エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

処女中学生と生セ●クスしたら逮捕されたwwwwww

   

俺は夏になると彼女いないことがおおく
出会い系を使って彼女というか長くやれる女を探していた

18以上で泊まれる女の子を探す作業だ

そして俺には極めて無駄な能力がある
サクラかどうか見極める能力
金にもならない資格にもならない能力

処女中学生は
ワキ毛なし
乳首はフニフニ
毛はT字カミソリ一回でなくなる程度
色素沈着なし
無臭まんこ

アナルシワなし

生処女マンをゆっくり眺め
しばらく処女状態のまま指だけで犯す日々が続いた

これは取り調べにも言ってない

親から警察相談だったようだ。
親と喧嘩してこんな家でていくっと口走ったのが原因とか。

懲役一年、または百万円から五十万円以下の罰金
百万円は東京だけかもしれない

俺も捕まってよかったと思う
彼女が親に殺されずにすんだ。
児童相談所が介入してくれた

刑事にも言われた、ほんっと仲良かったんだなと。
彼女も事情聴取したんだが、俺を捕まえないでと、ガン泣きされて困ったらしい。

俺も泣けた

両親はまともにいて、
まともな職業なんだ。

でもな、配管工や塗装工や空調工やドカタ(関係者の方々、こんな言い方で申し訳ない、皆が皆そうではないと知っています)だけが子供を虐待するわけじゃないって知ったよ…

御近所や会社には良い顔して家の中では子供を殴る、隠れDV。

子供が怪我を追うまで動かない児童相談所が、今回、警察の通報で動いたからいま殴られない日々を送っているはずだと信じたい。

俺27
ヘタレ会社員

中学生13
シーカップ
オナニー歴なし
リコーダーが得意
あとはわかるな

話ゆっくりきくよ
俺はあなたの味方だ、と返信したらアドレスと番号がきた

掲示板では19才となっていた

家も二駅

タダマンに心踊らせ
エネループを充電した

会うことになった
夕方の公園。

先について連絡を待つ。
公園で女の子を待つなんて初めてだったよ。小学生気分だった

ぎゃっつびーで顔を拭き拭きして
ガム噛んで臭くないかなと確認して。

今から行く〜とメール
彼女の家から公園まで1.5キロほど

三分後 電話鳴る
「ハァハァハァもうすぐー」

ほい

待つ楽しさって良いもんだねとおもった

「至近距離で何言ってんの」っていうと
両手で顔を隠しながら近づいてきた。
「私は誰でしょう」
後で聞いたけど緊張のあまり
おどけてしまったとか。
俺は首筋にロイヤルミルクティー(冷)を
あててみた
お顔がみえました

俺の近くをうるさいマフラーの車が通り過ぎると
直後に彼女の携帯からも同じ音が。
「どこー?」
「ちかいちかい、ちゃりんこライト付けてる?」
「つけてるつけてる」
ああ、ふらふらしたちゃりんこ発見
「そのまままっすぐー」
息弾ませてチャリンコ降りてきてすぐ後ろ向きになって
「前向いていいですか?」って二メートル前で電話してきたのが彼女でした

「俺です」
「彼女です」
・・・・・・・・・
座りますか

「しゃめと比べてどうですか」
「全然イケメンじゃない」
「え」
「ぜんっぜんイケメンじゃない!!」ぎゅー
「」
「一緒に歩いたら恥ずかしすぎる」ぎゅー
「・・・・」
「私は?詐欺写メでしょ、帰りたいんでしょ」
「耳たぶ触っていい?」「は?」
むにむに

耳たぶほかほか
「なんで耳たぶ熱いの?」
「自転車乗ってきたからでしょ、おかしいんじゃないの」
ふーん もみもみ
「俺といてくれますか?」
「いま一番近くにいるじゃん」
「不安なものででして」
「あーん泣(20分)」

ティッシュふたパックなくなりました

「なななんで泣くのさ?」
「だってだってだってって」
 エグエグ言うのでしばしまつ

「あたしがいなくなることを不安に思う人なんて
いるはずないと思ったんだもんあーん(泣二回目)」

俺も涙止まらなかった

背中さすって
一瞬体を引き起こし

キスしました←ここまでは法律は許してる。無理やりは強制わいせつになる

目が合いました。
すぐに閉じました。
がくっと体重かかってきた

「初めてのキスの味は」
「鼻水味、最低最低」
「ご褒美でげふんげふん」
「?」

涙を拭いて顔も拭いて
「お返しするから目―つぶって」
ちゅ

「お付き合いしてくれますか」
「チューしたからいいに決まってんじゃん、
泣かすよ?」
「泣きません」
「あたしのために泣いたくせに」
ばれてましたか

初顔合わせの公園はこんな感じ。

大人のチューもしまくり
会っても帰りがけも
いつもディープキス
そういやおっぱいの感触が全く記憶にないな
このとき

しばらくは公園でお菓子食べて飲み物のんで
チュッッチュしながらデート。
別れるときは何度も後ろ見ながら帰っていく彼女を助けたかった。
児童相談所や警察に相談しようかと思ったが
彼女の被害が増えるかもと思い言えなかった

とある日
「何食べたい?」
ごはん?
「お菓子でもいいよ、作ってあげる」
おー
「家で作ってあげたいな」
なんと 、うむ、来たい?
「行きたい行きたい」
はんばーぐはんばーぐ!

付き合ってセックスするまでに二ヶ月の間があったよ

お互い大好きだったよ。
彼女は耳掻きするのが好きで、毎回してもらっていた。

俺は爪の手入れがなぜかうまくて、爪を研いで磨いて、マニュキュア塗ってあげたり、ツケヅメ着けてでこってみたり。

彼女の寝顔見ながら
小説読んだり
一緒に焼きそば作ったりハンバーグ作ったり。
汚かった俺の部屋がきれいになったり。

セックスなしだったら
娘みたいな気もする。

俺の部屋には彼女が着ていたスエットやらキャミやらバイブやらがまだ残ってる
俺は夏になると彼女いないことがおおく
出会い系を使って彼女というか長くやれる女を探していた

18以上で泊まれる女の子を探す作業だ

そして俺には極めて無駄な能力がある
サクラかどうか見極める能力
金にもならない資格にもならない能力

処女中学生は
ワキ毛なし
乳首はフニフニ
毛はT字カミソリ一回でなくなる程度
色素沈着なし
無臭まんこ

アナルシワなし

生処女マンをゆっくり眺め
しばらく処女状態のまま指だけで犯す日々が続いた

これは取り調べにも言ってない

親から警察相談だったようだ。
親と喧嘩してこんな家でていくっと口走ったのが原因とか。

懲役一年、または百万円から五十万円以下の罰金
百万円は東京だけかもしれない

俺も捕まってよかったと思う
彼女が親に殺されずにすんだ。
児童相談所が介入してくれた

刑事にも言われた、ほんっと仲良かったんだなと。
彼女も事情聴取したんだが、俺を捕まえないでと、ガン泣きされて困ったらしい。

俺も泣けた

両親はまともにいて、
まともな職業なんだ。

でもな、配管工や塗装工や空調工やドカタ(関係者の方々、こんな言い方で申し訳ない、皆が皆そうではないと知っています)だけが子供を虐待するわけじゃないって知ったよ…

御近所や会社には良い顔して家の中では子供を殴る、隠れDV。

子供が怪我を追うまで動かない児童相談所が、今回、警察の通報で動いたからいま殴られない日々を送っているはずだと信じたい。

俺27
ヘタレ会社員

中学生13
シーカップ
オナニー歴なし
リコーダーが得意
あとはわかるな

話ゆっくりきくよ
俺はあなたの味方だ、と返信したらアドレスと番号がきた

掲示板では19才となっていた

家も二駅

タダマンに心踊らせ
エネループを充電した

会うことになった
夕方の公園。

先について連絡を待つ。
公園で女の子を待つなんて初めてだったよ。小学生気分だった

ぎゃっつびーで顔を拭き拭きして
ガム噛んで臭くないかなと確認して。

今から行く〜とメール
彼女の家から公園まで1.5キロほど

三分後 電話鳴る
「ハァハァハァもうすぐー」

ほい

待つ楽しさって良いもんだねとおもった

「至近距離で何言ってんの」っていうと
両手で顔を隠しながら近づいてきた。
「私は誰でしょう」
後で聞いたけど緊張のあまり
おどけてしまったとか。
俺は首筋にロイヤルミルクティー(冷)を
あててみた
お顔がみえました

俺の近くをうるさいマフラーの車が通り過ぎると
直後に彼女の携帯からも同じ音が。
「どこー?」
「ちかいちかい、ちゃりんこライト付けてる?」
「つけてるつけてる」
ああ、ふらふらしたちゃりんこ発見
「そのまままっすぐー」
息弾ませてチャリンコ降りてきてすぐ後ろ向きになって
「前向いていいですか?」って二メートル前で電話してきたのが彼女でした

「俺です」
「彼女です」
・・・・・・・・・
座りますか

「しゃめと比べてどうですか」
「全然イケメンじゃない」
「え」
「ぜんっぜんイケメンじゃない!!」ぎゅー
「」
「一緒に歩いたら恥ずかしすぎる」ぎゅー
「・・・・」
「私は?詐欺写メでしょ、帰りたいんでしょ」
「耳たぶ触っていい?」「は?」
むにむに

耳たぶほかほか
「なんで耳たぶ熱いの?」
「自転車乗ってきたからでしょ、おかしいんじゃないの」
ふーん もみもみ
「俺といてくれますか?」
「いま一番近くにいるじゃん」
「不安なものででして」
「あーん泣(20分)」

ティッシュふたパックなくなりました

「なななんで泣くのさ?」
「だってだってだってって」
 エグエグ言うのでしばしまつ

「あたしがいなくなることを不安に思う人なんて
いるはずないと思ったんだもんあーん(泣二回目)」

俺も涙止まらなかった

背中さすって
一瞬体を引き起こし

キスしました←ここまでは法律は許してる。無理やりは強制わいせつになる

目が合いました。
すぐに閉じました。
がくっと体重かかってきた

「初めてのキスの味は」
「鼻水味、最低最低」
「ご褒美でげふんげふん」
「?」

涙を拭いて顔も拭いて
「お返しするから目―つぶって」
ちゅ

「お付き合いしてくれますか」
「チューしたからいいに決まってんじゃん、
泣かすよ?」
「泣きません」
「あたしのために泣いたくせに」
ばれてましたか

初顔合わせの公園はこんな感じ。

大人のチューもしまくり
会っても帰りがけも
いつもディープキス
そういやおっぱいの感触が全く記憶にないな
このとき

しばらくは公園でお菓子食べて飲み物のんで
チュッッチュしながらデート。
別れるときは何度も後ろ見ながら帰っていく彼女を助けたかった。
児童相談所や警察に相談しようかと思ったが
彼女の被害が増えるかもと思い言えなかった

とある日
「何食べたい?」
ごはん?
「お菓子でもいいよ、作ってあげる」
おー
「家で作ってあげたいな」
なんと 、うむ、来たい?
「行きたい行きたい」
はんばーぐはんばーぐ!

付き合ってセックスするまでに二ヶ月の間があったよ

お互い大好きだったよ。
彼女は耳掻きするのが好きで、毎回してもらっていた。

俺は爪の手入れがなぜかうまくて、爪を研いで磨いて、マニュキュア塗ってあげたり、ツケヅメ着けてでこってみたり。

彼女の寝顔見ながら
小説読んだり
一緒に焼きそば作ったりハンバーグ作ったり。
汚かった俺の部屋がきれいになったり。

セックスなしだったら
娘みたいな気もする。

俺の部屋には彼女が着ていたスエットやらキャミやらバイブやらがまだ残ってる

 - 未分類 , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
ドキュメント・2253人のオッパイ

─── その日が近づくにつれ、俺は人生最大の緊張感に押し潰されそうだった。死体の解剖やお産の立ち会いなどはゲロもんだったが、今度のはワケが違う。出張定期健康診断の実地研修で、あの××音楽大学に割り当てられたのだ。講義中に配られたそのプリントを見ながら、心…

no image
イブの夕方に

小5の時、クリスマスイブの夕方に衝撃的な光景を見てしまった。家には親父と姉と私の3人が居て、母は仕事に出ていた。親父は世間からは驚かれるような超エリート職で、相当な収入を得ていたはずなのだけれど、妻子には最低限の暮らを営むのにも足りないくらいの生活費しか渡…

no image
ゆりこ

以前に『高校生時代の話』で投稿をした者です。読み返していたら、改めて当時の事を思い出してしまい、ゆりこのあの姿をもう一度見たいと考えてしまいました。こんなこと許される事ではないのですが、思い立ったら我慢が出来なくなり、まずはたかしに連絡を取りました。電話…

no image
露出マッサージ

その日は天気も良く暖かかったので、白いフレアのミニにクロッチの付いていないシースルーの白い紐パンを履き、NBに薄手のコートだけを着て自転車に乗り、いつもの露出散歩コースの新○心駅近くにあるけ○き広場に向かいました。平日は人も疎らでベンチなどがあり、プチ露…

no image
カラオケバイトでJSのセ○クスを目撃した話

去年の四月からカラオケのバイトしてるんだが、高校とかが周りにたくさんあるけどまわりはあんまり遊ぶところがない田舎で夕方は高校生でごったがえすほどガキがたくさん来る店舗です。一週間に一度くらいはJKのセクロスやハグやチューを目撃するのはザラでした。カラオケっ…

no image
元風俗嬢の嫁と寝取られ生活28

拓人の所でセックスしてくると言って嫁が出て行ってから、もう長い時間経ち、深夜12時を回った。携帯が鳴って、見ると嫁からだった。「あっ!しょうくん・・・    ごめんね・・   ん  遅くなって・・・  あ」「まだ拓人の所?」「・・・・うん・・・  あ   …

no image
さいきょーのちゅー

正確には従姉妹じゃなく親戚の子ですが投下。大学入りたての夏休み、親戚で集まって宴会した日のこと。大人達の話にも加わりたくないし、一人で夜空でも見てるか、と思ったとき、一人の女の子が退屈そうに、台所で一人テレビを見ているのが目についた。仮名Mちゃん。最後に会…

no image
★役員研修会のコンパニオン嬢をキャンセルして

 私の属しているある会は、役員研修会という名目でお疲れ様でした会を毎年恒例で温泉に泊まりがけで行っていた。その日は、同じような趣旨の婦人会の方々もたまたま同じ旅館に宿泊していた。宴会も終わり、二次会に移ろうとしていた廊下で、その婦人会の方々とたまたま合流してしまって、コンパニオンをキャンセルしてその婦人がたと二次会になってしまった。 こちらの会は、みんなこれからお楽しみの本番のつもりで有ったわけで

no image
お向かいさん

近所の女の子に懐かれたような気がする。俺はデザインや絵関係の自営で、一軒家に一人暮らし。女の子は、お向かいさんの末っ子。赤ん坊の時から知ってる。彼女は高2。俺は30前。俺は、世界史と古文、漢文が得意科目だったので、暇な時に時々教えてる。礼金は、ご近所だからも…

no image
研究室で、昼寝してたら

この前大学の研究室で、あまりに眠いので授業出ないで1人で昼寝してたんだ。うちの研究室には何故か和室があって、俺はよく仮眠するのに使ってるんだけど、・・・何やら下半身がモゾモゾして目が覚めると、友達の彼女で同じ研究室のYさんが俺のムスコを撫でていた。「えっ」…