エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

同棲中の彼が居るのに別の男とSEX

   

同棲中の彼が居るのに別の男とSEX

 同棲中の彼氏がいたのですが、浮気をしてHをしてしまいました。相手は社員の宮田さんです。彼氏と大ゲンカした私は「相談したい」と一緒に飲みに行き、たくさん飲まされて、勢いで酔っ払い彼の部屋で介抱されることに・・宮田さんは水を持ってくる、と水をくれてから急にディープキスしてきました。
 間接照明だけの薄暗い部屋のベットに押し倒されて、「だめ、ちょっ、ちょっと待ってください・・わたしそんなつもりで部屋に来たんじゃ、だ、だめですよ、わたし同棲してる彼氏がいるんですから、いやっ、ホント、だめ、ん、あん」服の上から乳首を触られて、ブラを外されピンと立った乳首を舐められると、お腹がビクッビクッとなるくらい感じてしまいました。


「あっ、だめですよ・・わたし乳首、固くなっちゃってる」ジーパンを脱がされて「あっ下はいや、だめですよシャワー浴びてないし臭いですよ、だめ、はずかしい」パンツの上から指で愛撫されてグチョグチョに「(同棲している)今の彼氏ともこういうことしてるんだろ?彼氏がいるのに俺とこんなことして、俺には見せちゃいけないんだろ、吉田はHだなあ、風呂に入ってないから、すごく女の匂いがするよ。

 吉田の愛液の匂いだ、こんな簡単に同棲してる彼氏以外の男に股開いちゃってスケベだな、ビロビロが開きっぱなしだな興奮するよ」気づいたらパンツを脱がされ、宮田さんはわたしのアソコに口をつけて、激しく舐め回されました。わたし、見せちゃいけない相手に一番大事なところ見せちゃってる。彼氏以外の男性に色、大きさ、厚さ、開き具合、濡れ方、味、におい、知られちゃった。ごめんなさい。


 宮田さんにクリを集中して舐められ、クリ吸いでイキました。「宮田さん、彼氏より上手っ、ああっっイッちゃううっ!!もう少しでイクのっ!吸って、クリもっと吸って!!いいっ!!ああっ!!!」カラダが小刻みに痙攣してわたしはイッしまいました。仕事で社員とバイトの関係で、普段一緒に仕事しているだけの宮田さんのモノをまさかナマで受け入れるなんて、受け入れる時はスルッと入り、愛液があふれてきてお尻の方まで垂れるほどでした。

 同棲中の彼氏に悪いと思えば思うほど興奮して、首を振りながら騎乗位で自ら腰を激しく振りまくりました。自分で乳首を刺激しながら正常位の体勢になり、宮田さんは全体重をわたしにかけて抱きしめてきました。「吉田のなか、気持ちいいよ、このまま出すよ、俺、おまえのこと大事にするからさっ、吉田の中に出したいんだ」「だめっ、中なんてダメ」アルコールが回ってきて、だんだんハイな気持ちになってきて、もうどうでも良くなってきました。

「このまま出していいの、彼よりもイッパイ、出して、あ・あんっ、宮田さんの好きにしてっ」そのまま正常位で中出しされました。膣壁に彼の熱い精子がピュッピュッと当たって幸せを感じました。宮田さんは一滴残らず搾り出すように「赤ちゃんのモト」を私の膣の奥で大量に中出ししました。同棲中の彼より大きな宮田さんの立派なモノ、激しい動きに感じて私もイッてしまいました。

「ああ・・同棲している彼氏がいるのに会社の先輩と寝ちゃった。彼氏以外の人に中出しを許しちゃった。今の彼とのHはモノ足りなくて一回もイッたことなかったのに、こんなに何回も気持ちよくイッちゃうなんて」と興奮しました。後日、アパートでお酒を飲んでて別れる、別れないの話になって、同棲中の彼氏Y君に「別れないでくれ」と泣きつかれて、かわいそうになり抱きしめてあげました。

 抱きしめられながら床に押し倒されて、私は宮田さんのことを想い、涙が出て横を向きました。「もうわたしたち、だめだよ、できない」Y君はいつものように私の服を脱がし胸やクリトリスを愛撫してきました。「その男と寝たのか?」「ごめん寝た」わたしのアソコが濡れてきたらオチンチンをナマで挿入してきました。


 私は宮田さんがいるのにY君の愛撫に感じ、股を開いてしまいY君のオチンチンを膣に受け入れてしまったのです。二人とも酔っていたし、今のシュチュエーションにすごく興奮していましたが「中はダメッ」と外出ししてもらいました。でも2回戦はそのまま中出しされてしまいました。マンネリ化していた彼も私も、いつもより激しく燃えるようなセックスをしました。

 同棲中の彼氏Y君は仕事をしようとせずに遊んでばかりいるので、Y君と別れて宮田さんと付き合おうとアルバイトが終わってから、アパートに荷物を取りに行きました。アパートでY君に止められて、部屋でお酒を飲むことに。別れる、別れないの話になって、Y君に「別れないでくれ、オレ、お前がいないとだめなんだ」と涙を流しながら必死で泣きついてくるので、かわいそうになり抱きしめてあげました。

 私はお酒のたっぷり入っていて、手を上げるとストンっと下ろしてしまうくらい酔っていました。カラダが言うことを聞かない状態で、抱きしめられながら床に押し倒されて、私は宮田さんのことを想い、涙が出て横を向きました。涙が私の耳のほうまで流れてきました。力が入らず抵抗できませんでした。「もう私達、だめだよできない、だめ、やめて」

 Y君はいつものように私のTシャツ、ブラを脱がしてきて、私は仰向けの状態で自分の胸を見ると、すでにY君がうれしそうに私の乳首を転がすように愛撫し、胸を揉んでいました。Y君と別れようと思ってここに来たのに、Y君の顔がかこんな近くに、こんな簡単にカラダを許しちゃうなんて・・。


 ふと見ると、もうパンツを脱がして私のアソコをクンニし始めていました。Y君の頭を手でつかんでグッと力を入れるとY君と目が合いました。私のアソコの毛を舐めて口に含んでくれたりしてくれました。さらに下の方に愛撫が進み、おしりの穴に(宮田さんは、おしりは全く愛撫してくれない)。

 両手でおしりの肉を引っ張り、おしりの穴を開いてベロッと舐めたり、舌をすぼめてグリグリしてきました。おしりの穴にY君の舌がくっつく時は穴が暖かくなり、Y君の鼻からの息がかかると唾液が冷えてスーッとしました。その温度差が何とも気持ち良かったのを覚えています。

「仕事帰りでお風呂入ってないから(アパート、アルバイト先のトイレは和式でウォシュレットないので)そんな汚いところ、くさいよ」「いいよ、くさくないよ、お前のなら」Y君はたまにアルバイト先の店まで車で乗せて行ってくれるので、Y君と宮田さんはお互い面識があります。

「あの男と、もう寝たのか?」「ごめん寝た」「何回くらい?」「ごめん、何回も寝た」それを聞くとY君は嫉妬したのか、私のアソコを普段よりさらに激しく愛撫してきました。私も押し倒されて興奮していたのでアエギ声を大きくあげて感じて久しぶりに(Y君のクンニだけで)イッてしまいました。

 私のアソコが濡れてきたらオチンチンをナマで挿入してきました。すごく濡れていたのでツルンッと入ってしまい、Y君のモノの熱さが伝わってきました。「あっ入れちゃだめだよ、入れるのはだめだよ、口でガマンして」「ここまでして口なんて中途半端だろ」私は宮田さんがいるのにY君の愛撫に感じ、股を開いてY君のオチンチンを膣に受け入れてしまったのです。


 このH(正常位)の最中、宮田さんからケータイに電話が入りました。私は畳に押し倒されていて、テーブルの上のケータイをY君にとってもらいました。Y君に挿入されながら(動きは止めてくれてましたが)電話に出たら、Y君は正常位でカラダを密着して私の耳元に顔をくっつけてきました(明らかに盗み聞きしようとしていた)


「メールしても返信来なかったから、心配になってさ。どうしたの?今、何してる?」
「えっ、そう?あ、ホント、メール来てた、ごめん友達と飲んで盛り上がってたから気づかなかった」
「飲み会か友達と?これからまだどっか遊びに行くの?」
「うん、これからフリータイムで友達とカラオケ、だからしばらくメールとか電話、出れないと思う」

 宮田さんから電話があったときは私のケータイに、Y君は耳を密着していたで電話の内容は丸聞こえでした。

「カラオケか、メールくらい気づくだろ?今いる中に男はいるの?」
「えっ、ううん、女の子達だけでカラオケに来てるから大丈夫だよ、心配しないで」
「あんまり遅くなるなよ。ナンパされたり浮気するなよ。じゃあ、おやすみ。愛してるよ。」
「うん、私も愛してる。おやすみ。」

こんなやり取りだったと思うのですが、その会話の最中はY君にすでにナマで挿入されてままの状態でした。だからY君は「今みたいウソ、平気でついちゃうんだな、別の男にオチンチン入れられながら愛してるよっ、てよく言えるな。お前をアイツに渡したくない、おまえが欲しいんだ」「だめだよ・・外に出してよっ」といつもより激しく腰を振ってきました。


 Y君は私の腰の下に腕を入れてきてガッチリ組みました。私はされるがままで逃げることもできませんでした。「すげー気持ちいい、あっオレ、出していい?あっ、もう出るよっ!」Y君は精液を私の中で出して、興奮しているのか私の膣の中でオチンチンはいつもより長い時間、ビクンビクンしていました。私は「ああ、この人は出したいだけなんだな。

 私を性欲処理の道具にしか思ってない。(私は妊娠しづらい体質だけど、)できちゃったらどうしよう。」Y君はイッた後、満足そうな表情でグッタリと体重を私にかけてきました。今は中学時代からの男友達に相談しているのですが、とてもやさしくしてくれるので、お酒を飲むとその人とも成り行きでHしてしまいそうで怖いです。

 - 知り合いとの体験談 , , , , , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★同僚の女性をセフレとして抱いている

 昨年の晩秋のこと、北九州の代理店会議へ出張した。空港でチェックインしてから待っていると、「あら、オレさん」と呼ばれた。ふり返ると、総務課のキャリアウーマンのK子(係長)だった。お互い出張だったが、K子の行き先は福岡だった。出発まで話をしていると、福岡にイイ飲み屋があるという。 出張の日程は、お互い木曜出発の金曜直帰であった。じゃあ、木曜の夜に福岡で待ち合わせて、飲みに行くことになった。その日の会

no image
★奥さんの画像を自慢げに

 ある日、いつも行く居酒屋に40代くらいのカップルがカウンターに居ました。カップルの隣が一つ空いてたのでそこに座りました。マスターとの話を聴き耳立てて聞いてると、引っ越してきたばかりで土地勘も無く、ネットで調べてこの居酒屋さんを知ったとの事。 マスターの趣味をネットに載せているので来てみたとの事。その話を振られて私も話の輪に・・旦那さんと趣味の話が合って何回か奥さん同伴でしたが居酒屋で会ってました

no image
★ゴミ出しが縁で熟女とエッチ

 ある日、ゴミを出しに行ったら近所のおばさん(45)に会った・・おばさんは黒い小袋を持っていた。小袋はパンパンに膨れていた。気になって聞いてみると、要らなくなった下着を捨てるそうだ。おばさんは袋をゴミ箱に入れると去り際に『H君(13)、袋あさっちゃだめよ』と言っていった。 俺はおばさんが見えなくなった後、その袋を家に持ち帰った。俺は前から肉付きのいいおばさんが好きだった。そのおばさんの下着が手に入

no image
★長い時間入れられてヒクヒクしました

 27歳の私は、彼氏なしがもう丸三年。友人に誘われボランティアの団体を手伝うようになりました。そこで出会った48歳のタケシ(仮名です)さん。頭の回転が速く面白く趣味も良く見た目もステキな方。もちろん既婚者でしたがお子さんが無いせいで若く見えるのかもしれません。 気に入られていつも一緒にいましたし、平日の夜も打ち合わせで何度も会い、お茶のみや食事も二人でしていました。こんな人が彼氏だったらと思うよう

no image
5ヶ月ぶりに彼女の中に入れ燃えました

 その日は、彼女の家に泊まるつもりで家を出ました。会って遊ぶことはまああったのですが、最後にセックスをしたのは去年のクリスマス・・・先週も先々週も寸前でやんわりと拒絶され、もう我慢できん!今日こそは!と意気込んで遊びに出かけました。もともとセックスには抵抗がある、というか性行為に対して奥手な彼女なので、いつも、そういう雰囲気に持って行くには苦労します。

no image
★彼とのSEXを心待ち

 やっと仕事が終わった。彼と会える。帰宅したらすでに彼は準備万端だった。私たちはそのときは雰囲気を出すためにバスローブを着る。抱きついたらふわふわのバスローブから洗剤のいいにおいがした。耳がくすぐったい。これは彼の癖で、決まって行為の前に耳に息を吹きかけてきた。 次に、なめてくる。初めてのときは汚いからやめてとお願いしたけれども、構わず彼はつづけたから、それ以降これもお決まりになっている。最近はこ

no image
★体を許したのに冷たい女先輩

 以前勤めていた会社での出来事。一人の先輩に嫌われていた。挨拶しても無視されるし、質問しても冷たく返答されるから気まずいし私も避けてた。残業で帰りが遅くなった日、一緒に残業していた先輩と駐車場で鉢合わせた。  どうせ無視されるだろうけど挨拶だけして早く離れようとしたら腕をつかまれて 「お前は無愛想だ」 「他の女社員は愛想が良いのにお前はいつも辛気くさい面しやがってムカツクんだよ」「嫌なら辞めろよ」 と言わ

no image
★感度の良い彼女の全身痙攣

 僕にはつきあっている彼女がいます。大学生3年生で、つきあいはじめて4年になります。3年もたてば、ふつう、することは当然していそうなものですが、彼女はまだ処女です。処女膜はもうないかもしれませんが。「Hできるのに、しない自分」に猛烈な快感を覚えているからです。 つき合いはじめて2月目には彼女の自宅で(もちろん半ば合意の下で)押し倒し、猛烈なクンニで白目をむかせました。オナニーもしたことがなかったよ

no image
★敏感な女とのSEXは楽しい

 女と同棲してるんですが、異常なまでの敏感な体の持ち主でキスだけで崩れ落ち、乳首いじるだけで逝ってしまう。顔もきれいだし、セックスも面白いし、そこそこ家事もするそんなある夜、女の友達がお酒をもって俺のアパートにやってきたんです。 俺の女はお酒はまったく飲めない。ビール一杯で寝てしまう・・嫉妬深い女でもあるので、きやすくその友達とも話せない。邪魔者は寝てもらおうと、ビール一杯ぐらいのめやと飲めないお

no image
★部長の奥さんは酔っていて大胆に

 夏祭りに行き 40代の部長の奥さんがいました。挨拶に行くと酔ってて色っぽく綺麗でした。奥さんが「ケンくん 来てたの トイレが混んでて向こうでしちゃおうかなって思ったの 林の方 コワイから一緒にきてよ」と言われついていきました。 かなり酔ってる奥さんはいつもと違って腕を組んできました。酔ってた私も調子に乗って奥さんを抱き寄せると奥さんは喜んでくれ、しまいには抱き付いてきて歩きにくいほどで林の方へ行