エッチ体験談まとめ

エッチな体験談を今夜のおかずに

*

僕の夏

   

情けないことに、僕は死んでしまいました。
ここだけの話ですが転落死です。
お恥ずかしながら僕はある女性に恋をしていました。
彼女の名前は由紀といいます。
その語感どおり雪のように綺麗な白い肌をした女性でした。
僕は一目見て、恋に落ちたのです。
由紀は大学二年生で、近所の書店でアルバイトをしていました。
無類の読書好きの僕は、これは紛れもなく運命だと思いました。
僕と由紀は結ばれるためにここで出会ったのだと、そう確信したのです。
僕は勇気を振り絞って、彼女に手紙を渡しました。
とは言っても手渡しでは恥ずかしがるだろうと思い、自転車のカゴへ。
アルバイトが終わり、僕の手紙に気付いた由紀は、それを鞄に入れて帰りました。
僕は幸せでした。
これで彼女に想いが伝わったからです。
明日からは晴れて、運命の相手である僕との幸せが彼女に待ち受けていました。
ですが、彼女からの返事はありませんでした。
むしろ毎日足繁く書店に通う僕と目が合うたびに、由紀は怯えた表情を浮かべるようになったのです。
僕は心外でした。
由紀のことを幸せにできるのは僕だけなのに、彼女は何も分かっていないのです。
それからというもの、僕は毎日アルバイトが終わる由紀を待ちました。
雨の日も、風の日も、夏の暑い日も、雪の日も。
彼女は僕を避けるように、急いで自転車をこいで去っていきます。
毎日、毎日、去っていきます。
僕は逆に考えました。
由紀の家で待ったほうが効率がいいのではないか?と。
我ながら名案だと、よろこび勇んで由紀のマンションに行きました。
八階建ての彼女のマンションは、非常階段からはしごで屋上に行けるようになっていました。
以前下調べをしていたのが役に立ちました。
僕は由紀の部屋に、屋上からそっと訪問するつもりでした。
ですが、あいにく雨の夜。
僕は足を滑らせて転落したのです。
そうして僕は死にました。

暗い、深い闇に僕は吸い込まれていきました。
その後で急に真っ白な光に包まれた僕は、驚きました。
気がつくと僕は、由紀の部屋の中にいたのです。
僕は自分の想いがどれほど強いものだったか、改めて実感しました。
死んだ後もなお、僕は由紀を見守りながら、永遠に側にいるのです。
僕はじっと由紀のベッドの枕元で、由紀の帰りを待ちました。
夏の雨上がりの、湿度の高い夜でした。
由紀は帰ってくるなり白いブラウスを脱ぎ捨てました。
その下の黒いタンクトップの胸元に、僕は吸い込まれるように近寄っていきました。
でも由紀は僕に気付かず、べたつく汗を流したいのか、お風呂へ向かいました。
僕は紳士的な守護霊となり、由紀を見守ることを誓いました。
お風呂から出てくる彼女を、天井に佇みながらじっと待ちました。
やがて、さっぱりした顔をして由紀が部屋に戻って来ました。
恥ずかしながら初めて見る女性の全裸でした。
その柔らかな白いカーブに、僕は見とれました。
ああ、本当なら僕が生きている間に、その肌に触れたかった。
でも今は叶わぬその想いを、せめて一瞬でも味わいたいと僕は願いました。
気がつくと僕は由紀の裸の胸に近づいていました。
細身だと思っていた由紀の美しいその丘陵に、僕は迷わず触れました。
柔らかさや、肌のすべらかな感触を味わうことはかないませんでした。
僕はもう生身の人間ではないのです。
それでもこの高まる情熱をどうしても伝えたくて、僕はそっと胸元にキスをしました。
するとどうでしょう。
僕の中に、彼女の火照った情熱が、激流のように流れこんでくる気がしました。
初めて触れる彼女の肌、由紀の胸元に浴びせた僕の熱いキス。
次の瞬間、奇跡が起きました。
由紀と僕の目が合ったのです。
強い想いがやっと通じ合ったのだと、僕は喜びに浸りながら、由紀をじっと見つめました。
一瞬驚いたような、困惑したような表情をした由紀ですが、すぐにいつもの表情に戻りました。
ふっと強い風が僕の身体を吹き抜ける感覚がありました。

「あー、刺された。最悪」
手のひらで潰れた蚊と、吸われたばかりの赤い血を由紀はティッシュて拭くと、それを丸めてゴミ箱へ捨てた。
情けないことに、僕は死んでしまいました。
ここだけの話ですが転落死です。
お恥ずかしながら僕はある女性に恋をしていました。
彼女の名前は由紀といいます。
その語感どおり雪のように綺麗な白い肌をした女性でした。
僕は一目見て、恋に落ちたのです。
由紀は大学二年生で、近所の書店でアルバイトをしていました。
無類の読書好きの僕は、これは紛れもなく運命だと思いました。
僕と由紀は結ばれるためにここで出会ったのだと、そう確信したのです。
僕は勇気を振り絞って、彼女に手紙を渡しました。
とは言っても手渡しでは恥ずかしがるだろうと思い、自転車のカゴへ。
アルバイトが終わり、僕の手紙に気付いた由紀は、それを鞄に入れて帰りました。
僕は幸せでした。
これで彼女に想いが伝わったからです。
明日からは晴れて、運命の相手である僕との幸せが彼女に待ち受けていました。
ですが、彼女からの返事はありませんでした。
むしろ毎日足繁く書店に通う僕と目が合うたびに、由紀は怯えた表情を浮かべるようになったのです。
僕は心外でした。
由紀のことを幸せにできるのは僕だけなのに、彼女は何も分かっていないのです。
それからというもの、僕は毎日アルバイトが終わる由紀を待ちました。
雨の日も、風の日も、夏の暑い日も、雪の日も。
彼女は僕を避けるように、急いで自転車をこいで去っていきます。
毎日、毎日、去っていきます。
僕は逆に考えました。
由紀の家で待ったほうが効率がいいのではないか?と。
我ながら名案だと、よろこび勇んで由紀のマンションに行きました。
八階建ての彼女のマンションは、非常階段からはしごで屋上に行けるようになっていました。
以前下調べをしていたのが役に立ちました。
僕は由紀の部屋に、屋上からそっと訪問するつもりでした。
ですが、あいにく雨の夜。
僕は足を滑らせて転落したのです。
そうして僕は死にました。

暗い、深い闇に僕は吸い込まれていきました。
その後で急に真っ白な光に包まれた僕は、驚きました。
気がつくと僕は、由紀の部屋の中にいたのです。
僕は自分の想いがどれほど強いものだったか、改めて実感しました。
死んだ後もなお、僕は由紀を見守りながら、永遠に側にいるのです。
僕はじっと由紀のベッドの枕元で、由紀の帰りを待ちました。
夏の雨上がりの、湿度の高い夜でした。
由紀は帰ってくるなり白いブラウスを脱ぎ捨てました。
その下の黒いタンクトップの胸元に、僕は吸い込まれるように近寄っていきました。
でも由紀は僕に気付かず、べたつく汗を流したいのか、お風呂へ向かいました。
僕は紳士的な守護霊となり、由紀を見守ることを誓いました。
お風呂から出てくる彼女を、天井に佇みながらじっと待ちました。
やがて、さっぱりした顔をして由紀が部屋に戻って来ました。
恥ずかしながら初めて見る女性の全裸でした。
その柔らかな白いカーブに、僕は見とれました。
ああ、本当なら僕が生きている間に、その肌に触れたかった。
でも今は叶わぬその想いを、せめて一瞬でも味わいたいと僕は願いました。
気がつくと僕は由紀の裸の胸に近づいていました。
細身だと思っていた由紀の美しいその丘陵に、僕は迷わず触れました。
柔らかさや、肌のすべらかな感触を味わうことはかないませんでした。
僕はもう生身の人間ではないのです。
それでもこの高まる情熱をどうしても伝えたくて、僕はそっと胸元にキスをしました。
するとどうでしょう。
僕の中に、彼女の火照った情熱が、激流のように流れこんでくる気がしました。
初めて触れる彼女の肌、由紀の胸元に浴びせた僕の熱いキス。
次の瞬間、奇跡が起きました。
由紀と僕の目が合ったのです。
強い想いがやっと通じ合ったのだと、僕は喜びに浸りながら、由紀をじっと見つめました。
一瞬驚いたような、困惑したような表情をした由紀ですが、すぐにいつもの表情に戻りました。
ふっと強い風が僕の身体を吹き抜ける感覚がありました。

「あー、刺された。最悪」
手のひらで潰れた蚊と、吸われたばかりの赤い血を由紀はティッシュて拭くと、それを丸めてゴミ箱へ捨てた。

 - 未分類

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

no image
輪姦の思い出

 中学校3年の1学期。周りの頭のいい連中は受験を意識して勉強に励み、あんまり頭の出来のよろしくない連中も周りの雰囲気に?勉強しなくては!?と焦り始めた頃の事。更に頭のよくない俺は?高校受験などしなくてもいいや、?と、3人の仲間と毎日遊び呆けて、学校も行ったり…

no image
★バイト先の年上の美人な人妻

 オレが居酒屋チェーン店でバイトしてた頃、パートに美香さんという美熟女がいました。歳は30代後半ですが見た目的には20代後半ぐらいでバツイチで中学生の娘がいました。その店には、おっさんとおばさんばかりが働いていたので、オレはどうやら美香さんのお気に入りでした。  オレも美香さんいいなぁと常日頃から思っていました。ある日狭い更衣室でまかないを一緒に食べていたとき、思い切って携帯番号を渡しました。オレには

no image
息が

何やら心地よい気持ちで眠っていたら急に、のどに何か使った感じで息ができなくなってゲホッってむせたその苦しさで目が覚めたはずなのに、何も見えないいったい何が起こってるんだいったいどうしたんだと思っても何が何やらさっぱりわからない何度も何度も何度も口の中に何…

no image
お葬式の夜に・・・。

 僕がスカウトされて、相撲部屋に入ったのは16歳の時でした。実家は秋田市内で、郷土料理店「秋田藩」を開いていました。両親も相撲好きで、僕は小学生のころから相撲の選手で、15歳で背も165cm近くあり体重も80キロはありました。が、その頃にはもう童貞を失って…

no image
妹の浮気・続き

 妹が従兄弟のKと浮気をしている事が分かった私は、悶々としていた。 妹家族はその晩泊まった。妹は友達に会ってくると言って家を出た。きっとKの所に行ったのだろう。今頃ホテルかどこかでセックスしているのだ。 私は何も知らない妹の夫が気の毒に思えてきた。 私ひ…

no image
会社の同僚を逆さ撮りしたったwwwww

昨日職場にいたのは、俺とバイトのゆきちゃん(21歳)とY介(19歳)の3人。仕事が終わって片づけをしてる時に、ゆきちゃんが前屈みになって、机の上で書き物をしてた。「これは!」と思って急いで向かい側に回ると、白ブラと豊かなおっぱいの谷間が丸見え。しばらく堪能…

no image
中二の秋くらい、同級生とAV見たりいろいろした話

学校の文化祭の企画で、土曜の昼過ぎに級長(女子)の家に、副級長の女子と自分(男子)に行った。学校でやってもよかったんだけど、級長の親が法事か何かで土日いなかったから級長の家でやることになった。校門で待ち合わせている時から、初めて同級生女子の家に入るのがす…

no image
おもちゃにされています

30代後半の独身OLです。年齢とともに男性に相手にされなくなり、今ではオナニーばかりしています。職場で女性は私だけなので、よくトイレでローターを使ってオナニーしてます。女性が入ってくることはないし、男子トイレとも離れているから気兼ねなくオナニーできるのです。…

no image
★男性諸君に言いたい事

 男の人が生でしたい気持ちはわかるけど、ゴムは言われなくてもするのがマナーでしょう!生で入れても良い?って聞かれると、責任と思いやりがない人に思えて冷めてしまいます。結婚前に付き合っていた彼にも生で入れさせてと言われたことあるけど、私を大切にしてない気がして冷めてしまいました。 結局、それから短い期間で別れることになりました。そのときは、安全日とか関係なしに生で良いのは結婚をした夫になった人だけと

no image
★神サイトで人妻ゲットし即ラブホ

 最近は30代以上の人妻が、男性からは人気があるようで、いつもここの体験談を読ませてもらってても、人妻を寝取った的な体験談が多い。人妻が流行っている中で、俺はいつものようにギャルとフリーメールという神サイトで20代の若い子を探していた。 20代の子って人妻と比べたら尻軽すぎるとか、病気を持ってそうとか色々言われてるけど、俺みたいな40代のおじさんとでもただでセックスさせてくれるから本当に感謝してる。