エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

熟女好きの俺のターゲット

   

熟女好きの俺のターゲット

  • 2014/05/24
  • 00:10
今年の正月、妻の実家へ挨拶に行った時のことだ。
かねてより妻の母、佳恵をモノにしたいと狙っていた俺に、とうとうそのチャンスが訪れた。
「さあさあ、貴志さん、一杯どうぞ。」
美しい佳恵に勧められると断り切れず、立て続けに杯を重ねた俺は、
あっという間に酔いつぶれてしまった。

どれだけノビていたのか、気が付くと佳恵が台所に立って料理を作っている。
「ああ、お義母さん、美優や子供たちは?」
「皆でイオンにお買い物。 おもちゃでも買わされているんじゃない?」
今、家にいるのは佳恵と二人だけだ。
かねてからの想いを遂げるべく、台所に立つ佳恵に後ろからそっと近づいた。
学生の頃からの『熟女』好きな俺にとって、佳恵は素晴らしいターゲットだった。
今まで抱いてきた大勢の熟女達の中でもトップクラスだろう。
今年50歳になる佳恵、栗色にカラーした髪をアップでまとめている。 
どちらかというとカワイイ系の色白な顔立ちにクリクリとした大きな瞳。
微笑むと優しいお母さんといった感じがそそられる。
むっちりと脂が乗って抱き心地のよさそうな躰。
セーターを突き上げている見事なメロン程の乳房が目を引く。
張り出した腰にツンと上を向いた安産型の大きなヒップ。 
タイトスカートにパンティのV字ラインがくっきり写っている。
最高の熟女、佳恵を抱くのは、今しかない。 
俺の心は、妻の母親をレイプするというけだものの様な欲望に支配され、
後の事など何にも考えられなくなっていた。

意を決した俺は無言で後ろから手を回すと、その手のひらにもあまりそうな乳房を鷲掴みにする。
突然の事に、びくりした佳恵は悲鳴を上げながら慌てて俺の手を押さえる。
「ちょ、ちょっと、貴志さん! どうしたの? 酔っぱらってるの?」
「もう酔ってなんかいません。 お義母さんが欲しいんです。」
「何、言ってるの! 冗談は止めて! 」
身体を捩って腕を離そうともがく佳恵のうなじに舌を這わす。
「ひっ、ホ、ホントに止めて! いけないわ!」
「初めてお会いした時から、惹かれていたんです。 一度でいいんです。
ほんのしばらくだけ、俺のオンナになって下さい。」
「貴方は美優の夫、私は美優の母親なのよ。 落ち着いてよく考えて・・・」
必死で抵抗する佳恵の顔を押さえると、その可憐な唇を奪う。
「っむう・・むううぅ・・いや、やめ・・・やめて!」
激しく吸い立てながら、舌をこじ入れたり顔中を舐めまわしたりする。
10分近くそうしていただろうか。 
徐々に佳恵の抵抗が弱まって行く。
上気して赤く染まった頬、荒い息をせわしなく吐きながら、トロンとした瞳を宙に泳がせている。
顔を押さえていた手を放し、セーターを捲りあげると年相応に崩れた躰が現れる。
「ダメダメ・・・いけない・・・いけないわ。」
うわごとのように繰り返す佳恵。 モカブラウンのブラジャーに包まれた豊かな双乳が
寄せられて深い谷間を作っている。 
ストラップを肩から外してカップを押し下げると、たわわに実った豊満な乳房が躍り出る。
さすがに若い頃の張りは失われているが、つき立ての餅の様な柔らかい乳房がゆらゆら揺れている。
「どうしてなの? どうしてこんなおばさんを抱きたいの? わかんないわ・・・」
「佳恵さんは俺の好みのタイプなんです。 美優に出逢う前に出逢いたかった。」
「貴志さん・・・」
美味しそうな薄茶色の乳首に我慢できず、乳輪ごと口に咥えて尖らせた舌先で転がすと、
さらにひと回り、大きく硬くなる敏感な乳首。  よほど感じているのか、甘い喘ぎ声が漏れ出す。
もう一度、キスをする。 舌を差し入れると、今度はおずおずと舌を絡めてくる。
義母、佳恵が俺にオンナになった瞬間だった。
タイトスカートのジッパーを下して、床に落とす。 
ブラとお揃いの高級そうなショーツ一枚になった佳恵は諦めたのか、キッチンに寄りかかったまま
されるがままになっている。
俺は手早くズボンをブリーフごと脱ぐと佳恵の手を取り、すでにカチンカチンになっているペニスを握らせた。
「お・・・大きい・・・」
沢山の熟女をヨガリ泣かせた20センチ近くある自慢のペニスに驚く佳恵。
「お義父さんと較べてどうですか? 結構 大きいでしょ。」
「こんなの初めて・・・大きすぎるわ・・・」
ショーツを膝まで降ろすと、キッチンに手をつかせる。
「もっとお尻を突きだして・・・そうそう・・・挿れるよ。 力を抜いて・・・」
すでにトロトロになっているヴァギナに亀頭の先をあてがうと、一気に突き入れる。
今まで入った事のないサイズのペニスが強引に膣肉を押し広げながら進んでいく。
「くううぅ・・・きつい・・・壊れちゃいそう・・・」
「もう少し、我慢して・・・ああ、挿った・・・突き当りまで挿った・・・」
「イヤ、ダメぇ、動かないで・・・突き抜けそう・・・」
佳恵の懇願は無視してピストンを開始する。
「くうぅ! 突き抜けるぅ! ンぁアアァ・・・突き抜けちゃうぅ!」
大きな腰を抱えてペニスを打ち込むと、亀頭が子宮を押し込んでいるのが分かる。
狭い膣内は強烈な刺激となり、急激に射精感が増してくる。
結合部を指で探り、包皮から剥き出しになっているクリトリスを指先で嬲る。
敏感な肉芽を乱暴に愛撫された佳恵は狂ったように絶叫する。
「お義母さん、いえ、佳恵さん。 これが感じるんですね。」
「そこはヤメて! おかしくなっちゃうぅ・・・あぁん・・・いやぁァ・・・」
「ああ・・・もう出そうだ・・・佳恵さん、ナカでいいですね・・・」
「中はダメ。 外に出して・・・」
「膣内はお義父さん専用って訳ですか・・・」
「妊娠するかも・・・まだ生理もあるの・・・お願い、外に出して・・・」
一旦、ペニスを抜くと抱きかかえてソファまで運ぶ。
ソファに仰向けに寝かせると、脚を抱えて正常位で挿入する。
だいぶこなれてきたのか、ずぶずぶと奥までスムーズに挿って行くようになる。
「くうぅっっ・・・んぁぁ・・・感じるぅ・・・もっと、もっと突いて・・・」
可愛らしい顔を歪め、大きな乳房をタプタプ波打たせながら、
永らくオンナを忘れていた佳恵。 可愛がられる悦びを思い出しているのだろうか。
「イキそう・・・貴志さん、もうイキそうです・・・」
「我慢しないで、イッてください。 俺も、もう・・・」
最後の鬼ピストンを繰り出すと、絶叫し激しくのたうつ佳恵。
「ヒイィ・・・イクイクイク! イッちゃうぅぅぅ・・・・」
激しく腰をバウンドし、全身を硬直させていたが、やがて大人しくなる。
俺も我慢できずに力強く子宮を突き上げるとそのまま大量の精液を中出しした。

二人でシャワーを浴びた後、ソファで貪るようなディープキスする。
佳恵のバスタオルを取ると熟し切り、見事に垂れた乳房を揉みしだく。
「お義父さんと最後にセックスしたのはいつですか?」
「もう、いつだったか忘れちゃったわ・・・」
「欲求不満が溜まっていたんでしょ? 途中からメチャクチャ積極的でしたもんね。」
「そうかも・・・いつだったか貴志さんに抱かれた夢を見たわ。 
眼が覚めてもまだドキドキしてた・・・」
「その後、自分でしたんでしょ?」
「・・・」
答える代りに、すっかり勃起している赤黒いペニスに唇を被せていく。
今、3時。 5時ごろ帰ると電話があったから、もう1回は楽しめるなと考えながら、
ねっとりとした舌技でフェラチオする義母、佳恵を眺める。
これからこのオンナをどう仕上げていくのか次々と卑猥な想像が浮かんでくる。
エロ下着で街を歩かせるか・・・美優と3Pもいいかも・・・
そうだ、俺の子供を孕ませるってのはどうだ




エッチ体験談、セックス体験談、エロ体験談、熟女、下着、勃起、ペニス、乳房、子宮、中出し

 - 男性 , , , , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
義姉の口に濃厚ザーメン!

去年の秋の事なんですが、義理の姉(妻の姉)との出来事。週末の夜で、珍しく妻の方から一緒に風呂へ入る誘いが有り、入浴後、私の好きなSEXYなランジェリーを身にまとい、ベッドに腰掛け、いよいよという時に妻の携帯が鳴りました。着メロから義理の姉からと分かり、時間も時間(1時過ぎ)なので妻が仕方なく電話に出ました。用件はスナックで飲んでいて、知らないおっさんに絡まれて警察沙汰になったとのこと。おっさんの方に非

no image
初めての相手は教育実習生

初めての相手は、中3の時の教育実習生の麻美先生だ。英語の先生の卵だった。俺は、バスケットをやっていて、当時、すでに178センチあった。麻美先生は、小柄で華奢な身体つきをした優等生タイプの先生だった。教育実習中は、何もなかったんだが、教育実習が終わって、2~3ヶ月経った頃、偶然、街の中で会った。教育実習生の時のどちらかと言えば地味な服装とは違い、女子大生の麻美先生がソコにいた。ミニスカートから伸びるス

no image
彼女が僕の目の前で外国人2人に何度もレイプされました・・・

僕は由香と付き合うまでは童貞、由香も僕が初めての男性でした。初体験は付き合いだして1ヶ月半位、お互いが初めて同士もあり大変でした。半同棲生活が始まり学校でもイチャイチャ、夜も毎日の様に求め合うという感じでした。入学後3ヶ月が過ぎると、もうすぐ夏休み。僕と由香は「夏休みに何処へ行くか」で盛り上がってました。そんな幸せな日々は永くは続きませんでした。 忘れもしない7月10日、悪夢の日はやってきたのです

no image
エッチでは見せない嫁の淫乱な姿

嫁のオナニーを見た。嫁にはパチンコに行くと言っていたが めんどくさくなって居間で転んで本読んでた。 すると、寝室から喘ぎ声が聞こえてきた。 オナニーしとる! と思ってこっそり覗くと すごい勢いで腰ふりながら指でズボズボやってた。 SEXのときはあんなに乱れないのに・・・ 凄く興奮した。そのまま俺も居間でオナニーした。あんなに乱れたいのか俺の妻は…本当は淫乱なんだな。こっそりムービーとっておいたからそれをお

no image
元カノのお母さんは何度も腰をくねらせ何度もいっていまして

とりあえずスペック俺 大学生 170 63 フツメン見た感じよく大学生っぽいと言われるまあ大学生だから当たり前か事の始まりは数ヶ月前、バイト先にある女の子が入ってきたんだ元気で可愛い笑顔だったのが印象的だった逆に言うと初めはほんとうにそれだけの印象。そういえば佐藤かよに似てたかな?ポニーテールをしてたのでポニ子って呼ぶことにするわwww何回かバイトで一緒に働くうちに少しずつ話すようにはなってたあるとき俺

no image
彼女が最後までやらしてくれないからデリヘルに行ってみた・・・はまりそうです・・・

自分(31)は結婚を約束した彼女はいるのですが、25歳を過ぎても身持ちが固く未だに最後まで許してくれません。先日の土曜日も彼女の実家で世話になっていましたが、彼女が外出したので彼女のお母さんに出かけてくる旨を伝えて、とあるデリヘルへ行きました。自分が割と利用しているお店で、120分2.2万円とリーズナブルで今まで2人相手させてもらい2人とも生本番はしていました。(腹上射精です・・・)※恥ずかしながら指

no image
27歳人妻を人妻肉奴隷に

俺が何気なく登録した掲示板に来た女がメールのやり取りをしていると、家が近いことを知った。それから直メをしだしてメールを交換していく中、写メまで交換する間柄になった。年齢は俺の3才上の27歳の主婦。見た目は悪くない、むしろ美人のママさん最初の方は何度も断られたが、何回かの挑戦で、ついに会う事に。駅で待ち合わせして、居酒屋に二人で入った。メールを通じてお互いの事を知ってるため、意気投合も早い。気を許した

no image
嫁のエッチなアルバイト

俺(29歳) 妻(若菜・30歳)の夫婦です。俺は地方の工業団地にある工場に勤めている。工場は大半が同年代の男性で、話の合う仲間がいて楽しい職場だ。妻も勤めていて、子供を作る予定はまだない。妻はスタイルもルックスもなかなかで、俺の友達の中にもファンが多いのが自慢だ。そんなファンの友達に、若菜のHな写真を見せて俺の寝取られ願望を満足させていた。写真はセックスの前後に撮ったもので、若菜に下着姿でポーズをとら

no image
男友達に売られた美人モデルに中出しセックス

彼女は淳ちゃんといい、僕とは大学に入学してから出会った仲だった。見た目だけしっかり者、だけどなんだか抜けているところがとても可愛い。セミロングの今時珍しい黒い髪、整った目鼻立ちで胸はそこそこ、身長は168cmと少し高め、人並み程度の僕の隣にいてくれる女の子としてはとても不釣り合いで、恐れ多いほど。それでも仲間内からは「お似合い」とか言われて、悪い気はしなかった。そんな彼女が「雑誌のモデルにスカウトされ

no image
ツアー旅行ガイドの妻の告白・・・

10日前、妻は団体のツアーを担当する事になり、2泊で仕事に出掛けました。偶然、私も出張で県外に行く事になりました。仕事も終わり、打ち上げと宿泊を兼ねて大きな温泉旅館に向かっていた。私の他には、同僚2人と現地の会社の従業員5人の8人で2部屋に分かれて泊まる事になった。宴会場は個人まりとした小さな部屋だったが、食事の内容も豪勢で満足していた。酒も進み、大分盛り上がった頃、私達の隣には団体客が居たらしく、