エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

妻を貸す俺って異常なのか・・

   

妻を貸す俺って異常なのか・・

 私の後輩に妻を貸し出すようになってから、妻は後輩とのデートの前後には私の機嫌を取るために面倒臭がっていたフェラチオなどの要求にも、積極的に応えるようになりました。私は後輩にビデオでのハメ撮りも頼んで楽しむようになりました。それだけではなく野外露出などの調教も、後輩に依頼してビデオで撮ってもらって、それを一人で見て楽しむようになりました。後輩もまた私の妻を抱く代償ではあっても楽しんで撮っているようでした。
 その中でも昨年の秋に撮ったものは特に良かったので内容を紹介します。最初は妻がミニスカートで登場し、辺りをキョロキョロと見回しながら、自分でスカートをチラッとめくり上げると中はノーパンでヘアを剃った。ツルツルのあそこが丸見えになっていました。妻は恥ずかしそうにすぐにスカートを元に戻して誰かに見られなかったかと辺りを見回しました。


 それから後輩の声がして、妻は彼に言われるままにそこにしゃがみ込んで恥ずかしそうに少しずつ脚を開き「本当にするの?」と後輩に聞いてから、チョロチョロと小便を出し始めました。すぐに小便は勢いを増したかと思うとシャー!と音を立て、画面には妻の小便を出している部分がアップになりました。

 場面が替わり、どこかのデパートのエスカレーターに妻が乗って上がっているシーンになりました。カメラは下から妻のスカートの中をあおって、ノーパンの妻の尻の割れ目がはっきりと見えました。その後はデパートの店内らしい婦人服の売り場の中でスカートの前や後ろを嬉しそうにめくって、見せる妻が映されました。それから急に場面が替わってホテルの室内になりました。

 妻がシャワーを浴びている様子が映されてから、バスタオルを巻いた妻がカメラの前に寄ってきて、そこにある巨根にしゃぶりつきました。妻は幸せそうに大きな肉棒を音を立ててしゃぶってから「こっちも?」と巨根の下の方を指差して、片手で肉棒を握って擦りながらその根元の袋に舌を這わせました。妻の舌が袋よりも舌の方に進むと、カメラはアングルを変え、画面は少し震えながら妻が彼の肛門に舌を這わせる様子を映しました。


 妻は指で彼のその部分を左右に広げながら、舌を刺し込むようにしていました。やがて妻が「ねえ。私にもして」と言うとカメラは寝そべって脚を開いた。妻の局部を大写しにして、彼の指が妻のその部分をかき分けていじる様子を映し出しました。彼の指が包皮をめくり上げてクリトリスをいじり始めると妻は大きな声を上げて喘ぎ始めました。妻が感じて妻のそこがキュッと締まると卑猥な穴から溢れた愛液が流れ出しました。

 しばらくすると妻が「お願い。もう入れて」と言いました。彼が指を3本入れると妻は感じて声を上げながら「それじゃなくてあなたのを入れて」と言いました。彼が意地悪く「何を?」と聞くと妻は「おちんちん」と言いました。カメラは彼の目線から妻の局部と彼の巨根を映し出しました。彼はまだ意地悪く「どこに?」と聞きました。妻は恥ずかしそうに「お○んこに入れて」と言いました。

 彼の巨根が陰毛をツルツルに剃られた妻の局部にゆっくりと押し込まれていくと妻は「ああーっ!」っと声を上げました。巨根はゆっくりと何度か妻の中に入ったり出たりしてから動きを速めて行きました。妻は動きに合わせて「あっ!あっ!」と声をあげました。カメラは彼らの横に置かれて二人を映しました。彼は妻の脚を持って開きながら激しく突いて妻をイカせました。


 それから彼は妻に「上になって」と言ってカメラを持って寝そべりました。妻が彼の肉棒を握って自分のあそこに当て、それが飲み込まれて行く様子がアップで映し出されました。妻が腰を動かし始め、カメラが上にアングルを変えていき、妻の乳房が揺れている様子を映し、さらにアングルを変えると大きく口を開けて「あっ!あっ!」と感じて声をあげている妻の快感に歪んだ顔が映りました。

 しばらくすると妻は四つん這いにされてヒップが大写しになって、彼の肉棒がバックで挿入される様子が映されました。彼は腰をゆっくり動かしながら、妻のアヌスに指を1本2本と入れていき「そのうちにここにも入れてやるからな」と言いました。妻は感じて声を上げながら「うん。入れて」と言いました。カメラはしばらく彼の肉棒と指が妻に入ったり出たりする様子を映してから再び二人の横に置かれました。

 彼は妻の腰をつかんで激しく腰を打ちつけながら突きました。妻はイキ始めて顔も肩もベッドにつけて尻だけを高く上げた状態で目を強く閉じて口は大きく開けて大きな声を上げて感じていて顔は快感に歪んでいました。妻のあそこも空気が入ったり出たりする屁のような卑猥な音を立てていました。彼が「イクぞ!出すぞ!」と言うと妻は「うん。ちょうだい」と言いました。


 彼が「どこに?」と聞くと妻は「お○んこの中に出して」と言いました。そして「もう壊れちゃう!出して!」と言いました。
彼は「ううっ!」と言って奥まで何度か押し込みながら出したようでした。妻は「ああーっ!」と言いながらそれを受け入れました。彼が妻から肉棒を抜くと妻はすぐにそれをなめようとしましたが、彼が妻を制してカメラを持って妻のあそこをアップにして彼の精液が流れ出す様子を映しました。

 それからベトベトの肉棒を疲れた様子の妻が嬉しそうになめて、きれいにする様子をアップで映しました。それから妻が「ねー。毎週うちに泊まりに来てよ。もっといっぱいしたい。毎週1回泊まりに来てデートも1回か2回しようよ。」と彼に甘える様子をアップで映しました。彼が「でも先輩に悪いからなー。」と彼が言うと「そんなことないよ。だってうちの亭主はこんなに気持ち良くしてくれないもん。ねー。何でもしてあげるからさー。」と妻は彼に甘えました。

 彼が「でも俺だけ何回も泊まりに行くのは怪しまれないかな?」と言うと妻は何と「じゃあ、他の人も連れてきて3Pしちゃう?」と言い出しました。彼が「マジ?」と聞くと妻は「あなたが一緒なら何でもいいよ」と言いました。妻が3Pしてみたかっただけだと思うのですが。それから妻がまたフェラチオして「もう1回して」と言ってカメラは2回目を写し始めました。

 彼が激しく突いて何度も妻をイカせてから「ねえ。飲んで欲しいな」と言うと妻は「もう1回してくれるなら飲んであげる」と言いました。彼はもう一度することを約束してからさらに激しく妻を突いて、抜いた肉棒を妻の口の前に差し出しました。妻はそれを手で握ってしごきながら先を口に含んで吸い出して喉を鳴らしながら飲み込みました。


 最後の一滴まで吸い出してから妻は彼に「気持ちいい?」と聞きました。彼は「うん。すごく気持ちいい」と答えました。3回目は妻のアヌスに彼の巨根を入れようとしていましたが、妻が痛がって途中で断念してあそこに入れて中出しして流れ出す様子を再び写していました。その時の話が元で後で3Pもさせたのですが、その話はまた別の機会にします。感想などメールでいただけると張り合いがあって嬉しく思います。

 - 会社員の体験談 , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★お客さんとのエロ話

 もう、7年程前の話です。地元の小さなリフォーム会社に勤めてた頃、お客さんの借家のオーナーさんから電話が有り「築25年の借家だけど、入居したいって人が居るから、少し手直しして欲しい…」と連絡が入りました。その借家へ、借り主(以後ちほ)の要望を聞きに行きました。●トイレにウォシュレット付けたいから、コンセントが欲しい●浴槽が割れてるから取替て欲しい●テレビのアンテナを付けて欲しい●壁が破れてるから修理して欲し

no image
★妻が秘密を告白してくれました

 結婚して10年目頃の話しです。その当時、俺は36才 妻33才子供は10才でした。あれから更に10年経ちましたが、今も続いている事の発端となる、妻の打ち明け話しです。知り合った頃は、清楚な感じの女性で 10年後、こんな話しを打ち明けるような女性には見えませんでした。打ち明け話の内容です。 妻は、小学生で自慰を覚え 中学の3年間で、いちいち覚えていられない程の、数えきれない人と関係をもち、高校の時には 乱パとかで複

no image
★俺のペニスにむ夢中になった女上司

 俺が25歳ぐらいの時の上司が、松嶋菜々子級の38歳の女性だった。仕事はできるがかなり性格もキツく、近寄り難い人だった…5年ぐらい前に離婚をし、美人だが男の噂も無く、仕事一筋って感じで、プライベートは誰も知らなかった。 俺は休みの日に遠方で買い物してたら菜々子(菜々子にしときます)を見かけ、あれ?って思うぐらい可愛らしい格好をしてて、興味本位で付いて行ったらアダルトショップに入って行った…

no image
★生保レディの枕営業の正直な話

 俺の嫁(35歳)はいわゆる生保レディをやっている。レディと言える歳ではないが、20代のガキにはない色気を武器に、会社での成績は上の中。月収も俺に近いものがある。嫁の手口は簡単。枕営業で契約を取っているのだ。生保レディの枕営業は昔から噂されているが、どこか信憑性がないと思っていませんか?でもね、実際にあるんです。 実際に枕営業で契約を取っている嫁の旦那が言うんだから間違いないでしょ。最近はネット契

no image
★女性社員に懲戒解雇を覚悟して挿入

 体験としてはたいした話じゃないけど、俺にとってはものすごい出来事だったので ぜひ読んで欲しい。俺の会社は夏と冬に飲み会があるのだが、今年の夏の飲み会のことを話します。某居酒屋の3階で行われた夏の飲み会。総勢36名の飲み会で結構な人数だった。 俺の職場は責任者が一人と、その他の社員が5名、あとはパートとアルバイトで成り立っていた。俺は恥ずかしながら22歳でフリーター。社員5名のうち3名が女子で、そのうちの

no image
★温泉地で女性を呼んでもらった

 岐阜に出張で出かけた際、ついでなので温泉地に宿泊した。スナックにのみに行き、SEXをしたくなった私はママに、できるとこがないか聞いた。ママ:「この辺はそういう店もないし、若い子でそういうことする子はいないよ。」若くなくてもいいから誰かいないかたずねると、確認してくれるとのことだったので、旅館に戻って待ってると、ママから電話が掛かってきた。ママ:「やっぱり若い子はいない。50代の人でもよければいけるみた

no image
★電車の車両で毎日会う女性との話

 毎朝同じ電車の車両で顔を合わせた女がいた。髪の長い切れ長の目をした細面の綺麗な女だった。節分の夜、残業で遅くなった俺は、会社に出入りしている保険屋の伯母さんがくれた、子袋の福豆を駅のホームで食べようとしていたら毎朝会う女がいた。「あ、どうも・・これ、いかがです?」「あら、今日は節分だったわね。ご馳走になろうかしら。」これがきっかけで、毎朝挨拶するようになり、言葉を交わすようになり、金曜の夜、また

no image
★妻に感謝している俺の告白

 私は、今現在28歳で医療機器販売の仕事に日々励んでいる営業マンだ。この仕事には大学卒業後にすぐに就き、今年でもう6年目になる。そして、6年目と聞くと多くの者が、もう日々の仕事にも慣れた頃だろうと感じるかもしれないが、そんなことは決してない。 私が元々、内向的で営業には向いていない性格であったということも考えられるが、仕事に慣れない大きな理由としては毎日、担当先の病院の師長や先生からは立場上ストレ

no image
★掃除婦のおばさんは解放的

 小便が出たくてトイレに行くと 清掃中の立て看板が入り口に置いて有りました。中を覗くと オバサンが個室を掃除中でした。「オバサン 使って良いかな?」「良いよ」早速 2つ有る小便器の1つに立ち チャックを下げると、オバサンが隣の小便器の掃除を始めました。 無視して小便をしてると「若いから勢いが良いね(笑)」と 覗き込んで来ました。「ちょっとオバサン!覗かないでよ‥」でも 一度出た小便は止まりません!やっと出し

no image
マンネリ化の解消でポルノ映画を見に行きましたが・・

 私は30歳、妻34歳の×1子供無しの再婚夫婦です。妻とのセックスにマンネリ化したので、何か刺激はないか?と考えたのですが、何も思いつかずに、某雑誌をペラペラとめっくていると、ポルノ映画館での露出プレイが載っていました。私は『これだ!』と思い、妻に「今度、映画でも見に行こうか?」と言いました。