エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

終電で見つけた酔っ払い女と

   

終電で見つけた酔っ払い女と

 終電で地元の駅に帰ってきて歩き始めたら、目の前を歩いてたおねーちゃんがコケた。大丈夫ですか、と声をかけたらたまに朝の通勤電車で行きあうOLさんだった。けっこう酒臭く、真っ赤な顔。ただ、コケたのは酒のせい+ヒールが折れたからだった。起き上がるのに手を貸したあたりであっちも俺の事を思い出してくれた。
 少し歩いてみたが、どうやら足首をひねったらしく痛がる。冗談で「おんぶする?」と聞いたら、うれしそうに「お願いします!」と俺の首に腕を回してきた。たいへんけっこうな肉まんが背中に当たる。両脇から差し出された大根は俺の冷えた両手にほかほかと温かく、腰の後ろにも温かいアワビを感じる。おんぶのおかげで自然に前傾姿勢になれたので、俺のマツタケも育ち放題だった。


 しばらく歩いていると最初は元気に話をしていたが、彼女の腕の力が抜け始めた。仕方なく腿に手をかけて落ちないように支える。肉まんが弾み、マツタケが痛い。寝落ちしそうな彼女からマンション名をなんとか聞き出し、迷いながら到着。渡された鍵で玄関を開けると、部屋まで連れていって欲しいと言われマンション内に。

 肉まんと大根のぬくもりをこっそり惜しみながら一旦おんぶから降りてもらい、肩を貸して身体を支えてエレベーターに乗り込んだ。ドアが閉まると彼女は俺の身体に腕をまわし抱きついてきた。さっきまで背中で弾んでいた肉まんが俺の胸板に押しつけられる。マツタケが痛い。エレベーターが目標階に到着するまでに唇を奪われた。酒臭い。

 後は無言で廊下を歩き、玄関で少し躊躇したフリをしたら再び酒臭いキス。招かれるままにリビングのソファーに座らせられ、キスを続ける彼女の手で拘束具が、解放され暴走状態のまま出現したのはさっきまでの刺激により、第一マツタケ汁でぬるぬるのマツタケゲリヲン。こっちも負けずにブラウス越しの肉まんに手を伸ばしているが、まだ装甲が2層もある分不利かと思われた。

 しかし、幸いブラウスのボタンを迅速に外す事に成功し、肉まん頭頂部への肉薄攻撃を先制できた。先端に赤い点があるのであんまんか。(ここまでくればどっちでもいいが)彼女がひるんだスキに細い腰に両手をかけて顔の高さに肉まんをロックオン、口撃に入る。自然とマツタケがアワビとモズクのあたりをつつくが、まだ薄布越し。

 だが、もずくに隠された栗とかげっ歯類とかを直撃するたびに、ビクンと跳ね上がる彼女。ついでに片手を桃に回し、なでまわしたり菊を指先でつついたり。完全にこっちのペースで跳ね続けさせた。ちなみにこの段階でまだ二人とも服は着たまま。露出してるのはマツタケと肉まんだけ。桃を支えながら彼女の身体をソファに座らせ、一旦身体を離す。


 スカートを脱がせようとしたら下着も全部脱げてしまった。惜しい事をした、と思ったのはひみつ。自然に持ち上がる大根2本。俺が両手をかけると、見事なM字に。アワビとモズクはもうすっかりぬらぬらしている。こっちのマツタケゲリヲンもすっかり臨戦態勢。一応冷静に財布常備のATフィールドを装着し、彼女のコア目指してマツタケプラグをエントリーした。

 反り返る彼女の背中をなでまわし、揺れる肉まんを舌先でねぶりまくり、差し込んだマツタケを前後に振る。彼女の大根が俺の腰を抱え、腕は俺の頭を抱えて指は後頭部の髪の毛を掴む。毛根がものすごく痛い。が、おかげで暴走しそうなマツタケをコントロールする冷静さを持ち続けられた。髪の毛に伝わる力で、彼女が何度か波を迎えている事は分かった。こっちもそろそろ限界。

 彼女の両膝裏を腕で下から支え、腰を掴んで一気に立ち上がる。マツタケが最長不到距離に達し、肉まんが俺の顔に押し付けられて後頭部の髪の毛をむしられた。すっげぇ痛え。そのまましばらく身体全体を上げ下ろしし、すごい力で俺の頭にしがみ付く彼女と一緒に果てた。荒い息の彼女をM字開大根のままソファーに解放し、俺もその横に腰かけた。

 アワビがびちゃびちゃぬらぬらしてすっげえエロい。思わず大根をなでまわしモズクに指を押し当てる。面白いように反応する彼女を小一時間ほどおもちゃにし、再起動したマツタケを再度突入させて3Rほど頑張ったあたりで彼女は俺の上で失神し、俺も身体を重ねたまま寝てしまっていた。3時間くらいで目を覚ますと、朝マツタケが元気になってアワビをノックしていた。

 少し強めにノックしてみたらにゅるんと迎え入れられてしまった。仕方ない。桃をなでまわす。まだ半寝くらいの彼女も色っぽく反応するが、身体はふにゃふにゃ。どうにか対面座位へ。上下しながら徐々に目覚めていく彼女と揺れる肉まんを堪能し、1R終了。その段階で初めて朝の挨拶をして、お互いの名前を告げたw


 で、昨夜の事は概ね覚えていること。合意の上だった事を彼女に確認。ぬらぬらとか乾いてかぴかぴとかをシャワーで洗いっこしたりしながらもう1R。俺の服も洗えるものは洗ってもらい、朝飯をごちそうになりながら調子に乗った彼女の裸エプロンにマツタケデリヲンが(ry でもう1R。

 服が乾くまでお互い裸でじゃれあい、気づけば夕方まで裸族。休日終了w それが今の彼女との馴れ初めです。

 - お持ち帰りした体験談 , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★泥酔いした巨乳女を自宅にお持ち帰り

 先週金曜日に飲み会。男三人女三人計六人。ちょっと背は低いけど巨乳のマリ、中背で華奢な貧乳サオリ、中肉中背顔のホリが深く化粧が濃いケバ顔マサコ、居酒屋の個室、一番奥に座る俺。俺の右にマリ前にマサコ、前のマサコを見ながら「この顔は、連れ好みだな俺はマリがいいな」と思いながら2時間盛り上がった。 マリは、日本酒好きで最初のビールを飲んだ後ずっと日本酒を飲んでた。サオリは、梅酒好き、マサコは何でもOK色々

no image
★駅で酔っていた可愛い子をお持ち帰りした

 この前横浜で飲んでたら、終電逃したんでタクシー捜す前にトイレ行くかって相鉄線改札近くのトイレ行ったら、入り口でえれえ酔っ払って座りこんでる大学生位の女の子を発見。普段なら無視するんだけど、偉い色白で可愛かったのと、俺の目の前で座り込みからパタンと倒れたので、心配になって声をかけた。「大丈夫ですか??」←敬語 「あーーありがとーー。うん、大丈夫、今行く今行く」となんだか錯乱というか、知り合いと思われ

no image
泥酔いした同僚OLをお持ち帰り

 先週泥酔した同僚をお持ち帰りしたよ。そんなに美人では無いし、華奢で貧乳あまり期待せずに、お持ち帰りしたけど絞まりと悶えっぷりは、よかったな。では、稚拙な文章ですがお付き合い下さい。

no image
★タクシー待ちの可愛い酔っ払い女・・1/2

 先週の金曜日、職場の同僚と呑んでました。派遣社員も途中で来てくれたので、調子ブッコいてたら終電無し。俺だけ田舎なの忘れちゃってた愚か者w 途中までの電車はまだ走ってたので、とりあえずそれに乗ってタクシー待ち。深夜割で確かうちまで4千円ぐらいかな・・・たけぇ~なぁ~・・・そう思いながら待ってました。 金曜日だったので軽く20Mぐらいは並んでるんです。ダリぃ~なぁ~と思っていると、後ろの女の子の会話が気になり出

no image
★泥酔いしたOLさんをお持ち帰りしました

 終電で地元の駅に帰ってきて歩き始めたら、目の前を歩いてたおねーちゃんがコケた。大丈夫ですか、と声をかけたらたまに朝の通勤電車で行きあうOLさんだった。けっこう酒臭く、真っ赤な顔。ただ、コケたのは酒のせい+ヒールが折れたからだった。起き上がるのに手を貸したあたりであっちも俺の事を思い出してくれた。  少し歩いてみたが、どうやら足首をひねったらしく痛がる。冗談で「おんぶする?」と聞いたらうれしそうに「

no image
★酔って金網柵と格闘している女との出会い

 バイトでお盆休み前の飲み会やった帰り道、ちょっぴりいい気分で一人家路を歩いていると、向こうの方で金網と格闘している女発見。真夏の夜中の0:00頃。よく分からんが、がっしゃーんと金網を何度も蹴ったかと思うと、今度はもたれかかったり、また両手でがしゃがしゃと揺すったりしている。「け~」とか「ぅえい!」「ばかぁ~」とか何か奇声に近い声まであげてらっしゃる。関わらん方がいいなと思いつつ、通り道だし、怖いもの

no image
★新人OLをお持ち帰りした告白

 先週末にお持ち帰りしました。9月から入って来た新人(まきちゃんとする)を一人受け持つ事になって教えてるんだけど、覚えは悪くないが鈍くさい初めて女の子を指導する事になったから、女の子はこんなもんかと思いながらやってたんだけど他の女の子を受け持つやつに聞くと、 どうやら人一倍どんくさいみたい金曜日も仕事が終わりきらなくて、残業だったんだけど、最後は俺とまきちゃん二人になって連休は実家に戻る予定だった

no image
★接待後に思わぬ良い事がありました

 以前から気になってたスタイル抜群の人妻と昨日結ばれた。会社近くの不動産(厳密に言えば隣の建家)昨日、接待を受けた。仕事の関係上、賃貸契約をたまにするのだが、その御礼にと不動産の社長と人妻女性ともう1人女性。会社からは俺1人参加。人妻女性の容姿は身長168cm 背筋が真っ直ぐ伸び、昔モデルをしていたせいか、歩き方はほんとに綺麗 髪型ロング、乳は小ぶり、顔は綺麗系で上品さがある年齢は俺の3つ上の33歳、洋服はい

no image
★お持ち帰りした女体の味

 もうかなり前になる話ですが。俺は、女の味を知ったのはちょっと遅かったんだけど、高校時代は毎日2回自分でやってました。で、高校を出てソープで初体験後、世の中にこんなに気持ちいいことがあったんだと、手当たり次第やりまくってました。 正直、ちょっと仮性なのと、早いのがコンプレックスだったんですが、当時はまだまだ元気いっぱいで、回数には自信がありました。その時に、大学の好き者仲間と、飲みに行ってはナンパ

no image
尻軽女を口説いたら、即OKでホテルへ

 友達が経営してるショップの忘年会に参加しました。よく遊びに行ってるので顔見知りも多いです。2次会のカラオケでバイトの莉那って大学一年の19歳の子の隣になりました。女優の田中麗奈をギャルっぽくした感じでスタイルも良くて、本人も脚が自慢らしくミニや短パンなどを良く穿いてる。「どっか良いキャバとかありませんか~?」と相談された。一人暮らしで生活が大変なんだと。