エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

仲良しの姉に思う存分中出し発射!

   

仲良しの姉に思う存分中出し発射!

  • 2014/05/29
  • 00:40
僕が中2のとき上の階にすんでいた高2のお姉ちゃんとしました。
綺麗で頭もいいそんな感じの人で小さいときから遊んでもらったりしてたのでその時までまったく意識してなかったのですが、ある日普通に家に行くと
「こう君はまだHなこと興味ないの?」
「え…ないよないない」
「本当にぃ?なんか必死だなぁ(笑)」
ないはずなかった(笑)
 
「オナニーしてるの?」
「え?・・・してる。」
「やっぱり。興味あるもんね。」
と、言いながらペニスをにぎられゆっくりしごかれました




「好きな娘いないの?」
「いないよ…」
「本当に?まあー将来こうゆうことするんだから練習だと思いなよ」
「はい…」
ちょっとしごかれただけでもう出そうでした。

しばらくすると気持ちよくなり、
「お姉ちゃん」
「ん?」
「お姉ちゃん、いっちゃいそうだよ。もう限界ギリギリ」
すると急に激しくして
「お姉ちゃんやばいやばいよ、もうだめ」

すると急にやめて寸止め
「気持ちいいでしょ?」
「うん…」
そのあと2回くらい寸止めされて
「お姉ちゃんもうやめて」
「んー?腰びくびくしてるよ?かわいいなあ」
「もう出したいよ」
「Hしてみたくないの?お姉ちゃんの中にいれていいんだよ?」
と言いながらパンツをぬいでびちょびちょにぬれたマンコを見せてくれた

はじめて見て少しグロく感じたけどそれよりも
「びちょびちょだ」
「お姉ちゃんも興奮しちゃったの。ここにいれるんだよ」
ペニスを膣口にあててくれて
「いれていいよ?気持ちいいよ?」
「うん!」
「いきそうになったら言ってね?絶対だよ?」
「うん!!」
ヌプッという感じだったかなあ、いっきに根元までいれると同時に、
膣全体でペニスが締め付けられて、一気に射精感がきた。

「あ、お姉ちゃん、でちゃう!!」
「え?」
ビュルビュルビュルビュル…
はじめて?の射精。
寸止めもたくさんしてたからかすごい量だったと思う。

あまりの気持ちよさにぴったりと腰をつけたまま、少しの間お姉ちゃんの上で眠ってしまったかと思うほど意識がはっきりしない。
それほどの気持ちよさだった。

「…こう君?」
「…なあに?お姉ちゃん…」
「気持ちよかった?」
「すごく…」
「1回ぬいて?」
「え、まだしたいよ」
「もう、1回だしたでしょ。早くぬいて。」
とりあえずぬいた。
中から白いのがたくさんでてきた。

「お姉ちゃん何か出てきたよ?」
「こう君の精子かな。」
「?」
「精子を中にだすとね、妊娠するかもしれないんだよ」
「え?」
色々と教えてくれて…

「赤ちゃんできちゃうかなあ?」
「今日は大丈夫な日だと思うんだけど…自信ないなあ」
「大丈夫な日ってなに?」
「まだ知らなくていいかなこう君は。」
「?」
その後、すぐにペニスがフル勃起して、
再び繋がり膣内射精をしまくった。

後日、生理が来たことを告げられ、
妊娠はしなかったらしい。





エッチ体験談、セックス体験談、エロ体験談、生理、妊娠、中出し、射精、膣内、ペニス、勃起、近親相姦、マンコ

 - 男性 , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
アソコがヒクヒク収縮し締め付けられる快感セックス体験談

去年の夏の話です。やっとフリーターから脱却して、ようやく会社勤めを始め、すごい精神的に参ってた時だった。元バイト先の社員の先輩、Aさんと飲んで、社会の荒波についてすごい語り合ってしまい、そのまま彼の家に行ってしまいました。Aさんはもう30歳位だし、すっかり落ち着いた感じの人だったから、全然警戒心が無くってシャワーも普通に借りちゃってた。 さあ寝ようか、みたいになった時、Aさんはするっと私の腰を抱いて

no image
風俗にいた女友達・・・

金曜日の事なんだが、先輩に誘われて風俗に行ったんだ。この先輩は猛烈に風俗が好きな先輩で、呑みに誘われた連れて行かれると覚悟してた。既婚者の先輩たちが帰って俺一人になると『今日寄ってかね?』と案の定。『長く入らないならイイっすけど』『大丈夫だよ!サクッと45分だけだから』何がサクッ!だよ、と思いつつ、作り笑顔で連れて行かれた。『新しい店見つけてさぁ~そこがまたイイんだよ』電車に乗り連れて行かれたのは中央線の

no image
ロリ顔若妻とエチした話

人妻とホテルHした話を。過程は省くがある日、面識の無い人妻とメル友になった。当時俺23歳(社会人)人妻26歳(今井ひろの似、以下ひろの)ひろのは旦那アリ子アリで特にエロいメールをやりとりする事もなく、子供の誕生日ケーキの写メを送ってくれたり、ひろのが毎日ジョギングしてるとか他愛のないやりとり。  ある日お互いの写メを交換する事になったが、この時俺は勝負仕様の奇跡写メをひろのに送った。『すご~い!カッコイイ

no image
配達先の綺麗な女性を妊娠させてしまいました…

宅◎便のドライバーやってます。仕事柄、マンションに荷物を届けたりすることが日常なので、独身の女性、人妻の家などに、よくお邪魔します。仕事ですから。私の管轄エリアは下北沢周辺なのですが、ここのエリアは金持ちの人妻から、女子大生まで結構、いい玉がいます。ある日、私は瀟洒なマンションに届け物をするために、部屋番号のボタンで相手をよびだしました。「宅◎便ですが」いつもの決まり文句です。「どうぞ」エントランス

no image
池袋の初風俗で出会った娘が大好きになってしまい・・・

就職して3年ぐらいの少し余裕が出来た頃、先輩に誘われて初風俗デビューした。正直俺はモテなかったし、女の経験だって1人しかいなかった。そんなレベルで行くとハマるぞ!とよく言われてたから、自ら行こうとはしなかった。金曜だったかな、飲んでる時に「風俗行くか!」となり、そのまま連行された。初めての風俗だからそれはもう究極に緊張してた。池袋の細長いビルで、ケバケバしい外観の入り口を今でも思い出します。週末だっ

no image
人妻と情熱的に舌を交じらせたエッチ体験談

私が出会い系サイトに嵌っていた頃の話です。その頃の出会い系はサクラばかりになり、残りの殆どは援助探しの女ばかりになっていました。“そろそろ出会い系も卒業かな…”私は数年間十分遊んだ事もあり、そう考えていました。その頃の出会い系はツーショットか伝言ダイヤルでした。ある日の事、私が募集していた伝言ダイヤルに他とは違った返事が入っていました。“色んなことに興味のある27歳です。宜しかったら連絡下さい。”私は何

no image
とんでもなくデカイ喘ぎ声の先には…

学生時代、卒業前の実験の追い込みで夜中の3時ごろ下宿に向かって歩いていたとき、半端じゃない大音量の喘ぎ声が聞こえてきた。こんな夜中の寒い季節に、窓開けてAV鑑賞か?とか思い声のするほうを見てみたら、窓枠をつかんでバックで責められる女。 部屋の電気がついていたのでほぼ丸見えで、乳がいやらしく揺れていたのが今でも目に浮かぶ。 卒業間近の季節だったので、学生が部屋を退去する前にやりたい放題やってたのかと想像

no image
ピストンを開始して1分で果ててしまった…

大学の同サークルで2年後輩の萌(仮名)は目が大きく、口が小さい童顔。身長は150cmぐらいで体も小さかったが、服を着ていてもAカップと分かる貧乳だった。(AAとかだったかも知れない)つまり顔から体まで完全なロリ体系。また、お嬢様っぽい雰囲気を持っていて、下ネタなどの話題になると嫌悪感を出す事もしばしば。そんな雰囲気に加え、性格が良い・明るい・可愛い、と大人気の後輩だ。「誰々が萌に告白した」という類の話は日常的

no image
やっぱり大きいおっぱいだ…パイズリしてほしいな…

 先日、後輩の男の子と二人で残業することになりました。最近肩凝りがひどい私が、PCを打ちながら肩を叩いたり首を回したりしていると「僕、マッサージ得意なんですよ」と、後輩クンが言ってきて、頭痛がしてくるぐらい辛かったので「じゃあ、ちょっとお願い」と頼みました。得意と言うだけあって、ツボをいい具合に押してくれて、とても気持ちよかったです。後輩クンは「うわ~、ガチガチに凝ってますね~」などと言いながら、肩

no image
人妻と情熱的に舌を交じらせたエッチ体験談

私が出会い系サイトに嵌っていた頃の話です。その頃の出会い系はサクラばかりになり、残りの殆どは援助探しの女ばかりになっていました。“そろそろ出会い系も卒業かな…”私は数年間十分遊んだ事もあり、そう考えていました。その頃の出会い系はツーショットか伝言ダイヤルでした。ある日の事、私が募集していた伝言ダイヤルに他とは違った返事が入っていました。“色んなことに興味のある27歳です。宜しかったら連絡下さい。”私は何