなってた

あるとき俺が休憩室でfacebookをいじってる時

ポニ子が隣に座って携帯を覗いてきた

あ!Facebookしてるんですかー?って明るく話しかけてきた。

ポニ子もfacebookをしていたようで、そこでお互いに友達申請。流れでアドレスも交換したんだ。


あ、ちなみにポニ子のスペック


JK 160くらい?かなり細い ぺちゃぱい

可愛いと思うww


妄想乙ってかwwwww


アドレス交換してからは急速に仲よくなって、俺から誘って遊んだりもした

一ヶ月くらいその状態が続いてポニ子に対する気持ちが強くなっていった

それで気合入れて告白!

緊張しつつも返事はOKをもらえ、そっからポニ子とつきあうことになった


それから数日後、ポニ子と初デート

ポニ子はバイトの時と違って化粧ばりばりで驚いたのを覚えてる

いろいろまわって夕方くらい、家まで送るってことになったんだが

彼女は玄関まで来るとこのままあがってってと言ってきた

いきなりセクロス展開キタ━(゚∀゚)━!とか馬鹿な想像してたんだが家の中には母親がいるとのこと。


初デートでそんな、親御さんに合わす顔もないから!っていっても彼女は聞かず

そのまま半強制で家の中に入ってしまった


ガチガチの状態でお母さんと初対面となった

初めて会った時には冗談抜きでいくつかわからなかった

見た感じは松田聖子の顔立ちでとても綺麗な人だと思った


その日は挨拶して何故か三人でご飯を食べて家に帰った


付き合っていくうちに徐々にわかってきた事なんだがポニ子はちょっと普通の子とは違っていたようだ

まずたった三回目のデートでご両親に会わせられ、その日からほとんど会うときはポニ子の家

かなりのインドア派なこだった


デートに行くときも何故かお母さんも交えてだったり、かなりおかしな三人組だったと思う

だけどやっぱりおれはポニ子とふたりっきりが良かった


それと、ポニ子と俺のあいだにはひとつ問題もあった。

彼女はずっと元彼のことを引きずっていた


俺がポニ子の前に付き合っていた彼女と別れたとき、原因が元カレとの関係だったので、ポニ子がひきづっていると知ったときショックだった

俺は基本我慢しようと思っていたんだが、ポニ子の未練は相当なもので、それが原因で何度も喧嘩した


付き合ってもう少しで五ヶ月がたとうとしていた。

いつもどおり彼女の家でデート

でもお互いに何か違うことは感じていた

俺はもうそのときには気づいてたんだ、ポにこの気持ちがさめてきてることに


もう限界だと思った


ポニ子に今の気持ちを問いただすと、彼女は泣きながらごめんなさいを繰り返した

彼女の答えは、今は友達が一番、だからもう付き合えない、というものだった

本当の理由は聞くまでもなく、俺はありがとうと伝え、彼女の家を出た


自分の気持ちの整理もつけられないまま5日過ぎたとき、知らない人物からLINEでメッセージが来た

開いてみる。


『ぽに子の母です。きゅうにれんらくしてしまいごめんなさい。いつか会えますか?』


そう書いてあった。

さっきは書くのを飛ばしてしまったけど、何度もご飯をご馳走になったりするうちにお母さんとはすごく仲良くなっていたんだ

急にポニ子と別れたためお母さんにお礼もいえていなかったし、連絡はとりたいなとは思っていた。

でもまさかこんなメッセージが届くとは思っていなかったのでもちろん驚いた


この状態でお母さんというのはおかしいので母実さんということにする


そのまま無視するはずもなく、そのまま携帯で今の心境などを伝えた

なぜ会いたいのかと聞いてみた

すると母実さんから返信が。


『大変仲良くさせていただいたので、俺くんとこのまま他人になってしまうのは悲しいの。もう一度ご飯でもどうですか?』


そんなふうに思ってもらえていたことに少し嬉しくも思ったが戸惑ってしまった

でも断れなかった


母実さんは俺の家まで車で迎えに来た。

ご飯でもと言っていたが、車の中でポニ子の話などするうちにドライブに変更された。

かなり親身になって話を聞いてもらったので、母実さんは時々涙ぐんでいた

俺自身はなんでポニ子のお母さんはこんなに良くしてくれるんだろう・・・としか思わなかった


二時間ほどドライブしてから俺はバイトへ

あ、ちなみにポニ子は分かれる二ヶ月前にバイトはやめた


バイト終わりごろまたメッセージがきた

『今から会える?』


いやいや、さっき会ったばっかでしょwwwwwとか思いつつも別に予定もなかったのでまた車で迎えに来てもらった


母実「ごめんね?まだ話し足りないと思ったから。また少し付き合ってね?」


そういって彼女は車を出発させた

どこに行くのか、行き先は聞かなかった


そのまま一時間ほど、また車の中で話していると、車はどこかの屋外駐車場に来た

ここがどこか尋ねると、母実さんは笑顔で「海!」と答えた

急すぎて戸惑っていると彼女は俺を車から出し浜辺を歩こうと言ってきた


この時点で俺は何かおかしいのはきづいていたが、どういう魂胆なのかはまだよくわからなかった

母実はそのまま浜辺に座って俺となんでもない話を続けた

彼女の昔の話とか、同僚の話とか。


うそろそろ帰らなくて大丈夫ですか?

そう尋ねると母実はさみしそうな顔をしたが、

「しょうがないよね」っといって駐車場への道をまた戻っていった


その途中、不意に彼女は俺の手を握ってきた

意味のわからない展開に心の中では

ええええええええええええええええええええええああああああああばうおへあp;;

とか思いつつもそのままの状態で駐車場までついた


彼女は名残惜しそうに手を離して車に乗り込む


母実「まだもうちょっとこのままでもいい?」

そんなドラマみたいなことを言って車を駐車場から動かそうとしなかった


二人共黙ったままの状態が5分ほど続いたとき、彼女は俺に抱きついてきた

頭が真っ白になった 意味がわからなかった


母実は俺の胸に顔をうずめてだまっていた


母実「急にこんなことしてびっくりしたよね・・・」

母実「でも自分でも何してるかわからないの。娘の元カレにこんなことしてる自分がよくわからないの」

母実「自分の気持ちを考えてみたとき、うーん、あったはじめからかな?きっと俺くんのことが好きだったの」

母実「こんな気持ちになったことも初めてだったし、よく言えないけど。ごめんね?すこしだけこのままでいたい」


彼女が一通りしゃべり終えたあと俺もどうしたらいいか分からず

半泣きで俺の胸に顔をうずめている彼女の頭を撫でていた

それが嬉しかったらしく、まるで女の子みたいに笑顔を見せた

自分の中でずっと抑えていたものが爆発してしまった

気づくと俺は母実さんと唇を交わしていた


彼女は急な事に戸惑いながらも全身の力が抜けていくのがわかる

こんなエロゲ展開って実際あるんだーとかのんきなことが頭の中にめぐりながらも

もう後戻りはできない。

そのまま車の中で彼女とひたすらキスしてた


実はこの時点でおれはDT

DTはここですててやったれwwwwとかもう投げやりで襲おうとすると

母実は生理らしくその日はできなかった

それ以降、彼女との関係は今の時点で3週間続いている


もう後戻りはできない

開きなおってしまった。


その翌日から彼女から鬼のように連絡

俺が返してなくても逢いたい 今何してる?

そんなめっせーじが来まくってた


重いわwwとかおもいつつも俺だってDTを捨てたい一心なんだwww

その5日後カラオケで会うことに


彼女に先に部屋をとっててもらいフロントで手続きしてから

彼女の待つ部屋に


カラオケの彼女が待ってる部屋に入るといきなり抱きついてきた

それからいきなりディープキス

彼女の唇は40歳のそれと思えないくらいに柔らかく潤いがあった

離れようとしない母実を押し倒して椅子の上で絡み合った


ポニ子とは前戯までは終了していたので

その時の記憶やAVの知識を頼りに彼女の体をまさぐる

カラオケなんてのはもう二人には関係なく、母実はもだえ、淫乱な声をあげている

ポニ子とは違う豊満な乳房を揉みながら下着にさせる


緊張のため、俺のモツは完全に勃つことはなく焦っていた

するとそれに気づいたのか母実はズボンをずらして手でまさぐりだした

母味は初めて受ける他人からの刺激に急速に勃起していくモノを咥えこむ

とても気持ちよかった とろけそうだった


母実にいれたいという意思を告げる

来て とだけ彼女は告げた

体を起こして彼女の中に入ろうとしたんだけど、どうも入れられない

DTに告げる 入れるのって難しい


彼女におれはDTなんだって告白した。

そしたらすごく驚いてた。そりゃあんだけ母実の前でイチャついてたんだからやってると思うわな

でもそれを教えたら「嬉しい!」って子供みたいに抱きついてきた

それから母実は自分から上にまたがって俺の耳元で「入れてあげる」とささやいた


彼女は人差し指と中指でおれの息子をはさんで騎乗位の体制で自分の中に入れようとした

でも自慢じゃなく本当に俺のティムコはでかく、彼女も苦しそうにしていた

半分だけ中にはいったところで、どうしても彼女の力じゃはいらなくなったようだったので

俺が下からぐっと突き上げた

全部中に入ったところで彼女はイってしまったようだった


中折れしないように必死で力を込めながら、彼女は突き上げ続けた

俺は体制がきつくなって彼女を抱きかかえ、挿入したまま正常位にかえた

正直、緊張でティムコに感覚はなくて、あまり気持ちよくはなかったが、彼女がもだえている、それだけでよかった


一生懸命腰を振っていると彼女は何度も何度も体をくねらせて、何度もイってしまったようだった

ある程度したあと、彼女の体力がもたなくなってしまった

俺は行けないまま初めてのセクロスを終えた





エッチ体験談、エロ体験談、セックス体験談、彼女、マンコ、正常位、騎乗位、挿入、淫乱、勃起

 - 男性 , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
媚薬で取引先の女の子に中出し!

会社の取引先の女の子と話した。ちょくちょく会うんだけどまともに話すらしたことなくて、ちなみに気にも止めてなかったんだけど・・・。ちょうどその時会社内で結婚適齢期の話になった。「結婚は早くした方がいいよー。だってさ、年取って子供育てるのって大変ジャン」「そうですよね、私も早くしたいんですけどね。奥さんいくつなんですか?」「26歳。今2人目生まれたばっかだよ」「ええー。じゃあ、私の年でもう出産してたんで

no image
暗くすると積極的になる彼女とのエロ体験談

 元々は積極派なのか、暗くすると積極的にかをりは抱きついてきました。キスをすると舌をねじ込むように入れてくるし胸を触ると千切れるほどに勃起した乳首がとても印象的ですかさず乳首を甘噛みしてみました。「あぅ・くぅ・」と堪えている声がとても良く(聴覚でも興奮する俺w)胸を責めながらすかさず下半身も刺激してあげました。 脚を開かせてマンコに指を這わせると、待っていたかのように腰が厭らしく動き指を栗ちゃんに

no image
ピストンを開始して1分で果ててしまった…

大学の同サークルで2年後輩の萌(仮名)は目が大きく、口が小さい童顔。身長は150cmぐらいで体も小さかったが、服を着ていてもAカップと分かる貧乳だった。(AAとかだったかも知れない)つまり顔から体まで完全なロリ体系。また、お嬢様っぽい雰囲気を持っていて、下ネタなどの話題になると嫌悪感を出す事もしばしば。そんな雰囲気に加え、性格が良い・明るい・可愛い、と大人気の後輩だ。「誰々が萌に告白した」という類の話は日常的

no image
パイパンマンコから溢れ出し子種

私には、以前から中出し奴隷がいます。単に私はラッキーで、相手に恵まれただけ、だったのでしょう。奴隷を作るにあたって一歩間違えば、人生を棒に振っていたと思います。相手は32歳N美。見た目、桑波田理恵を可愛くした感じで、体型はけっこう貧弱系、きっと一般的には、けして美人ではないでしょう。N美は、私が引っ越した時には、既に入居していた一家で、私と同じマンションに住む、旦那と子供の三人暮らしの人妻です。先に

no image
配達先の綺麗な女性を妊娠させてしまいました…

宅◎便のドライバーやってます。仕事柄、マンションに荷物を届けたりすることが日常なので、独身の女性、人妻の家などに、よくお邪魔します。仕事ですから。私の管轄エリアは下北沢周辺なのですが、ここのエリアは金持ちの人妻から、女子大生まで結構、いい玉がいます。ある日、私は瀟洒なマンションに届け物をするために、部屋番号のボタンで相手をよびだしました。「宅◎便ですが」いつもの決まり文句です。「どうぞ」エントランス

no image
アソコがヒクヒク収縮し締め付けられる快感セックス体験談

去年の夏の話です。やっとフリーターから脱却して、ようやく会社勤めを始め、すごい精神的に参ってた時だった。元バイト先の社員の先輩、Aさんと飲んで、社会の荒波についてすごい語り合ってしまい、そのまま彼の家に行ってしまいました。Aさんはもう30歳位だし、すっかり落ち着いた感じの人だったから、全然警戒心が無くってシャワーも普通に借りちゃってた。 さあ寝ようか、みたいになった時、Aさんはするっと私の腰を抱いて

no image
巨乳熟女との潮吹きセックス体験談

先月二人連れの宗教熟女がやってきた。 玄関で呼ぶ声、 出ると、化粧ッ気のない女が二人立っていた。 その日は、すごく寒く二人ともダウンジャケットを着ていて、 スタイルは解らなかった。風も強く、玄関を開けていると風が入ってきて寒いので部屋に上がらせた。 一人は、背が低く童顔で30代後半っぽく上着を脱ぐと意外と胸がでかかった。 もう一人は、細身で40代中頃っぽく上着を脱ぐと華奢で貧乳、服も地味だった。 案の定

no image
元風俗嬢の嫁と寝取られ生活

嫁とは結婚して5年くらいたち、子供はまだいない。俺は33歳で小さいながら不動産会社を経営してる。180cmと、背がそこそこ高く、ボート部出身でがっちりした体型。誠実で優しそうに見える顔(内面とは一致しないと思うが)で、仕事も恋愛も得をしてきた。嫁、佳恵は、29歳で、160cmで太っても痩せてもいない抱き心地の良い体。抜けるように白い肌と、Dカップくらいの形の良い胸が俺の密かな自慢。何よりも、顔が成瀬心美にそ

no image
妹のテクニックのすごさに俺の息子は歯止めがきかなかった

エロ本やエロ漫画の影響でフェラに強い興味を持った中一の時、 たまにHないたずらをしていた妹に舐めてもらえないかと画策した。 風呂上がりの脱衣所で駄目もとで初めて「ちんこを咥えて」とお願いしてみたら、そういう知識がまったく無いからか、戸惑うことなく咥えてくれた。 その時は噛まれたり歯が当たったりと気持ちいいというより痛かったのだが、 噛んじゃ駄目と教えたり、ちんこを口に入れたまま腰を動かしたりしてるうち

no image
近所の小学5年生の処女を頂きました

某大学の2年生です。先日お昼過ぎ近所のJS五年の美紀ちゃんが、『頭が痛くて風邪を引いたみたいなの、お兄ちゃん風邪薬ちょうだいと』家に訪ねていた。『どうして?』『家の人に貰ったら』と聞いたら、『夕方まで出掛けて居ないの、薬も無くなっているみたい』と言ったので、『じゃ、家に入って』と家に入れ、『ちょっと待ってて今、薬探してくるから』と言いリビングで待たせました。美紀ちゃんとは小さい頃から遊んであげたり、