エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

姉「よしよし…痛いの痛いの飛んでけー…」 ~一万円でパンツ売ってあげる♪

   

姉「しかも脱ぎたてだよ」

姉「悪い話じゃないと思うけど」

弟「…」

ドンッ

姉「!」

弟「全部だ…全部いただこう!」

姉「そ…そんな…」

弟「早速、今履いているものを貰おうか」

姉「(目がマジじゃん…)」

姉「(弟の前でパンツを脱衣するなんて…そんなこと)」

弟「どうした?」

姉「あ…あっち向いててっ」

弟「なんでだ、こっちは客だぞ」

姉「だって恥ずかしいよ…」

弟「金はパンツより重い、それが嫌ならこの商談は無しだ」

姉「わ、わかったよ…」

姉「(うう…)」

弟「ふーっ…この煙草を吸い終えるまでがタイムリミットだ」

姉「…わかったからっ、焦らせないで」

姉「…」ヌギヌギ

パサラァ…

姉「ぬ、脱いだよ…///」

弟「よし、ほら一万」

弟「(ほんのり温かい…そして微かに香る雌の匂い)」

弟「(これで一万なら安いもんだ)」

弟「…」クンカクンカ

姉「だっ…だめぇっ!」

弟「なんだ」

姉「テイスティングしないでよ…」

弟「何を言ってる、このパンツの所有権は俺にある」

弟「何しようが俺の自由なはずだが?」

姉「(うざっ)」

姉「とっ…とにかくテイスティングはダメだから」

弟「わがままな女だな」

姉「(むむぅ…)」

姉「(むかついてきた…)」

イイヨイイヨー

テイスティング

二人はどんな関係なんだ

興味津々です〜続けてください

姉「はい」

弟「何…」

姉「一万で弟のパンツを買うわ」

弟「(なに!?ここで反撃に転じるとな…)」

姉「ね?いいでしょ」

弟「生憎、売るようなパンツは持ち合わせていないんでね」

姉「…」

姉「ぐすっ…うぇぇ…」

弟「なに…泣いてんだ」

姉「パンツ欲しいんだもん…うっ…ぐすん…」

弟「」

姉「お願いだから…パンツちょうだい…!」ギュウ

弟「(ノーパンの姉が抱き着いてる)」

弟「(断れるはずもなく)」

犯してしまった

流れにちょッと笑った

姉「ふふふっ…」ニコニコ

弟「さて…」

姉「…!」ジッ

弟「そんな凝視すんな!」

姉「別にいいじゃない、こっちはお客様よ?」

弟「ぐぬぬ…」

弟「(この戦い…圧倒的に不利だ!)」

弟「(ズボンを脱いだ後、パンツ脱いだら…俺の見られちゃう)」

弟「(恥ずかしいよぉ///)」

姉「早くぅ」

弟「えーと…用事があったんだった」

ヒシッ

姉「逃がさないんだから…ね」

姉「恥ずかしいなら、お姉ちゃんが脱がしてあげるね…」

スルスル

弟「やっやめおろぉ!」

姉「ジッとしてなさい、危ないから」

弟「(確かに今暴れて転んだら大変なことになる)」

弟「(ケツ穴まで見られてしまう…!)」

姉「そう…いい子だね」

弟「…ゆっくり頼む」

姉「うん、優しくそーっとね…」

スールスール…

弟「(四面楚歌だ…)」

パンツ食った

いいぞ

姉「はい、おしまい」

弟「……///」ササッ

姉「ふふっ、隠さなくてもいいよ」

姉「隠し切れてないから」

弟「(ノーパンのせいで勃起してもうた)」

姉「すん…すん」

弟「やっやめおろぉ!」

姉「きゃんっ」

弟「テイスティングはやめろ!」

姉「痛いよっ…離して」

弟「いいか?テイスティングはやめろと言ってるんだ!!!」

姉「う…う…」

姉「うるさいっ!」

ギュム

弟「はぅあ!」

弟「あ…ああ…」

姉「あ、ごめんっ…大丈夫!?」

弟「馬鹿野郎、握りが強すぎだからぁー…」

姉「ご…ごめんね」

弟「うぐぐぅ…」

姉「よしよし…痛いの痛いの飛んでけー…」

弟「(この仕打ち…許せない…!)」ワナワナ

弟「責任取れよ」

姉「え…」

弟「不可抗力とはいえ、俺の股間が大ダメージだ!」

姉「だって…!あんなに強く掴むから」

弟「俺は腕!姉ちゃんは股間!」

弟「重さが違うんだ!」

姉「(弟のオチンチンがどんどん大きくなってる…)」

弟「おい!聴いてるのか」

姉「(こんなに成長したんだね…お姉ちゃん感激だよ)」

弟「おい!阿婆擦れ!」

姉「む」

姉「うるさいっ」

ボゴォ!

弟「ひゃあああん!!」

姉「ふうっ…」

弟「あ…ぐぐぐ…」

姉「阿婆擦れはNGワードだよ」

弟「ひぃひぃ…」

姉「ん…」

姉「(ちょっとやり過ぎたかな…)」

弟「バーカバーカ!姉ちゃんのノーパン!」ダッ

姉「ちょっと!どこ行くの!?」

姉「(パンツも履かずに…)」

支援支援セイン

(つまんねえな・・・)

公園

弟「畜生…まだ疼きやがる…」ズキズキ

弟「はぁ…」

姉「やっぱりここだっ」ヒョコ

弟「ね、姉ちゃんっ」

姉「ふふっ…昔からそう、泣くと公園の滑り台に来るんだよね」

弟「うるせぇな、何しに来たんだよ…」

姉「…さっきはごめんね」

弟「…」

姉「痛かった?」ナデコナデコ

弟「はぁ」

弟「もう収まったよ」

姉「よかったぁ…」

弟「(ずるいよ姉ちゃん、そんな申し訳なさそうな顔してよ)」

姉「よし、じゃあ帰ろ」

弟「おう…」

姉「…子供の時みたいに手繋ご」

弟「…」

弟「ほら」ギュ

姉「私より大きくなったね、身長も手も」

弟「姉ちゃんチビだからな」

姉「むぅ」

弟「怒んなって」

姉「…ふふっ、怒ってないよ」

姉「けど、下は履いてね」

弟「」





え?あ?
・・・・乙

弟「ぱ…、ぱ…?」

姉「パンツ」

姉「ほら、今脱いだげるね」スルスル

弟「あ…っ」

姉「はい」ホカホカ

姉「お姉ちゃんがずっと穿いてた、ほかほかパンツだよ」

弟「お、お姉ちゃっ…」

姉「嗅いでみる…?」

弟「え?」

姉「はいっ」ポフ

弟「…!?」

弟(お、お姉ちゃんの匂いが…っ!)

ムクムクムク

姉「…」

弟「くんくん、くんくんっ」

姉「…」

弟「はぁはぁ、くんくんっ…」ビンビン

スッ

弟「あっ」

姉「お試し期間終了〜♪」

続きはよ

なんという良スレ

姉「もぉ、お姉ちゃんの目の前で発情しすぎ!」

弟「…っ」

弟(我を忘れちゃってた…)

姉「…で、どーしますか?」

姉「一万円だよぉー?」ニヤニヤ

弟「…!」ビンビン

弟「そんなにお金持ってない…」

姉「ふーん、そっかぁ」

姉「残念だったね…?」ナデナデ

弟「…」

弟「…」

姉「…ふふ」

姉「ほんとに残念そうな顔」

姉「さっきの匂いを思い出しながら一人でするしかないもんね」

弟「…!」

弟「ち、違っ…!」

姉「やっぱり、嗅ぎながらしたいよね…?」

弟「…」

姉「ふふ」

姉「すごくおっきくなってるの、分かるもん」

弟「…」

姉「…」

姉「じゃあ、こうしよっか」

弟「?」

姉「キスで、お姉ちゃんを気持ちよくできたら、タダであげる」

続けて

弟「一枚一万円、流石に高いよ……」

姉「じゃあ五千円でいいや、さあ、どうするの?」

弟「一枚五千円かぁ、確か持ってるのは十枚から二十枚くらいだよね」

姉「え?」

弟「タンスから、いちにーさん……十四枚だね、はい、七万円」

姉「え、えっと弟?」

弟「それと五千円、それじゃあ最後の一枚も貰うね」

姉「ちょっ、ちょっと待って!」

弟「スカートのまんまで良かった、よいしょ」

姉「へっ、変態! 返しなさい!」

弟「もう僕のだもん、お金あるんだから買いに行きなよ」

姉「買いに行くったってノーパンじゃ……」

姉「しかも脱ぎたてだよ」

姉「悪い話じゃないと思うけど」

弟「…」

ドンッ

姉「!」

弟「全部だ…全部いただこう!」

姉「そ…そんな…」

弟「早速、今履いているものを貰おうか」

姉「(目がマジじゃん…)」

姉「(弟の前でパンツを脱衣するなんて…そんなこと)」

弟「どうした?」

姉「あ…あっち向いててっ」

弟「なんでだ、こっちは客だぞ」

姉「だって恥ずかしいよ…」

弟「金はパンツより重い、それが嫌ならこの商談は無しだ」

姉「わ、わかったよ…」

姉「(うう…)」

弟「ふーっ…この煙草を吸い終えるまでがタイムリミットだ」

姉「…わかったからっ、焦らせないで」

姉「…」ヌギヌギ

パサラァ…

姉「ぬ、脱いだよ…///」

弟「よし、ほら一万」

弟「(ほんのり温かい…そして微かに香る雌の匂い)」

弟「(これで一万なら安いもんだ)」

弟「…」クンカクンカ

姉「だっ…だめぇっ!」

弟「なんだ」

姉「テイスティングしないでよ…」

弟「何を言ってる、このパンツの所有権は俺にある」

弟「何しようが俺の自由なはずだが?」

姉「(うざっ)」

姉「とっ…とにかくテイスティングはダメだから」

弟「わがままな女だな」

姉「(むむぅ…)」

姉「(むかついてきた…)」

イイヨイイヨー

テイスティング

二人はどんな関係なんだ

興味津々です〜続けてください

姉「はい」

弟「何…」

姉「一万で弟のパンツを買うわ」

弟「(なに!?ここで反撃に転じるとな…)」

姉「ね?いいでしょ」

弟「生憎、売るようなパンツは持ち合わせていないんでね」

姉「…」

姉「ぐすっ…うぇぇ…」

弟「なに…泣いてんだ」

姉「パンツ欲しいんだもん…うっ…ぐすん…」

弟「」

姉「お願いだから…パンツちょうだい…!」ギュウ

弟「(ノーパンの姉が抱き着いてる)」

弟「(断れるはずもなく)」

犯してしまった

流れにちょッと笑った

姉「ふふふっ…」ニコニコ

弟「さて…」

姉「…!」ジッ

弟「そんな凝視すんな!」

姉「別にいいじゃない、こっちはお客様よ?」

弟「ぐぬぬ…」

弟「(この戦い…圧倒的に不利だ!)」

弟「(ズボンを脱いだ後、パンツ脱いだら…俺の見られちゃう)」

弟「(恥ずかしいよぉ///)」

姉「早くぅ」

弟「えーと…用事があったんだった」

ヒシッ

姉「逃がさないんだから…ね」

姉「恥ずかしいなら、お姉ちゃんが脱がしてあげるね…」

スルスル

弟「やっやめおろぉ!」

姉「ジッとしてなさい、危ないから」

弟「(確かに今暴れて転んだら大変なことになる)」

弟「(ケツ穴まで見られてしまう…!)」

姉「そう…いい子だね」

弟「…ゆっくり頼む」

姉「うん、優しくそーっとね…」

スールスール…

弟「(四面楚歌だ…)」

パンツ食った

いいぞ

姉「はい、おしまい」

弟「……///」ササッ

姉「ふふっ、隠さなくてもいいよ」

姉「隠し切れてないから」

弟「(ノーパンのせいで勃起してもうた)」

姉「すん…すん」

弟「やっやめおろぉ!」

姉「きゃんっ」

弟「テイスティングはやめろ!」

姉「痛いよっ…離して」

弟「いいか?テイスティングはやめろと言ってるんだ!!!」

姉「う…う…」

姉「うるさいっ!」

ギュム

弟「はぅあ!」

弟「あ…ああ…」

姉「あ、ごめんっ…大丈夫!?」

弟「馬鹿野郎、握りが強すぎだからぁー…」

姉「ご…ごめんね」

弟「うぐぐぅ…」

姉「よしよし…痛いの痛いの飛んでけー…」

弟「(この仕打ち…許せない…!)」ワナワナ

弟「責任取れよ」

姉「え…」

弟「不可抗力とはいえ、俺の股間が大ダメージだ!」

姉「だって…!あんなに強く掴むから」

弟「俺は腕!姉ちゃんは股間!」

弟「重さが違うんだ!」

姉「(弟のオチンチンがどんどん大きくなってる…)」

弟「おい!聴いてるのか」

姉「(こんなに成長したんだね…お姉ちゃん感激だよ)」

弟「おい!阿婆擦れ!」

姉「む」

姉「うるさいっ」

ボゴォ!

弟「ひゃあああん!!」

姉「ふうっ…」

弟「あ…ぐぐぐ…」

姉「阿婆擦れはNGワードだよ」

弟「ひぃひぃ…」

姉「ん…」

姉「(ちょっとやり過ぎたかな…)」

弟「バーカバーカ!姉ちゃんのノーパン!」ダッ

姉「ちょっと!どこ行くの!?」

姉「(パンツも履かずに…)」

支援支援セイン

(つまんねえな・・・)

公園

弟「畜生…まだ疼きやがる…」ズキズキ

弟「はぁ…」

姉「やっぱりここだっ」ヒョコ

弟「ね、姉ちゃんっ」

姉「ふふっ…昔からそう、泣くと公園の滑り台に来るんだよね」

弟「うるせぇな、何しに来たんだよ…」

姉「…さっきはごめんね」

弟「…」

姉「痛かった?」ナデコナデコ

弟「はぁ」

弟「もう収まったよ」

姉「よかったぁ…」

弟「(ずるいよ姉ちゃん、そんな申し訳なさそうな顔してよ)」

姉「よし、じゃあ帰ろ」

弟「おう…」

姉「…子供の時みたいに手繋ご」

弟「…」

弟「ほら」ギュ

姉「私より大きくなったね、身長も手も」

弟「姉ちゃんチビだからな」

姉「むぅ」

弟「怒んなって」

姉「…ふふっ、怒ってないよ」

姉「けど、下は履いてね」

弟「」





え?あ?
・・・・乙

弟「ぱ…、ぱ…?」

姉「パンツ」

姉「ほら、今脱いだげるね」スルスル

弟「あ…っ」

姉「はい」ホカホカ

姉「お姉ちゃんがずっと穿いてた、ほかほかパンツだよ」

弟「お、お姉ちゃっ…」

姉「嗅いでみる…?」

弟「え?」

姉「はいっ」ポフ

弟「…!?」

弟(お、お姉ちゃんの匂いが…っ!)

ムクムクムク

姉「…」

弟「くんくん、くんくんっ」

姉「…」

弟「はぁはぁ、くんくんっ…」ビンビン

スッ

弟「あっ」

姉「お試し期間終了〜♪」

続きはよ

なんという良スレ

姉「もぉ、お姉ちゃんの目の前で発情しすぎ!」

弟「…っ」

弟(我を忘れちゃってた…)

姉「…で、どーしますか?」

姉「一万円だよぉー?」ニヤニヤ

弟「…!」ビンビン

弟「そんなにお金持ってない…」

姉「ふーん、そっかぁ」

姉「残念だったね…?」ナデナデ

弟「…」

弟「…」

姉「…ふふ」

姉「ほんとに残念そうな顔」

姉「さっきの匂いを思い出しながら一人でするしかないもんね」

弟「…!」

弟「ち、違っ…!」

姉「やっぱり、嗅ぎながらしたいよね…?」

弟「…」

姉「ふふ」

姉「すごくおっきくなってるの、分かるもん」

弟「…」

姉「…」

姉「じゃあ、こうしよっか」

弟「?」

姉「キスで、お姉ちゃんを気持ちよくできたら、タダであげる」

続けて

弟「一枚一万円、流石に高いよ……」

姉「じゃあ五千円でいいや、さあ、どうするの?」

弟「一枚五千円かぁ、確か持ってるのは十枚から二十枚くらいだよね」

姉「え?」

弟「タンスから、いちにーさん……十四枚だね、はい、七万円」

姉「え、えっと弟?」

弟「それと五千円、それじゃあ最後の一枚も貰うね」

姉「ちょっ、ちょっと待って!」

弟「スカートのまんまで良かった、よいしょ」

姉「へっ、変態! 返しなさい!」

弟「もう僕のだもん、お金あるんだから買いに行きなよ」

姉「買いに行くったってノーパンじゃ……」

 - 未分類 ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
★育ちの良い美しい令嬢の女体はつる肌

 俺三十代既婚、彼女二十代独身。彼女、目パッチリ鼻筋通って唇ぽってりの、まあ所謂超美人。髪の色が結構明るいので、夜見ると銀座の高級クラブのお姉さんに見えなくもない。こんないい女なのに彼氏なし…何故かと言うと、父が同じ旧財閥系企業の元役員という事もあり、なかなか皆手を出しづらいようだったから。 見た目は凄いんだけど、育ちが良いのか中身は結構素朴で感じの良い女の子だった。ある飲み会の二次会、既に大半は

no image
慰安婦妻

10代の少年達は、1ケ月もすると妻の体に飽きてきたのでしょう。いくら若く見られると言っても40代の妻ですから。少年達の多くの精液を体内に受け入れ、性欲処理どころか精液処理のティッシュにのように口を使わされただけの妻でした。さすがに彼らには、40代の人妻を…

no image
さっきまでバイブオナニーしてました

22歳の優子です。去年、結婚したけど子供はいません。 週末の夜だけ居酒屋でバイトしてます。私は38歳の店長と愛人関係です。彼は妻子持ちなのでダブル不倫です。旦那が仕事に行っている日中に店長と会ってホテルでエッチしてます。私はフェラするのが大好き。精液を顔や体にかけてもらうと興奮する変態女です。普通にホテルでセックスするよりも、車や路上などで露出プレイをしたり・・オナニーを他人に見てもらう方が好き。

no image
妻の男遍歴

俺が妻と出会ったのは俺が26歳で妻が35歳の時だった。それは土・日曜日の前の金曜日の夜のことだった。久しぶりに開放感を味わえたくて、彼女のいない俺は安い居酒屋に行った。雰囲気よりも一週間の仕事からの開放感を味わいたくて、一人夕食を兼て飲んでいると偶々向か…

no image
リストカットした男

今まで恋愛やら修羅場やら結構あったんだけど思い出すと一つ変わった修羅場があったので書いてみる。面白くなかったらすまない。当時俺は20代前半。前の彼女と別れて少しへこんだ日が続いていました。それでもバイトしながら、それなりに楽しい生活を送ってました。そんな時…

no image
10年先のラブストーリー

社会人になり、出会いもなく、暇潰しにと、出会い系サイトで一人の女性とメールのやりとりをするようになった。彼女は33歳の独身で、自己PRには「名前は沙希。小柄で童顔」と書いてあった。俺とは10歳年の差があったけど、年上で童顔がタイプの俺にとっては絶好の相手が見付…

no image
母と旅行に

もう5年前のことです。私が大学の4年生、母が46歳だったと思います。母が趣味の陶芸講習付き2泊3日の温泉旅行パックにイヤイヤつき合わされました。館内の和食風のレストランで同じ目的のパックできたご夫婦が2組と男性2、3人と私たちのパック一団が同じテーブルで食事を…

no image
ロリッ子

いきなり元カノ有希からTEL。「今日飲みにいかない?」有希からの連絡は2年ぶり位。特に用事も無かったので、飲む約束をした。新宿駅で待ち合わせ、歌舞伎町のチェーン居酒屋へ。有希とは20歳の頃に1年位付き合っていた。当時結婚願望の強かった有希に対して、自分はまだま…

no image
★美味しいスケート部の告白

 フィギュアスケートって、女性には人気なんだけど、男性には全く人気が無くて、これほどおいしいスポーツはありません。俺も今、大学生なんだけど、スケート部の中でフィギャア部門は女子部員17人いて、男は俺1人。モテナイ訳ないよ。特にペアは、女の全身触りまくり、抱きまくりで楽しいよ。 そんな俺の初体験聞いてよ。悲しくもあり、楽しくもあった高校時代です。 俺って自分でいうのも何だが、高校一年で身長が183センチ、

no image
アダルト系の出会いサイトで若妻との体験

 都内に住む人妻、といってもまだ22歳、若妻だった。彼女とはなぜかアダルト系のサイト若妻快楽世界で知り合った。高校を卒業してスグ、18歳で結婚。すぐに子供が生まれ、保育園に預けながら某洋服販売店でバイトしていたらしい。18歳で結婚したけど、決してすれてるわけではなく、それと正反対のマジメな純朴な子。街中でキャッチセールスに捕まると、延々と話を聞いてしまうのだそうで、他人を疑うことを知らないらしい。