エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

痴漢されレイプされ処女を失った悲惨なエッチ

   

痴漢されレイプされ処女を失った悲惨なエッチ

  • 2014/05/25
  • 12:00
マ○コは指を出し入れされたり、かき回されたりしました。
何本もの手が私の体を這いまわって気持ちが悪く、これが2時間(私の自宅の最寄り駅までの時間)も続くかと思うと、地獄のように感じられたのです。

しかし、本当の地獄はここからでした。
私は進行方向右側の扉から入って押し込まれましたので、左側の扉に近い位置にいました。
自分の降りる駅はまだだったのですが、駅が近くなるにつれて、痴漢たちの手が引っ込み、パンティは戻ってきませんでしたが、スカートも元に戻されました。

彼らが降りるのだ、と私はほっとしたのですが、それもつかの間。

駅に着くと両手首をつかまれ、何と電車を下ろされてしまったのです。
何が起こったのか分かりませんでした。
しかし、無情にも電車は遠ざかっていってしまいます。
私は真っ白になりましたが、痴漢たちはそんなことはお構いなしで、私を何処かへと引きずっていきました。

辿り着いた先は車の中でした。運転席に1人、後部座席には3人の男が乗っていました。
冷静に考えると、彼らは迷うことなくまっすぐに車へと向かっていました。
これは初めから計画されていたことだったのです。
しかし、全く面識はありません。恐らく誰でも良かったのだと思います。

ここで私は初めて抵抗しましたが、時既に遅く、3人に抑えつけられてまず、M字開脚姿を写真に撮られました。しかも、その前までの痴漢行為で若干濡れて居るマ○コに指を2本入れられた状態での撮影。屈辱的でした。
その格好のまま、発進した車内で暫く弄くり回されましたが、声だけは出すまいと口をつぐんでいました。
そして車がついた場所はどこかのホテル。服装を整えられて、私は引きずられるように部屋へと連れて行かれました。

部屋のドアが閉まると、ベッドの転がされ乱暴にTシャツとスカートを捲りあげられました。全裸にしないのが、どうやら彼らの好みのようでした。4人をそれぞれA、B、C、D、とします(が、途中からは誰が誰なのか分かりません)。
車を運転していたのがAで、彼は私のマ○コをいきなり舐めはじめました。Bは右、Cは左の胸を弄り、Dはビデオカメラのスイッチを入れています。
ジタバタと抵抗しても無意味なのは百も承知でしたが、やはり拒絶せずにはいられないのです。
でも、暫くすると私の体は火照ってきました。
マ○コはびしょびしょに濡れ、胸を同時に吸われると、嬌声を上げました。
すると、突然男たちは触れるのをやめました。
何事かと思いましたが、私の体の火照りはもう止みません。

A「何欲しそうな顔してんだよ」
B「嫌なんだろ?」
C「でも、欲しいって言うなら、あげてもいいんだぜ?」
D「どうしてほしい?」

結局私はほしいと言わざるをえませんでした。しかし、それだけでは彼らは私の欲するものをくれなったのです。淫語を言わせるのが、彼らの趣味でした。そして私は彼らの命じるままに叫びました。

『えりの淫乱マ○コにオチ●ポくださいっ!!』

そこからは散々でした。
望み通りにしてやるから、なめろと言われてフェラチオを四人分した後、パイズリをさせられ、精液を飲んだり顔射させられました。
そして、電マやローターで体中を責められたっぷりと喘がされた後、Aが挿入して来たのですが……。

『痛いっいたいっ!やめてぇっ!!』

A「こいつ処女だっ!」

そこで初めて彼らは私が処女であることを知ったのです。そうすると、カメラを持ったDは

D「淫乱えりちゃんは実は処女でした~♪これから処女喪失場面をしっかり録画したいと思いま~す」

と言って私に近寄ってきました。
BとCが私のマ○コを念入りにほぐします。指が六本入ったところで、Aが挿入して来ました。
痛みはありませんでしたが、ぐいぐいと奥まで挿入するので圧迫感が強かったです。
そして奥に到達すると、Aがガンガンと腰を振って来るので、私はもうわけがわかりませんでした。
喘いで自分で腰を振って、気持ちいいなどと口走りもしました。
中にもたっぷり出され、全員にかわるがわる犯されてしまいました。
解放されたのは土曜日の夕方。
金曜日に帰れなくなった日は大抵そのくらいの時間まで帰らないので、親には心配もされていませんでした。

妊娠しなかったのは奇跡としか言いようがありません。

その男たちには写真とビデオをネタに脅されて、今もなお言いなりです。




エッチ体験談、セックス体験談、エロ体験談、妊娠、レイプ、処女、バイブ、挿入、マンコ、パイズリ、精液、ホテル、痴漢

 - レイプ , , , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
夢の交互挿入体験談

大学の夏休み帰郷した俺は同級生の女二人と昼間っから家飲み。SEXの話になり盛り上がっていた。祐子はまだ処女、ポーズだけとってみようという話になった。貴子の目の前で正常位のポーズをとりグリグリ。裕子の息が荒くなってくる。俺はもっと感じやすいようにとジーンズを脱ぐ。トランクスのままグリグリ。だんだん不安になってきた祐子は俺を押しのけようとする。そのまま抱きしめてグリグリ。裕子が油断した好きにパンツの隙間

no image
友達の彼女が目の前でレイプされている…

昔、友達カップルと私と彼女で、車2台に分かれて遠出した時のことです。夜に出発して、夜中に仮眠を取ろうと山の中にパーキングみたいなところにトイレもあったので、ここに決めたのが悲劇の始まりでした。私達は、友達の車から離れたとこに駐車場しました。私と彼女の紗季は、眠くなるまで話をしてました。友達の岡田と彼女の恭子ちゃんは、付き合って一週間ちょっとということもあり、何をしてるのかな?と興味をもってました。

no image
私を玩具にした男達の子供をおろしました

以前ひどい体験を投稿したみきです。昨年暮れですべて終わりになったと思っていた1月下旬です。私を玩具にした男達に妊娠させられ病院でおろした。私はやっと普段の生活に戻り仕事を終えて部屋に帰ると、あの時にいた中学生の子が待ち伏せしてました。私に話たい事があると言って何かと聞くと、私が男達にハメ撮りされたDVDを持って来たと言って鞄の中を見せました。 返すからと言うので私は部屋の前で他の住人も通るので、部屋に

no image
ずっと入れていたい生暖かい快楽

地元のレンタル店に寄った時の事である。平日だったので物凄く人が少なかった。その中で、私服の服装的には高校生くらいだが、見た目的には20歳そこそこくらいのホットパンツの生足の可愛い女子が店内のうろついていた。暑いのでこういう格好をしている子も多いなぁと思いながら、自然とその子の後を追うように店内を徘徊していた。すると、曲がり角を曲がった辺りでその子を見失った。どうやら外に出て行ったようだ。もっと生足見

no image
黒人達に犯されまくるさおり

 野球大好きのさおりです。去年の夏にデトロイトにメジャーリーグの試合を見に行きました。英語で何を言っているのかよくわかりませんでしたが、隣で観ていた黒人のジョニーと仲良くなりました。試合は地元チームが勝ちました。さおりはジョニーに誘われ裏路地のバーに連れて行ってもらいました。バーはほぼ満席で、さおりはたのみかたも分からないのでジョニーがたのんでくれたお酒を飲んでいました。ジョニーは酔うにつれてさお

no image
ヤクザにレイプされました

普通のサラリーマン家庭に生まれ、普通の女子高に通っていたあたしには、非合法組織の標的になって輪姦されるだなんて、全く想像もできないことだった。 あたし本人に原因はなかった。家族ですら無関係だった。きっかけは、あたしの叔父であるところの陽太おじさんが、ヤクザといざこざを起こした末に、暴行してしまったことだった。相手は幹部クラスだった。 陽太おじさんは行方をくらましたが、三日後には捕まり、拷問の末、再

no image
小学生の時知らないおじさんに手を引かれて…

多分あれは小学4年生だったかな。学校の宿題でドングリを何種類か拾ってきなさい、とゆうのがあって、期日は3日間くらいはあったのに、私は要領が悪くて提出日の前日になって初めて慌てました。友だちもロクにいなくて、一人で家から15分位離れた雑木林へ行きました。その日は夕方だったので、少し暗かったです。そのせいもあったのかな。ドングリが全然みつからなくてどうしよう、どうしようと慌てていました。そこは、小さな公園

no image
嫁が悪ガキ共にレイプされアナルにバイブ突っ込まれた

去年の秋、念願のマイホームを購入した。郊外の静かな所だったが、妻と共に喜びに浸っていた。不景気の影響なのか?まだ周辺には空土地が多く見え、我が家の隣には道路を挟んで大きなお屋敷が立っていた。敷地500坪はあるだろうか?大きな塀で囲まれ、植木が立ち並んでいて中の様子は良く見えないが、中央に本屋と車庫が並んでいた。我が家の近くには蔵と平屋の部屋が建てられているのは見えた。近所の方に聞いた話だと、この辺の