エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

混浴温泉で夫婦が楽しんだ事

   

混浴温泉で夫婦が楽しんだ事

 3年前の話です。久しぶりに刺激を求めて妻と温泉旅行に行った時の事です。2泊3日で九州の温泉に行きました。平日の昼間ですから、人もいないだろうと思い妻に内緒でネットに書き込みをしました。旅館に着き、直ぐにお風呂に行きます。男女別の脱衣場に行くとネットに書き込みを見た男性が4名います。
 少し話をしてルールの確認とお願いをして、先に私が浴槽に行きます。妻は何時ものようにハンドタオル1枚で入ってきます。脱衣場に男性が4人いたよと話すと、平日なのに4人もいるのと心配そうな嬉しそうな顔をしていました。私は仲間の旅行じゃないのかなとだけ答えて、お湯に浸かりました。妻も私の横に来てお湯に浸かります。

[PR]女「あ~家帰りたくな~い」俺「ちょwちょw家来なよ~」となった結果www[PR]

 少しすると男性たちが「こんにちは」と言いながら入ってきました。一度に4人が入って来たので、妻も恥ずかしいのか私の側に寄ってきました。「いいお湯ですね」「やっぱ露天風呂はいいですね」と男性たちは妻に向かって話します。「それに、奥さんは色っぽくていいです」「もうおばちゃんでしよ」「そんな事ないです若いですよ、めっちゃいいです」「お世辞が上手ね、もうお腹も出てるしダメょ」

「胸が綺麗ですね・お椀型で・なにカップですか?」「えっC位かな」「もっと大きく見えますよね、すごいいいですその谷間」
私が「もっと、ちゃんと見せてやれよ」と言うと「えぇ、恥ずかしいよ…」「ほらタオル取って」私はタオルを取り上げ、妻の身体を4人に見せると「キレイな胸ですよね」「乳輪とかの色も乳首も、おっぱいの形とかも、理想の胸ですよ」

「恥ずかしいなー」そう言いながら私は自慢の胸を褒められ、得意げです。男性達は湯船の縁に座って妻の胸を眺めます。妻の目の前にちんぽが4本並び、妻に見せるようにしています。私の寝取られ願望の炎が燃え上がります。妻も恥ずかしそうにしながらも4人のちんぽを見ています。私が男性達に妻の側に来るように言うと、妻の周りに男性たちが集まります。

「ちょっと触ってもらいな」と妻に声を掛けます。「ええぇ、恥ずかしい…」と一応は答えます。男性たちは私に向かって「いいですか?」と聞くので妻に「聞いてるよ返事しないと」妻は恥ずかしそうに「ええぇ、はい…」「じゃあちょっと」両側からふたりの手が妻の胸に伸び、私の乳首を指でコリコリします。

「ああぁ…」妻は思わず声を出してしまったようです。
「感じやすい方ですか?」
「はい・・あっもう・・そんなされたら・・」
「そんなされたら?」

「我慢出来なくなってしまいます・・・うん・・あっ・・』
「我慢しなくていいよ」と私が妻に声を掛けると
「僕らもそんな声聞いたら我慢出来ません」

「ああっぁ・・」2人は胸を1人は下半身を触っていますが
1人は見ているだけなので1人の男性に向かって
「キスしてやって」と声を掛けます。
私が言うと、左隣の男性が妻の肩に手を廻し、頭を抱いて唇を重ねました。
「うぅぅ・・あぁ~ん」
最初からすごく激しいキスをしています
キスに弱い妻は一気に高まり、もうどうにでもしてって感じでした。

1人の男性が妻はMなことも、乱暴気味にされるエッチに弱いことなどを見抜いたようで・・・

「ほらもっと舌出して奥さん」
「うっ・・うぅあぁ・・」

「ほらもっと、唾出して唾、ほらもっと舌も出して」
「う・・あうっ・・」

「変わろうか?」と別の男性に声を掛けました
別の男性も同じ様に最初から激しいディープキスをします

その間に、男性達がお湯の中で私のおめこを触ります
「あっ・・あぁぁっ」

男性はおめこを触りながら妻の手を取り、自分のちんぽを握らせると
男性のちんぽは、既にカチカチに固まっていました。

妻は手を動かしてしごいています
キスをした男性に大量の唾を飲まされてMのスイッチが入った妻は
「あもう好きオチンチン好き・・」と言っています
「オチンチン好きなの?」
妻は「うん」とだけ声にしました。

「エロくていい奥さんだなー」
「奥さん淫乱なの?」
「うん・・あっあっあぁぁ」
「そうかぁ、淫乱でMなんだね?」
「うん・・ああっあ・・はい」

「虐められたいんだよね?」
「はい・・ああっあ」
「命令されたりするのが好きなの?」
「はい・・ああっあ」
「素直にはいと言う奥さんはどMだな」
「ハイ・・ああぁぁあ~」

「虐めてやるから言うこと聞けよ」
「はい・・ああっぁぁ」
「いっぱい触ってやるからな、触られるの好きだろ?」
「ハイ、すきです・・あぁぁ」
「触ってくださいは」
「さわってください・・あああっ・・」

男性たちは妻を湯船の縁に座らせて触りながら、順番にフェラをさせて行きます
妻はフェラをしながら、男性に胸を触られて、足はM字に開かされて風呂の縁でいやらしい格好にされています・

「あぁぁぁ~ん・あぁぁぁ」
おめこはパックリと開き蜜が垂れています

「本当にイヤらしい奥さんだなぁこんな格好で濡らして、恥ずかしくないのか?」
「あぁ~んあっあっあっあぁぁ」
「ほら・・ちんぽを握れ・・」
「こっちも、もう一本もだ」
そうしながら男性たちの指がおめこを弄くりまわします。

ピチャピチャと妻のおめこからイヤらしい音をたて、しばらくされると大量に潮を噴いてしまいました。

「あ~ん・・あっダメ・あっダメダメ」
「うわぁスッゲー」
「あぁぁぁぁ~んあぁぁん」

「奥さんそろそろ入れてほしいのか?」
「はい・・ああっあ」
「入れてくださいは?」
「いれてください」
「誰のがほしんだ?」
「だれでもいいです・・おねがい」

 妻の前にいた男性が1番に入れようと、太くて大きいちんぽの先端を妻の入口持っていきます。ズブッと大きなちんぽが入ります
「ああっ~ああっ」横から男性が妻に「気持ちが良いのか?」
「はい・・あぁぁぁぁん」

激しいピストンで逝かされまくった後、男性が射精をしそうになり
「あ・もう出そうだ・どこに欲しい?」
「ああっ口に、口にください」
「よし・逝くぞー出るでる・・」

 男性は激しい突き立ての後、素早くちんぽを妻の口にもっていき、妻の口の中へ大量射精しました。直ぐに別の男性が妻に挿入です、入れ替わり4人に挿入され疲れたようで脱衣場に行き座り込んでしまいました。私が妻に「良かったか?」「うん」妻にとっては最高の温泉旅行となったと思います。

 - 出会い系の体験談 , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★赤ちゃん同伴のギャルママとのエッチ

 出会い系「人妻.NET」でなんだが、知り会ったギャルママ19歳、平日昼間しか空いてなくて、しかも生後6ヶ月の赤ちゃん連れ。ラブホによっては赤ちゃん連れでは入れないところもあるという事でケータイで近くのラブホ検索して、何軒か電話し、赤ちゃん連れOKのラブホへ車で向かう。 かなり可愛い今風のギャルって感じの子だった。体型は普通なのだが、服の上からでもかなりの巨乳なのが分かる。ミニスカで足もムチムチ。思わず車

no image
★新妻の若い体を援交で堪能しました

 福島県の県北に住む私です。朝起きて天気も良く何気なくブックマークしてたサイトを見ると、朝早くから色んなカキコがあった。連休初日からかな? その中で新妻からの投稿が目に止まった。「初援です。どうしてもが必要なの。誰か相談に乗ってくれる人募集中」 俺は「は相談に乗りましょう!今日休みですから郡山まで行けます。 時間などメール下さい」と送信。帰って来たメールは「1,5ホ別セックスOK お願いm(__)m。160細身

no image
★嬉しいことがありました。やっと筆下ろし

 現在26歳フリーター(童貞)の僕が30代の人妻に筆下しされて、めでたく卒業する事ができました。これは4日前の体験なんですが、相手の人妻とは初対面でしたが即ハメという形でホテルへ。知り合ったきっかけは出会い系サイトでした。 僕が筆下しされたサイトが、人妻.NETというサイト!童貞の僕でも即ハメすることができたので、是非人妻好きのみなさんには使って欲しいものです!

no image
★アレの硬いのがお好みの人妻

 岐阜県内のある地方の女性と、一回限りになってしまいましたが出会って来ました。その女性は、既婚の44歳、事務のパート?の仕事をしている女性で、外見のパッと見は綺麗な女性でした。 最初はとある家電量販店の駐車場で待ち合わせし、こちらの車に乗る様に促し、話しもそこそこに直ぐに抱き寄せキスをすると、唇も閉じず直ぐに舌を絡ませました。数週間のメール期間中に、一回目でもホテルあり~と話してたので、展開は気に

no image
★平日の昼間から出会い系の人妻と・・

 出会い系で知り合った人妻の尚美。41歳で、かなり頻繁にメールをくれました。ちょっとエッチな話題も平気な感じだったので期待大でした。2週間くらいメールし、彼女は平日の昼間がいいという話をしてきていたから、代休のタイミングを見て彼女を誘いました。 しかし「ひと回り違うんだよ?ガッカリするよ?」とか話して来ましたが、会いたいとメールをし、ようやく誘い出しました。昼前11時に某ショッピングセンターにて待ち合わ

no image
普通の女じゃなかった女の体験談

〝ちょっぴりエッチな案内所〟で会った女の事です。変な女でした。20代半ば女性とアポとれました。私にとっては非常にめずらしいこと。専門外なんで適当にメールしてました。エロ話一切してません。ホント適当な相槌とか世間話ばかり。知り合ってから一応メール毎日してました。この辺はマメに。写メ交換済み。直電での会話も済んでます。

no image
★安いお金で遊べる人妻に感謝

 数年前の事です。私が30代の時にある出会い系サイトで30歳の人妻に会いました。逢う約束の時にお金くれます?と言われちょっと引きましたが、金額を聞いてビックリ!3千円でした。理由を聞くとお金の為ではなく、旦那に対して浮気じゃなく体を売ったとの建前が欲しいだけらしく逢う事に!逢ってみたらムッチリロケット巨乳でした。 速攻ホテルへ入り一緒にお風呂に~浴槽で人妻を抱き寄せキスをしながらアソコを触ると直ぐにビ

no image
★風のように去っていった人妻

 あれは30代に突入して間もない頃です。新婚時代の新鮮さが薄れてきた時期、メルトモ募集がきっかけで近所の熟女(当時37歳)Nさんと会うことになりました。旦那さんの仕事が遅いことや、すれ違いなんかで夫婦の仲は冷え切っていたようです。会うことになる直前までは下ネタも全然書いたこともなくて、いつか逢えたらイイなと妄想だけは広がるくせにあと一歩が踏み出せないような期間が3ヶ月くらいありました。 踏み切れないでいる

no image
★自称「エロ仙人」の出会い系の話・・2/2

 ナース姿の彼女が一人ゴロンと横たわっている。さて、どのように責めてやろうか。まずはスタンダードに責めるのがいいだろう。俺は彼女とともに横になって、耳元で囁きながら、手で全身をなで上げながら、彼女のツボを探りあてていく。「これはどう?」と聞きながら耳たぶを舐める。 また「これはどう?」と聞きながら首筋に指を這わす。彼女は首筋が感じるらしく息を荒くした。だんだんと胸に近づくとさらに息が荒くなっていっ

no image
★遊べる人募集の団地妻

 ある、出会い系で今から遊べる人募集中。の、書き込みで地元の子だったので、手持ち少ないけど、FだけでもOK?とメールすると、直ぐに、OKの返事。待ち合わせ場所は、街から少し離れた田舎町、迎えに行く途中、突然の大雨が降りだした。 彼女から、この番号に電話して!と、携帯番号が送られてきました。番号をプッシュし呼び出し音…。モシモシ、○○さん。○○団地わかります?あっ、判るよ。じゃ、団地入ってすぐを左に曲が