エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

みんなの前で犯されてしまった傲慢キャバ嬢のエッチな体験談

   

みんなの前で犯されてしまった傲慢キャバ嬢のエッチな体験談

  • 2014/05/23
  • 12:00
私は21歳で名前はカナと言います。
18の時からキャバクラで働いてました。
お店のオーナーとみんなには内緒で付き合っていて 結婚も考えていました。

彼氏がお店のオーナーなので私だけ遅刻が許されたり 売上がNo.1だったのもあって私は態度がでかくなってしまい ボーイをアゴで使ったりもして毎日良い気分で仕事してました。

先日のある土曜日、もう日付が変わって日曜日の深夜になった頃 明らかにカタギの人とは違う雰囲気の人たちが 四人でお店に来てオーナーと厨房で何か大きな声で話してました。

そのあと四人は一番奥のボックス席に入りました。
私はオーナーに厨房に呼ばれて

「カナ、あいつらの席につかないで今日はもうタクシーで帰って」
「俺、あいつらに金借りてて今日が期限なんだけど用意できなくてよ。」
「他の席にオールチェックかけてみんなあそこにつけるから。」
「あいつら払えないなら好きにさせろやって言うから。お前は今すぐ帰って」

私は「わかったよ。気を付けてや。」って言うとカバンを持ってドアから出ようとしました。
でもトイレに入っていたあの中の一人に見つかってしまい。

「おー姉ちゃんどこ行くんや?俺らのとこ来いや。」
って無理矢理つれて行かれてしまいました。
そいつらはオーナーも席に呼び 「おい黙って女帰さすとはどういう事や?コラぁ。」
「おめぇの女なんか?そーやろ?携帯見せてみいや。」

とオーナーの携帯を奪い取りデータフォルダを見始めました。
「おー仲良く撮れてるやんけ。」
私とオーナーのプリ画やキス写メが見つかってしまい完全にバレてしまいました。
「俺らこの女とやるわ。おまぇそこで見てろや。」

そう言うと私はソファーに押し付けられ二人がかりで脚を開かそうとしました。
「い、いや!ちょっと辞めてや!お前らふざけんなよー。」

私は必死で抵抗しました。腕を噛んだりもしました。
普段から客と私はぜったいにレイプなんかされない自信あるって話してたけど
実際に男二人に本気でされてみると抵抗なんかほとんど無意味で あっけなくソファーの上でM字開脚させられ押さえつけらえたまま ついに私はピンクと黒のTバックのショーツをボーイ達に晒してしまいました。

私は「もうだめや。ぜったいみんなにマンコも見られてまう。」そう感じました。

オーナーだけじゃなく普段からアゴで使ってたボーイの三人も見てるのが本当に嫌で
それだけはと思ってボーイに 「あんたらあっち行ってて見んといてや!」と言いました。

そしたらそいつらの中の一番偉そうな奴が
「ここにいろってんじゃ。よー見とけや。おまえら。こいつのオマンコ見せたる!」
「顔見知りの女のオメコ見るんはたまらんやろ。」

そう言うとショーツに手をかけて 私は必死に「あっち向いてお願いやで。ほんと無理だから。」
泣きそうな顔になってたと思う。でもみんなジッとショーツを見たままで 一瞬すーっとした感触がして私はついにオマンコを剥き出しにされた。

私は「もう終わった。プライドこなごなぢゃん!」と思い全身がカーって熱くなるほど恥ずかしく オマンコも初体験の時以上に濡れてしまっているのがわかりました。

そいつらはボーイの一人の髪の毛を掴んで
「おい!おまえオメコ舐めてやれ。毛も薄いし色も形も綺麗なマンコやぞ」

そしたらボーイは 「カナさんすいませんごめんなさい。」
そう言うと私のマンコをむしゃぶるように舐めてきました。
興奮してるのが伝わってくる激しい舐めかたでした。

私は必死で声を出さないようにしてましたでも。
「フッ!んーフッっフッー。」
ってはい回る舌の感触に鼻息が荒くなってしまって それが余計に皆を興奮させてしまったようでした。

「もういいおまえどけ!」
そういうと一番偉そうな奴は勃起した巨大なチンポを出して 「ぶちこんでやるわ。彼氏の目の前でな。」

私は床に押し倒される一瞬、オーナーの方に目をやると向かいのソファーで頭を抱えソワソワ貧乏揺すりしている姿が目に入りました。

その姿を見て私は絶対やられるのは嫌だと思って思いっきり暴れました。
「やめろよーいれたらぶっ殺してやるからな!」
そいつのチンポがマンコの入り口に触れる度に暴れまわりのたうち回って 五分ぐらいは私の絶叫と共に必死の抵抗を続けました。

でも疲れてしまって一瞬気が緩んだ時に、ズニュルって強烈な快感が私を貫きました。
思わず私は「あーーーーダメー。抜いてー」って叫んでしまいました

パンパンになった亀頭が子宮口まで一気に突き刺さってしまったのです。
「ウホッーあったけぇなカナちゃんのオマンコ。」

そこからは正常位で強烈なピストンされました。
私は急に無言になり歯を食いしばって必死に快感に耐えました。

ボタンが飛んでしまったブラウス ずり上がったブラジャー ビンビンに勃起した乳首 オーオーってきもい奴のきもいあえぎ声。

でもチンポが入った私のオマンコもはグチョ濡れで アナルにまで恥ずかしい汁が垂れてるのが自分でもわかった。
その時かな?急に頭が真っ白になって我慢できなくなった
「あっあっあっあっ」
「あッイグあッイグ ダメダメごめんごめんイクイク」

私の体と膣は痙攣して
「うお締まる!」
って言ったままそいつは私の中に射精した。




何回も何回も思い出して オナニーしちゃいます。




エッチ体験談、セックス体験談!エロ体験談、オナニー、射精、痙攣、ピストン、アナル、キャバ嬢、チンポ

 - 投稿体験談 , , , , , , , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
かわいそうな精処理女

俺は47歳の地方都市に住む平凡な会社員です。この話は同じ街に住む女性の過去から現在に至る話です。俺が見たことだけでなく連れや知り合いとかから聞いたことも含めての彼女の話になります。彼女の名前は いくみ (仮名)といい今は同じ47歳、パートで週5日ほど事務の仕事をしてる小太りな平凡な中年女です。彼女を初めて知ったのは高2の時でした。連れの昇平(仮名)の彼女でした。ポチャでしたが可愛い顔をした普通の女子高生っ

no image
エレベーターの中で夢ような痴漢をしました

昨日、新宿の超有名百貨店のエレベータの中で、痴漢した。その時はまさしく、お昼時で、最上階のレストラン街に行く人達でエレベーターホールはとにかく混雑していた。やっとのことで直通のエレベーターが来て、ドアが空いたのでいっせいに乗り込んだ。まさか、こんなところで痴漢とは考えてもいなかった、そのときは、、、。ドアが閉まる直前に、さらに大勢の人が無理やり乗り込んできた。その人ごみにドドッーと押され、かなり奥

no image
熱心に全身舐めまわし、噛み、そして…

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消せます。ラブホテルにでも泊まればいいかと考え、普通のホテルは予約せずに彼女と旅をした。食事をした後適当に車で走りながらホテルを探し、ホテル名が漢字では無い所に入ってみた。(漢字名のホテルって何か嫌な感じ)その場所は田舎で余りホテルが無く、それ程汚くも無いからって理由で入ったのだが、駐車場には結構車が停めてあって、

no image
コーヒーレディとコスプレセックス体験談

 自宅から出て一人暮らしをし、学生時代から始めたスロット。 少ないながらも年間100万円以上の収支を出していた。 ある事情から自宅に戻る事になり、地元のスロット店へ通いだす。 2年前の冬。通うパチ屋にコヒーレディーが派遣されるようになった。 自動販売機で買えば120円で済むのに、1杯15枚のコイン(300円)もする。 当然、そんな高いのはもったいないから、何人かいるコーヒーレディ−が回ってきて「お飲み物はいかが

no image
僕にとって女神…マンコ妻に調教していきます

去年の夏、出会い系サイトを通じて衝撃的な出会いをしました。知り合ったのは神奈川県在住の人妻さん。良い感じに可愛いギャル系の奥様です。その美人ギャル妻との出会いが、どうしてこんなにも衝撃的かといえば、人妻としては犯罪的とも言える彼女の年齢にあります。信じてもらえないかもしれませんが、現在彼女は17歳。その17歳の彼女には、3つ年上の旦那と6ヶ月になる子供がいるのです。妊娠発覚後、高校は中退したそうですが

no image
初めての浮気、初めてのお持ち帰りでのドキドキ体験談

浪人時代の友達との飲み会での話。10年以上の話だが、初めての浮気で、初めてのお持ち帰りだったから鮮明に覚えてる。受験が終わり、仲間のほとんどが合格したということで、みんなで飲みに行くことになった。その中に、ずっと俺が気にいった女の子もきていた。その子は、若い頃の広末似そっくりだった。(髪は少し長かったが)今まで、二人っきりで話をした事があまりなかったので、これを機に、少しでも親密になればと思っていた

no image
セックスになるとエロいアンバランスな彼女

ちょっと面白い体験をしたので書いてみる。自慢交じり、面白交じりだ。合コンで知り合った子で、俺は20代後半、彼女は20代前半。彼女は放送業界でフリーターみたいなのをやってるんだと言っていた。俺はごく普通のサラリーマン。彼女はやや人見知りで世間に疎い感じの子だけど、素直で優しい印象の子だった。(世間に疎いというのは、例えばサラリーマンの生態を基本的に判ってなかったり)しかし、SEXがやたらとエロかった。1回目の

no image
硬いし、太いし、すごいね

中学のころの話 小学校のころ毎日のようにけんかをしていた俺は当たり前だが、要注意人物として中学に進学した。 入学式の日から、校長に名前で呼ばれるぐらいだから顔と名前は教師には知られていたんだと思う。 そんな俺の担任になったのは、新任理科教師の橋本真奈美先生だった。ちなみにバレー部顧問。 特に成績が悪いわけでも無く、球技音痴でも体育の成績はそんなに悪くなかったが、ゲームセンターで補導されたり学校休ん

no image
酔って部長の物を締め付けいきまくりました

 小倉君は普段から仕事の相談をしたり、愚痴を聞いてもらったりする仲でしたが、渡辺先輩とはそれまで話をしたことは無かったと思います。でも場の雰囲気を盛り上げるのが上手で、よく気がつく面倒見の良い人で新人さんにも人気がありました。研修の最終日には、打ち上げ替わりの新入社員による余興などがあり、人事部長など偉い方もいらっしゃって賑やかに楽しく終了しました。 新入社員は研修センターに泊まりますが、私達はビ

no image
首筋をハムハム吸い込む

もう下着もビショ濡れでクチュクチュ音がするくらい感じてたんだけど、やっぱりイケなくて…そのうち起きなきゃいけない時間になったので、シャワーを浴びて何とか気持ちを切り替えて学校に行きました。でも頭の中に靄が掛かったようにボンヤリして、自分の席に座ってるのがやっと。3時間目になって、もう変な事も考えてないし触ってもないのにアソコがジワーッと気持ち良くなり始めて、どうしていいか分からなくなりました。説明し