エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

デパートのトイレで彼女のアソコに挿入

   

デパートのトイレで彼女のアソコに挿入

 えっと、初めて外でやっちゃいまして。外といってもデパートのトイレなんですけれども。その日の彼女は、車に乗ってる時から様子が変だった。急に無口になったかと思うと、上目遣いで運転してる俺の顔をチラチラ見てたり。最初、トイレかと思ったけど、どうも違うな、と。駐車場に着いたら着いたで、降りるなり手を握ってきまして。しかも黙ったまんま。なんだかスイッチが入りましたね。もう、辛抱たまらんと。
 人目はばからず軽くキスしたけれど、入ったスイッチは別の所だったようで、おもいっきり近くのデパートのトイレに駆け込みました。個室のドアを閉めるか閉めないかの内に彼女が抱きついてきまして。髪の生え際からマブタ、マツ毛に軽く唇を這わせ、鼻と鼻を擦り合わせ、そして舌を絡ませた。


 もう、俺は辛抱たまらんようになって、ジーンズのファイブボタンからポコチンだけ取り出して、立ったまま彼女の片足を抱え、ショーツの濡れてる細い布に無理やりねじ入れた。つまり、彼女の濡れた薄いブルーのショーツの中に、ポコチンとオマンコが仲良く収まっている状態でして。その状態で、舌を絡ませながらポコチンを彼女の生暖かい濡れた粘膜にコスりつけました。

 まるで自分が、彼女のショーツを穿いているかのような感覚になりまして、ますますポコチンが硬くなっちゃったりして。変態ですか? 自分。ねーさん、マックスです。誠に申し訳ございません。彼女は顎を突き出し、上目遣いで俺の目を見て懇願。そして、同じくマックス状態な彼女のショーツの中で蜜ツボにポコチンを挿入。


 俺の首にまわした彼女の腕に力が入った。出し入れ最中、ショーツが邪魔になり、彼女に、足の下から手をまわしてもらってショーツを少しめくってもらう。もう、見た目が卑猥です。でも、なんとか腰使いに集中します、自分。彼女の白濁した体液が俺のポコチンにまとわりついていた。

 そして、彼女の声を殺した啜り泣きにも似た嗚咽を聞きながら、この世のものとも思えぬ射精感を味わったのでした。

 - 知り合いとの体験談 , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★彼女の告白に嫉妬した俺

 ある週末の朝、彼女が大学のゼミ飲みから帰ってきた日のこと。いつもはしっかり整えている髪の毛がややボサボサ気味で、酔いがまだ多少残っている彼女の姿に何かエロい色気を感じてしまった僕は、彼女がベッドに入るや襲い、激しいエッチをしました。 1回戦が終わってかなり満足した状態でベッドに寝ていると、突然「あのさ…話があるんだけど…」と切り出されました。急にローテンションな話しぶりに何か嫌な予感を覚えつつ、

no image
★念願かなって中出し射精ができ感動した

 体の相性と言いますが、今まで気にしたことはほとんどありませんでした。ですが、2年ほど前に別れた彼女を思い出すと、それは重要なことだったのではないのか・・と考えることがあります。今でも、あの頃入ったホテルの傍を通ると、ものすごく懐かしくなったりします。週末はいつも抱き合っていたし。 初めはあまり声に出さなかった彼女も、いつからか“オ○ンコ気持ちいぃ~イクぅぅ~…イッちゃうよぉ…”と連呼するようになりま

no image
★娘の担任の先生を一目惚れして

 私はバツイチなので男手一つで娘を育て上げました。溜まる物は溜まるので風俗で発散していましたが、新学期に娘の担任になったT先生(29歳、独身)に年甲斐もなく惚れてしまいました。学校行事などには積極的に参加しチャンスをうかがい、半年ほどしてついにデートに誘うことができました。  なにぶん田舎ですので人目を避けて遠方へドライブをして楽しく話しをしました。そして「失礼ですが、T先生は独身ですが、男性には興

no image
★お金に困った女友達とのエロ話

 僕は31歳♂ 友達の友美(27歳)との話になります。友美は6年前にバイトしていたCDショップの同僚で、バイトを辞めてからもたまに電話をしたりメールをする仲でした。ただ最近は電話に出なかったりメールをしても元気がなく、 落ち込み気味だったので半ば強引にご飯に誘い聞いてみると「4月から勤め先から経営不振を理由に給料が減らされたと思ったら、9月から給料が支払われず、先月週明けに出社したら社長が夜逃げ?し

no image
★体を許したのに冷たい女先輩

 以前勤めていた会社での出来事。一人の先輩に嫌われていた。挨拶しても無視されるし、質問しても冷たく返答されるから気まずいし私も避けてた。残業で帰りが遅くなった日、一緒に残業していた先輩と駐車場で鉢合わせた。  どうせ無視されるだろうけど挨拶だけして早く離れようとしたら腕をつかまれて 「お前は無愛想だ」 「他の女社員は愛想が良いのにお前はいつも辛気くさい面しやがってムカツクんだよ」「嫌なら辞めろよ」 と言わ

no image
★行き付けの定食屋のおばさんは凄かった

 フロントが透けた紫色のレースパンティを脱がせようとすると、激しく抵抗しました。でもそれは拒否するための理由でそうしたのではないことがすぐに分かりました。固く閉じ合わされた股間から、無理矢理そのパンティを剥ぎ取ってみると、股間から透明のぬめりが糸を引き、パンティのクロッチ部分は色が変わるほどベッタリと濡れているではありませんか。 いやだ、いやだと抵抗しながらも力ずくで受けた愛撫によっておまんこをす

no image
★亀頭部を優しくなでられてムラムラし・・

 彼女との付き合いも三ヶ月ぐらい経った夏日のことです。メールで[すいませんが、今日飲み会があるので、送ってくれませんか]丁度、残業があり帰りが遅いので、返信をして[いいですよ、迎えに行きます。]彼女の指定した公園に行くと、丁度街灯がないところがあって、そこに車を止めると、しばらくすると彼女が近寄ってきて、 見た感じは少し酔っていることが判り、「ごめんなさい、少し待ってくれる」と言って彼女は、公園の

no image
従業員との旅行は官能を満喫

  夫を失ってからお願いして、同棲してもらっている若い従業員に誘われ、一泊二日で旅行に行って帰ってきました。私を気遣かってくれたかもしれません。出発前に旅行鞄から下着を没収され、身につけていた下着も命令されて脱いで出ました。最寄り駅に着くまでに服に擦れて乳頭は硬く勃起し息も乱れ、膣は垂れないか心配な程に濡れて、スカート内に入る風に膣はひんやりとして寒く感じました。 新幹線に乗っても署粕Nぶりの新幹

no image
★この歳で一晩4回の射精はきついですが

 店のバックルームでのセックスの後も忘れられず、ムラムラした日々を過ごしました。彼女も毎日の様にメールをくれてお互いの性器を写メで送ったりして、会えないのを我慢していました。異動してから一ヶ月後位、ついにお互いの休みが会い朝から会うことになりました。 朝彼女の自宅近くまで迎えに行き来るまでドキドキしていたのを覚えています。彼女の姿見えた時にはそれだけで勃起してしまいました。後で聞いたんですが彼女も

no image
★飲み会の後のゲームで興奮した体験談

 高校の時の友達と同窓会つーか飲み会やって、二次会で仲の良いグループ(♂5♀4)でカラオケ行って、流れで王様ゲームみたいな事をやってた。(先にお題を皆で決めて数字クジを引く。王様はいない。)酒入ってるから当然下ネタに走る。キスしたり(当然♂×♂や♀×♀の場合もあったが…)、上半身裸や、下着姿になったりして盛り上がり、結構ピークになってた時のお題が 『2番が5番のアソコを1分舐める』見事に5番を引き当てた俺。  2番を引い