エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

高校生のとき、初めての彼女ができた話

   

高一のとき同じクラスに女友達ができた

特別かわいいわけでもないし
特別スタイルが良いわけでもなかった
中肉中背でツヤッツヤのショートボブのめがねっ子
びっくりするくらい特徴の無い子だったなw
でも趣味が合ったから漫画やレコード貸しあったり
昼休みに話したり、一緒に帰ったりしてた

ある日、隣のクラスの金持ちイケメンスポーツマンAが彼女に告白した
彼女「どうしたらいいかなぁ?」ってオレに報告してきた
オレ「・・・」ポカーン
どう考えてもオレのかなう相手じゃなかった

オレ「マジで?すげー!AってあのA?かっこいいし人気あるよな〜
 スキなら付き合えばいいじゃん?で、なんて答えたの?」
彼女「う〜ん、一週間待ってって言ったんだ〜」
オレ「もったいつけちゃってwでもAって人気あるから早くしないと取られちゃう!」
彼女「そうだよねぇ・・・ふふふ」

オレは、次の日から自転車通学にした
彼女と一緒に帰るのはマズイ気がしたし
Aも同じバスだったから会いたくなかったし
彼女ともできるだけ距離を置くことにした

一週間後、彼女から呼び出された
彼女「オレくんさぁ、最近話してくれないよねぇ」
オレ「そういえばそうだっけ?」
彼女「一緒に帰ってくれないしさ」
オレ「あー自転車にしたからね〜20分は多く寝r・・・」
彼女「あのね、Aくんと付き合ってみようかと思うんだ」
オレ「へ?・・・あ、そうなんだ、そう!うん!おめでとう!」
何だか喉カラカラで、最後は少し声が裏返ってた

彼女「ありがとう・・・オレくんに報告しなきゃと思って」
オレ「うん、そか」
彼女「・・・」
オレ「・・・」
彼女「・・・」
オレ「・・・」
彼女「それじゃぁね。ごめんね。わざわざ」

彼女が背を向けて歩いてった
彼女の背中が遠くなる・・・
気がついたら彼女を追いかけて肩掴んでた
振り向かせたら彼女は泣いてた
オレ「ゴメン、遅いけど、すごく遅いけど、オレ、君の事スキだ」
彼女「もぅ・・・もぅ・・・ホント遅いよ・・・」彼女は泣きながら笑った

彼女はそれからAの所に行った
ホントは好きな人がいてその人と付き合いたいからごめんと断ったそうだ

次の日からオレは彼女と付き合うことになった

それからは毎日、彼女と手をつないで歩いたり
自転車二人乗りしたり
マックやケンタで何時間も話したり
立ち読みやゲーセン、動物園も行ったな
何しても楽しかった
ケンカなんて全くしなかった
オレ、この子に会うために生まれたんだって本気で思った
友達にもそう言って引かれたw

キスもセクロスもしなかった
隣に座って肩を抱いたり、彼女の頭撫でたりするだけで幸せだった
彼女をオレの性欲なんかで汚したくなかった
彼女を冒涜するような気がして
小5からの日課だったオナニーも一切しなくなった
好きな本の話をしたり音楽の話をするだけで満足してた

一度だけ彼女の家に遊びに行った
ボロボロの平屋の家だった
日当たりだけは良かったが、エアコンは無くめちゃくちゃ暑かった
彼女の家は母子家庭だった
すごく年の離れた妹がいた
母親は内職の手を休めもせず、顔も上げずにオレと挨拶した
妹にまとわりつかれたので少し一緒に遊んだ
妹と彼女はお父さんが違うそうだ
それ以上は聞かなかった

それからすぐ彼女が風邪をひいて学校を休んだ
電話したが母親が出て、寝てるからと取り次いでくれなかった
3日ほどして彼女は登校してきたが、
病み上がりでだるいからと避けられてほとんど話ができなかった
それから1週間ほどして、彼女から突然別れを切り出された

何がおきているのかわからなかった
理由は一切教えてもらえなかった
一方的に、もう付き合えないと言われた
納得できないと言ったが取り合ってもらえなかった

周りからもどうしたの?と聞かれた
こっちが聞きたかった
何度話しかけても答えてくれなかった
オレは学校をサボりがちになった
元々良くなかった成績が最下位ランキングを争うほどになった

1ヶ月くらいたって、彼女から手紙が来た
便箋4枚くらいにびっしり書かれていた
こんな内容だった

・オレのことがキライになった訳ではないこと
・母親が女手一つで育ててくれたこと
・母親に仕事を斡旋する、付き合いの長い社長さんがいること
・ある日、母親がその社長さんと2人で食事に行けと言ったこと
・社長さんと2人だけでチェーンの居酒屋に行ったこと
・チューハイをたくさん飲まされたこと
・気がついたらホテルのベッドで全裸だったこと
・明け方近くに帰宅したが母親は何も言わなかったこと
・それが風邪で休む前の晩だったこと
・もちろん風邪で休んだわけじゃないこと
・それからも母親を通じて定期的に呼び出されること
・こんな体ではオレに申し訳なくて会うのが辛いこと
・私のことは忘れてかわいい子と付き合って欲しいこと

彼 女 は 母 親 に 売 ら れ て た ん だ

手紙を読み終わり気がつくと、手が震え、動悸がすごかった
すぐに彼女に電話をしたが、電話に出たのは母親だった
オレ「夜分恐れ入ります、オレと申しますが彼女さんいらっしゃいますか」
母親「(フッ)今、出かけてますよ」鼻で笑われた・・・
オレ「そうですか、あの・・・」
母親「帰りは遅いと思うんですよねぇ」
オレ「遅くてもいいので、帰宅したら電話が欲しいと伝えていただけますか」
母親「はぁい(ガチャ・ツーツー)」
その晩、いつまで待っても彼女から電話は来なかった

翌日、登校途中に彼女を見かけて話しかけた
オレ「おはよう!」
彼女「あ、おはよっ!」彼女は以前のように挨拶してくれた
オレ「ゆうべ電話したんだ。お母さんに伝言頼んでたんだけど」
彼女「そうだったの?出かけてたよごめんねぇ」
笑ってるけど目がうるんでいた

並んで歩きながら話した
オレ「手紙読んだよ」
彼女「うん」前を向いたまま答えた
オレ「オレ、君がいいんだ」
彼女「・・・」
オレ「オレさ、君に何があっても君がいいんだ」
オレにはそんな事しか言えなかった
他にも言いたいことは沢山あったのに
でもそれしか言えなかった

彼女「だめだよオレくん。もう付き合えないよ。
 ごめんね。もう私に話しかけないでほしいんだ。つらいんだ」
彼女は立ち止まってまっすぐオレを見て言った
もう笑ってなかった
目には涙がいっぱいたまっていた

彼女はそれ以降、オレを一切無視した
あたかもオレなんか最初から存在しないかのように
翌年クラス替えがあるまで彼女はオレを無視し続けた

登校中の出来事だったから目撃者が多く、いろんな噂が飛び交った
彼女は何も言わなかったが、オレは登校中に彼女を泣かす最低男の称号を得た
それから卒業までの高校生活、ほとんどの女子から無視された

オチも何も無いが、これでオレがはじめて付き合った女の子の話はおしまい
あれからもう20年以上が経過した
当時15歳の無知なガキには何もできなかったが
あのときどうしたら良かったんだろう
今でも時々思い出しては辛くなる

クラス会には一度も行ってない
高一のとき同じクラスに女友達ができた

特別かわいいわけでもないし
特別スタイルが良いわけでもなかった
中肉中背でツヤッツヤのショートボブのめがねっ子
びっくりするくらい特徴の無い子だったなw
でも趣味が合ったから漫画やレコード貸しあったり
昼休みに話したり、一緒に帰ったりしてた

ある日、隣のクラスの金持ちイケメンスポーツマンAが彼女に告白した
彼女「どうしたらいいかなぁ?」ってオレに報告してきた
オレ「・・・」ポカーン
どう考えてもオレのかなう相手じゃなかった

オレ「マジで?すげー!AってあのA?かっこいいし人気あるよな〜
 スキなら付き合えばいいじゃん?で、なんて答えたの?」
彼女「う〜ん、一週間待ってって言ったんだ〜」
オレ「もったいつけちゃってwでもAって人気あるから早くしないと取られちゃう!」
彼女「そうだよねぇ・・・ふふふ」

オレは、次の日から自転車通学にした
彼女と一緒に帰るのはマズイ気がしたし
Aも同じバスだったから会いたくなかったし
彼女ともできるだけ距離を置くことにした

一週間後、彼女から呼び出された
彼女「オレくんさぁ、最近話してくれないよねぇ」
オレ「そういえばそうだっけ?」
彼女「一緒に帰ってくれないしさ」
オレ「あー自転車にしたからね〜20分は多く寝r・・・」
彼女「あのね、Aくんと付き合ってみようかと思うんだ」
オレ「へ?・・・あ、そうなんだ、そう!うん!おめでとう!」
何だか喉カラカラで、最後は少し声が裏返ってた

彼女「ありがとう・・・オレくんに報告しなきゃと思って」
オレ「うん、そか」
彼女「・・・」
オレ「・・・」
彼女「・・・」
オレ「・・・」
彼女「それじゃぁね。ごめんね。わざわざ」

彼女が背を向けて歩いてった
彼女の背中が遠くなる・・・
気がついたら彼女を追いかけて肩掴んでた
振り向かせたら彼女は泣いてた
オレ「ゴメン、遅いけど、すごく遅いけど、オレ、君の事スキだ」
彼女「もぅ・・・もぅ・・・ホント遅いよ・・・」彼女は泣きながら笑った

彼女はそれからAの所に行った
ホントは好きな人がいてその人と付き合いたいからごめんと断ったそうだ

次の日からオレは彼女と付き合うことになった

それからは毎日、彼女と手をつないで歩いたり
自転車二人乗りしたり
マックやケンタで何時間も話したり
立ち読みやゲーセン、動物園も行ったな
何しても楽しかった
ケンカなんて全くしなかった
オレ、この子に会うために生まれたんだって本気で思った
友達にもそう言って引かれたw

キスもセクロスもしなかった
隣に座って肩を抱いたり、彼女の頭撫でたりするだけで幸せだった
彼女をオレの性欲なんかで汚したくなかった
彼女を冒涜するような気がして
小5からの日課だったオナニーも一切しなくなった
好きな本の話をしたり音楽の話をするだけで満足してた

一度だけ彼女の家に遊びに行った
ボロボロの平屋の家だった
日当たりだけは良かったが、エアコンは無くめちゃくちゃ暑かった
彼女の家は母子家庭だった
すごく年の離れた妹がいた
母親は内職の手を休めもせず、顔も上げずにオレと挨拶した
妹にまとわりつかれたので少し一緒に遊んだ
妹と彼女はお父さんが違うそうだ
それ以上は聞かなかった

それからすぐ彼女が風邪をひいて学校を休んだ
電話したが母親が出て、寝てるからと取り次いでくれなかった
3日ほどして彼女は登校してきたが、
病み上がりでだるいからと避けられてほとんど話ができなかった
それから1週間ほどして、彼女から突然別れを切り出された

何がおきているのかわからなかった
理由は一切教えてもらえなかった
一方的に、もう付き合えないと言われた
納得できないと言ったが取り合ってもらえなかった

周りからもどうしたの?と聞かれた
こっちが聞きたかった
何度話しかけても答えてくれなかった
オレは学校をサボりがちになった
元々良くなかった成績が最下位ランキングを争うほどになった

1ヶ月くらいたって、彼女から手紙が来た
便箋4枚くらいにびっしり書かれていた
こんな内容だった

・オレのことがキライになった訳ではないこと
・母親が女手一つで育ててくれたこと
・母親に仕事を斡旋する、付き合いの長い社長さんがいること
・ある日、母親がその社長さんと2人で食事に行けと言ったこと
・社長さんと2人だけでチェーンの居酒屋に行ったこと
・チューハイをたくさん飲まされたこと
・気がついたらホテルのベッドで全裸だったこと
・明け方近くに帰宅したが母親は何も言わなかったこと
・それが風邪で休む前の晩だったこと
・もちろん風邪で休んだわけじゃないこと
・それからも母親を通じて定期的に呼び出されること
・こんな体ではオレに申し訳なくて会うのが辛いこと
・私のことは忘れてかわいい子と付き合って欲しいこと

彼 女 は 母 親 に 売 ら れ て た ん だ

手紙を読み終わり気がつくと、手が震え、動悸がすごかった
すぐに彼女に電話をしたが、電話に出たのは母親だった
オレ「夜分恐れ入ります、オレと申しますが彼女さんいらっしゃいますか」
母親「(フッ)今、出かけてますよ」鼻で笑われた・・・
オレ「そうですか、あの・・・」
母親「帰りは遅いと思うんですよねぇ」
オレ「遅くてもいいので、帰宅したら電話が欲しいと伝えていただけますか」
母親「はぁい(ガチャ・ツーツー)」
その晩、いつまで待っても彼女から電話は来なかった

翌日、登校途中に彼女を見かけて話しかけた
オレ「おはよう!」
彼女「あ、おはよっ!」彼女は以前のように挨拶してくれた
オレ「ゆうべ電話したんだ。お母さんに伝言頼んでたんだけど」
彼女「そうだったの?出かけてたよごめんねぇ」
笑ってるけど目がうるんでいた

並んで歩きながら話した
オレ「手紙読んだよ」
彼女「うん」前を向いたまま答えた
オレ「オレ、君がいいんだ」
彼女「・・・」
オレ「オレさ、君に何があっても君がいいんだ」
オレにはそんな事しか言えなかった
他にも言いたいことは沢山あったのに
でもそれしか言えなかった

彼女「だめだよオレくん。もう付き合えないよ。
 ごめんね。もう私に話しかけないでほしいんだ。つらいんだ」
彼女は立ち止まってまっすぐオレを見て言った
もう笑ってなかった
目には涙がいっぱいたまっていた

彼女はそれ以降、オレを一切無視した
あたかもオレなんか最初から存在しないかのように
翌年クラス替えがあるまで彼女はオレを無視し続けた

登校中の出来事だったから目撃者が多く、いろんな噂が飛び交った
彼女は何も言わなかったが、オレは登校中に彼女を泣かす最低男の称号を得た
それから卒業までの高校生活、ほとんどの女子から無視された

オチも何も無いが、これでオレがはじめて付き合った女の子の話はおしまい
あれからもう20年以上が経過した
当時15歳の無知なガキには何もできなかったが
あのときどうしたら良かったんだろう
今でも時々思い出しては辛くなる

クラス会には一度も行ってない

 - 未分類 , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★地方で不思議な体験をした

 先日、地方に行った時の話。駅前にこれといった娯楽もなく、宿泊先のビジネスホテルには出張できないと言われたのでデリヘルも使えず、しょうがなく暇つぶしにテレクラに入った。今時、テレクラか、電話なんて来るのかと思いながら部屋に入ると、ものの数分でコール。 援交目的だったので、とりあえずキープして電話を切ったけど、またすぐにコール。30分で5~6本くらい取ったと思う。全員、援交目的だったけど、10代~50代と

no image
温泉でオナニー

(百音がオナニーをしているのを見つけてその前に立って)おやおや、これはすごいオナニーをしてますね(にやにやと見つめながら、百音さんのオナニーを見守る)ここでそんなオナニーをしている人を見たの初めてですよ(隆也さんに見付かり)あっ…いやぁん…見ないで…見ないでく…

no image
寝取られ動画サイトに影響されて、嫁を単独男性宅へ3

俺が台湾に、仕事で1年も行くことになったのがきっかけで、嫁の奈々を他人に寝取らせて、それをビデオに撮影してもらい、クラウドストレージにアップしてもらうという、とんでもない事を始めてしまった。きっかけは、エロサイトを見て影響を受けたことだったのだが、実際にや…

no image
妻のママ共にフェラしてもらった…

その日、俺が仕事から帰ると妻とKさんは子供達を寝かし終わり、風呂も 済ませてリビングのテーブルでリラックスしながらチューハイを飲んでいた。 妻「お帰りー」 Kさん「おじゃましてまーす。お久しぶりです~」 俺「あ~どうもこんばんは。ご無沙汰してます」 てな挨拶だったと思う。 子供が寝静まった後のママ達のお喋りは盛り上がっていたらしく、 挨拶も程々に再び女のお喋りタイムが始まった。俺も缶ビールを持って来て 輪に

no image
人肌のぬくもり

1年前のことです。 サークルの追い出しコンパで久しぶりに会った先輩が、妙に空元気。 私自身は彼氏と別れたばっかりで落ち込み気味。 「カレシと別れちゃったんですよねぇ」って言ったら「俺もなんだよ」って。 「彼女のことがどうしても好きで忘れられない」と話す姿に、 …

no image
★職場に来る営業の女性との話

 職場に某乳飲料の営業の女性が出入りしていました。これって、子持ちの方がやっていますので、普通はそれなりの年齢の女性が来るのですが、彼女は子持ちながら22歳という若い女の子でした。 いっつも笑顔で愛想が良く、小野真弓に似た感じの彼女は、当然ながら職場のおじさんの人気者でした。いつもお尻を触るおじさんもいたのですが、明るく切り返していましたね。おれは当時26歳ですでに結婚していましたが、それでも可愛

no image
★私よりオナニーで抜けるなんて・・

 まだ処女だった頃、付き合ってた彼は、優しくて、185センチ90キロのマッチョ。筋肉好きな私には、理想の彼氏でした。デートを重ねて、私の家でエッチ。ドキドキで、キスをする時から濡れてました♪愛撫。そしていよいよ中に…。凄くおっきくて痛くて苦しかったけど、我慢!我慢!我慢! 一時間位たったでしょうか…まだイケない様子。結局、出血と痛みが酷く中断。ギンギンなのにイケない彼に申し訳なく、お口で。やっぱり一時間位たっ

no image
添乗員さんと

僕が過ちを犯した話です。当時僕は大学生で21歳で二つ下の恭子という彼女がいました。僕は恭子のことが大好きで、学校を卒業して仕事に就いたら結婚も考えてました。夏休みを利用して旅行へ行こうということになり、海はよく一緒に行っていたので、今回は北陸へ観光へ行く…

no image
英理香の部屋

英理香の部屋英理香:英理香は15才・中3です。英理香には露出癖があり、学校内で同級生に恥ずかしい所を見て貰いたくてノーブラ・ノーパンに制服のスカートを股下ギリギリにしています。今は冬服ですが夏服の時もノーブラな為、英理香の乳首が透けている時もあります。クラス…

no image
ふとしたキッカケで出会った女性と・・2/4

 さて、まじめな私は悩んだ。夜のTDLは行きたいだからといって不倫すると決まったわけでもなく、私たちは単なる系列会社のプロジェクトチームの仲間。恋人でもない。シングル二つ?ごく普通に(我々にとっては普通じゃないが)ツインを予約するのか???とりあえず、WEBで、オフィシャルホテルを検索する。