エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

巨乳熟女との潮吹きセックス体験談

   

巨乳熟女との潮吹きセックス体験談

  • 2014/05/26
  • 10:00
先月二人連れの宗教熟女がやってきた。
玄関で呼ぶ声、
出ると、化粧ッ気のない女が二人立っていた。
その日は、すごく寒く二人ともダウンジャケットを着ていて、
スタイルは解らなかった。

風も強く、玄関を開けていると風が入ってきて寒いので部屋に上がらせた。
一人は、背が低く童顔で30代後半っぽく上着を脱ぐと意外と胸がでかかった。
もう一人は、細身で40代中頃っぽく上着を脱ぐと華奢で貧乳、服も地味だった。
案の定と言うか○光で、ソファに座らせて寒いからとお茶を出してやった。
ボソボソなんか説明していたが、まったく聞く気も無く、巨乳熟女の胸ばかり見ていた。
普段から化粧して無いからか、肌の張りもよく綺麗なので
「結婚とかされてるんですか?」と聞くと警戒しながらも 貧乳熟女はバツ1で、巨乳熟女は独身だという事だった。

「生活とか出来るんですか?」と逆に聞きまくると 宗教の話をはじめ、「あなたの幸せのために手かざしをさせてください」
と言ってきて、俺の前と後ろに立って何かブツブツ唱えながら手をかざしてきた。
前に巨乳熟女が立っていたので、おもむろに両手を伸ばし太股に手を置いたが、
巨乳熟女も嫌がることなく、そのまま唱えていた。
手には太股の柔らかさと暖かさが伝わってきた。
唱えている間中、指を小刻みに動かしながら太股を触っていると、
「はい、終わりました」と何事もなかったように終わり、
「それでは、」と帰る間際、貧乳熟女がトイレを貸してくれと言うので、
貧乳熟女がトイレに行っている間に、巨乳熟女に「今度一人で来てくれない?」と言うと、「一人では・・・」と拒んできたので、「じゃぁ今度は仕事じゃなく来てよ」

貧乳熟女がトイレから出てきて、礼を言って二人で出ていった。


翌日、玄関のチャイムが鳴りドアを開けると、
そこには巨乳熟女が立っていた。

入るように促し、ソファに座らせその横に俺が座り世間ばなしをしながら、
肩や太股を触りながら、徐々に体を引き寄せ、
拒む巨乳熟女を無理やり押さえつけると、
嫌がりながらも抵抗する事も無く、
ズボンに手をかけズリ下ろし服をまくりあげると、
デカイ胸を覆うブラが目の前に ホックを外すと弾ける乳房、ピンクの乳首と乳輪を舐めまわすと 目を瞑ったまま、悶え声を上げながら体を震わせていた。

震える唇から「優しくして」と小さな声。

「大丈夫、大丈夫、痛くしないから」
やっていいお墨付きを貰い 股間へと顔を下ろすと白い地味な下着。

下着に手をかけ下ろそうとすると、巨乳熟女の手が伸びてきて 下ろさせようとしない。

「大丈夫だから」とゆっくり手をどけ、下着を下ろすと、
陰毛のジャングルが目の前に、
ズボンと下着を脱がせ、ゆっくりと足を広げ、つま先から 太股へと舐めマムコへと舌を這わせる。

ビックリしたように「ダメ、汚いから、やめて、恥ずかしい」
あまり経験が無いのか、クンニをされた事が無いのか 両足をバタつかせて拒んできた。

構わず密集する陰毛を舌でかきわけクリを刺激しながら、マムコのスジを 舌で舐めまわすと、太股で顔を挟み込んできて悶え声を上げた。
両手で俺の頭を押さえながら、「ダメ、ダメ逝っちゃう、あぁぁぁ」
一気に逝かせようと、指マンマムコを掻き混ぜると、
息を荒げ「はっ!はっ!はっ!あぁあダメ、ダメ、出ちゃう、ダメ我慢できない」
言い終わるや勢いよく噴き上げた潮が俺の口の中へ噴射。

体を震わせながら震える声で、
「あぁだからダメっていったのに、ごめんなさい、ごめんなさい、オシッコでちゃった」
今まで潮を噴いた事が無かったのか、オシッコをしたのかと勘違いしていた。

「大丈夫、オシッコじゃないから、初めて?」
「えっ~、本当?、オシッコじゃないの?うん初めて、すごく感じた」

徐々に落ち着いてきたのか、自分が噴き上げた潮で濡れたカーペットを見て
「ごめんなさい、ごめんなさい、」
「大丈夫、指がこんなに汚れちゃった、綺麗に舐めて」
と指を目の前に出すと、必死で指を舐め回す巨乳熟女。

その姿を見ながら、片手で巨乳を揉み乳首を刺激。
身悶えながら、指を舐める姿に巨乳熟女の顔を持ち上げ、唇を重ねた。
舌を入れ濃厚なキスをするとあまりディープキスも経験が無いのか 舌が入って口の中を掻き回すとビックリしたように離れようとする巨乳熟女を離さないように倒れこみながら押さえこみ乳房を揉みながら両足の間に入り込み、 硬直したイチモツを濡れたマムコへと滑り込ませた。


入り口は狭く、あまり経験が無い事を思わせた。
少し力をいれ押し込むように、挿入すると
マムコは、拒絶するようにチムポを押し返すように絞め付けて来た。

強引に押し込むと巨乳熟女は、「うっ!」と言う喘ぎ声を上げると 背中に手を回し力強く抱きついてきた。

胸に巨乳を感じながらピストンを始めると、 背中に回した手が爪を立て背中に食い込んできた。
背中の痛みに堪え、ピストンを繰り返すと体を反らし 「いっ!逝く、逝っちゃう」と言うや背中の痛みと股間の冷たさが伝わってきた。
カーペットがえらい事になってしまった。

俺は、まだ逝ってないのにと思いつつ、
グッタリと逝った巨乳熟女の足を抱え、そそり立ったイチモツを突っ込むと 敏感になっているからか、

「ダメダメ、すごく感じちゃう、ダメだって、あっぁぁ 逝っちゃうよぉ」

言うとおり、また股間からは大量の蜜が垂れ流れ、体を反り返して小刻みに震える巨乳熟女。

カーペットを見るや、内心諦め気分で、とりあえず抜くだけ抜かないとやってられないなと思い、グッタリと果てた巨乳熟女を強引にうつ伏せにしてバックから突っ込むと、マムコの中がピクピク絞め付ける。

髪を振り乱して狂乱気味に上半身を動かす巨乳熟女を 後ろから巨乳を鷲掴み一気に発射。


大量にお尻にベットリとかけたザーメンをペチペチ塗りたくりながら お尻を叩くと、下半身を小刻みに震わせながら悶え声を上げ蜜を垂らし 太股を伝わり流れた。

グッタリとソファに横たわった巨乳熟女は、 しばらくして意識を取り戻し、真っ裸の自分を見て 慌てて服を覆い恥ずかしそうに包まった。

「ねぇ私どうかした?何かしちゃった?」
「えっ?覚えてないの?」
「えぇぇ解らない、あなたのが、私の中に入ってすごく気持ちよくなったと思ったら 急に意識が飛んじゃって・・」
「じゃぁ背中に爪立てたのも知らないんだぁ」
「えぇごめんなさい、痛くない?ごめんなさい」
「じゃぁ罰で一緒にお風呂入って、洗ってもらおうかな」

風呂へ二人で入りしっかりフェラで抜かせてもらった。




エッチ体験談、セックス体験談、エロ体験談、フェラ、熟女、巨乳、ザーメン、股間、ピストン、我慢、クンニ、潮

 - 男性 , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
パチ屋での即ハメ中出しセックス体験談

月曜にパチ屋で爆発し パチ屋で月曜大当りし 台で打ってたら隣にデニムスカートの姉ちゃんが座りタバコを吸いながら打ってた。ちょいむっちりの女で香水はきつい。俺が追加当たり二回で終わり、箱を一つ飲ませやめた。「凄いね…いくらで出したの?」と聞かれ金額を話すと「マジで?」と驚いてて「やめちゃうの?」と聞かれ頷くと「ねぇお願いあるんだけど」と言われて聞いたら「二万頂戴」と言われびっくりしたら「ただでとは言わ

no image
巨乳OLに中出しセックス体験談

私は31歳になる営業マンです。毎日外回りしてるんですが、お客さんのところにおじゃまするには、数件で、ほとんどはなにかしら、どこかでさぼっています。それである日、営業先から帰るのが遅くなって、会社も週末だからみんな帰っていて、(うちの会社は週末は残業禁止なんです)でもなぜか熟女OLの工藤さんは残って資料の整理をしてたんです。 「あら、まだいたんですか?」「うん、今日やらないと間に合わないから、特別に

no image
処女フェラは最高です!

 高校生の時、俺は浮気をしたことがあります。付き合っていた女はいくらでもヤらせてくれたし、特に不満があったわけでもないけれど、前から可愛いなと思っていた後輩に告白されたので、校外に彼女がいることを隠したまま、そいつとも付き合うことにしました。 でもまあ、俺にも罪悪感というものがあります。だから、後輩とはセックスをせず、処女をぶち抜いたりはしませんでした。後輩には「君のことを大事にしたいから」と言っ

no image
某ホテルでのマッサージでのお話

俺と彼女で旅行に行った時の某ホテルのマッサージにあったこと。俺と彼女はホテルに着き、互いに遊び疲れて、マッサージ30分、60分と書いてあるプレートを見つけた。俺は彼女に「疲れたからマッサージしてもらわないか?」と言った。彼女が「いいよ。でもホテルで頼むの初めてだけど、気持ちいいの?」と言った。俺は「そりゃお金払ってる以上は気持ち良いだろ。」と言った。俺はそれから早速マッサージへの内線をした。電話を

no image
奥まで届くたびに漏れる人妻の喘ぎ声

とあるMLで知り合って、それ以降個人的にメールをやり取りしていたKさん(35歳)と俺M(28歳)は久しぶりに飲もうということで、O駅で待ち合わせしました。俺は仕事が休みで、Kさんは18時まで仕事だったので、待ち合わせは19時にしました。約束の時間の15分前にO駅に着いた俺はKさんにメール。「O駅に着いたよ。中央改札口でいいんだよね?」5分ほどしてKさんからメール。「いま地下鉄に乗ってるから10分くらい遅れるね」19時5分ご

no image
パンツを売る少女との体験

今日、過去6度世話になっている女子高生のえりちゃん(高校二年)にメールを送り中学の時の着ていた制服を持参させて援助交際でセックスしました!えりちゃんは地元でも有数の偏差値の高い女子校に通う女の子です。周りに男子が少なく、僅かな男子の知り合いはいても当然セックスまで発展する仲ではないみたいです。中学時代に何度かオタク系の先輩とセックスしてからはオナニーの毎日だったらしく、去年の夏に小遣い稼ぎと暇潰しで

no image
近所の小学5年生の処女を頂きました

某大学の2年生です。先日お昼過ぎ近所のJS五年の美紀ちゃんが、『頭が痛くて風邪を引いたみたいなの、お兄ちゃん風邪薬ちょうだいと』家に訪ねていた。『どうして?』『家の人に貰ったら』と聞いたら、『夕方まで出掛けて居ないの、薬も無くなっているみたい』と言ったので、『じゃ、家に入って』と家に入れ、『ちょっと待ってて今、薬探してくるから』と言いリビングで待たせました。美紀ちゃんとは小さい頃から遊んであげたり、

no image
婚約者を裏切り式場プランナーを押し倒しホテル内で中出しした体験談

式場回りをしていて某ホテルウエディングの式場へ足を運んだ。プランナーの堀之内佑希さんは色白ですごくタイプの子だった。式をしたあと、夜に良い部屋に泊まれるのがウリだと堀之内さんは言っていた。CMもやっているのでその印象を書いたりアンケートに答える。堀之内さんは白の薄いブラウスを着ているのだがサイズが少し大きく、アンケートの説明で前にかがむと隙間から中のブラが見えそうになるので目線がそっちに行ってしまう

no image
いっぺんに2人も妊娠させてしまった3P

サイトで知り合った20歳の女の子。裕美、身長149cm、43、バストもB、童顔でかわいい。そんな子が現れるなんてしらなかった。さっそくホテルへ行く。感度も良好。一気に中へ・・・。彼女もすごく燃えてしまい、行きそうになる。何処へ出す?という問いに、中へ・・・と・・・。思い切って中へ出してしまった。そこまではまあ、ないことはない話であるが・・・彼女がおれの携帯をのぞき込んで、「あっ」と小さいな声を立てる

no image
男友達に売られた美人モデルに中出しセックス

彼女は淳ちゃんといい、僕とは大学に入学してから出会った仲だった。見た目だけしっかり者、だけどなんだか抜けているところがとても可愛い。セミロングの今時珍しい黒い髪、整った目鼻立ちで胸はそこそこ、身長は168cmと少し高め、人並み程度の僕の隣にいてくれる女の子としてはとても不釣り合いで、恐れ多いほど。それでも仲間内からは「お似合い」とか言われて、悪い気はしなかった。そんな彼女が「雑誌のモデルにスカウトされ