エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

某ホテルでのマッサージでのお話

   

某ホテルでのマッサージでのお話

  • 2014/05/25
  • 22:00
俺と彼女で旅行に行った時の某ホテルのマッサージにあったこと。

俺と彼女はホテルに着き、互いに遊び疲れて、マッサージ30分、60分と書いてあるプレートを見つけた。

俺は彼女に「疲れたからマッサージしてもらわないか?」と言った。

彼女が「いいよ。でもホテルで頼むの初めてだけど、気持ちいいの?」と言った。

俺は「そりゃお金払ってる以上は気持ち良いだろ。」と言った。

俺はそれから早速マッサージへの内線をした。

電話をとったのが女性の声で、俺は「二人の全身マッサージを今から頼みたい。」と言った。

しかし女性が「今混んでまして、11時前後だと空いてますが、どうされますか?」と言った。

俺は「それでもいい。」と言った。

女性は「11時からだと、マッサージ師が一人しかいませんが一人ずつになりますがよろしいでしょうか?」と言った。

俺は「それでもいいのでお願いします。」と言った。

内線を切り彼女が、「まだ時間あるから先に風呂も入ってテレビでも見ていようか?」と言った。

俺たちはその間に風呂入って浴衣に着替えた。

彼女が「ブラジャーした方がいいかな?」と言った。

俺は「女の人が電話にとったから、その人が来るかと思うから、別にしなくてもいいんじゃない?」と言った。

彼女はブラジャーはせずに浴衣を着て、マッサージの時間まで待った。

11時になる前ぐらいになって、彼女は「先にしてもらってもいい?」と言った。

俺は「先にしてもいいよ。」と言った。

俺と彼女は二人でベッドで待って、しばらくするとドアからノックの音が聞こえた。

俺は扉を開けると70代ぐらいのおじいさんのようなマッサージ師が着たのだった。

俺はてっきりその女性が来ることを内心期待してたことで、かなりがっかりしたが、そのマッサージ師が「お待たせしましたの。」と言って、ホテルの室内へ入ってきた。

彼女も女性のマッサージ師と思い込んでた為、びっくりしてた。

マッサージ師は「誰から先かい?」と言った。

俺は「彼女から。」と言った。

彼女は「ちょっと待って。」と言った。彼女は俺に耳打ちして「ブラジャーしてないけどどうしよう?」と言った。

俺は「まああんな年寄りだから、そこまで気にしなくてもいいだろ?」と言った。

彼女は「それもそうだね。」と言った。

マッサージ師は「じゃあまずうつ伏せになって。どこが痛い?」と言った。

彼女は「全身がだるい。」と言った。

マッサージ師が「全てほぐすからね。」

と言った。

マッサージ師は「君かなり凝ってるね。こんな体じゃわしみたいに歳とったら、ぼろぼろになっちゃうぞ。」と言った。

彼女はそのマッサージ師に背中辺りを集中にしてた。

俺は待つことに暇になって、少しずつうつらうつらとなって寝てしまいそうだった。

俺は薄目で彼女を見てると、マッサージ師は「彼氏さん寝てしまったのかな?」と言った。

彼女もいつの間にか寝てしまってて返事がなかった。

マッサージ師が「次に仰向けになって。」と言った。

彼女はどうにか体を仰向けになった。

マッサージ師が「仰向けになると電気が眩しいと思うから、目にタオルかけるからね。」と言った。

マッサージ師は彼女の腕をマッサージしてることは見えたが、あとはどんな様子なのかが俺からは見えなかった。

彼女は完全に寝てた。俺も目がいつ閉じてもおかしくない状態だった。

彼女の何気ない「ウウゥン。」と言う声は聞こえた。

マッサージ師は「ここかなり凝ってるね。」と言う声も聞こえた。

俺は布団の中にもぐって、布団の隙間から彼女とマッサージ師を見た。

その時だった。彼女の左乳房がなぜか見えた。

マッサージ師は彼女の胸を揉んでたのだった。

それもやらしい手つきで、「ここ君ちゃんとほぐさないとダメだよ。」と言った。

マッサージ師は、彼女の足と足の間に座ってた。

またマッサージ師はこっちをキョロキョロして、肩辺りに手を置きして、突然そのマッサージ師は腰を動かした。

俺は何してるのかが分からない。今そこで起き上がるべきだったのかもしれない。

しかし俺は今起きることが怖く、とにかく寝てるフリをした。

しばらくすると、マッサージ師は「はい。これで終わりだよ。」と息を荒くして言った。

しかし彼女も俺も回答がなく、そのままマッサージ師は去った。

俺はマッサージ師が去ったあと、俺は彼女の近くへ行った。

すると彼女の浴衣ははだけて、マンコがさらけ出されてた。

彼女の汁が垂れてる。

彼女は寝ながらでも濡れてた。

俺は彼女にそのことを話そうかと思ったが、言ったところで傷つけると思うだけで言えなかった。

その朝彼女は「昨日気持ちよかったよ。」と言った。

俺はますますそんなこと言えなくなった。

彼女は「昨日目を隠されながらのエッチで、かなり感じた。またしようよ。」とまでも言った。

俺は泣けてきた。

俺じゃないあのおじいさんにイカされたと思うだけで、すごく悔しく泣けてきた。





エッチ体験談、セックス体験談、エロ体験談、マンコ、マッサージ、胸、ベッド、ホテル、ブラジャー

 - 男性 , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
結構な数の人妻とセックスしてた

既婚者と不倫中の人妻と出会い系で知り合ったことが一度ある。なんでも相手は某有名企業の部長とのこと。その人妻は40歳で、当時自分より10歳くらい年上だった。不倫中の男は50歳くらいで長い付き合いだと言ってたので、俺との出会いはただ若い男とセックスしたいだけの理由だと思った。やることやって終わったけど、当時はエロい人妻ってなんでこんなに多いんだと思った時期だった。その頃は色んな人妻と短期で知り合って合

no image
嫌がる熟女に膣内発射!!

 以前の派遣先でお世話になった奥さんなんですが、隣街へ勤務となったので、だめもとで連絡すると食事でもということになりまして・・(ニヤリ)当然、食事だけで終わるはずもなく食後の相談を・・「それはない!」「ないない絶対にない!」と渋る奥さんを乗せラブホへ着くと、辺りをキョロキョロ「早くいきましょ」っと急かされ部屋へ到着。(笑) お互いソファーにかけタバコを数本吸いエッチの前の沈黙?状態で緊張のひと時で

no image
温泉街のアルバイトで宿泊してた若い女性に・・・

僕の住んでいた所の近くには温泉街があった。そこのある旅館で、僕は高校時代アルバイトで働いていた。 そんなある日、そろそろ仕事を終えて帰ろうとしていた夜の九時頃、人気のなくなったロビーで、僕はこの旅館に宿泊していた若い女性に声を掛けられた。 目的も分からぬまま、僕はそのお姉さんに誘われ旅館の裏庭へと連れ込まれてしまった。そして自分達以外周囲に誰もいない事を確認するや、お姉さんはいきなり僕の背中を壁へ

no image
営業中の女をスーツのまま犯すっていうシチュエーションに興奮したエッチ体験

ある土曜日、11時ごろにオートロックの方のチャイムが鳴り、出ると女の声、用件を聞くとマンションに光が通ったので、今よりやすくなるからどうだとのこと。普通なら話なんて聞かないが、女だったので顔だけでもみてやろうかと思って、オートロックも玄関の鍵も開けてやった。そこにいたのは、ちょいぽちゃで目は細め巨乳で顔普通の女だった。その子は光の営業の仕事をはじめて3週間ほどで、まだまだ慣れていない様子でした。い

no image
美しい人妻との中出しセックスはやめられません!

この女、夫と7歳の子供がいます。夫が米国勤務のエリートだけど、子供の学校の為、夫だけが単身赴任中なんです。僕は都内の某一流ホテルのロビーで彼女に一目惚れして、後をつけて声をかけました。ドキドキしながらもお茶に誘うのに成功しました。彼女は夫が米国に居るので何となく寂しいらしく、その日はそれだけで別れました。一週間後電話で誘い新宿で食事をしました。しっかりと化粧をした彼女はとても綺麗でした。食事の後、

no image
皆で行った海水浴で彼氏がいるのに違う男の子と・・

神奈川県でOLしている23才のリカです。昨年の夏に学生最後の海水浴に行った時のお話です!私は同じ大学に彼氏がいたから、彼氏も合わせた大学の友達と8人で海に行く事になりました。男女は半々でした。彼氏は「アツシ」って名前で、アツシと私が付合っているのを知っているのは一緒に行ったもう一組のカップルだけでした。そしてそのもう一組のカップルの男の子の方に、私はずっと告白されていました!その男の子は「ユウジ」

no image
人妻と情熱的に舌を交じらせたエッチ体験談

私が出会い系サイトに嵌っていた頃の話です。その頃の出会い系はサクラばかりになり、残りの殆どは援助探しの女ばかりになっていました。“そろそろ出会い系も卒業かな…”私は数年間十分遊んだ事もあり、そう考えていました。その頃の出会い系はツーショットか伝言ダイヤルでした。ある日の事、私が募集していた伝言ダイヤルに他とは違った返事が入っていました。“色んなことに興味のある27歳です。宜しかったら連絡下さい。”私は何

no image
辺見えみり似の社宅が同じ奥さんとのエッチな体験談

僕が社宅に住んでいた時の事です。親父の仕事の関係で社宅に住んでいました、まあ、良い環境では無かったです、壁が薄いため隣の夜の営みが見えてる画てら聞こえてきますし、夜、外に出たらスケスケのネグリジェー1枚で涼んでいるおかあさんやで当時の僕の目には栄養源がいっぱいでした、そんな僕の童貞はあこがれていた友達のおかあさんでした、一回だけの約束だったので逢ってはいません。母親の友達がこの社宅いたので頻繁に出

no image
32歳の奥様と中出しセックス

やっと学校が始まって32歳の奥さまとゆっくり会えるようになってきた。年末年始、奥さまは旦那の実家や同窓会で迫られてたらしい。実家では義弟から、同窓会では何人かの同級生からセックスのお誘いを受けたそうなw俺と付き合い始めてから半年、めちゃくちゃ色っぽくなったものな。とりあえずはすべて丁重にお断りした・・・らしいけど、実際はどうだか。昨日は奥さまの自宅へ仕事で訪問。もちろん、仕事2割のエッチ8割。10分ほど

no image
某テレビ局で働いていた妻が・・・

「キャー!やっぱり若い子はウマいねぇ」黄色い声援が飛び交う。30代後半を迎え、アイドル並みの声援を受けるのも何とも気持ちが良かった。会社移転!会社を辞めるか?移転先に永住するか?妻と悩んだ末に、私達は永住を心に決めた。地方の小さな町は、大きな工場が来る事で雇用と町の活性化が期待され盛り上がっていた。新住人を迎え入れようと、田畑を開拓し安い金額で販売、私達夫婦も35年ローンを組んで新築住宅を購入した。私