エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

同棲中の彼が居るのに別の男とSEX

   

同棲中の彼が居るのに別の男とSEX

 同棲中の彼氏がいたのですが、浮気をしてHをしてしまいました。相手は社員の宮田さんです。彼氏と大ゲンカした私は「相談したい」と一緒に飲みに行き、たくさん飲まされて、勢いで酔っ払い彼の部屋で介抱されることに・・宮田さんは水を持ってくる、と水をくれてから急にディープキスしてきました。
 間接照明だけの薄暗い部屋のベットに押し倒されて、「だめ、ちょっ、ちょっと待ってください・・わたしそんなつもりで部屋に来たんじゃ、だ、だめですよ、わたし同棲してる彼氏がいるんですから、いやっ、ホント、だめ、ん、あん」服の上から乳首を触られて、ブラを外されピンと立った乳首を舐められると、お腹がビクッビクッとなるくらい感じてしまいました。


「あっ、だめですよ・・わたし乳首、固くなっちゃってる」ジーパンを脱がされて「あっ下はいや、だめですよシャワー浴びてないし臭いですよ、だめ、はずかしい」パンツの上から指で愛撫されてグチョグチョに「(同棲している)今の彼氏ともこういうことしてるんだろ?彼氏がいるのに俺とこんなことして、俺には見せちゃいけないんだろ、吉田はHだなあ、風呂に入ってないから、すごく女の匂いがするよ。

 吉田の愛液の匂いだ、こんな簡単に同棲してる彼氏以外の男に股開いちゃってスケベだな、ビロビロが開きっぱなしだな興奮するよ」気づいたらパンツを脱がされ、宮田さんはわたしのアソコに口をつけて、激しく舐め回されました。わたし、見せちゃいけない相手に一番大事なところ見せちゃってる。彼氏以外の男性に色、大きさ、厚さ、開き具合、濡れ方、味、におい、知られちゃった。ごめんなさい。


 宮田さんにクリを集中して舐められ、クリ吸いでイキました。「宮田さん、彼氏より上手っ、ああっっイッちゃううっ!!もう少しでイクのっ!吸って、クリもっと吸って!!いいっ!!ああっ!!!」カラダが小刻みに痙攣してわたしはイッしまいました。仕事で社員とバイトの関係で、普段一緒に仕事しているだけの宮田さんのモノをまさかナマで受け入れるなんて、受け入れる時はスルッと入り、愛液があふれてきてお尻の方まで垂れるほどでした。

 同棲中の彼氏に悪いと思えば思うほど興奮して、首を振りながら騎乗位で自ら腰を激しく振りまくりました。自分で乳首を刺激しながら正常位の体勢になり、宮田さんは全体重をわたしにかけて抱きしめてきました。「吉田のなか、気持ちいいよ、このまま出すよ、俺、おまえのこと大事にするからさっ、吉田の中に出したいんだ」「だめっ、中なんてダメ」アルコールが回ってきて、だんだんハイな気持ちになってきて、もうどうでも良くなってきました。

「このまま出していいの、彼よりもイッパイ、出して、あ・あんっ、宮田さんの好きにしてっ」そのまま正常位で中出しされました。膣壁に彼の熱い精子がピュッピュッと当たって幸せを感じました。宮田さんは一滴残らず搾り出すように「赤ちゃんのモト」を私の膣の奥で大量に中出ししました。同棲中の彼より大きな宮田さんの立派なモノ、激しい動きに感じて私もイッてしまいました。

「ああ・・同棲している彼氏がいるのに会社の先輩と寝ちゃった。彼氏以外の人に中出しを許しちゃった。今の彼とのHはモノ足りなくて一回もイッたことなかったのに、こんなに何回も気持ちよくイッちゃうなんて」と興奮しました。後日、アパートでお酒を飲んでて別れる、別れないの話になって、同棲中の彼氏Y君に「別れないでくれ」と泣きつかれて、かわいそうになり抱きしめてあげました。

 抱きしめられながら床に押し倒されて、私は宮田さんのことを想い、涙が出て横を向きました。「もうわたしたち、だめだよ、できない」Y君はいつものように私の服を脱がし胸やクリトリスを愛撫してきました。「その男と寝たのか?」「ごめん寝た」わたしのアソコが濡れてきたらオチンチンをナマで挿入してきました。


 私は宮田さんがいるのにY君の愛撫に感じ、股を開いてしまいY君のオチンチンを膣に受け入れてしまったのです。二人とも酔っていたし、今のシュチュエーションにすごく興奮していましたが「中はダメッ」と外出ししてもらいました。でも2回戦はそのまま中出しされてしまいました。マンネリ化していた彼も私も、いつもより激しく燃えるようなセックスをしました。

 同棲中の彼氏Y君は仕事をしようとせずに遊んでばかりいるので、Y君と別れて宮田さんと付き合おうとアルバイトが終わってから、アパートに荷物を取りに行きました。アパートでY君に止められて、部屋でお酒を飲むことに。別れる、別れないの話になって、Y君に「別れないでくれ、オレ、お前がいないとだめなんだ」と涙を流しながら必死で泣きついてくるので、かわいそうになり抱きしめてあげました。

 私はお酒のたっぷり入っていて、手を上げるとストンっと下ろしてしまうくらい酔っていました。カラダが言うことを聞かない状態で、抱きしめられながら床に押し倒されて、私は宮田さんのことを想い、涙が出て横を向きました。涙が私の耳のほうまで流れてきました。力が入らず抵抗できませんでした。「もう私達、だめだよできない、だめ、やめて」

 Y君はいつものように私のTシャツ、ブラを脱がしてきて、私は仰向けの状態で自分の胸を見ると、すでにY君がうれしそうに私の乳首を転がすように愛撫し、胸を揉んでいました。Y君と別れようと思ってここに来たのに、Y君の顔がかこんな近くに、こんな簡単にカラダを許しちゃうなんて・・。


 ふと見ると、もうパンツを脱がして私のアソコをクンニし始めていました。Y君の頭を手でつかんでグッと力を入れるとY君と目が合いました。私のアソコの毛を舐めて口に含んでくれたりしてくれました。さらに下の方に愛撫が進み、おしりの穴に(宮田さんは、おしりは全く愛撫してくれない)。

 両手でおしりの肉を引っ張り、おしりの穴を開いてベロッと舐めたり、舌をすぼめてグリグリしてきました。おしりの穴にY君の舌がくっつく時は穴が暖かくなり、Y君の鼻からの息がかかると唾液が冷えてスーッとしました。その温度差が何とも気持ち良かったのを覚えています。

「仕事帰りでお風呂入ってないから(アパート、アルバイト先のトイレは和式でウォシュレットないので)そんな汚いところ、くさいよ」「いいよ、くさくないよ、お前のなら」Y君はたまにアルバイト先の店まで車で乗せて行ってくれるので、Y君と宮田さんはお互い面識があります。

「あの男と、もう寝たのか?」「ごめん寝た」「何回くらい?」「ごめん、何回も寝た」それを聞くとY君は嫉妬したのか、私のアソコを普段よりさらに激しく愛撫してきました。私も押し倒されて興奮していたのでアエギ声を大きくあげて感じて久しぶりに(Y君のクンニだけで)イッてしまいました。

 私のアソコが濡れてきたらオチンチンをナマで挿入してきました。すごく濡れていたのでツルンッと入ってしまい、Y君のモノの熱さが伝わってきました。「あっ入れちゃだめだよ、入れるのはだめだよ、口でガマンして」「ここまでして口なんて中途半端だろ」私は宮田さんがいるのにY君の愛撫に感じ、股を開いてY君のオチンチンを膣に受け入れてしまったのです。


 このH(正常位)の最中、宮田さんからケータイに電話が入りました。私は畳に押し倒されていて、テーブルの上のケータイをY君にとってもらいました。Y君に挿入されながら(動きは止めてくれてましたが)電話に出たら、Y君は正常位でカラダを密着して私の耳元に顔をくっつけてきました(明らかに盗み聞きしようとしていた)


「メールしても返信来なかったから、心配になってさ。どうしたの?今、何してる?」
「えっ、そう?あ、ホント、メール来てた、ごめん友達と飲んで盛り上がってたから気づかなかった」
「飲み会か友達と?これからまだどっか遊びに行くの?」
「うん、これからフリータイムで友達とカラオケ、だからしばらくメールとか電話、出れないと思う」

 宮田さんから電話があったときは私のケータイに、Y君は耳を密着していたで電話の内容は丸聞こえでした。

「カラオケか、メールくらい気づくだろ?今いる中に男はいるの?」
「えっ、ううん、女の子達だけでカラオケに来てるから大丈夫だよ、心配しないで」
「あんまり遅くなるなよ。ナンパされたり浮気するなよ。じゃあ、おやすみ。愛してるよ。」
「うん、私も愛してる。おやすみ。」

こんなやり取りだったと思うのですが、その会話の最中はY君にすでにナマで挿入されてままの状態でした。だからY君は「今みたいウソ、平気でついちゃうんだな、別の男にオチンチン入れられながら愛してるよっ、てよく言えるな。お前をアイツに渡したくない、おまえが欲しいんだ」「だめだよ・・外に出してよっ」といつもより激しく腰を振ってきました。


 Y君は私の腰の下に腕を入れてきてガッチリ組みました。私はされるがままで逃げることもできませんでした。「すげー気持ちいい、あっオレ、出していい?あっ、もう出るよっ!」Y君は精液を私の中で出して、興奮しているのか私の膣の中でオチンチンはいつもより長い時間、ビクンビクンしていました。私は「ああ、この人は出したいだけなんだな。

 私を性欲処理の道具にしか思ってない。(私は妊娠しづらい体質だけど、)できちゃったらどうしよう。」Y君はイッた後、満足そうな表情でグッタリと体重を私にかけてきました。今は中学時代からの男友達に相談しているのですが、とてもやさしくしてくれるので、お酒を飲むとその人とも成り行きでHしてしまいそうで怖いです。

 - 知り合いとの体験談 , , , , , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
妻の友達が容姿端麗な元スッチー

 昨日、妻の友達が遊びにきました。年は35歳で夫はパイロット。彼女はスッチーをしていて、国立のS大学教育学部出身で女優のかくたかこに似た美人。子供は小学校6ねんの男の子1里。久しぶり会ったようで夜遅くまで妻と友達は話しこんでいたようです。私は、ビールを飲んで先に寝てしまいました。翌日は、日曜日だったのでお昼近くになっておきました。妻は、友達とお昼を食べてから駅に遅れるといって出かけました。

no image
★人気の無い露天風呂でイチャイチャ

 彼女は、9歳年上でした。特別若く見えるわけでもなく、スタイル抜群でもなく普通の人。なかなか会えないので二人っきりになると、いちゃいちゃしてました。休みが取れると旅行に行きました。 三重県の温泉旅館に行った時の事です。いつもどおりチェックインを済ませ部屋に入るやいなや、彼女に押し倒され彼女のなすがままに・・彼女が僕の上で美しくあえいでいました。とても綺麗でした。

no image
★いい事があった同級会の話

 高校の同窓会が5月の連休にありました。卒業20年です。全員で127名 出席は78名、立食パーティーで、周りには椅子が置いてありました。会も進むとグループ感じで塊ができてました。高校3年で同じ組の憧れだった女性が来てました。 20年経っても綺麗で可愛かったです。声を掛けようとしましたが皆に囲まれて・・僕も飲みすぎ、椅子に座ってると、その彼女が僕の隣に来たのです。

no image
★居酒屋のバイトの子とSEXしましたが・・1/2

 一時期お気に入りの居酒屋が出来て半年くらい頻繁に通ってました。その時の話です。 とにかく週に2~3回、調子いい時は毎日のように行って飲んだくれてました。そうこうしているうちに店員とも仲良くなったし、カウンター席の隣に座った知らない客ともよく話した。ただ俺自身、数年前から酒飲むとすぐ記憶がとぶようになっちゃって、実はその居酒屋での事は、いつも決まって途中からの記憶がありません。 10回行けば8回は後半

no image
★飲食店の女店員をオトしました

 とある飲食店のSスリムでショートカットで声がイイ、年は39と言っている。仲良くなり、仕事終わりにお茶に行く事になりコーヒーを飲みながら世間話を小一時間、その日から毎日メールのやりとりして食事に行く事に行く日までの約1週間、メールでHな話も出始めて、これはイケるかと食事に行った日はいつもの制服ではなく雰囲気が全然違った。 食事も終わり店を出て車で話しててもムラムラ「これからどうする?時間は大丈夫な

no image
エッチな大人の人妻サークル

 自分は、住んでる町で、テニスや登山や釣りサークルにお世話になってます。かれこれ三年通っていると仲良くなる人妻さんが沢山居て、サークル活動以外で飲みに行ったり、デートしたりから発展して、Hの相手もするようになってます。自分も既婚で、夫婦仲はそれほど悪くありませんが、誘惑されると断り切れなくて今現在4人の人妻さんと関係をもってます。

no image
★高校時代の彼女とバッタリ会い

 部活で同級生だった恵理奈ちゃんと8年ぶりに町でばったり出会いました。彼女はもともと大人しい人で付き合いも下手だった為、実家の家事手伝いで未だに独身でした。ひさびさなのでご飯でも食べに行こうとファミレスに行って、昔の話とか友人の話とかいろいろしているうちに、遅くなったので車で送ることにしました。 車で送っている最中に、彼女の太ももとかふくよかな胸などチラ見しているうちに、ムラムラしてきて僕も独身だ

no image
★白昼でしたが金網につかまり突かれて

 ある春の日のこと。彼と公園の中を歩いていました。その公園は小高い山にあって、人はほとんどいません。突然彼は私の手を引いて、道を外れて茂みの中に入りました。しばらく歩くと、テレビ塔がありました。金網に囲まれています。彼は私を金網にもたれさせて、キスをしてきました。 それだけで、ひざがガクガクとなって、立っていられません。アソコがぐっしょりとなっているのも感じます。服の中に手を入れて胸を掴んで、耳に

no image
★結婚してから初めての浮気をしました

 私は31歳で結婚して四年目です。子供はまだいません。21歳の時今の夫と知り合いました。私も夫もお互い初めての相手でした。私は臆病で地味で上手く男性と話せませんでした。夫とは友人の紹介でお付き合いするようになりました。夫も女性とは上手く話せない人で、そこが合ったのだと思います。 夫は技術系の仕事で私は専業主婦です。このページは夫のパソコンでネットしてるうちに偶然見つけました。ブックマークの名前は夫

no image
★新幹線の室内のエロ行為に濡れて・・

 夫を失ってからお願いして同棲してもらっている若い従業員に誘われ、一泊二日で旅行に行って帰ってきました。私を気遣かってくれたかもしれません。出発前に旅行鞄から下着を没収され、身につけていた下着も命令されて脱いで出ました。最寄り駅に着くまでに服に擦れて乳頭は硬く勃起し息も乱れ、膣は垂れないか心配な程に濡れて、スカート内に入る風に膣はひんやりとして寒く感じました。 新幹線に乗っても、関白Nぶりの新幹線